三省堂 5年

『耳』

ジャン・コクトー

堀口大学 訳


私の耳は貝のから

海の響をなつかしむ





ジャン・コクトーは二十世紀の初頭から半世紀以上にわたって、
芸術のあらゆる分野で前衛的な活動をした人である。
その活動の根底には、いつも詩があった。

この作品は
『Poesies 1917-1920』
“Cannes”と題して収められた六つの短章の五番目のもの。
富豪の子であったコクトーは、少年時代に南仏のリゾート地で家族とともに毎冬を過ごしていた。その思い出が作品のもとにある。
(『耳』という題は堀口大学がつけたもの。)




原文



Mon oreille est un coquillage
Qui aime le bruit de la mer.


直訳

「私の耳は貝殻で、海の騒がしい音を愛する」




堀口大学は「騒がしい音」を「響」と訳し、さらに「愛する」を「なつかしむ」と訳した。
これにより、堀口大学の訳詩は一挙に(原詩以上に)時間と空間をひろげた。
しかも訳詩は、完全な口語体でありながら、日本の伝統的な七五調になっていて心地よい。


たった二行の詩。
心に響く秘密は比喩にある。
ひとつは形の上から耳を貝殻に譬える。
もうひとつは…。
空洞のなかにある、昔懐かしい海の響き、すなわち故郷の記憶…。
関連記事