2017年04月17日の記事 (1/2)

負けないで

20170417124419293.jpeg


斜面 4/17

ZARDの坂井泉水さんはレコーディング途中で歌詞の一部を書きかえたという。さびの「最後まであきらめないで」は「最後まで走り抜けて」になった。代表曲「負けないで」のエピソードだ。発売は1993年。既に「失われた10年」に突入していた。

 苦悩を深めた時代だ。特に若者たちは明るい未来を見通せず、不安に覆われていた。「負けないで もう少し」「追い掛けて 遥(はる)かな夢を」というシンプルなメッセージは、共感を呼んで大ヒット。震災被害者の応援歌にもなり、教科書に載った。

 歌詞の書きかえで、ランナーにも欠かせない歌になったのかもしれない。きのうの長野マラソン。25キロ地点のホワイトリング前で、長野市の豊野中と裾花中の吹奏楽部が交代で「負けないで」や光GENJIの「勇気100%」など20曲以上を演奏した。

 中間点をすぎて、疲れが出やすいころ。苦しそうな表情だったランナーたちも演奏を聞くと生徒たちに笑顔で手を振り、後半に向け力を絞るように駆け抜けた。曲を選んだのは生徒たちだ。豊野中吹奏楽部部長の小尾愛未さんは「走っている人が元気になれる曲を探した」という。

 坂井さんが急逝し5月で10年。NHKの当時の追悼番組で音楽評論家の富沢一誠さんは「(ファンにとって)人生の伴走者だった」と評した。中学生時代は陸上部だった坂井さん。ひとり頑張る人たちには、寄り添ってくれる応援が何よりも心強いことを知っていたのだろう。




負けないで

歌:ZARD 作詞:坂井泉水 作曲:織田哲郎

ふとした瞬間に視線がぶつかる
幸福のときめき覚えているでしょ
パステルカラーの季節に恋した
あの日のように輝いてる
あなたでいてね

※負けないでもう少し
最後まで走り抜けて
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
追いかけて遥かな夢を※

何が起きたってヘッチャラな顔して
どうにかなるサとおどけてみせるの
今宵は私と一緒に踊りましょ
今もそんなあなたが好きよ
忘れないで

☆負けないでほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに離れてても
心はそばにいるわ
感じてね見つめる瞳☆

(※くりかえし)
(☆くりかえし)

シュークリーム

いなべのキャベツ (シュークリーム)

201704171100213f7.jpeg

20170417110022667.jpeg

20170417110023a7a.jpeg

20170417110025eea.jpeg



………………………………………………………………………………

・クイズ問題

シュークリームの「シュー」の意味は?
A.膨らんだ
B.キャベツ
C.岩
D.美味しい


・シュークリームの名前の由来

それでは、さっそくシュークリームの名前の由来について解説します。
シュークリームと聞くと、語源は英語のように感じますが、実はフランス語が由来となっている言葉なのです!

シュークリームはフランス語では「シュー・ア・ラ・クレーム」という名前で呼ばれています。
その「ア・ラ」が省略されることにより「シュークレーム」となり、「クレーム」が英語で「クリーム」のため「シュークリーム」という名前になりました。

そしてシュークリームの「シュー」とはフランス語で「キャベツ」という意味になります。
言われてみれば、シュークリームのあのふわふわとした生地の形がキャベツに似ている気がしますよね!


そのためフランス語の「シュー・ア・ラ・クレーム」は日本語では「クリーム入りのキャベツ」という意味になります。

英語だと思ったら大間違い

シュークリーム名前由来

シュークリームという言葉自体は和製フランス語となりますので、英語ではありません。
そのため、英語圏の国で「シュークリーム」と言ってもまず伝わらないでしょう。


伝わるどころか「shoe-cream」という発音から、靴を磨くための「靴墨」と勘違いされてしまう可能性もあるそうです。
ちなみに英語でシュークリームは「cream puff(クリームパフ)」という名前になります。


シュークリームも可愛い名前ですが、クリームパフもなんだかとても可愛い名前に感じますね!


・雑学クイズ問題解答

雑学クイズ問題の答えは「B.キャベツ」でした!

甘いものが好きな人の前で披露すると感心されるかもしれませんね!


