ヤマガタ

20170517132406467.jpeg


談話室 5/17

平和部隊はジョン・F・ケネディ第35代米大統領が創設、若者を世界各地に送り込んだ。ボランティアが途上国で住民と生活を共にし開発に貢献する。日本に2回留学経験があった青年はザンビア派遣が決まっていた。

後にタレントで山形弁研究家となるダニエル・カールさんは日本政府の英語指導主事助手面接試験で不合格。ザンビア行きの心構えをする。欠員が生じ2週間後に一転、合格の連絡が入った。「ヤマガタ」行き決断のドタバタを自著「ダニエル先生ヤマガタ体験記」に記す。

鶴岡市教委に所属する米国籍の外国語指導助手(ALT)が麻薬取締法違反(輸入)容疑で逮捕された。「フレンドリーな性格で教員や児童生徒の評価が高かった」。生きた英語で接して子どもたちが世界に関心を持つ“窓”になる存在だけに教育現場で影響が心配される。

外国人初の受け入れとなったカールさんは本県ALTの草分け。今年2月の山形県勢懇話会で講演し「どこに行っても山形を自慢している。死ぬまでする」と応援団を自任した。子どもたちと向き合い、第二の古里に心寄せる。後進の不祥事にはさぞ心を痛めるに違いない。
関連記事