みんなの歌の記事 (1/2)

天地(あめつち)の声

『天地(あめつち)の声』

うた:新妻聖子 作詞:遠山歌乙 作曲:森元奨六 

川のせせらぎ
海のさざなみ
雨の音
風の音

天空の彼方から
大地に息づくすべて 天地
月 星 太陽も
雲 虹 稲妻も
山 川 海原も
土 花 木々たちも

天地の声に 心澄ましてごらん
幾千年の時をこえて 見守ってる僕らを

月 星 太陽も
雲 虹 稲妻も
山 川 海原も
土 花 木々たちも

天地の声が 永遠に続くように
幾千年の未来までも 大切に伝えよう

天地の声に 心澄ましてごらん
幾千年の時をこえて 見守ってる僕らを

傘のさせない路地

『傘のさせない路地』

うた・作詞・作曲:真依子 

傘のさせない路地 まちねこの通り道
すぼめた傘のしずくが 肩におちる
傘のさせない路地 ねこに先をゆずって
すました足どり まねしてついてゆく

今日も歌うよ つくりかけの歌を
しずくのメロディー しっぽのリズム
みんなで歌おう

今日は何をしよう? まほうの傘のつえ
長細い空 虹色の雨
夢をえがくよ 路地奥

Lalala...
Lalala...
Lalala...

傘のさせない路地 波うつトタンの壁
すぼめた傘が タララッタララッて 奏でだす

今日も歌うよ 作りかけの歌を
しずくのメロディー しっぽのリズム
みんなで歌おう
今日はどこへゆこう? 想像の傘ひろげ
通りぬければ 虹のステップ
空へつづくよ 路地奥

Lalala...
Lalala...
Lalala...

風と共に

『風と共に』

歌:エレファントカシマシ 作詞・作曲:宮本浩次 

時の流れに身を委ね
たとえりゃあ浮かぶあの雲みたいに
心よ 自由であれ
そうさ私は風の旅人

あなたは笑うでしょう 私の小さな祈りを
曇りのち晴れ 悲しみの向こう
私は今を生きていたい

傷つくことを恐れて
立ち止まったり逡巡したり
風よ どうか私に(そう)
相応しい(相応しい)光へ導いてくれ

ああ行き先は自由
胸には勇気を抱きしめて
行こう チケットなんかいらない(いらない)
行き先は自由
私の未来に 幸多かれ

ひとひらの花びら ひとかけらの夢
曇りのち晴れ そうさ私は
出かけて行く

そのままの笑顔でいて

朝倉さや 「そのままの笑顔でいて」( 2017年06月〜07月 みんなのうた)


幸せのかたち 見つけようよ
この世界は君が 思うより優しく
暖かい思いを乗せて 回り続けてる
その真ん中で君は いつだって輝いて
まぶしい光の中に そのままの君でいて

大好きな友達 ケンカした帰り道
心がずっしり重たく感じた
ちゃんとゴメンネって 明日言えるかな
ちょっとした事から すれ違った気持ち
言い過ぎてしまった言葉 回り続けてる
あの日の夕暮れは 今では輝いて
忘れちゃいけない事と 時々思い出す

この世界はいつも 複雑にやさしく
明日笑えるようにと回り続けてる
認め合うことから 始められたなら、、、

20170606044011b68.jpeg


みんなのうた オフィシャルサイト

とても良い歌ですね
朝倉さやの「世界観」がよくわかります。

「この世界はいつも 複雑にやさしく・・・」
「幸せのかたち 見つけようよ・・・」

わかりやすいメロディー・言葉
大きなテーマに思えてくる歌詞ですけれど、
さらりと優しく聞こえてきます。

「上を向いて歩こう」などの昔の名曲の
伝わってくる大きなテーマと同じようなものを感じました。

水のように少しずつ潤うように浸みてくる、

光は消えていく夕日を忘れず、朝日に光が明るくなるように、

あたたかい気持ちという風がそっと背中を押してくれたかな?

