2017年10月11日の記事 (1/1)

「寛容の精神はどこに」

201710120409090b9.jpeg


水鉄砲 10/11

 先日、阪急電車に乗ったら、車内で男性2人が口論していた。片方は70歳前後に見えるお年寄り、もう一方は20歳前後の若者である。

 優先座席に座っている若者にお年寄りが注意したのが発端らしい。お年寄りは居丈高に声を荒らげ、若者は「そんな言い方はないやろ」と怒鳴り返している。幸い電車がすぐに次の駅に着いたので収まったが、周囲は凍りついていた。

 田辺市でも先日、車の走行トラブルで相手の車を高速道路に止めさせ、運転していた人を殴りつけた奈良県内の男性が田辺署に傷害容疑で逮捕された。3カ月ほど前には、田辺バイパスで車の運転を巡って運転手同士がもめているのを目撃したこともある。

 9日付朝日新聞は、もっと悲惨な例を報じていた。6月に神奈川県の東名高速で一家4人が乗ったワゴン車が大型トラックに追突され、夫婦が死亡した事故で、ワゴン車の運転手はその直前に別の車から走行を妨害され、無理に停止させられた時に追突されたという。

 これらの事案が物語るように、昨今は自分さえよければ、と振る舞う人の姿が目につく。人々が寛容の精神を失ったのか、それともこの社会が寛容とか受容という言葉から遠く離れてしまったのか。それは、社会にはびこる成果主義や利益最優先主義と関係があるのだろうか。

 その昔、直属の上司がことあるごとに「人情紙の如し。イヤな世の中だな」と嘆いていたことが思い出される。 

20171012041315bd5.png

閻魔の裁き

20171012032709e0c.jpeg

20171012032712ae0.jpeg

20171012032712e0b.jpeg


凡語 10/11

 京都市下京区の龍谷ミュージアムで特別展「地獄絵ワンダーランド」が開かれている。中世から江戸時代を中心とするさまざまな地獄を表した絵が一堂に紹介されている。恐ろしいはずの地獄の絵なのに、戯画的に描かれた閻魔(えんま)大王の表情など、どこかコミカルであるのが不思議だ。

落語家の桂米朝さんは、廃れかけていた古典落語の演目「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」を復活させ、おはことしていた。さんずの川を渡って、閻魔の裁きを受け、針の山や釜ゆでの地獄を巡る亡者たちの姿をおもしろおかしく、生き生きと表現した。

閻魔が、先代の一千年忌だとして特別にほとんどの亡者を極楽へ送るくだりがある。大盤振る舞いに、米朝さんは「選挙が近い(閻魔の)人気取り」と説明し、現代政治家を皮肉った。

ただ、ここは有権者が閻魔となって選挙で政治家を裁き、当落を決めるという方が民主主義の世にはぴったりくる。

古来、閻魔王庁には生前の善悪の行いを映す「浄玻璃(じょうはり)の鏡」があるとされる。それによって隠し事や嘘は見抜かれ、裁きが決められるという。

衆院選が始まった。これまで、どの政治家が何を語り、何を行ったのか。とりわけ安倍晋三首相がこの5年間、どんな政治を行ってきたのか。浄玻璃の鏡ばりの視線で思い起こし、しっかり見極めたい。

20171012033637b2a.jpeg

20171012033639733.jpeg

201710120336389c5.jpeg

2017101203501789a.jpeg

…………………………





 桂米朝の噺、「地獄八景亡者戯」(じごくばっけい もうじゃのたわむれ)より

 サバに当たって死んだ男がボヤッとしたところを歩いていると、伊勢屋の旦那に会った。「まあまあ、ご機嫌よろしゅう」、「まぁ~、こんな所で会うなんて、ご機嫌が良い訳ない」、「挨拶も難しい」。「わて、旦那の葬儀に出てましたんです」、「そうやな~、分かっている。棺桶のスミから覗いていたのじゃ」、「立派な葬儀でしたなぁ~」、「香典の中から千円誤魔化したやろ」、「帳簿預かってたのが、『どうしても千円多くなって合わない』、と言うので、誤魔化したら『丁度合った』と感謝された・・・」、「何すんね。どうしてわしの葬儀に来てくれたのにここにいるん?」、「大きなサバを貰って、半身を刺身にして一杯飲んでいたら、ここに来てしまった。これから何処に行くんですか」、「そうやな~、閻魔様の所に行くんだろうな~」、「旦那はどうしてまだここにいるんですか」、「リウマチがひどくて早く歩け無いんだ。良かったら先に行ってもイイよ」、「いいえ、一緒にゆっくり行きます」。

