ドーナツを売っている

20170315051159a65.jpeg


中日春秋 3/14

あまりなじみはないが、ルーマニア語にはおもしろい表現がたくさんあるそうだ。例えば、日本語に直訳すると「誰かを、その人のスイカから引っ張り出す」という言い方。これで、その人を「怒らせて、狂ったようにさせる」という意味になるそうな。『誰も知らない世界のことわざ』(創元社)の中に見つけた。

びっくりすることを「顔が落っこちる」。テレビが映らないことは「テレビにノミがいる」。いずれもなんとなく理解できるが、次のはなぜそんな意味になるのかと考え込んでしまう。「ドーナツを売っている」

ルーマニアのお人がこう口にした時は、身構えた方がいい。「ウソをついている」という意味だという。

いやでも、大量のドーナツを思い浮かべてしまうではないか。「森友学園」の理事長だった籠池泰典氏との関係をめぐる稲田朋美防衛相の国会答弁である。

籠池氏の顧問弁護士だったこともなければ、法律相談を受けたこともない。そうおっしゃっていたはずが、「森友学園」が起こした民事訴訟の第一回口頭弁論に弁護士として出廷したことを示す記録が残っていた。動かぬ証拠を前にしてなんと弁解するかと思えば、虚偽ではなく「全く記憶がなかった」そうである。

国民は納得できまい。稲田さんの説明には、どうも大きな穴があいているようだ。なるほど。だからドーナツを売るというのか。


20170315051754bd3.jpeg


『エビサンドにのって、すべっていく』

世界には風変りな「ことわざ」がたくさん存在します。そんなユニークでヘンテコなことわざや慣用句を世界中から集め、感性あふれる文章とイラストで紹介した本『誰も知らない世界のことわざ』が発売されました。エビサンドにのって、すべっていくはスウェーデン語のことわざ。

なかなかワイルドな状況になりますが、こちらはスウェーデンのことわざ。エビサンドにのってなめらかに滑っていく人は、これまで懸命に働かなくてもなんとかやってこれた人、というちょっと皮肉が入った意味なんだとか。英語の「銀の匙をくわえて生まれてくる」と同義語。たしかに、余裕がない人はエビサンドなんてのり越せないですからね……。



『ザワークラウトの中で自転車をこぐ』

世界には風変りな「ことわざ」がたくさん存在します。そんなユニークでヘンテコなことわざや慣用句を世界中から集め、感性あふれる文章とイラストで紹介した本『誰も知らない世界のことわざ』が発売されました。ザワークラウトの中で自転車をこぐはフランス語のことわざ。

こちらも意味不明な言い回し。フランスで使われることわざで、もう一歩も前に進めずに「お手上げ状態」を指すときに使います。このことわざにはちゃんとした起源があり、あの自転車レース「ツール・ド・フランス」に関係しているというからビックリ。気になる人は本を読んでみてください。



『ザリガニがどこで冬を過ごすか、教えてあげよう』

世界には風変りな「ことわざ」がたくさん存在します。そんなユニークでヘンテコなことわざや慣用句を世界中から集め、感性あふれる文章とイラストで紹介した本『誰も知らない世界のことわざ』が発売されました。ザリガニがどこで冬を過ごすか、教えてあげようはロシア語のことわざ。

人に突然こんなことを言われたら、「いえ、興味がないのでけっこうです」とまじめに答えてしまいそうですが、これはロシアのことわざで「私のいうことを気をつけて聞きなさい」と説教するときに使われるもの。他人の話を聞かない人でも、ザリガニの話なら注意して聞くということなのでしょうか。もしくは、なにかもっと怖い意味があったりして……。



『目から遠ざかれば、心からも』

世界には風変りな「ことわざ」がたくさん存在します。そんなユニークでヘンテコなことわざや慣用句を世界中から集め、感性あふれる文章とイラストで紹介した本『誰も知らない世界のことわざ』が発売されました。目から遠ざかれば、心からもはヘブライ語のことわざ。

遠くにいる人と心を通わすのは難しい、といった意味で使われるヘブライ語のことわざ。遠距離恋愛中のカップルには耳を塞ぎたくなることわざですが、「会えない時間が愛を育てる」場合もあるのでご安心を。同じような状況でも、文化や言語が違うと言い伝えられる教訓も変わってくるということですね。



『郵便配達員のくつ下のように飲み込まれる』

世界には風変りな「ことわざ」がたくさん存在します。そんなユニークでヘンテコなことわざや慣用句を世界中から集め、感性あふれる文章とイラストで紹介した本『誰も知らない世界のことわざ』が発売されました。郵便配達員のくつ下のように飲み込まれるはスペイン語のことわざ。

意味のわからないことわざも、詳しく説明を聞くと「ああ、そういうことか」と納得することが多いのですが、この比喩表現だけはそんな僕の想像力を軽々と飛びこえる跳躍力があります。コロンビア・スペイン語で「あなたのことを猛烈に愛している」という意味というから、もうなにがなんだかよくわかりません。どこにくつ下が飲み込まれるのか? なぜ郵便配達員なのか? 誰か知ってたりします?

関連記事