2017年04月07日の記事 (1/2)

薬毒 同源

斜面 4/7

植物のトリカブトは誤って食べると神経毒が作用し命さえ危うくなる。一方で鎮痛や利尿効果などがある生薬を調製できる。毒にも薬にもなる、そんな二面性を「薬毒同源」と呼んでいるそうだ。薬学博士船山信次さんの近著で知った。

 「薬」は人類を病から救い「毒」は悪用された。古代ギリシャの戦争で有毒ガスを出す硫黄が使われる。化学兵器の戦争になった第一次大戦下の1915年、ドイツはベルギー戦線で数千本のボンベから塩素ガスを放った。仏軍などに多数の死者が出た。

 開発したのはユダヤ人科学者フリッツ・ハーバーだ。トマス・J・クローウェル著「戦争と科学者」によればハーバーの実家は塩素を使う染料工場だった。戦争が始まると工場はどこも需要がなくなり塩素が大量に余った。毒性が強い塩素ガスを発生させる原料に事欠かなかった。

 作戦成功から10日後、妻が自殺した。同じ化学の研究者で夫の行為を許せなかった。ハーバーは後に別の研究でノーベル賞を受けるが、ナチス時代はドイツを離れ65歳で亡くなる。遺言に〈戦争のときも平和のときも許される限り国に仕えた〉と書いた。

 シリアで猛毒サリンが使われたらしい。ナチス政権のドイツが開発した化学兵器だ。船山さんは環境破壊も踏まえて問う。次の生物の大絶滅は人類が毒になる、あるいは対象になる恐れはないか、と。けいれんを起こしているシリアの子どもたちの映像を見て、その警鐘が胸に重く響いた。


…………………………


マッドな科学の世界へ・・・。
というわけで、今日はあの悪名高き「サリン」です。
これは記憶に新しいところで、あのオウムが撒き散らしたことで
とても有名になりましたが、その構造は非常に単純です。

20170407163154ab1.png


これが悪魔と言える化学兵器サリンの構造式ですが、
正式名称がイソプロピルメタンフルオロホスホネートと言います。
有機化学の名称ってとても長ったらしくて舌を噛みそうな
名前ばかりだと思いますが、これもちゃんと意味があります。
これですと、イソプロピル、メタン、フルオロ、ホスホネートと4分割
できまして、直訳すると、「もう1つの炭素3つ」、「炭素1つ」、「フッ素」」
「リン酸化物」となります。
構造が線だけの時は炭素(C)と水素(H)が省略されているという
ルールですので、始めの「もう1つの炭素3つ」が一番左、「炭素1つ」は
一番右の構造を言っています。さらに「フッ素」はFなので下、
「リン酸化物」というのはこの全体の構造(POO)を指します。
こういう長くてややこしい名前にも一定のルールがあるということだけ
覚えてもらえるといいと思います。

さてこのサリンですが、構造が簡単なのでリン酸化物と
イソプロピルアルコールが原料という非常に安価なものです。
さらに不安定な物質で、熱分解や加水分解によってすぐに
無毒化されてしまうので、テロや殺人などにはもってこいの物質
だったりします。ただ、昔報道で言われていたようにすぐに誰でも
作れるというものではないので、安心してください。
もちろん、数段階と言う合成経路で済んでしまうので、簡単に見えますが
温度調整や安定化という意味でかなり大変で、
あのオウムですら、プラントという施設を大量に作って、
有機化学の専門チームに任せていたわけです。
ただ、リン酸系の農薬からも不可能ではないことだけは言っておきます。
もちろん、これを作るためには大きな設備が必要なので、
個人レベルでどうこうはできませんが・・・。

このサリンは神経毒でして、アセチルコリンエステラーゼという酵素を
阻害して、アセチルコリンという神経伝達物質の分解を阻害して、
神経を麻痺させます。
これを詳しく言いますと、脳の中には神経を伝達する物質があります。
その中でもアセチルコリンというのは記憶や運動に関連する神経の
物質だと言われます。
つまり、手を動かそうと脳が命令して、手が動くのはこの物質が
伝令の働きをしてくれるからです。
他にも電気信号によるものもありますが、今回はざっくりとこれだけの
説明にとどめたいと思います。
ただ、このアセチルコリンは神経細胞の伝達が終わると即座に分解されます。
つまり一度伝え終わった命令の紙を破っていると考えてください。
そうしないと、ずっと命令を送り続けることになってしまいます。
それがそのアセチルコリンエステラーゼの働きなわけです。
その酵素の働きを阻害されてしまうとどうなるかというと、
命令がずっと送り続けている状態のままになりますので、
その神経などが混乱してしまいます。
つまり、手を動かし終わったのに、「動かせ!」と来てしまいます。
すると、過剰に手が動いてしまい、震えや思ったところに
動かせなくなります。それだけなら、まだいいのですが、
これが全身に廻るわけです。
手足は動かせなくなりますし、記憶中枢もやられます。
さらに心臓を動かす筋肉にもエラーが出てしまって、
心臓が止まって死んでしまうわけです。