 その後から来ましたのが陽気な一団。遊び尽くして、『あの世ツアー』で芸者・太鼓持ち・舞子・おかみさん連中が参加して若旦那とやって来た。フグを食べてふぐに死んでしまった。三途の川を渡る算段していると、太鼓持ちが「婆さんを金で『うん』と言わせるのは簡単だ。若旦那が他の芸子に手を出して、おばんが怒ってきた時に、500万円の金を400万円に値切ったのがわたいです」、「おかしいな、500万円出したぜ」、「アッ、こんな所でバレるなんて」、「100万円はやるよ。でも良かったよ。閻魔の前でバレたら地獄行きだ。みんなは極楽に行くのに・・・」、「エッ、まだ有るんですが・・・」。
 太鼓持ちが先に行って、三途の川の渡しの話を、茶屋に聞きに行った。「川の前に柳が有って、三途河の婆(しょうづか)・奪衣婆というお婆さんがいると言いますが・・・」、「着物を剥ぐような風習が廃止になって随分経ちます。代々続いていた権利で着物を剥ぐことで生計を立てていたが、脱衣婆は失業、閻魔大王に相談に行くうちにお互いに情が移って、婆さんは大王の二号に。奪衣婆というのは役職名で、実はあだな年増です。そこで大王に都合してもろうて『バー・ババア』を開いたんですが、アルバイトに来ていた赤鬼と浮気をし、それが閻魔にばれて、地獄を追放になった。赤鬼は罰の力仕事で身体を壊し、婆さんは医者代、薬代に困ってついにコールガールになって体を売るが、娑婆から来た亡者に悪い病気をうつされて六道の辻で『のたれ生き』。娑婆で四国八十八箇所をめぐって冥土に戻り、『我が半生を語る』を『週間地獄』に連載して、本がベストセラーになって、今は映画にもなって、講演などで活躍中やという。で、船頭の鬼がいるだけで渡れます」。

 三途の川を鬼の渡しで渡りますと、六道の辻で、一番広い通りがメインストリートの『冥土筋』。ビルまで建っていて地獄文化会館には講演会のポスターが有る。「有島武郎、芥川龍之介、太宰治、三島由紀夫、川端康成、テーマが『自殺について』、すごいな~」、「なんだって有るよ。バーやクラブ、茶屋、料理屋、『地獄トルコ』、『グランドキャバレー・火の玉』、本日のショー『幽霊のラインダンス』」、「どないして、足上げるんでしょうね」、「『骸骨のストリップ』も有るよ」、「何を観るのだろう」。
 「あちらは芝居町」、「こちらにも芝居が有るんですか?」、「そんな事言ってたら、笑われるよ。名優はみなこっちに来ているんだからな。初代から十一代までの團十郎がそろって忠臣蔵をやったんだす」。「寄席も有りますか?」、「こっちの観たら娑婆のは観られんよ。三遊亭圓朝が続き話で『牡丹灯籠』、初代と二代目春団治の『親子会』、松鶴、文左、文枝、文團治、米團治、圓都、それに米朝」、「米朝はまだ生きているのと違いますか」、「米朝は肩のところに近日来演と書いてある」。
 「こっちは?」、「念仏町で、罪が軽うなるようにと、銘々懐に合わせて念仏を買います。これを買うと閻魔の前で罪が軽くなる。弁護士を買ったのと同じだす」、地獄も金次第、懐に合わせて念仏を買い求め、閻魔庁の正面に・・・。