・まとめ

シュークリームは英語ではなく「シュー・ア・ラ・クレーム」というフランス語の洋菓子が語源となっている。
「ア・ラ」というフレーズが省略され「シュークレーム」となり、英語の「クリーム」の意味から「シュークリーム」となった。
「シュー」という単語には「キャベツ」という意味がある。
英語圏の国でシュークリームと言っても伝わらず、「クリームパフ」という名前で知られている。

まどみちお : さくら

さくらのうた
  まど・みちお

さくらが さいた
さくらが さいた
さくらが さいたと みあげれば
さくらの おくにも
まだ おくにも
さくら さくら さくら さくら
さくらら ららら
はなびら ららら

さくらが ちるよ
さくらが ちるよ
さくらが ちるよと みていれば
まいちる あとから
また あとから
さくら さくら さくら さくら
さくらら ららら
はなびら ららら

…………………………

さくらの はなさん
  まど・みちお

さくらの はなさん
さいたけど
きだから
あるいて こられない
みんなで みんなで
みにいって あげよう

ゆきの ふるひも
かれないで
きょうまで たってて
さいたのよ
みんなで みんなで
ほめにいって あげよう


…………………………

さくら
  まど・みちお

さくらの つぼみが
ふくらんできた

と おもっているうちに
もう まんかいに なっている

きれいだなあ
きれいだなあ

と おもっているうちに
もう ちりつくしてしまう

まいねんの ことだけれど
また おもう

いちどでも いい
ほめてあげられたなあ・・・と

さくらの ことばで
さくらの そのまんかいを・・・


…………………………

さくらの はなびら
  まど・みちお

えだを はなれて
ひとひら

さくらの はなびらが
じめんに たどりついた

いま おわったのだ
そして はじまったのだ

ひとつの ことが
さくらに とって

いや ちきゅうに とって
うちゅうに とって

あたりまえすぎる
ひとつの ことが

かけがえのない
ひとつの ことが

増田さんの解説

201704171227536c2.jpeg

2017041712275576e.jpeg


あぶくま抄 4/17

 山あいに田畑が広がる田舎の風景に、抑揚のないせりふが飛び交う。NHKで始まった連続テレビ小説「ひよっこ」の最初の舞台は、茨城県北西部にある架空の「奥茨城村」だ。景色や方言が福島県に似るためか、親近感を抱く人は多いだろう。

 ナレーションは元マラソン選手の増田明美さんが担う。現役引退後は多くのマラソンや駅伝で解説者を務めている。事前の丁寧な取材から、選手の趣味や家族関係などの細かな逸話をちりばめ、選手の素顔に迫る語りが好評だ。福島市で毎年11月に開かれる東日本女子駅伝の解説も務めるだけに、県内のお茶の間でもおなじみだ。

 ナレーターは時として出演者に負けないほどの存在感を発揮する。放送界には「名ナレーター」と称される達人がいる。時代劇や歌番組を通して、独特な語り口で視聴者を魅了してきた。語り手は番組の印象を大きく左右する。

 増田さんは「ひよっこ」という6カ月間の長距離コースで、どのような解説をするのか。有村架純さん演じる主人公の谷田部みね子を、どんな逸話で飾ってくれるのか。マラソンならぬドラマの行方とともに、明るく軽妙なナレーションも楽しみの一つになった。

…………………………

201704171213001d8.jpeg


「ひよっこ」語りは増田明美さん!
2017年4月3日(月)から放送予定の、連続テレビ小説「ひよっこ」。
「語り」はマラソン元オリンピック日本代表 増田明美さんに決定しました!
hiyokko_masuda01a.jpg増田さんは「ひよっこ」の物語が始まる1964年生まれ。連続ドラマの「語り」は初めてです。マラソン解説で活躍されている増田さんが、当時の時代背景の解説を交えつつ、半年間みね子の成長を見守ります。

【増田明美さんからのメッセージ】
連続テレビ小説の中でも特に岡田惠和さん脚本の「ちゅらさん」「おひさま」は好きで観ていましたので、語りを担当させて頂くことになり嬉しいです。私が生まれた昭和39年の東京オリンピックの頃が舞台と伺い、これも何かの縁ですね。ハチマキをキュと締めて号砲を待つ気持ちです。語りは正に「ひよっこ」。内容が素晴らしいので邪魔にならないように、マラソン選手を沿道で走りながら応援する気持ちでやらせて頂きます。半年間の声のお付き合い、宜しくお願いします。

<増田明美 プロフィール>
スポーツジャーナリスト・大阪芸術大学教授。1964年、千葉県いすみ市生まれ。
成田高校在学中、陸上長距離種目で次々と日本記録を樹立し「天才少女」と言われる。しかし1984年のロス五輪女子マラソンで無念の途中棄権。引退後はスポーツライターとして出発し、またお婆ちゃん譲りのお喋りを活かしてラジオのパーソナリティーも務める。永六輔さんと出会い、現場に足を運ぶ“取材”の大切さを教えられ大きな影響を受け、駅伝・マラソン中継では選手の「人」に迫る解説に定評がある。コラム執筆の他、新聞紙上での人生相談やテレビ番組のナレーションなどでも活躍中。

【『語り』決定にあたって】
チーフ・プロデューサー 菓子浩
増田明美さんのマラソン解説のファンです。聞き取りやすく綺麗な声。選手の気持ちが伝わる説明。どこで仕入れた?と思ってしまうマニアックな情報。
「ひよっこ」の語りは、「語り」というよりは「解説」です。ヒロインがどんな時代を生きているのか?流行や物価、出来事など、ストーリーに寄り添いながらお伝えします。ときには、「そんな情報いる?」というようなマメ知識も出てきます。ヒロイン・谷田部みね子の人生という名のマラソンも、きっといきいきと解説して頂けることでしょう。どうぞお楽しみに!

