保健の記事 (1/1)

インフルエンザ


<参考 政府広報オンラインより引用>

【インフルエンザから身を守る】

1)正しい手洗い

外出先から帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗う。

2)ふだんの健康管理

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなったり、感染したときに症状が重くなったりしてしまう。ふだんから、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておくこと。

3)予防接種を受ける

予防接種(ワクチン)は、インフルエンザが発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぐ効果があると言われているが……。

※ワクチンの効果が持続する期間は一般的に5か月程度。流行するウイルスの型は毎年変わるため、毎年、接種する必要あり。

4)適度な湿度を保つ

のどの粘膜の防御機能を保つために乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50%~60%)に。

5)人混への外出を控える