 亡者の連中が開いた門からゾロゾロと中に入ります。「本日は閻魔の一千回忌であるから、極楽に通すぞ。次に呼ぶものだけはここに残れ」、「医者の山井養仙(やまいようせん)、山伏の螺尾福海(ほらおふっかい)、歯抜き師の松井泉水(まついせんすい)、軽業師の和屋竹の野良一(わやたけののらいち)が残されて、あとの者は極楽へと送られます」、「なんで、みんな極楽にいけるの」、「それは、閻魔の選挙が近いからで、人気取りでしょう」。
 「なんで、わたいらだけ残されたん」、「一杯飲みに連れて行ってくれるんじゃないの」、「閻魔が戻ってきたので頭を下げろ」、「医者の山井養仙は助かる病人も未熟で直す事が出来なかった。山伏の螺尾福海は加持祈祷をすると言って、怪しき祈祷を行い金銀をむさぼった。歯抜き師の松井泉水は居合抜きをしたり独楽を回して人を集め、チッとも効かない歯痛の薬を売り、丈夫な歯まで抜いた。軽業師の和屋竹の野良一は観る者の頭の上でハラハラさせて寿命を縮めた。それぞれ地獄送りじゃ」。
 四人はまず、熱湯の釜へ。煮えたぎる釜の中に入れと言うところに山伏の螺尾福海が『水の印』で日向(ひなた)水の温度にした。みなは喜んで、風呂のつもりで入っていた。怒った閻魔は針の山に追い立てた。「こんなとこに登ったら、針が突き刺さって動けんようになってしまう」、そこに軽業師の和屋竹の野良一が出て来て、「わしの足裏は稽古で板のようになっている。三人を負ぶって登ってやる」、踊りながらてっぺんまで登ると針を折りながら向こう側に滑り降りて行った。閻魔は四人を人呑鬼(じんどんき)に飲ませることにした。「スゴイ歯をしているな。あんなんで噛まれたらひとたまりも無いな」、「よしゃ。わしが歯を抜いてやる」。
 「虫歯を抜いてやる」と、騙して、全部の歯を抜いてしまった。丸呑みにされた四人、腹の中で噛まれなかったことを喜んだ。「このままここに居たんでは溶けてしまう。医者のわしが胃を切り開いて腹の中に逃げ出そう。ここが鬼の腹(原)だ。面白い事しよう、そこの紐を引っ張りなさい」、「ヘックション」、「鬼がクシャミをした」、「そこにテコのような物があるだろう。それを持ち上げてごらん」、「アッ、イタタタ」、「鬼が腹痛を起こしている」、「ここに有る丸い物を動かすと・・・」、「アッ、ははは」、「笑いよるやろ」、「その袋押してみ」、「なんですか?」、「屁袋で、押すと屁が出る」、「ブー」、「出たッ」。「これいっぺんにやったら、どうなるだろうな。やってこませ」、「ヘックション、アッ、イタタタ、アッははは、ブー。ヘックション、アッ、イタタタ、アッははは、ブー。たまらん。便所に行って四人出したろ・・・」、「出されたらいかん。いつまでも苦しめなくては・・・」、「下に行けば安全だ。肛門に四人で井桁になれ。出されないように掴まっていろ」、「出て来たら、苦しめてやるゾ。う~ん、このクソッタレ。こいつらどうしても出よらんが。大王様、あんたを飲むより仕方が無い」、「どうして?」、「大黄を飲んで下してしまうんだ」。


ジャッジ

201710120313403ae.jpeg



河北春秋 10/11

 野球のルールブックこと『公認野球規則』で審判員の「一般心得」が説かれている。少し抜き出すと、「大勢の人の前で、瞬間的な出来事に対して、即座に裁定を下さなければならない。常に見たままを的確に裁定する」

有権者はまさに審判員である。衆院選が公示され、野球規則の心得を読んでみると、なるほど重なる部分が多い。例えば国会の解散や政党の離合集散は突発的なプレーだった。候補者たちが繰り広げてきた言動を冷静に思い返し、22日の投票日には「アウト」「セーフ」を高々とコールしたい。

