地球温暖化

金口木舌 7/17

「車いすの天才科学者」として知られる英ケンブリッジ大のスティーブン・ホーキング博士。トランプ米大統領が、温暖化対策の新枠組み「パリ協定」離脱を表明していることについて、英BBC放送のインタビューで批判した。

「気温250度で硫酸の雨が降る、まるで金星のようになる崖っぷちまで地球を追いやるようなものだ」。強い言葉で指摘、米誌タイムやニューズウィークが報道するなど話題となっている。

宇宙物理学者としての危機感の表れだろう。トランプ氏の姿勢について「われわれと子孫にとって、美しい地球に本来避けられる環境破壊を招き、自然界を危険にさらすものだ」と指摘する。

温暖化が進めば、最大風速80メートルに達する極めて強い「スーパー台風」が日本を襲う恐れがあると国内の研究者が予測している。大きな被害を出した室戸台風(1934年)、伊勢湾台風(59年)をしのぐ強さだ。

九州北部で7月上旬に降った豪雨が多くの犠牲者を出した。6月中旬には沖縄本島などで降った雨が各地で「観測史上最大」を記録した。全てを単純に温暖化が理由とすることはできないが、近年にない激しい気象の変化が目立つ。

「地球温暖化は、後戻りできない転換点に近付いている」。ホーキング博士が鳴らす警鐘に、この星の全ての人が耳を傾ける必要がある。

20170717130804a92.jpeg


スティーヴン・ウィリアム・ホーキング

人類は、大惨事がないまま永久に地球に生存し続けることなどできないと思っています。なので、人類滅亡のリスクを最小限にするためにも、ひとつの惑星にとどまらずに、宇宙に飛び出して欲しいですね


子どもというのは、いろんな意味で最高の聞き手だと思っています。ためらわずに理由を聞こうとしますし、ごく自然に宇宙に興味を持っている。早い段階で興味を引きつければ、そういった子どもたちが、将来、科学者になるかもしれません


ブラックホールに吸い込まれるのは、カヌーに乗ってナイアガラの滝に落ちることに似ています。必死でオールを漕げば抜け出せるのです。ブラックホールはいわば究極の“リサイクル・マシーン”で、飲み込んだものを再構成してもう一度同じものを出現させます


(「ガリレオとアインシュタインに会ったら、どんなことを伝えたいですか?」という質問への答え)
ガリレオは、現代科学の何もかも知りたがるでしょうね。ガリレオであればすぐに理解できると思います。アインシュタインには、「ブラックホールについては間違いでしたね」と言うと思います


私たちは、「地球上の生命は自然発生的に産み出された」と考えているので、地球以外の宇宙のどこかに生命が存在または誕生する可能性はあるでしょう。しかし、どこか他に知的生命体が存在とするとしても、果てしなく遠いところにいるに違いありません。近くにいるのであれば、もう地球に来ているでしょう。もし、地球に来ていれば、映画の『インデペンデンス・デイ』のようになるから、わかると思いますよ


科学コミュニケーションは楽しいですよ。重要な判断を他者に委ねるのを良しとしないならば、一般人がサイエンスの基礎を理解するのは大切なことです


私は障がいを持っていることで、ある意味助けられています。教鞭を執ったり退屈な会議に出席することを義務づけられて無駄な時間を浪費することなく、研究や思考実験に打ち込めるんですから


個人的にも宇宙旅行は楽しみにしています。実際に行けるようになれば、真っ先にチケットを買い求めると思いますよ。外惑星を除けば、これから100年以内に太陽系のどこにでも行けるようになるでしょう


M理論が宇宙の究極的な理論だと考えていますが、まだ断片的な理解をしているに過ぎません。ジグソーパズルで言えば、端は埋めてしまったものの、まだ真ん中にぽっかりと穴が開いているといった状態です。もちろん、全体像を誤って捉えてしまっていることに気付く可能性もあります。予期せぬことも起こりますからね


理想はジェームス・ボンド映画での悪役です。車椅子とコンピューターの合成音声は、はまり役ではないでしょうか。ポップ・カルチャーについてはよく知りません。サイエンスのことばかりに気をとられていましたから


身体の障がいがあまりマイナスにならない理論物理学という学問に身を捧げてこられたこと、著書がベストセラーになったことなど、私はラッキーでした。障がいを持つ人々に対するメッセージは、自分の障がいがマイナスにならないことに集中して、それでも妨げられることには決して悔やまないでくださいということです


ブラックホールに吸い込まれるのは、カヌーに乗ってナイアガラの滝に落ちることに似ています。必死でオールを漕げば抜け出せるのです。ブラックホールはいわば究極の“リサイクル・マシーン”で、飲み込んだものを再構成してもう一度同じものを出現させます


声を失くす以前は不明瞭な発音で、親しい人たちしかわたしを理解できませんでしたが、コンピューターの音声ならば大衆向けの講演ができるとわかったのです


四次元でものを見るなど、誰にもできませんよ。三次元でも難しいのですから。わたしがやるのは、四次元全体の一部であると頭にとどめておきながら、まず二次元に区切ってヴィジュアライズすることです


太陽の数倍もの質量をもつブラックホールからのホーキング放射は、絶対零度よりもわずか100万分の1度上という温度のため、見つけるのが非常に困難です。もっと小さな原始的ブラックホールであれば、より高い温度をもつものですが、それらは見つかってはいません


わたしはただ成長しきれなかっただけです


ある歴史においては、ロックフォート・チーズでできている月があるかもしれない...しかしわれわれが知る月はチーズではなく、ネズミにとっては残念な知らせだ


私は“神”という言葉を、アインシュタインがそうであったようにこの世を支配する“自然法則”という意味で使っています。科学的な物理法則は宇宙の起源をじゅうぶんに説明し得ます。(宗教的な)神を持ち出すまでもないのです


