学校珍百景 2



20161113024509f13.jpeg


内容紹介
「日直って本当に必要?」から始まった『学校珍百景』の続編。まだまだ出てくる「学校あるある」を、今回は教師・子どもを中心にし、より深く考えてみました。【学級経営/学級づくり/小中学校教師対象】

★目次より★
◇あいかわらずの珍百景 編
校門に並んで「おはようございます!」/日本の学校は「そろえさせたがり」/日本は学校で靴を履き替える国です。/下敷きがうちわだった時代があった/習字道具や絵の具のパレットは学校で洗わない/「○○学校スタンダード」!?/不審者訓練の本気度/守るべき? 遊びに行くときの約束/修学旅行は「学校あるある」の宝庫/修学旅行の枕投げはもう古い!?/「愛校心」って何だ?/通知表所見のチェックが多すぎ!?/PTAの学級役員が決まらない/ノー残業デーは何のため?/がんばれない「がんばりカード」/皆勤賞はいらない!?/喧嘩両成敗/給食中は私語禁止!?/大きな消しゴムは禁止になる?/そもそも校門は何のためにあるの?/学校に遊具がない!?/時間を守るのが「よい子」?/生徒指導教師のイメージはなぜジャージに竹刀?

◇教師珍百景 編
教師の朝ごはん/教師の給食好き嫌い!?/教師のトイレ休憩/パワハラでも「指導」!?/みんな知っている? 年休のこと/ブラックな学校、みっけ!/街で子どもに出会ったら/他のクラスと競争したがる教師/時々「おかあさん」と呼ばれる/日付と同じ出席番号の子を指す/忙しくて「仕事」ができない/「あの子は早めにつぶす」!?/「自分のことはあとにして!」/「怒りたくて怒ってるんじゃない!」/「正直に言えば怒らないよ」/教師の「取り調べ」?/勉強だけできればいいのか!?/「服装の乱れは心の乱れ」/教師のブラックなメンタルヘルス

◇[緊急提言]学力向上?珍百景 編
順位が上がったら校長を胴上げ&ビールかけ/繰り返されるテスト対策授業・過去問演習/どこへ向かう? 小学校での英語教科化/都道府県対抗の珍百景/学テで日本の子どもは「かしこくなった」?

内容(「BOOK」データベースより)
大好評の『1』に続き、今回も様々な「学校あるある」が満載!ただし、今回は少し重い話が多いかもしれません。笑えない「珍百景」も含め、改めて今の学校の「おかしさ」を捉え返してみませんか。

関連記事