とりわけ今回は選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられて初めての総選挙である。10代の有権者は観客席からグラウンドに降り、与野党入り乱れる戦いの審判に加わってほしい。何せ移籍選手が相次ぎ、メンバー表の整理に手こずった政党もある。

少しばかり投票経験の多い身として新有権者に伝えておく。かつて野球の仙台六大学リーグで長く審判員をした人に聞いた話である。「『審判のせいで負けた』と何度も言われた。逆に『あなたのおかげで勝った』と言われたことはない。それが誇り」

「公正中立」をうたう審判員と違って、有権者は「自分本位」「肩入れ」があっていい。国の行く末を考えたジャッジに誇りを持って臨みたい。


…………………………

センキョ豆知識
知っているようで知らない選挙に関する豆知識
(知っていると、けっこうトクをするかも・・・しれませんね。)

○選挙権の年齢、外国ではどうなっているの?
 我が国では、選挙権の年齢要件は、満18歳とされていますが、昭和20年までは満25歳、平成28年6月までは20歳とされていました。
 諸外国においても、選挙権の年齢要件は国によって異なっています。イランでは15歳、ニカラグアやキューバなどでは16歳以上となっています。また、21歳以上という国もあります。ヨーロッパの国の多くでは18歳以上とされています。

○衆議院の小選挙区はどうやって決まるの?
 衆議院小選挙区選出議員の選挙区の改定は、衆議院議員選挙区画定審議会が調査・審議し、改定案を作成して内閣総理大臣に勧告することとされています。
 その際、区割りのもとになるのが国勢調査です。この国勢調査は10年ごとに行われ、この他にも調査から5年目に簡易な方法により国勢調査を行うこととされています。
 衆議院の小選挙区の区割りのもとになるのは、10年ごとに行われる国勢調査になります。(最近の国勢調査は、平成12年に行われています。なお、平成17年には簡易な方法による国勢調査が行われました。)

○投票所入場券は、投票のための必須アイテム?
 投票日が近づくと、投票所入場券が送られてきますが、これは映画のチケットなどとは違い、これがないと投票所には入れないとか、これさえあれば、無条件に投票できるというものではありません。
 投票所入場券は、投票所で投票しようとする選挙人が、本人であるかどうかの確認を的確に、かつスムーズに行うために交付されるものです。だから、仮に入場券を持参しなくても、選挙人名簿と対照の結果、本人と確認できれば投票できるのはもちろんのこと、入場券を持参しても、本人かどうかの確認手続きは必要となります。

○投票用紙の秘密?
 投票所で記載された投票用紙は、投票箱に入れられて、開票作業に回されるのですが、一度に大量の投票用紙を扱う開票作業の省力化のため、投票用紙にはある「工夫」がされています。
 それは、投票用紙自体が特殊な紙でできていて、折り曲げて投票箱に入れられたものが、時間がたつと自然に開くようになっているのです。そのため、投票用紙は表面がつるつるしています。今度、投票に行かれたときにさわって確認してみてください。

○「当確」は誰が発表しているの?
 テレビなどの開票速報番組を見ていて不思議に思ったことがあるかもしれませんが、その時点の投票率が数パーセントしかないときに「当選確実」の報道がされることがあります。
 これは、報道機関が、いろいろな状況から見て当選が確実であると判断した場合に行っているもので、選挙管理委員会が発表しているものではありません。

○得票に1票未満の端数があるのは?
 選挙の結果を見ると、たまに候補者別の得票数に小数点以下の数字が付いていることがあります。投票用紙1枚が1票なのに、投票用紙の半分とか、切れ端が入っていたのでしょうか。
 もちろん、そんなことはありません。これは「按分」というしくみによって起こるものです。「按分」とは、候補者の中に同一の氏名、氏または名の候補者が2名以上いる場合で、投票用紙にその氏名、氏または名のみ記載した投票があったときに、これをそれぞれの候補者の他の有効投票数の割合に応じて分けることをいいます。このため、得票数に小数点以下の端数が付くことがあるのです。

