モンゴル 遊牧生活

遊牧生活

 都会に住むモンゴル人も遊牧の生活に郷愁のようなものを持っている。彼らの多くは近年都会に移り住んだ人たちであり、もとは遊牧生活をしていた。

 遊牧している主な家畜は牛・馬・羊・山羊・ラクダである。モンゴル人の主食ともいうべき羊は全家畜頭数の58%を占めている。遊牧民は季節によって草地(ノタク)を決めており、春は雪解けの早い場所を、夏は草の豊富な場所を、秋は動物を太らせるのに都合のよい草地を選んで移動する。彼らの住居は移動に都合のよい、ゲルと呼ばれる木とフェルトで作られた住宅に住む。ゲルは解体と組み立てが非常に容易である。大人一人で2時間もあれば組み立ては完了する。ゲルの内部には、これも移動に便利な家具がしつらえてある。内部はストーブが焚かれ、冬も暖かい。暖房の燃料には動物の糞を使う。動物の糞は冬の遊牧地の燃料小屋に蓄えている。「家」にあたるモンゴル語は「ゲル」である。都会のアパートの自宅も「ゲル」である。

 モンゴル人はおめでたい日や大切な客を招くときなどは、よく羊一頭を丸ごと料理する。遊牧民の羊の解体は芸術といえるほど見事なものである。まず、手ごろな羊を一頭選び、その羊を仰向けにすると、羊はもう観念したようにおとなしくなる。胸の辺りに少しナイフを入れて、その傷の間から手を内臓に入れる。背中側にある動脈を指で切断すると、羊はぐったりとしてこと切れる。その間羊が苦しがる様子はない。その後皮をはいでいくのだが、ほとんどナイフを使わずすべて手で行っていく。皮を全部はぎ終わるのは10分と要しない。皮がはぎ終わると、内臓を取り出す。血液もきれいにボールにうつしとる。捨てるものは何もない。周りに匂いにつられて犬がやってくるが、彼らは何一つおこぼれをもらえないのである。もっとも、その後ホイログ(鍋に羊肉を入れた後焼いた石を入れて調理する料理)などが作られるので、その後においしい肉にありつける。このように、羊解体の後には血液一滴も見られないのである。

20170213035608009.jpeg

20170213035603630.jpeg

201702130356019cd.jpeg

20170213035602557.jpeg

20170213035605f36.jpeg

20170213035606d03.jpeg

関連記事