…………………………

201704171216559a1.jpeg


主題歌は桑田佳祐さんに決定!朝ドラ「ひよっこ」
ヒロインとともに日本の朝に元気を届ける「ひよっこ」の主題歌が、桑田佳祐さんに決定しました。桑田佳祐さんがNHKドラマに楽曲提供をするのは初めてです。
主題歌:「若い広場」
歌:桑田佳祐
hiyokko_song0303a.jpg<桑田佳祐さんからのメッセージ>
この度は主題歌のお話を頂戴し身に余る光栄でございます。
「ひよっこ」は1964年を舞台に始まる物語ということで、自然と自分自身の人生を今一度辿っていくような感覚とともに、夢と希望に溢れた日本の未来に思いを馳せながら、歌詞を綴りました。古き良き日本の情感のようなものも、合わせて感じていただけますと幸いです。
ドラマとともに、この楽曲も、ぜひともみなさまにお楽しみいただければと思います。
■主題歌決定について
<ヒロイン・谷田部みね子役 有村架純>
ゆったりとした曲調が、1960年代から始まるこの物語をフワーッと想像させてくれて、暖色系の明かりが自分を包み込んでくれているような、そんな感覚になりました。
どこかしら懐かしく感じるメロディーと桑田さんの歌声は、温かくてとても心地よく、聴き入ってしまいます。放送を楽しみにしていて下さい。

<制作統括 菓子浩>
憧れの桑田佳祐さんに主題歌を作っていただけるなんて! 何だかすごい事が起きている気がして興奮しています。そして、初めて聴いた瞬間から、この歌に魅了されています。どこか懐かしくて、あったかい。昭和の情景や、人々の躍動感が、ありありと目の前に浮かびあがります。
「ひよっこ」が描く1960年~70年代は、歌謡曲の黄金期。みんなで同じ歌を歌って、みんなが同じ気持ちになれた時代でした。長年、第一線を走り続け、幅広い世代をとりこにしてきた桑田さんだからこそ、そんな時代の息吹とドラマの目指すものを確かに歌に込めていただけたと感激しています。最高の宝物をいただきました!
平成29年(2017年)度後期 連続テレビ小説 『ひよっこ』
東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語。高度成長期の真っただ中、日本の発展を支えたのは、地方から上京し懸命に働いた名もなき人々でした。この物語のヒロイン・谷田部みね子(有村架純)も、そんなひとり。茨城県北西部の村に生まれ、集団就職で上京した“金の卵”ヒロインが、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記です。
【放送予定】
2017年4月3日(月)から9月30日(土)全156回(予定)
【作】
岡田惠和
【音楽】
宮川彬良
【主題歌】
桑田佳祐
【出演】
有村架純、沢村一樹、木村佳乃、和久井映見、佐々木蔵之介、古谷一行、宮本信子 ほか
【語り】
増田明美
【スタッフ】
制作統括:菓子浩
プロデューサー:山本晃久
演出:黒崎博 田中正 福岡利武






たいへんよくできました


サクラのスタンプ
       土屋律子

サクラの花びらの中に
「たいへんよく
 できました」と
書かれているスタンプ

ぼくの作文の
最初のところに
おしてあった

はじめてもらった
先生からの
サクラのスタンプ

いっぱい
もらえるように
がんばるぞー


20170417094057ca4.jpeg


こんなの押されたら………。

20170417094058893.gif

20170417094059b09.png

20170417094101a93.jpeg

20170417094102f67.jpeg

20170417094104c8d.jpeg

20170417094106261.jpeg

20170417100919aa2.jpeg

20170417100921f88.jpeg

2017041710092151d.jpeg

20170417100923a45.jpeg

201704171009242d2.jpeg

20170417100926370.gif

おにいちゃんの紙ひこうき

おにいちゃんの紙飛行機
          大楠 翠

おにいちゃんが
折ってくれる
紙飛行機
不思議なほどよく飛ぶ
ぼくのとどこが違うんだろう

おにいちゃんが
折ってくれた
紙飛行機
違いを知りたいけど
ほどいてみたら怒るかな

おにいちゃんが
折って飛ばす
紙飛行機
おにいちゃんの貫禄見せて
得意そうに飛んでいくよ


…………………………

みずたまりの答案用紙
          大楠 翠

みずたまりの 
答案用紙は
まるをもらって
うっきうき
ポツポツ雨よ
ふりやむな ふりやむな

あめあがりの
答案用紙は
にじがかかって
わっくわく
そんなテストが
あったらな あったらな

…………………………

20170417091616b4b.jpeg


序詩 一途な思い 宮中雲子

Ⅰ ふしぎがいっぱい
おにいちゃんの紙飛行機
みずたまりの答案用紙
おにいちゃんが留守だ
海老がすき
くすりの魔法
えくぼのえがお
長い顔のおにいちゃん
新しい本
いけないの塊
魔法使いの素顔
ぼくの手
母の皺
ふたりっきりで鬼ごっこ