○当選人がくじで決まる?
 当選人は、有効投票数の多い者から順に決定されますが、まれに、最下位で当選人になるべき有効投票数を得た同点得票者が2人以上いることがあります。
 こうした場合、どの者を当選人とするかは、選挙長がくじで決定することとなっています。

○選挙の七つ道具
 「弁慶の七つ道具」ならぬ「選挙の七つ道具」をご存じでしょうか。
 選挙について無制限な選挙運動を認めると、ともするとその選挙が財力、威力等によってゆがめられる恐れがあります。
 そこで、公職選挙法では、選挙運動について時期、主体、方法等について制限を設け、選挙の公正を確保しようとしています。
 そして、一定の選挙運動を行うためには、選挙管理委員会が交付する標札、表示板その他の物品が必要とされており、これらの物品は無料で交付されることとなっています。
 これらの交付物品には、選挙事務所の標札、選挙運動用自動車・船舶表示板、選挙運動用拡声機表示板、自動車・船舶乗車船用腕章、街頭演説用標旗、街頭演説用腕章及び個人演説会用立札等の表示等があり、これらを俗に「選挙の七つ道具」と呼んでいます。

○立候補するためにお金がかかる?
 立候補の届出の際には、候補者ごとに一定額の現金または国債証書を、法務局に預け、その証明書を提出しなければなりません(町村の議会議員選挙を除く)。これを「供託」といいます。
 この制度は、当選を争う意思のない人が売名などの目的で、無責任に立候補することを防ぐためのものです。したがって、候補者や政党等の得票数が規定数に届かなかった場合や、立候補を辞退した場合には、供託されたお金は没収されます。

■選挙の種類と供託額等(例)
選挙の種類
供託額
供託物が没収される得票数

衆議院小選挙区選挙
300万円
有効投票総数×1/10未満

参議院選挙区選挙
300万円
有効投票総数÷その選挙区の議員定数×1/8未満

都道府県議会議員選挙
60万円
有効投票総数÷その選挙区の議員定数×1/10未満

都道府県知事選挙
300万円
有効投票総数×1/10未満

市議会議員選挙
30万円
有効投票総数÷その選挙区の議員定数×1/10未満

市長選挙
100万円
有効投票総数×1/10未満

町村長選挙
50万円
有効投票総数×1/10未満

キャベツの悲鳴

201710110533111d6.jpeg


中日春秋 10/11

福島県須賀川市で八代続く農家の樽川(たるかわ)和也さん(42)は、キャベツの悲鳴を聞いたことがあるという

樽川さんの父・久志さんは、土づくりにこだわる人だった。「一センチのいい土ができるには、百年かかる」と言い、堆肥づくりに手間暇を掛けた。その土で育てた野菜は築地市場で評価され、自慢のキャベツは学校給食でも人気だった。

だが、福島第一原発の事故は、久志さんと先祖代々の情熱が染み込んだ土を汚した。地元産のキャベツが出荷停止になったとの知らせが入った翌朝、久志さんは自ら命を絶った。

出荷できなくなった七千五百株のキャベツは、畑でむなしく育った。大きくなりすぎたキャベツはパリッパリッと音を立て、真っ二つに割れた。和也さんには、それがキャベツの悲鳴に聞こえたのだ。

衆院選が公示された昨日、和也さんら福島の人たち三千八百人余が「原発事故で奪われた生業(なりわい)と地域を返せ」と起こした裁判の判決が出た。福島地裁が政府と東電の責任を厳しく認めて賠償を命じたとの一報を、和也さんは稲刈りの最中に聞いた。

久志さんは、遺書は残さなかった。ポケットの中に歩数計機能付きの携帯電話があり、その歩数は、およそ七百。自宅裏のキャベツ畑を見てから、命を絶ったのだろう。それから六年半。私たちは、どんな方向に、どれほど歩いてきたのか。立ち止まって考えたい、衆院選だ。

