地磁気

斜面 6/14

地球の磁気は過去に何度も逆転を繰り返したことが分かっている。発見者は京都大教授の松山基範だ。1926年、兵庫県の城崎温泉に近い「玄武洞」で、岩石のN極とS極の向きが逆なのを見つけ、中国などの岩石も調べて提唱した。

 その後、否定する説もあり、確立したのは60年代初め。地磁気逆転の痕跡は大陸移動を示すプレートテクトニクス理論の証明にも役立った。逆転期の一つには「松山」の名が付いている。松山は山口大の初代学長を務め、命名を知ることなく亡くなった。

 隠れた先駆者に再び光を当てたのが千葉県市原市の地層だ。最後の逆転が約77万年前に起きたことを示す貴重なものと判明。国立極地研究所などのチームが世界基準にするよう国際機関に申請した。認められると、地球の歴史を示す地質年代に初めて「チバニアン」の日本名が付く。

 はっきりと分かったのは御嶽山の火山灰層が決め手というから興味深い。灰の鉱物に含まれるウランと鉛を高精度で分析すると、逆転は従来の説より約1万年遅かった。チバニアンの時代は77万年〜12・6万年前。現代人の祖先の誕生とも重なる時代だ。

 200年近い観測では地磁気は弱まりつつある。そろそろ逆転に向かっても不思議ではないという。その過程で宇宙放射線から生き物を守っている磁場が無くなったらどうなるか、研究はこれからだ。壮大な地球史に思いをはせると、生まれたての人間の思い上がりばかりが透けて見える。

…………………………

地球の磁力がゼロになってしまったら

渡り鳥が飛べなくなる日
 季節の変わり目になると、遠い国まで大移動する渡り鳥。中には1万km以上もの旅をする鳥もいますが、彼らはいったい何を目安に方向を決めているのでしょうか? はっきりわかっていませんが、太陽や星の位置、風や地形を判断して決めているという説があります。また、曇っていても方向を間違えないことから、地球の磁場(地磁気)を感じて方向を判断しているという説もあります。この説が正しければ、もし地磁気がなくなってしまった場合、渡り鳥は飛べなくなってしまうことになります。でも、本当にそんな日がくるかもしれないのです。

西暦3525年には地磁気がゼロになる?
 地磁気というのは、地球上に生じる磁気のこと。大部分は、地球のコアに流れている電流によるものとされています。地球の中に、大きな棒磁石があると考えてみてください。地球の磁場を詳しく調べたガウスという学者によって、地磁気は数学的に表現できるようになりました。地磁気の主な成分は、N極とS極がペアになった双極子。この双極子の大きさが、少しずつですが減少してきているのです。減少傾向がこのまま続くと、西暦3525年には、地磁気はゼロになってしまうと予想されています。

地球は、過去にN極とS極が入れかわっていた!
 現在、北極にはS極、南極にN極に相当する磁極がありますが、実は、地球の長い歴史の中で、これが逆転してしまう、つまりN極とS極が入れ替わってしまうという現象が何度か起きているのです。これは、古い火山岩などに残っている過去の磁場を測定する古地磁気学によって、あきらかになっています。また、磁極が入れかわるときには地磁気の強度は一度ゼロになるとの予想があります。もしかすると、地磁気の減少は、磁極が逆転する前触れなのかもしれません。地磁気がなくなると、困るのは渡り鳥だけではありません。人間にも、大きな影響が出てきます。今まで地球の磁場が食い止めてきた宇宙線が降り注ぐようになり、地球は重大な危機に直面することになってしまいます。
関連記事