願いごとの持ち腐れ



『願いごとの持ち腐れ』

歌:AKB48 作詞:秋元 康 作曲:内山 栞 

もしも 魔法が使えて
夢がひとつ叶うならば
きっと 世界の誰もが
しあわせになる

涙(ひと粒も)なんか(そうきっと)
流す者はいない(希望)
悲しみの(悲しみの)種は
すべて(すべて)消えるだろう

願い事の持ち腐れ
一度きりの魔法なんて
あれもこれも欲が出て
今すぐに決められないよ

迷ってるうちに
黄昏(たそがれ)

ある日 些細なことから
争ってる二人がいた
僕は思わず願った
仲良くしてと…

僕に(探してた)とって(生きる道)
たった一度きりの(チャンス)
大切な(大切な)魔法
ここで(ここで)使ったんだ

願いごとの持ち腐れ
魔法なんか 欲しくはない
叶えたい夢は多いけど
本当の願いは何か
見つけられたなら
しあわせ

『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~』

『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~


『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~』

歌・作詞・作曲:半﨑美子 

おかえり
今日もからっぱのお弁当ばこをありがとう
毎日残さずきれいだね お弁当ばこのうた

あなたの好きなものばかり入れられないのよ 許してね
体のことも考えて作っているのよ
赤・緑(あお)・黄色の彩りと
栄養たっぷりのバランスと
にんじん ピーマン セロリ
あの手 この手で入れてます
毎朝渡すお弁当は あなたへのお手紙

おかえり
今日はどうしたの? 残しているのねお弁当
心や体が弱いとき シグナルはお弁当

冷蔵庫が寂しいときは
たまにシンプルになるけれど
愛情にしっかりフタをして
もれないように包みました
毎朝渡すお弁当は 私からのお手紙

いつかあなたが大人になって
恋をしてダイエットなんて言うまでは
何があっても届けます あなたへのお便り

食べているところは 一度も見られないけれど
想像しながら作っています
卒業したら 少し寂しくなるけど
たまにはこうしてお便りします

いよいよ今日が最後の日
からっぱのお弁当ばこの中から
「毎日どうもありがとう」
あなたからの手紙

『太陽と月のこどもたち』



『太陽と月のこどもたち』

歌:V6 作詞・作曲:岩崎 愛

嗚呼 美しいこの場所で 君は生まれた
太陽のように笑い
月のように綺麗な人よ
そう 進めばいい
君は守られているよ
きっと迷いはもうないはずだよ

風の唄が聞こえた気がした
無垢な目が世界の輝きを 映しだしている
星がひとつ流れていった
きっと生まれ変わるんだよ
空から迷わずママを選び
宿った命みたいに

嗚呼 美しいこの場所で 君は生まれた
太陽のように笑い
月のように綺麗な人よ
何も怖くない
君は抱かれているよ
いつも誰かがそばにいるから

つらい時は思い出して
いつでも君の味方だよ
宇宙の果てでもどこにいても
いつも見守っているから

嗚呼 美しいこの場所で 僕も生まれた
温かな手をつないで
いつも叱ってくれた人よ
きっと美しい この場所で命は廻(めぐ)る
ずっと愛が 途絶えることはないから

きっと迷いはもうないはずだよ

空にらくがきかきたいな

空にらくがきかきたいな

作詞:山上路夫   作曲:いずみ・たく  

(一)
空にらくがき かきたいな
いっぱい いっぱい かきたいな かきたいな
世界中の 鳥がたべても 
たべきれないよな リンゴの木
空に大きく かきたいな
シュシュシューシュ シュシュシューシュ かきたいな

(二)
空にらくがき かきたいな
いっぱい いっぱい かきたいな かきたいな
世界中の 犬がほえても
おどろかないよな ブルドッグ
空に大きく かきたいな
シュシュシューシュ シュシュシューシュ かきたいな

(三)
空にらくがき かきたいな
いっぱい いっぱい かきたいな かきたいな
世界中の 汽車をつなげて 
まだまだたりない 長い橋
空に大きく かきたいな
シュシュシューシュ シュシュシューシュ かきたいな

