さすがは文科省

夕歩道 6/7

 さすがは文部科学省。関連する国会答弁は試験問題の宝庫かも。一時間目、数学。「十組の同姓同名職員が、同じ職場に同時に存在する確率を求めなさい」。あるいはこれ、天文学のテストかな。

 二時間目、現代国語。「<印象操作>という言葉を使って、短文を作りなさい。はぐらかしとの違いを明確に」。難しそうな言葉だけれど、広辞苑には、載っています。流行語大賞、有力かもね。

 三時間目、なぞなぞ…の時間かな。「目の前にあるのに、ないもの、なあに」。解答例。「この問題、出所や入手経路が明らかではないので、お答えすることができません」。うーん、おそまつ! 
関連記事