そんな、ばかな!

20170305050926d53.jpeg
20170305050928a8c.gif


中日春秋 3/5

 ドイツの科学者アルフレッド・ウェゲナー(一八八〇~一九三〇年)は、天文学者を志していたが、二十代半ばで道を変えた。天文学では、おもしろそうな発見はできそうにないと考えたからという。

彼の名が歴史に刻まれることになったのは、世界地図のおかげだ。地図を見ていて、南米の東海岸とアフリカ大陸の西海岸が似ていることに気づいた。化石などを調べると、大陸のつながりが見えてきた。

そうして三十代で世に問うたのが、もともと大陸は一つで分裂、移動したという「大陸移動説」。「そんな、ばかな!」と冷笑されたこの仮説は、半世紀もたってから常識となった。

こういう地図があったならば、ウェゲナーは天文学に打ち込み続け、宇宙の謎解きで歴史に名を残していたかもしれぬ。そんな想像を誘うのは、国立天文台などがつくっている「宇宙地図」だ。

ハワイのすばる望遠鏡に日本の光学技術の粋を集めた高性能カメラをとりつけた。視野が極めて広く、しかも百二十億光年先まで写すこの眼を使えば、七億もの銀河の詳細な分布図ができる。銀河の生々流転の陰の主役ながら姿が見えぬ謎の物質ダークマター。そのありかをも浮かび上がらせる画期的な地図である。

かつてウェゲナーの大陸移動説がそうしたように、宇宙地図はいつかきっと、私たちに「そんな、ばかな!」と言わせてくれるはずだ。

201703050511558c9.jpeg

20170305051158bf7.jpeg

20170305051156451.jpeg
関連記事