サリンに限らず、神経毒と言われているのは神経伝達物質の
過剰反応か欠乏によるものであることが多いです。
それをうまく利用しているのはいわゆる抗うつ剤などなのですが、
基本的には神経毒なので、大量に服用すると死んでしまいます。

そのサリンという物質はいわゆるナチスドイツによって
作られたと言われていますが、その作用機構というのは、
第一次大戦のマスタード弾からだと言われています。
戦争をきっかけにして、そういう神経毒の研究が発達して、
世界各国が毒ガス兵器の研究をしていたといいます。
日本でも731部隊がありました。
その研究が結果的に薬品研究に大きな進歩をもたらして、
多くの医薬品のもとになっているという事実もあります。

シリアがこのサリンの原料である有機リン酸を大量に
買っているそうで、それがサリン製造をしているのでは
という懸念もあるようです。
そういう意味では複雑なジレンマではありますが、
愚かな一面もあるんだなってことですね。

君の入学式

天鐘(4月7日)

 今日は君の入学式。おめでとう。実は出かける前に聞いてほしい話があるんだ。AI(人工知能)って分かる? 知能を持つコンピューター。世界中で開発を競い合ってる。

ロボットが東大に合格できるか研究した、数学者の新井紀子(あらい・のりこ)さんに話を伺(うかが)ったんだ。AIは名前や数字を当てるのが得意。大きなデータベースからあっという間に正解を探しだす。でも言葉の意味を理解するのはとても苦手。東大合格は難しいそうだよ。

ただね、新井さんは心配されていたよ。意味を読み取ることが、AIより苦手な若者が増えているんじゃないかって。それが本当だったら、なんだか悔(くや)しくないかい? 

君は新しい学校で今より多くの人と出会い、いろんなものごとを学ぶだろう。世界が広がる。すべてかけがえのない経験だ。でも言葉の意味を読み取れないと、相手の思いに気付きにくい。自分の考えを伝えるのも大変だ。そんなのもったいないよね。

そうならないために、できるだけ言葉、文章に触れてほしい。少しの間ゲームの画面から目を上げる。本や新聞を開く。友達と話す。そして一生懸命(けんめい)考える。AIに勝つためじゃない。何より君の成長に一番の栄養になるから。それを伝えたかったんだ。

まずは入学式で、さまざまな方々のあいさつをじっくりと聞いてごらん。相手が君に何を伝えたいのか、意味を考えて。じゃあ、いってらっしゃい。

北斗星 4/7

全国紙の家庭面で半世紀にわたって続く「こどもの詩」コーナーから200編余りをえりすぐった本「ことばのしっぽ」(読売新聞生活部監修、中央公論新社)に、「四という字」と題した1編がある。

「四はみんなきらう/四は死につながるからと/でもぼくはちがう/しんぼう、しれん、幸せと/思っている/ぼくは四年四組四番です」。秋田の小学4年男子が書いた詩だ。1996年5月10日付の紙面に載った。

クラス分けで4年4組になったんだね。おまけに出席番号が4番とは。なんか嫌だなあと思ってしまいそうだが、この子は「し」で始まる言葉を三つ見つけて気を取り直している。前向きの姿勢がいいなあ。

先生たちは年度末になると児童一人一人の名前を書いたカードを持ち寄り、翌年度の学級編成を決める。勉強や運動能力、住んでいる地区、友だち関係までを考え、学級ごとに大きな差が出ないように割り振っていく。とても気を使うという。

ところが「この学級はちょっとバランスが悪いかな、と思っても新学期が始まってみると意外に不足部分を補い合うようになるものです」とOB教諭が教えてくれた。例えば、足の速い子がいなかったとしても、それを発奮材料にしてリレーで頑張るのだ。

