いるか

東京書籍 3年


いるか  谷川俊太郎


いるか いるか
いないか いるか
いない いない いるか
いつなら いるか
よるなら いるか
また きてみるか

いるか いないか
いないか いるか
いるいる いるか
いっぱい いるか
ねている いるか
ゆめみて いるか


ことば あそび うた 言葉遊び 唄 詩 谷川俊太郎  


谷川俊太郎 詩  瀬川康男 絵 (福音館書店、1973)


ののはな 野の花

はなのの のの はな
はなの な なあに
なずな なのはな
なもない のばな


やんま ヤンマ

やんま にがした
ぐんまの とんま
さんまを やいて
あんまと たべた

まんまと にげた
ぐんまの やんま
たんまも いわず
あさまの かなた


き 木

なんのき このき
このきは ひのき
りんきに せんき
きでやむ あにき

なんのき そのき
そのきは みずき
たんきは そんき
あしたは てんき

なんのき あのき
あのきは たぬき
ばけ そこなって 
あおいき といき


かっぱ 河童

かっぱ かっぱらった
かっぱ らっぱ かっぱらった
とって ちってた

かっぱ なっぱ かった
かっぱ なっぱ いっぱ かった
かって きって くった


うそつき きつつき 嘘つき 啄木鳥

うそつき きつつき
きは つつかない
うそを つきつき
つき つつく

うそつき きつつき
つつきに つつく
みかづき つくろと
つき つつく


ばか 馬鹿

はか かった
ばか はか かった
たかかった

はか かんだ
ばか はか かんだ
かたかった

はが かけた
ばか はが かけた
がった がた

はかなんで
ばか はか なくなった
なんまいだ


いるか 海豚

いるか いるか
いないか いるか
いない いない いるか
いつなら いるか
よるなら いるか
また きてみるか

いるか いないか
いないか いるか
いるいる いるか
いっぱい いるか
ねている いるか
ゆめみて いるか



だって

ぶったって
けたって
いてての てって
いったって

たって たって
つったって たって
つったって
ないて たって

いったって
いっちゃったって
どっかへ
そっと でてったって

いたって
あったって
ばった とって
うってたって


さる 猿

さる さらう
さる さら さらう
さる ざる さらう
さる ささら さらう
さる さらさ さらう
さら ざる ささら さらさ さらって
さる さらり さる
さる さらば


ことこ 

このこの ことこ
どこのこ このこ
このこの この のこ
たけのこ きれぬ

そのこの そのそ
そこのけ そのこ
そのこの その おの
きのこも きれぬ


うとてとこ

うとうと うとう
うが よんわ
うと うと うと うと
いねむりだ

てとて とてとて
てが よんほん
てと てと てと てと
らっぱ ふく

ことこと ことこ
こが よにん
こと こと こと こと
とを たたく


すり 

すりは する
なにを する
するり する
うりを する

すりは する
なにを する
すりも する
つりを する

すりは する
なにを する
つるり する
あたま する


十ぴきのねずみ 十匹の鼠

おうみの ねずみ
くるみを つまみ

さがみの ねずみ
さしみを うのみ

つるみの ねずみ
ゆのみで ゆあみ

ふしみの ねずみ
めやみに なやみ

あたみの ねずみ
はなみで やすみ

あつみの ねずみ
むいみな そねみ

きたみの ねずみ
はさみを ぬすみ

いたみの ねずみ
かがみが かたみ

たじみの ねずみ
とあみが たくみ

おおすみ ねずみ
ぶきみな ふじみ


たそがれ 黄昏

たそがれ くさかれ
ほし ひかれ
よかれ あしかれ
せがれを しかれ

たそがれ くまかれ
きつね かれ
けれど おちうど
かる なかれ

たそがれ はなかれ
みず ながれ
なかれ たたかれ
かれのの わかれ

かぞえうた 数え歌

ひとだま ひとつ
ふたして ふたつ
みつめて みっつ
よつゆに よっつ
いつまで いつつ
むっつり むっつ
ななしの ななつ
やつれて やっつ
ここに ここのつ
とおくに とお
なむじゅう いちめん かんぜおん
じゅうに しょ ごんげん





関連記事