負けないで

20170417124419293.jpeg


斜面 4/17

ZARDの坂井泉水さんはレコーディング途中で歌詞の一部を書きかえたという。さびの「最後まであきらめないで」は「最後まで走り抜けて」になった。代表曲「負けないで」のエピソードだ。発売は1993年。既に「失われた10年」に突入していた。

 苦悩を深めた時代だ。特に若者たちは明るい未来を見通せず、不安に覆われていた。「負けないで もう少し」「追い掛けて 遥(はる)かな夢を」というシンプルなメッセージは、共感を呼んで大ヒット。震災被害者の応援歌にもなり、教科書に載った。

 歌詞の書きかえで、ランナーにも欠かせない歌になったのかもしれない。きのうの長野マラソン。25キロ地点のホワイトリング前で、長野市の豊野中と裾花中の吹奏楽部が交代で「負けないで」や光GENJIの「勇気100%」など20曲以上を演奏した。

 中間点をすぎて、疲れが出やすいころ。苦しそうな表情だったランナーたちも演奏を聞くと生徒たちに笑顔で手を振り、後半に向け力を絞るように駆け抜けた。曲を選んだのは生徒たちだ。豊野中吹奏楽部部長の小尾愛未さんは「走っている人が元気になれる曲を探した」という。

 坂井さんが急逝し5月で10年。NHKの当時の追悼番組で音楽評論家の富沢一誠さんは「(ファンにとって)人生の伴走者だった」と評した。中学生時代は陸上部だった坂井さん。ひとり頑張る人たちには、寄り添ってくれる応援が何よりも心強いことを知っていたのだろう。




負けないで

歌:ZARD 作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎

ふとした瞬間に視線がぶつかる
幸福のときめき覚えているでしょ
パステルカラーの季節に恋した
あの日のように輝いてる
あなたでいてね

※負けないでもう少し
最後まで走り抜けて
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
追いかけて遥かな夢を※

何が起きたってヘッチャラな顔して
どうにかなるサとおどけてみせるの
今宵は私と一緒に踊りましょ
今もそんなあなたが好きよ
忘れないで

☆負けないでほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
感じてね見つめる瞳☆

(※くりかえし)
(☆くりかえし)
関連記事