…………………………

20171011054314da7.jpeg


国・東電に再び賠償命令=原状回復認めず―原発事故、3件目判決・福島地裁
10/10(火)

東京電力福島第1原発事故をめぐり、放射線量低減(原状回復)と慰謝料を求めた集団訴訟の判決が10日、福島地裁であり、裁判長は国と東電に賠償を命じた。写真は、勝訴と書かれた垂れ幕を掲げる弁護士ら=福島市
 東京電力福島第1原発事故をめぐり、福島県や近隣県の住民約3800人が、国と東電に居住地の放射線量低減(原状回復)と慰謝料など総額約160億円を求めた訴訟の判決が10日、福島地裁であった。

 金沢秀樹裁判長は「事故は回避できた」と述べ、約2900人に総額約5億円を支払うよう国と東電に命じた。原状回復の訴えは却下した。

 全国に約30ある同種訴訟で3件目の判決で、国の責任を認めたのは3月の前橋地裁に続き2件目。原告数が最も多い福島地裁の判断は、今後の判決に影響する可能性がある。

 金沢裁判長は、2002年7月に政府機関が公表した地震予測の「長期評価」は信頼性が高く、国はこれに基づき敷地高を超える津波を予見できたと判断。安全性確保を命じていれば事故は防げたとし、「02年末までに規制権限を行使しなかったのは著しく合理性を欠く」と述べた。

 その上で、原告の7割を占める福島、いわき、郡山各市など自主的避難等対象区域の住民には、国の中間指針(8万円)を超える16万円の賠償を認めた。中間指針の対象から外れた茨城県の一部住民にも1万円を認めた一方、960人は放射線量が低いなどの理由で棄却した。

 国の賠償責任は「原子力事業者を監督する2次的なものにとどまる」と指摘。責任の範囲は東電の2分の1と認定し、賠償額は約2億5000万円とした。

 原状回復請求については「心情的には理解できるが、民事訴訟としては不適法」と却下した。原状回復までの将来分の請求も認めなかった。 

…………………………

キャベツの「悲鳴」 畑に立てた線香

20171011051343601.jpeg
肥料を運ぶ樽川美津代(左)と和也=11月、福島県須賀川市

20171011051345b55.jpeg
父樽川久志の遺影を前に話をする和也=11月、福島県須賀川市

 「福島の百姓は終わりだ」。福島県須賀川市の農家 樽川久志 (たるかわ・ひさし) =当時(64)=は2011年3月12日午後、自宅のテレビで東京電力福島第1原発が爆発する映像を見ながら、つぶやいた。壊れた原発からまき散らされた放射性物質は大地を汚染し、そこで育つ農産物は売れなくなる―。久志はこれからの苦難を見越し、絶望した。

 久志は3月24日、自宅の敷地にあるキャベツ畑近くの木で首をつった。

 前日の23日夕方、キャベツの出荷停止を知らせるファクスが届いていた。久志は次男 和也 (かずや) (40)に言った。「おめえのこと、間違った道に進めたな」。和也は30歳のとき、久志が 帯状疱疹 (たいじょうほうしん) を発症したのをきっかけに当時勤めていた会社を辞め、後継者になっていた。

 久志は専業農家の7代目。妻 美津代 (みつよ) (65)と和也の3人で、コメや野菜を育て生計を立てた。「土作りが全てだ」。化学肥料を極力使わず有機農法にこだわった。農業雑誌を読み込み、研究熱心だった。

 特にキャベツは人気だった。インターネットで品種の情報を集め、寒い東北地方では越冬して春に出荷するのが難しいと言われていたキャベツの生産に成功した。地元の直売所で1日300個も売れ、学校給食にも使われた。

 原発事故の後、久志は言葉数が少なくなった。それでも、「もうすぐキャベツを収穫できる」と話していた。

 「バリバリッ」。久志の死後、キャベツが悲鳴を上げていた。収穫されず育ち過ぎた7500個が、音を立てて割れ始めたのだ。そして、中から黄色の花が伸びてきた。

 その年の夏、和也はキャベツを全て処分することにした。美津代と2人では、一つ一つをゴミ袋に入れて回収するのは難しい。トラクターで畑を耕して実をつぶし、土と混ぜることにした。