Ⅱ やさしい目をしないで
春の醍醐味
けん玉
笑顔も満タン
とうさんのひとこと
食べればわかる!
肩もんであげる
空蟬
お化け屋敷に
やさしい目をしないで
笑顔のまま
薄氷の仕業
Ⅲ 心のなかは
アゲハチョウ
阿修羅像のように
柏手
海の男を気取って
あとで
しあわせって
なみだ
モッコク
花梅
落ち葉の貼り絵
ラッパの音
唱える
おみくじ
タツノオトシゴ
風花は

あとがき

ジャガイモ

河北春秋 4/17

 南米でかつて、インカ帝国などの高度なアンデス文明が花開いた。この文明はトウモロコシ栽培を基礎に成立した、と教科書はずっと教えてきた。その定説が覆されたのは十数年前。トウモロコシではなく、実はジャガイモを基に文明は築かれていた。

2004年に出た山本紀夫著『ジャガイモとインカ帝国』(東京大学出版会)に詳しい。35年におよぶフィールドワークで実証した。寒冷な気候に適したジャガイモはアンデスが原産。日本では収穫量の約8割を北海道産が占める。

昨年夏、北海道を襲った台風の影響でジャガイモが不作となり、ポテトチップスの一部商品が販売の終了や休止に追い込まれている。お気に入り商品の在庫を求めて、コンビニなどに走った人もいるという。災害の多い日本。農業のもろさの一端が垣間見える。

東日本大震災で被災した東松島市で、ポテトチップスの原料となるジャガイモが栽培されている。農事組合法人などが大手菓子メーカーと契約、遊休地で始めた。関係者は「復興の刺激になればいい」と張り切る。メーカー側からすれば危機管理の一環か。

アンデスの住民は1000メートル以上の標高差がある地に高度の違う四つのジャガイモ畑を持っていた。まさに収穫の危険分散。現代にも通じる生きる知恵であった。



雲の上の青い空

学校図書 5年

雲の上の青い空  新井 満

苦しいとき悲しいとき  
あまりのつらさに
くじけそうになったとき
ぼくは、ふと立ち止まり 
空を見上げる
そうして 
灰色の雲の上に広がる
まっ青な空を
想う
ゆうゆうと吹きわたる
風を想う 


2017041710260567b.jpeg

紙風船

20170417104210108.jpeg


学校図書 5年

「紙風船」 黒田三郎

落ちてきたら

今度は

もっと高く

もっともっと高く


何度でも

打ち上げよう

美しい

願いごとのように

[ 続きを読む » ]

手紙

学校図書 5年

       手紙
          鈴木敏史

   ゆうびんやさんが  こない日でも
   あなたに  とどけられる
   手紙はあるのです


   ゆっくり  過ぎる
   雲のかげ
   庭にまいおりる
   たんぽぽの  わた毛
   おなかをすかした
   のらねこの声も
   ごみ集めをしている人の
   ひたいの汗も…


   みんな  手紙なのです
   読もうとさえすれば

…………………………

鈴木敏史は昭和7年(1932年)長野県の生まれです。

彼は成人してから ずうっと 病いとの闘いを余儀なくされていますが、
でも彼は不満や不平を口にすることはありません。
彼の詩はそうした日々のなかでつくられました。

この<手紙>の詩は 彼の先輩や友人によってつくられた「敏史を囲む会」の支援により 昭和49年に自費出版された詩集「星の美しい村」に収録された作品です。自費出版してすぐに大きな反響をよんで翌年には教育出版センターより再版されています。

<手紙>の詩には 美しい自然の織りなす風景のなかに おなかをすかした  のらねこや ひたいに汗をかいてゴミを集めてくださっている人の姿が登場
 してみんな彼のやさしい世界のなかでは とても大切に写っているのです。

彼の作品には かけがえのない自然にたいする畏敬と まわりの人々にたいするかぎりない優しさや温かさがこめられていています。

彼の作品をゆっくりと読んでいると 彼ならではの 研ぎ澄まされた豊かな
感受性とやさしさと思いやりが ジーンとあたたかく伝わってきます。・・・・・
[ 続きを読む » ]