こたつむすめでテケテケテ

こたつむすめでテケテケテ

歌:野沢直子 作詞:野沢直子 作曲:川原久

ある日あたしがこたつで
おひるねをしていたら
ママがこたつにつまづき
おなかにこたつがくっついた
はなれないのよ
もうひっぱっても たたいても
お医者さんでも
もうおてあげだって言ったわ

ランドセルをしょって
元気 学校へと歩く
みんなふりかえるから
ちょっとはずかしくなっちゃう
こたつむすめよ
もう今日から あたし
こたつむすめよ
もうせんたくものも まかせて
こたつで テケテケテケ
こたつで

ある日 みんなが あたしの
周り かこんでいたら
あこがれの ひろしくん
笑いながら やって来たの
"仲間に入れてよ"そう言って入った
赤くなっちゃう
もうどうしたらいいの?
こたつで テケテケテケ
こたつで

みんな気がつきはじめて
なんか あついっていってる
急に目盛りが強だと
なんか へんだなっていってる
ひろしくんたら でも全然
気がついていない
すずしい顔して
にっこり笑っているの

みんな あついっていって
一人ずつ表に出て行く
あこがれの ひろしくん
でも 何故だか 出てかない
二人きりなの もううそみたい
夢みたい
こたつむすめの 熱い投げKissを
うけて

こたつで テケテケテケ
こたつで テケテケテケ
こたつで

こたつむすめで
テケテケテケテケ WOO(ウー)
こたつむすめで
テケテケテケテケ WOO(ウー)
こたつむすめで
テケテケテケテケ WOO(ウー)
こたつむすめで
テケテケテケテケ WOO(ウー)
こたつむすめの 恋 恋 恋

ふりむけばカエル

ふりむけばカエル

歌:矢野顕子 作詞:糸井重里 作曲:矢野顕子

青空にたなびく洗濯ものよ
白い雲より せいけつな
かわいい いじらしい洗濯ものよ
ところが 突然 雨がふる

洗濯ものは びしょぬれ みじめ
悲しい わたし 悲しい その時

「どうにかなるさ」と声がして
ふりむけばカエル その声はカエル
カエルに言われちゃ しょうがない
カエルに言われちゃ 笑っちゃう

黄色くてまあるい目玉焼きよ
白身にかこまれ しあわせね
おいしい うつくしい目玉焼よ
だけどね 突然 こわれちゃう

目玉焼は ぐしゃぐしゃ つぶれ
悲しい わたし 悲しい その時

「おいしくなるさ」と声がして
ふりむけばカエル その声はカエル
カエルに言われちゃ あきらめよう
カエルのまねして 笑っちゃう

その時「うーまくゆくさ」と声がして
ふりむけばカエル その声はカエル
カエルに言われちゃ どうしようもない
カエルにまかせて 笑っちゃお

ぼくの目は猫の目(Cat's Eyes)

ぼくの目は猫の目(Cat's Eyes)

歌:忌野清志郎 作詞:忌野清志郎 作曲:忌野清志郎

暗い中でも 君の顔が見える
暗い中でも 君はいつも素敵だよ
ぼくの目は猫の目 暗い中で光るのさ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ

ぼくは猫とも はなしができる
猫はいつも君と 眠りたいと言ってるよ
ぼくは猫の友達 猫と会話できるのさ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ

あー 君が好きだよ
ニャー お魚も好き好き好きゴロゴロ
ニャー

ぼくの目は猫の目 暗い中で光るのさ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ

あー 君が好きだよ
ニャー 牛乳も好き好き好きゴロゴロ
ついでにお腹もゴロゴロ

君の前では ぼくは爪を立てないよ
暗い中でも 君の顔がみえるから
ぼくの目は猫の目 暗い中で光るのさ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ
ニャオ ニャオ ニャオ ニャオ