今後100年間のどこかの時点でAIは人間の能力を超えていきます。そしてこの人工知能の目的は我々人間を“余所者”にすることだと気づく必要があるのです


もしエイリアンが我々を訪問したなら、ネイティブアメリカンにとって望ましいことではなかったコロンブスのアメリカ大陸発見と同じ結果を招くでしょう。そのような先進文明を持つエイリアンはおそらく宇宙をさすらっていて、辿り着いた星ならどこでも支配し植民地化することを目論んでいます。(これに備えるためにも)私の数学的思考では、エイリアンがどんな存在であるのかを追求することは現実の課題であり、まったくもって理性的な行為なのです


(安楽死を選ぶことにより)人間は動物を苦しませることはしない。では、なぜ人間に対しては(苦しみを)強いるのか


人類のサバイバルの鍵を握るのは、我々が宇宙のどこかに新しい居住地を見つけられるかどうかにかかっています。なぜなら大規模災害が地球を滅すリスクが高まっているからです。だから私は宇宙開発の重要性について皆さんの意識を高めたいと思っているのです


人類は宇宙人とのコンタクトは避けるべきだ。結果として壊滅的な事態になることもあり得るのだから


私の頭脳は数学的なので、数字の面からだけ言っても、宇宙人は存在すると考えるのは完璧に合理的だ


100年以内に人工知能は人間を超える


自分の場合もそうなるところだったが、真剣に自らの命を絶つことを考えている人のためのセーフガードを設け、知識や本人の同意なしに安楽死せざるを得ない状況に追い込まれるようなことがないようにすることが必要だ


人工知能の進化は人類の終焉を意味する


(安楽死について語った言葉)
末期疾患の患者でひどい苦痛があるのなら、自らの命を絶つ権利を与えられるべき。また、自殺をほう助した者を裁きの対象とするべきではない


(「毎日何について考えているのですか?」と尋ねられた時の言葉)
女性だよ。彼女達ってとてもナゾに満ちてる存在なんだ


人類の次のミレニアムを生き抜けないかもしれないと心配している。温室効果で地球の大気は熱くなり、灼熱地獄の中で人類は滅びるのではないか。他の惑星を植民地化する努力が必要になりそうだ


私たちの命は短く、宇宙の歴史の中でほんの一瞬にしか過ぎません


我々は無数にある銀河のひとつの周辺部に位置する、ごく平均的な小さな惑星に住んでいる


(人間の脳について「部品が壊れた際に機能を止めるコンピューターと見なしている」とし述べた言葉)
壊れたコンピューターにとって天国も死後の世界もない。それらは闇を恐れる人の架空のおとぎ話だ


私は幸運だ。なぜなら脳は筋肉で出来ていないからだ


我々の時代に未来からの観光客が押し寄せたことはない。ただ、それについて私は誰とも賭けをしないだろう


宇宙の創造に神の力は必要ない


私が人生で学んだことは、自分が今持っている力を全部使えということです


宇宙に始まりがある限り、宇宙には創造主がいると想定することができる


人は、人生が公平ではないことを悟れるくらいに成長しなくてはならない。そしてただ、自分の置かれた状況のなかで最善をつくすべきだ


宇宙が本当にまったく自己完結的であり、境界や縁を持たないとすれば、始まりも終わりもないことになる


一つ目は、足元を見るのではなく星を見上げること。二つ目は、絶対に仕事をあきらめないこと。仕事は目的と意義を与えてくれる。それが無くなると人生は空っぽだ。三つ目は、もし幸運にも愛を見つけることができたら、それはまれなことであることを忘れず、捨ててはいけない


もし、地球外の知的生命体が接触して来た場合、地球環境にどのような影響を与えるか不明だ。地球生命の免疫系に致命的な損傷を与える可能性がある


自らの行動の価値を最大化するため努力すべき


人生は、できることに集中することであり、できないことを悔やむことではない


(我々地球人が)宇宙人と接触しようとすることは危険な行為である


基本的に宗教と科学の違いは、宗教は権力を基本としており、科学は観察と理由を基本としている


神の概念に触れずに宇宙のはじまりを論ずるのは難しい


宇宙に始まりがある限り、宇宙には創造主がいると想定することができる


宇宙がどうして存在するのか知りたい、なぜ無より偉大なものがあるのかが知りたい


我々はその生命体を探しだしてはならず、できるだけ接触を避けなければならない


もし、地球外の知的生命体が接触して来た場合、地球環境にどのような影響を与えるか不明だ。地球生命の免疫系に致命的な損傷を与える可能性がある


私達はどこにでもある恒星の、マイナーな惑星に住む、血統の良い猿にすぎない。しかし私達は宇宙というものを理解できる。そのために、ちょっとは特別な存在なのだ


脳はコンピューターのようなもの。部品が壊れれば動作しなくなる。壊れたコンピューターには天国も来世もない。天国は、暗闇を恐れる人間のための架空の世界だ


期待値が「ゼロ」まで下がれば、自分に今あるものすべてに間違いなく感謝の念が湧く


わたしはこの49年間、死と隣り合わせに生きてきた。死を恐れてはいないが、死に急いでもいない。やりたいことがまだたくさんあるからね


(「宇宙人の容姿は?」という質問に対しての答え)
(我々人類と同じように)目や口、脚はあるだろうが、マリリン・モンローのような容姿は期待しない方がいいね


科学は勝つ、つじつまが合うから


タイムトラベル(時間旅行)は実現可能


宇宙はなぜ、存在するという面倒なことをするのか


宇宙創造の理論において、もはや神の居場所はない


…………………………
関連記事