ぼくらのもの

東京書籍 5年


ぼくらのもの  与田凖一


大きくなったら
なにになるんだ、
そう聞かれたが
まだわからない。
波がさわぐ
波止場に立って、
どこへだって
自由に船出できる朝の
海にあふれるきらめき。
そうなんだ、
わかってる、
それだけはぼくらのもの
ぼくらのものだ
関連記事