夢運んだランドセル

『夢運んだランドセル』

うた:hitomi 作詞:hitomi 作曲・編曲:KOUGA 

胸の奥で忘れはしないよ 夢運んだランドセル

カラフルな色にココロ弾ませた
クルクル踊ってみた
君はどんな色? あの子はどんな子?
早く会いたいな

初めての教科書 難しい問題も
君となら飛び越えられる
ワガママ涙で 出かけた朝でも
一緒だったね
嫌なコトがあった日に 玄関に放り投げた
あの日のこと 今日ゴメンね

耳澄ませて 聞こえてくるよ
たくさんの笑い声が
胸の奥で忘れはしないよ
夢運んだランドセル

ラーラーララーラーララララー
ラーララ、ララーラー
ラーラーララーラーララララー

キズナキズ

『キズナキズ』

うた:flumpool 作詞:山村隆太作曲:阪井一生 編曲:亀田誠治 

サヨナラは悲しいけど その痛みを
喜びと同じように分け合おうよ
どんな傷跡だって 二人で持ち寄れば
きっと それが僕らの絆

出会えた日の ドキドキとか
いつか忘れてしまうのかな?
一人ぼっちの寂しさでも
いつかは 慣れてしまうのかな?
ただ笑い合えてた日々が
知らぬ間に遠くなっていても
伝えたくてこの胸の願いを

サヨナラは悲しいけど その痛みを
喜びと同じように分け合おうよ
どんな傷跡だって 二人で持ち寄れば
きっとそれが僕らの絆

「転んでも 転んでも ゼロから歩こうよ 僕も一緒に歩くよ」
いつだってさ 辛いとき 思い出すのさ
君がくれた あの言葉を
僕も届けたい

音楽室は秘密基地

『音楽室は秘密基地』

うた:SHISHAMO 作詞・作曲・編曲:宮崎朝子

知らない教室 知らない女の子
知らない男の子 知らない街
一週間前にこの街に来た
私はまだこの街を好きになれていない

男子は声大きいし 女子はみんな固まっていて
教室は少し ボロい
だけど本当は少しわかってる
声を掛けられない自分が 一番嫌い

ある日の下校時刻
音楽室から聞こえてきたのは ピアノの音
聞いたことあるようなメロディーが
夕焼けと一緒にキラキラ光ってた

「初めまして ピアノ、好きなの?」
先生はとても綺麗だから
少し照れくさかったけど
先生のキラキラの笑顔は
私に「ここにいていいんだよ」と言ってるみたいで
嬉しかった

(間奏)

それから放課後の音楽室は
私と先生の秘密基地になった
先生は時々私にピアノの弾き方を教えてくれた

(間奏)

ある日の全校集会
先生はどこか遠くへ行っちゃうらしい
知らなかったよ 先生 知らなかったよ
言えてないことがたくさんあるんだ
先生効いて

まだ先生のピアノ聞きたいよ
先生の笑顔大好きだよ
先生のおかげで学校に行くのが楽しくなったよ

「初めまして ピアノ、好きなの?」
先生はもう秘密基地には
きっときっと来ないけれど
ピアノも夕焼けもここにあるよ

「初めまして ピアノ、好きなの?」
そう言って声をかけてくれたこと
大人になっても私 きっと忘れないよ
だから先生も忘れないで

あれから私は大人になったけど
今も先生がくれたキラキラをカバンに入れて
毎日生きてる
来週会えるの とても楽しみにしてます

まゆげダンス

『まゆげダンス』

歌:チャラン・ポ・ランタン 
作詞・作曲:小春 
キャラクターデザイン:シャシャミン、アニメ:ODDJOB

(げ・げ・げ げ・げ・げ)
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!

YO!YO!今日もまゆげをダンスさえYO! 「ワーイ!」
笑っちゃいましたり 「ブーッ!」
カンカン怒ったり 悲しんじゃったり 「エーン…」
君の気持ちでまゆげをダンスさせYO! 「イェーイ!」
動かなくなっちゃう 「エーッ?」
その日までずっと
いっぱいダンス!ダンス!ダンス!ダンス

げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!

