この漢字をどう読むか。
 音読みは「シチ」で、訓読みは「なな」。「七つ」は「ななつ」、「七日」は「なのか」または「なぬか」。
 関西の人は「シ」の発音が苦手で「シチ」を「ひち」と発音するといくことはよく知られている。「しつこい」を「ひつこい」と言ったり、「失礼」を「ひつれい」といったり。最もよく知られているのは質屋のかんばんが「ひち」と大書されていることだろう。名古屋でも「ひち屋」だそうだ。
 「シチ」と読むのか「なな」と読むのか、クイズみたいなこともできる。
 七変化、七不思議、お七夜、七色、七草、七月、七月目、七福神、七五調、七転び八起き、七五三、七光り。
 時刻の七時は基本的には「シチジ」だが、一時と聞き間違えないように、「ななじ」と発音することもある。
 数を数えるとき、一の位と十の位の七は「なな」とも「シチ」とも発音するが、百以上は「ななひゃく」「ななせん」「ななまん」「ななおく」などと「なな」になる。
 面白いことに、10からカウントダウンするときには「なな」と発音する傾向がある。四も「シ」より「よん」のほうが言いやすい。

関連記事