 キャベツは種まきから収穫まで約9カ月。夏の夜に懐中電灯の明かりの下、キャベツの種から出た芽をピンセットで育苗用容器に黙々と移していた久志の姿が頭に浮かんだ。わが子のように大切に育てていた。

 「キャベツにも、おやじにも、申し訳ないな」。和也は畑の端っこに線香を立て、トラクターで走り始めた。

2015年12月4日


…………………………

201710110533099b3.jpeg

20171011053310bb2.jpeg


キャベツ(cabbage)

アブラナ科の一年草または越年草。葉は肉厚で幅広く、重なり合って大きな球になる。夏、とう立ちして淡黄色の4弁花を総状につける。ヨーロッパ海岸地方の原産で、野生種は結球しない。日本へは明治年間に渡来し、野菜として栽培。多くの品種がある。

カンラン(甘藍),タマナとも。ヨーロッパ原産のアブラナ科の一〜二年生の野菜。ふつう葉は幅広く,濃緑色で無毛,中心部の葉は重なって球状となる。花はナタネに似,淡黄色4弁で,高い花茎上に総状につく。


《栄養と働き》

 キャベツはヨーロッパが原産地のアブラナ科の野菜です。古代エジプトでは、キャベツには高い薬効があると信じられ、甘く煮たものがデザートとしてよく用いられていたといいます。わが国には江戸末期に渡来しました。ブロッコリーやカリフラワーもキャベツの仲間に含まれます。
 晩春から初夏にかけて出回る春キャベツと、冬に出回る冬キャベツとに大別できます。

○栄養成分としての働き
 キャベツ特有の成分としてビタミンUを含むのが大きな特徴です。
 ビタミンUはキャベツから発見されたので、別名キャベジンと呼ばれ、胃腸の粘膜(ねんまく)の新陳代謝(しんちんたいしゃ)を活発にする働きがあります。傷ついた胃腸の粘膜を修復するために必要なたんぱく質の新生を助けるので、胃腸のトラブルに強い味方となってくれます。
 そのため、抗潰瘍作用(こうかいようさよう)があり、胃潰瘍(いかいよう)や十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)に有効に働きます。また、肝臓に余分な脂肪が沈着して起こる脂肪肝を予防する働きもあります。
 淡色野菜のなかでもビタミンCが豊富なのも特徴の1つ。キャベツを2~3枚、生で食べれば、1日の必要量の50%以上がとれてしまいます。ビタミンCは抗菌作用があり、かぜの予防、疲労回復、肌荒れの解消に効果的です。
 外葉の緑色の葉は、血液を凝固させ、骨を強くするビタミンKも含んでいます。

〈各種のがん抑制物質で何重にもがん予防〉
 キャベツはアメリカの国立がん研究所によって提案された「デザイナーズフーズ・リスト」の中で、トップグループに位置づけられた野菜でもあります。このリストは、がん予防効果の高い食品を順番に並べたものです。キャベツには、強力ながん抑制物質であるイソチオシアネートやインドール化合物が含まれているのです。
 さらに注目されているのは、発がん物質の活性化を抑えるペルオキシダーゼが多く含まれている点です。ペルオキシダーゼは食品を加熱したり、調理する過程で発生する発がん物質の活性化を妨げる酵素で、キャベツをジューサーなどで絞って生ジュースにすると効率よくとることができます。
 このほか、アミノ酸のリジンやトリプトファンも含まれているので、子どもの発育にも欠かせない食品といえます。
〈ぼけ防止、滋養強壮作用が高齢者に有効〉
○漢方的な働き
 また、キャベツは滋養強壮作用、健脳作用があることでも知られています。
 とくに老人性の健忘症に有効です。老化にともなう足腰の弱りや耳鳴りなどの改善にも効果が期待できる野菜なので、高齢者の食事のメニューには最適の食材といえます。