僕のまゆげ ゲジゲジまゆげ げ・げ 「オーッ!」
結構ありますね 「ヘェーッ!」
君のまゆげより
ずいぶん とうぶんボーン 「コイーッ!」

君のまゆげはハの字で可愛いよね 「ワーッ!」
困った顔しちゃえ 「エーッ!」
僕のまゆげと交換こしてみない?

だぁれ? だぁれ? 君だぁれ?
まゆげは自分のもの うおうおうおう
だぁれ? だぁれ? 僕だぁれ?
まゆげは自分のもの
げ! げ・げ・げ

ゲジゲジまゆげ 「ゲジゲジまゆげ」
ハ! ハの字まゆげ 「ハ! ハの字まゆげ」
キリッとまゆげ 「キリッとまゆげ」
ヨボヨボまゆげ 「ヨボヨボまゆげ」

だぁれ? だぁれ? 君だぁれ?
やっぱり返してよ うおうおうおう
だぁれ? だぁれ? 僕だぁれ?
やっぱり返すよっ
げ! げ・げ・げ

げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!

みんなの目の上
おでこダンスフロアー 「イェーイ!」
君だけの 僕だけの
まゆげダンス フォエヴァー!
みんなそれぞれのまゆげダンス! イエーッ!

げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス!
げ・げ・げ まゆげ げ・げ まゆげダンス! ダンス!

僕のまゆげは宇宙に一つ
僕だけのまゆげ

毛布の日

『毛布の日』

歌・作詞・作曲:小島ケイタニーラブ 
編曲:伊藤豊、田中佑司 
イラスト:黒田征太郎、アニメ:クモトリ

朝から毛布にくるまってたい
宿題忘れてくるまってたい
まるまるくるっとくるまーる
僕は毛布にくるまーる

猫のミーコもくるまってたい
お昼まで毛布にくるまってたい
まるまるくるっとくるまーる
みんなで毛布にくるまーる

子供はね することいっぱいあるけれど
今日は毛布にくるまる日

お父さんも毛布にくるまってたい
ホントは毛布にくるまってたい
まるまるくるっとくるまーる
大人も毛布にはいっておいで

お母さんも毛布にくるまってたい
お昼まで毛布にくるまってたい
まるまるくるっとくるまーる
みんなで毛布にくるまーる

毎日ね することいっぱいあるけれど
今日は毛布にくるまる日

おにいちゃんもおねえちゃんも
おじいちゃんもおばあちゃんも
みんなで毛布にくるまってたい
ユイちゃんもアオイちゃんも
ヒロトくんも先生も
みんなで毛布にくるくるまってたい

社長も博士もクレオパトラも
宇宙飛行士も海賊たちも
世界の隅から隅まで
僕の毛布に入っておいでよ

クジラに、シロクマ、アフリカ象から
地球の裏側のロドリゲスまで
世界の隅から隅まで
あったかい毛布に入っておいでよ

毛布にくるまる日
今日は毛布にくるまる日
今日は毛布に
まるまるくるまるくるまーる

ママのママのママのママ

『ママのママのママのママ』

歌:コアラモード.作詞・作曲:あんにゅ 
編曲:小幡康裕アニメ:須田英和、
イラスト:遠藤ゆか 岡本大輔

鼻の形 よ――く似てる
笑いえくぼ よく似てる
自由奔放 涙もろさも
よくよくよく似てる

わたしと同じように
幼かった時代が
ふたりにもあるなんて
想像つかないな
ママのママのママのママ
パパのパパのパパのパパ

どんな名前? どんな顔なの?
会ってみたいな

古い缶にしまってあった
ふぞろい 白黒写真
誰が誰か わからないけど
よくよくよく似てる
ふたりと同じように
懐かしい 懐かしい
夢中で語り合える
そんな日がくるかな

ママのママのママのママ
パパのパパのパパのパパ

どんな名前? どんな顔なの?
会ってみたいな
ママのパパのママのパパ
パパのママのパパのママ
大切な糸で繋がれて
わたしがいるの

リングアベル

『リングアベル』

歌・作詞:LiSA 作曲・編曲:野間康介(agehasprings)
アニメ:大桃洋祐

あの日 こっそり 僕に 教えてくれたね
「幸せの魔法だよ リングアベル リングアベル」

(間奏)

