Eテレの記事 (1/1)

できた できた できた (健康・からだへん)

できた できた できた (けんこう・からだへん) Eテレ


番組のねらい

●ねらい

小学校に入学したばかりの子どもたちが教室で騒いだり歩き回ったりして授業が成立しない、いわゆる「小1プロブレム」が課題になっています。「できたできたできた」は、1年生の不安を解消し、幼稚園・保育園から小学校へ、新しい生活のスタートをサポートする幼小連携番組です。
この春から10分×3シリーズ、週3回の放送になり、取り上げるテーマも学校から家庭生活、社会のルール、健康・衛生と大きく広がります。教科・対象学年の枠を越えてぜひご活用ください。

●健康・からだ編(木曜日)

体操教室を舞台に、かけっこやなわとびなどの運動のポイントを伝える運動コーナーと、体のしくみや健康に過ごすための知識を伝えるアニメ、「花まる体操」の3つのコーナーで構成。健康への関心と、体を動かす楽しさを届けます。

201411021803265c3.jpg

できた できた できた (家庭・社会生活編)

できた できた できた (かてい・しゃかいせいかつへん) Eテレより

●ねらい

小学校に入学したばかりの子どもたちが教室で騒いだり歩き回ったりして授業が成立しない、いわゆる「小1プロブレム」が課題になっています。「できたできたできた」は、1年生の不安を解消し、幼稚園・保育園から小学校へ、新しい生活のスタートをサポートする幼小連携番組です。
この春から10分×3シリーズ、週3回の放送になり、取り上げるテーマも学校から家庭生活、社会のルール、健康・衛生と大きく広がります。

●家庭・社会生活編(水曜日)

おばあちゃんの家や商店街を舞台にしたドラマで、マナーや社会のルールを学びます。「和風花まるロック」では、洗濯やお膳の並べ方など、家庭でのお手伝いを促す内容を取り上げます。「花まる探検隊」では、小学生3人組が町探検。海苔作り、農家のお手伝い、お寺の大掃除など、さまざまなことに挑戦、社会への関心を育てます。

20141102180323ee3.jpg

できた できた できた (学校生活編

できた できた できた (がっこうせいかつへん) Eテレより引用

番組のねらい

●ねらい

小学校に入学したばかりの子どもたちが教室で騒いだり歩き回ったりして授業が成立しない、いわゆる「小1プロブレム」が課題になっています。「できたできたできた」は、1年生の不安を解消し、幼稚園・保育園から小学校へ、新しい生活のスタートをサポートする幼小連携番組です。
取り上げるテーマも学校から家庭生活、社会のルール、健康・衛生と大きく広がります。

●学校生活編(火曜日)

教室を舞台に学校生活のルールを考えるドラマ、歌でいすの座り方などの基本動作を身につける「花まるロック」、子どもたちに人気の職業の現場を訪ねる「おしごと探検隊」の3つのコーナーで構成。



201411021803240bb.jpg


ストレッチマンⅤ

 学校では、NHKのEテレ(学校放送)をよく利用しています。

 今回は、「ストレッチマンⅤ」の紹介です。

sutov.jpg

 この番組は、主に知的障害や肢体不自由など障害のある子どもたちに、ストレッチマンとともにストレッチ体操をしたり、いっしょに体を動かす遊びをすることで、「体を動かす楽しさ」や「学習や生活の基礎」を楽しく養ってもらうことを目的とした番組です。

番組のコーナーは2つです。

● 全国の特別支援学校にストレッチマンが参上!
メインコーナーでは、人を笑わせることや、歌、ダンスなど、得意なことが多種多様な5 人のストレッチマンが交代で全国の特別支援学校を訪ね、子どもたちとふれあいながら「ストレッチ体操」をし、それぞれの得意なことを生かして、ストレッチパワーで大活躍します。ストレッチマンと対決する「怪人」は、特別支援学校の先生方が演じています。怪人の衣装も、先生方が作っています。

● 感覚運動遊びコーナー
身近な道具や、体だけを使って簡単にできる遊びをストレッチマンが紹介します。この遊びをすることで、障害のある子どもたちをはじめ、すべての子どもたちの学習や生活の基礎となる運動能力や感覚を養ってほしいと考えています。中でも、仲間どうしで遊べる遊びをメインに紹介し、親子でも楽しんでもらえるような、元気で楽しい番組を目指します。

(NHKのHPより)
[ 続きを読む » ]

スマイル

スマイル

suma1.jpg

番組紹介(NHKのHPより)

「スマイル!」は、「特別支援教育・学級活動のための番組」です。
学習の基礎的なところでつまづきがあったり、人とのつきあいでつまづきやすい子どもたちをおもな対象としています。
また、番組に出てくる内容は、学級活動としてクラスで取り組むことで、よりよい人間関係をつくったり、社会で必要な力や学習態度のアップにも役に立ちます。トラブルをかかえている子も、そうでない子も、クラスでいっしょに楽しく見て、みんなの毎日の笑顔をふやしていくことにつながるものです。
毎回のテーマは、学校や社会生活の中で、つまずきやすいことがら。(例:順番を待つのが苦手、聞き間違いが多い、など)。番組では、それを解決するための方法をていねいに伝えます。

※番組のコーナーは3つ

①見習い魔法使いショウ、エミと妖精スマイルが、ライバルのマヤ、マリオときそいながら、魔法石を探してかつやくするドラマです。ソーシャルスキルやコミュニケーションスキルなどをおもにあつかいます。

②「スマイル!ハルトくん」アニメコーナー。ハルトくんが学校や毎日の生活のなかでつまずく場面に妖精マルゲリータが登場してアドバイスをします。同じくソーシャルスキルなどをあつかいます。

③目や耳のトレーニングとなるクイズコーナー


ざわざわ森のがんこちゃん

ざわざわ森のがんこちゃん

番組紹介(NHKのHPより)
gannko.jpg

物語の舞台は、遠い遠いすごく遠い未来、人類滅亡後の地球。
「新世代恐竜」の子ども・がんこちゃんは、ざわざわ森で暮らす小学一年生の女の子です。
ワニのバンバンやカエルのケロたちクラスメートと一緒にマンナカ小学校に通っています。
力持ちであっけらかんとしたがんこちゃんと仲間たちが、明るく楽しい珍騒動を繰り広げます。

(「ざわざわ森のがんこちゃん」は幼稚園、保育所の園児から、小学校低学年の児童が楽しんで道徳を学べる番組です。あいさつや友達づきあいなど、低学年の児童に大切な道徳を、人形劇形式でわかりやすくお伝えしています。1996年に放送が始まり、多くの小学校で道徳の授業教材として視聴され続けています。)

このサイトでは、「ビデオクリップ(全編視聴可)」、「ワークシート」、「指導案」、「スライドショー」、「重要シーン画像」、「ペープサート作成素材」といった教材を公開しています。ぜひ授業にもこれらの教材をご利用ください。