《その他のキャベツ類》

<グリーンボール>
 キャベツの一種で、グリーンボールは銘柄名ですが、この種の総括名として常用されています。あまり大きくならず、しっかりかたく巻いているのが特徴です。
 成分的にはキャベツに似ていますが、カロテンを100g中110μgとキャベツの2倍もの量を含んでいます。カルシウム、カリウム、ビタミンCもキャベツを上回っています。

<レッドキャベツ>
 ビタミンCの含有量はキャベツやグリーンボールよりも勝っています。食物繊維も豊富で、100g中2.8gを含んでいるので、便秘(べんぴ)改善に役立ちます。

<ケール>
 キャベツの原型とされる種類で、別名「葉キャベツ」とも呼ばれています。ちりめん状のシワのあるカールドやシワのないプレーン種など、多くの品種があります。カロテンが豊富で、ビタミンCも100g中81mgも含んでいます。メラトニンという成分が他の野菜にくらべて豊富に含まれているのも特徴的。
 メラトニンは人間の脳内の松果体(しょうかたい)で分泌(ぶんぴつ)されるホルモンです。しかし、6歳をピークに分泌量が減っていくので、意識的に摂取したほうがよい成分なのです。メラトニンは活性酸素を抑制する有力な抗酸化物質であることがわかっています。抗酸化物質のなかでも、水にも脂質にも溶け、体内のあらゆる場所で活性酸素と戦ってくれる物質です。そのおもな働きとして、血栓(けっせん)防止、コレステロール低下、乳がん予防、前立腺(ぜんりつせん)がん予防などに効果があるといわれています。また、体内時計を調整して、不眠症にも効果を発揮します。

<芽キャベツ>
 芽キャベツの原産地はベルギーのブリュッセル。ふつうのキャベツの芽ではなく、キャベツの栽培変種です。茎の先端にある葉のつけ根にピンポン玉ほどの大きさの芽がつき、一株にたくさんつくため、子持ちキャベツとも呼ばれています。芽キャベツはキャベツ同様にビタミン、ミネラルともに豊富に含んでいますが、含有量はその小さな姿からは想像できないほど多いのです。
 とくにビタミンCは100g中160mgも含んでいます。Cは活性酸素の発生を抑えると同時に、発がん性物質の生成を防ぎます。また、細胞と細胞を強く結びつけるコラーゲンを生成します。これらの働きでがん予防に高い効果が期待できます。コラーゲンの生成は美肌にも効果的。食物繊維も5.5gとキャベツ以上に含んでいるので、便秘改善にも役立ちます。

《調理のポイント》

 冬キャベツは外葉が濃い緑色で、巻きがかたくて重量感のあるものを選びましょう。春キャベツの場合は、巻きがゆるく葉がやわらかいものが良質です。
 食べ方としては、春キャベツは葉がやわらかいので、生食が一番です。千切りにしてトンカツの付け合わせに。一方、冬キャベツは肉厚で甘味も強く、煮込んでも崩れないので、ロールキャベツやポトフなどに向いています。煮ることで甘味が十分にでるので、おいしく食べられます。
 ビタミンCやUは水溶性ビタミンなので、熱に弱いのが難点。効果を期待するなら生食か青汁として飲む方法がベストです。水にさらしてパリッとさせたいときも、千切りなどにする前に、葉のまま短時間ですませましょう。
 部位によってビタミンの含有量がちがいます。外側の緑色の濃い葉には、カロテンが多く、かたい芯の部分には葉以上にビタミンCが多く含まれています。外葉や芯(しん)は捨てずに、丸ごと1個を使いきるつもりで調理すれば、各種ビタミンをムラなくとることができます。

○注意すべきこと
 ビタミンの効能を考えると生食がいいのですが、冷え症の人の場合は体を冷やしてしまうので、加熱して食べるようにしましょう。ジュースにして飲む場合もあたためて。
 また、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を服用している人もひかえめにしたほうがいいでしょう。キャベツを含む食事によって、薬の作用が弱まってしまうことがあります。
出典 小学館食の医学館について