世界の遺産

2017050706051380c.jpeg

20170507060516319.jpeg


中日春秋 5/7

神罰など「年寄りの大うそ」と考えていたある少年、お稲荷さまの社に忍びこみ、ご神体を暴いてしまう。

中にあったのは石だった。少年はこれをうち捨て、別の石に取り換えてしまう。もちろん、何も知らぬ人たちはその後もお稲荷さまを大切にする。「馬鹿め、乃公(おれ)の入れて置いた石に御神酒(おみき)を上げて拝んでるとは面白い」。とんだ悪坊主(ぼうず)は、少年時代の福沢諭吉である。

非科学的な迷信や神罰に疑いの目を向けるのは学問の一歩かもしれぬが、この島ばかりは福沢少年から遠ざけておきたい。福岡県宗像市沖約六十キロの玄界灘にある沖ノ島である。世界遺産への登録勧告をユネスコの諮問機関から受けた。

島全体がご神体であるがゆえ、厳格な禁忌によって守られてきた。女人禁制。神職でさえ上陸前には海で禊(みそぎ)をしなければならぬ。島から一木一草一石たりとも持ち出すことは許されぬ。「おいわずさま」とは島で見たことを口外してはならぬというしきたりという。そこまでして守り続けた祭祀(さいし)の場である。

世界遺産といえば、観光資源や経済効果が注目されるが、本来の目的は遺産の保護と保全である。登録勧告で島への関心が高まるのは自然なこととはいえ、禁忌を無視した上陸などで島を傷つけるようなことがあってはならぬ。

非科学的とおっしゃるか。されど、そのおかげで神の宿る島は守られ、世界の遺産となる。


…………………………
20170507061323b5e.jpeg

福沢諭吉


福沢諭吉の生涯

福沢諭吉(1834年~1901年)は大阪中津藩蔵屋敷で誕生した。諭吉の父は廻米方で、彼が1歳の時に病気で亡くなってしまった。諭吉は幼いころから迷信や不合理なことは信じようとはしなかった。この姿勢は、後に実用の学問を尊重する実学の精神や慶応義塾の教育へとつながっていった。そして、我が国の国民の無知を開化する啓蒙思想家として名を残すに至る。19歳の時には長崎に遊学し、そこで蘭学を学ぶ。20歳で緒方洪庵の敵塾に入門し、2年後には敵塾の塾長となり、多くの原書を読む。翌年は中津藩の命令によって江戸築地に蘭学塾を開く。後、蘭学から英学へと転向。29歳で幕府の外国方翻訳局に出仕し、31歳で西洋事情を刊行する。明治元年、諭吉が33歳の時には、塾を芝(後に三田へ)に移して慶応義塾と改称する。その後、「学問のすすめ」や「文明論之概略」、「福翁自伝」などの著書を残す。また、彼は明六社結成にも参加している。


少年時代の合理主義的思考

諭吉は、年寄などの話にする神罰冥罰などということは大嘘だと、ひとり自ら信じきっていた。そのため、いなり様を見てやろうという野心を起こして社の中には何が入っているかと開けてみたり、その中に入っている石を売って、代わりの石を拾って入れておいたりということをしていたという。また、隣家の下村という屋敷のいなり様をあけてみれば、神体は木の札で、これを取って捨ててしまうと、その後初午の日になり、皆が幟(のぼり)を立てたり太鼓をたたいたりお神酒を上げてワイワイとしているから、それを見ておかしがっていたという話もある。このように諭吉は幼少のころから神様がこわいだの仏様がありがたいだのということはちょっともなかった。うらないやまじない、一切不信仰で、キツネタヌキがつくというようなことは初めからばかにして少しも信じなかった。子供ながらもその精神はカラリとしたものであった。


諭吉の思想

長い鎖国の時代に日本は西洋にかなりの遅れをとったことを知った諭吉は、生来の旺盛な好奇心で、学問・西洋への関心を高め、漢学や蘭学、英学を学び、渡米を2回、渡欧を1回行う。そして日本国民一人ひとりが西洋文明を学ぶことの必要性を痛感し国民の無知の闇に光を投げかけることに専念していった。諭吉は人間の理性を重んじて、伝統的な権威や習慣を破り、生活や社会制度を見直そうとする啓蒙活動に努めることとなる。その中で、「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」で知られる、人間は生まれながらにして平等であるという天賦人権論を展開していく。これは『学問のすすめ』という著書にある言葉で、アメリカ独立宣言の一節を訳したものと言われている。身分社会が続いた我が国においてこの言葉は多くの関心を集め、真偽版合わせて22万冊が売れた。160人に1人が読んだ勘定になるという。また「独立とは、自分にて自分の身を支配し他によりすがる心なきをいう」とした独立自尊や「一身独立して一国独立する」といった脱亜論の考え方もあらわしていく。この脱亜論では、日本を近代国家にしたいという思いが感じられる。一国が独立するためには一身が独立することが必要である。学問を修める目的は国においては文明を築くことである。西洋の文明をモデルとして、明治という新しい時代を迎えた日本が、西洋の先進国家に肩を並べられるように発展することが福沢の願いであった。実用的な西洋の学問である実学のすすめといった学問の奨励・教育活動(慶應義塾創設)もしていき、新しい平等社会をつくるためには、国民一人一人が学ぶこと、それも実際に役立つ実学を重んじた。

…………………………

福沢諭吉の心訓

一、世の中で一番楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つと云う事です
一、世の中で一番みじめな事は人間として教養のない事です
一、世の中で一番さびしい事はする仕事のない事です
一、世の中で一番みにくい事は他人の生活をうらやむ事です
一、世の中で一番尊い事は人の為に奉仕し決して恩に着せない事です
一、世の中で一番美しい事はすべての物に愛情を持つ事です
一、世の中で一番悲しい事はうそをつく事です

関連記事