ドレミ ドレミ やさしいピアノが
ファソラ ファソラ 聞こえてくるんだ
いつも 嬉しいことがあった時は
大また 10歩 キミの家まで

ありがとう! ずっと そばにいてくれたね
すりむいた 僕の膝に かけてくれた おまじない
少しだけ 少しだけ つよくなれたけど
今は 寂しいんだよ
リングアベル リングアベル

あのね、僕のヒミツ 教えちゃおうかな
本当の本当はね ずっと一緒がいい
おめでとう 今日はすごくトクベツなんだよ
白いドレスが天使の羽に見えたんだ

少しだけ 少しだけ 寂しいんだけど
次は キミに僕から
リングアベル リングアベル

幸せの魔法
リングアベル リングアベル

お月様ライト

『お月様ライト』

作詞・作曲・うた:MEGAHORN 編曲:Squid Ink アニメ:moogabooga

だから帰ろうって言ったのに
ママと指切りしたのに
夕日がさよなら言わずに
早く帰って行っちゃった僕らより

しかめっ面の公園のトーテムポールが通せんぼ
困った僕らを励ますように
そのとき電気がついた

どうしてかな?どうしてかな?
付いて来る あのお月様
かけっこして止まっても
同じところで僕らを見ているよ

どうしてかな? どうしてかな?
付いて来る あのお月さま
迷子にならないように
照らしてくれているのかな

イジワルなネコがいきなり 飛び出て ドキドキ
風に吹かれた 葉っぱの噂話 ざわざわ
電柱の後ろになにかあるけど あれは違うよね
先週のテレビで観た恐ろしいやつではないよね

それより 怒ったママの顔
ふと思い出してしまったよ
お月様 家までの道を
明るくしてくれて ありがとう

あらあら照れてしまったかな?
雲でお顔隠しちゃったよ でも
ここまで来たならもう大丈夫
最後はみんなでかけっこ勝負

どうしてかな?どうしてかな?
付いて来る あのお月様
かけっこして止まっても
同じところで僕らを見ているよ

どうしてかな? どうしてかな?
付いて来る あのお月さま
迷子にならないように
照らしてくれているのかな

ドアの向こうにご飯の匂いとバタバタ慌てた声の「おかえり」
お兄ちゃんと 言えるよ ちゃんと「遅くなってごめんなさい」
叱られたあとにいつもの 大好きで優しいママの顔
僕らの顔にもパッと 明かりがついたよ


フルーツ5姉妹

『フルーツ5姉妹』

うた:ももいろクローバーZ 作詞・作曲:岡田実音 編曲:高島智明 アニメ:助川勇太(白組)

フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹(スイ~ト!)

フルーツの中で(うんうん)
一番甘いのなぁ~に(なぁに?)
赤 ピンクに黄色 みどり
紫で5色よ

赤いイチゴは 練乳で
黄色いバナナは スムージー
ピンクの桃は ババロアよん
みどりのメロンは そのままで(え~?)
紫 ぶどう! ぶどうゼリー!

(いよ~)
フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
一番甘いのフルーツパフェかもね
ウー!ワーオ!

(次、プリティー)
フルーツの中で(うんうん)
一番かわいいのだぁれ?(だぁれ?)
桃 イチゴにブドウ バナナ
メロンで5人なの

ぶどうは一番小顔でしょ?(あら)
マロンは高級感あるザマス
ピンクのほっぺはかわいいピーチ
バナナ!シャープで美人でしょ!(フー!)
イチゴやっぱりかわいいね(え~、そうくる~?)

フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
一番なんてどうでもいいんじゃなーい
(そうだよね)(うんうん)(さんせーい)

フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
チカラ合わせたらミックスジュースになりまっせ

フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
5人の色でビタミンMAXよー

(ウーイェーイ!)

フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹
フルーツ5姉妹

フルーツ5姉妹!
フルーツ、おしま~い