ぼくは川

光村図書 4年

ぼくは川  阪田寛夫


じわじわひろがり
背をのばし
土を砂とをうるおして

くねって うねって ほとばしり

とまれと言っても もうとまらない
ぼくは川
真っ赤な月にのたうったり
砂漠の中に渇いたり

それでも雲の影うかべ

さかなのうろこを光らせて
あたらしい日へほとばしる

あたらしい日へほとばしる
関連記事