たんぽぽのちえ

 
   たんぽぽの ちえ           


春に  なると、

たんぽぽの黄色い  きれいな 花が さきます。

二、三日 たつと、 その 花は しぼんで、

だんだん くろっぽい  色に かわって いきます。

そうして、たんぽぽの 花のじくは、ぐったりと じめんに

たおれて しまいます。

けれども、たんぽぽは、かれて しまったのでは ありません。

花と じくを しずかに 休ませて、たねに、たくさんのえいようを

おくって いるのです。                        

こうして、たんぽぽは、 たねを どんどん 太らせるのです。 

やがて、 花は すっかり かれて、その あとに、白い わた毛が   

できて きます。                               

この わた毛の 一つ一つは、ひろがると、ちょうど らっかさんのように

なります。 たんぽぽは、この わた毛に ついて いる たねを、

ふわふわと とばすのです。                         

この ころに なると、それまで たおれて いた 花の じくが、

また おき上がります。そうして、せのびを するように、    

ぐんぐん のびて いきます。                    

なぜ、 こんな ことを するのでしょう。               

それは、 せいを高く する ほうが、わた毛に 風が よく あたって、

たねを とおくまで とばす ことが できるからです。        

よく 晴れて、風の ある 日には、わた毛のらっかさんは、     

いっぱいに ひらいて、とおくまで とんで いきます。        

でも、しめりけの 多い 日や、雨ふりの 日には、         

わた毛のらっかさんは、すぼんで しまいます。             

それは、わた毛が しめって、おもく なると、             

たねを とおくまで とばす ことが できないからです。  

このように、たんぽぽは、いろいろな ちえを はたらかせて います。

そうして、あちらこちらに たねを ちらして、新しいなかまを      

ふやして いくのです。                             


小2こくご教科書より。。。



関連記事