世界中の海が

三省堂 5年

世界じゅうの海が  まざあ・ぐうす

世界じゅうの海が 一つの海なら どんなに大きな海だろな。
世界じゅうの木という木が 一つの木ならば どんなに大きな木であろな。
世界じゅうの斧が 一つの斧なら どんなに大きな斧だろな。
世界じゅうの人たちが ひとりの人なら どんなに大きな人だろな。
大きなその人が おおきな斧をとって 大きな木をきり
大きなその海に どしんとたおしたら それこそ、どんなにどんなに大きい音だろな。

{北原白秋 訳}
関連記事