1学年1学級という学校もあるけれど、新しいクラスメートは先生たちが考え抜いて選んでくれた仲間です。仲間がいれば辛抱できるし、試練にも耐えられます。幸せな学校生活となるよう祈ります。


セサミストリート

滴一滴 4/7

米国で放送されている幼児向け教育番組「セサミストリート」に今月、新しい操り人形のキャラクターが加わった。ジュリアという愛らしい4歳の女の子で、自閉症があるという設定だ。

友達とは楽しそうに遊ぶが、ほかのキャラクターが自己紹介して握手を求めても無視してしまうことがある。短い単語を繰り返し話すなど、こうした子どもに特徴的な場面が展開する。

きっかけは、自閉症児の家族から番組で扱ってほしいとの要望が寄せられたことだ。制作者は5年以上かけて専門家の意見を聞くなど準備した。

握手を求めて無視されたキャラクターは悲しむが、嫌われたわけではないと教えられる。臨機応変な対人関係などが苦手な自閉症が理解され、社会に受け入れられることが制作者や家族の願いだろう。

ジュリアと同年代でみてみると、岡山県内で統計のある5歳児のうち、自閉症など発達障害と診断された子どもは8%余りに上る。気になる子は周りにいるかもしれない。障害の特性は一人一人違い、周囲は対応に迷うこともあろうが、最も悩んでいるのは本人と家族に違いない。

ジュリアにはもう一つ、特徴がある。歌が大好きで、多くの曲の歌詞を暗記していることだ。こだわりの強さといった特性は長所になり得ることも伝わるといい。8日までは発達障害の啓発週間である。

なにかをひとつ

学校図書 3年

なにかを ひとつ  
      やなせたかし

なにかをひとつ しるたびに
なにかひとつの よろこびがある
なにかひとつを まなぶたび
なにかがひとつ わかってくる
もっとしりたい まなびたい
無限の道を すすみたい 

とる

学校図書 3年

とる
川崎洋

はっけよい すもうとる
こんにちは ぼうしとる
てんどんの でまえとる
セーターの ごみをとる
のらねこの しゃしんとる
かんごふさん みゃくをとる
おはなみの ばしょをとる
コーラスの しきをとる
たんじょうび としをとる
リリリリリ じゅわきとる
[ 続きを読む » ]

いきもの

学校図書 3年

いきもの

工藤直子

まるい地球の上 で

てんとう虫の背中が

まんまるい


地球とてんとう虫と

ふたつのまるいものの闇で

わたしの心も まるい

夕日が背中を押してくる

学校図書 3年

「夕日が背中を押してくる」

阪田寛夫


夕日が背中を 押してくる
まっかな腕(うで)で 押してくる
歩くぼくらの うしろから
でっかい声で よびかける
さよなら さよなら
さよなら きみたち
晩ごはんが 待ってるぞ
あしたの朝 ねすごすな

夕日が背中を 押してくる
そんなに押すな あわてるな
くるりふりむき 太陽に
ぼくらも負けず どなるんだ
さよなら さよなら
さよなら 太陽
晩ごはんが 待ってるぞ
あしたの朝 ねすごすな

夕日が背中を 押してくる
でっかい腕で 押してくる
握手(あくしゅ)しようか わかれ道
ぼくらはうたう 太陽と
さよなら さよなら

うち 知ってんねん

学校図書 3年

           うち 知ってんねん
                     島田陽子

        あの子 かなわんねん
        かくれてて おどかしやるし
        そうじは なまけやるし
        わるさばっかし しやんねん
        そやけど
        よわい子ォには やさしいねん
        うち 知ってんねん

        あの子 かなわんねん
        うちのくつ かくしやるし
        ノートは のぞきやるし
        わるさばっかし しやんねん
        そやけど
        ほかの子ォには せえへんねん
        うち 知ってんねん

        そやねん
        うちのこと かまいたんねん
        うち 知ってんねん

どきん

学校図書 3年

どきん

さわってみようかなあ つるつる
おしてみようかなあ ゆらゆら
もすこしおそうかなあ ぐらぐら
もいちどおそうかあ がらがら
たおれちゃったよなあ えへへ
いんりょくかんじるねえ みしみし
ちきゅうはまわってるう ぐいぐい
かぜもふいてるよお そよそよ
あるきはじめるかあ ひたひた
だれかがふりむいた! どきん