みんなの歌の記事 (1/3)

エコー ~こだまする歌~

『エコー ~こだまする歌~』

うた:NHK東京児童合唱団 作詞・作曲:吉田隆 映像アニメ:遊佐かずしげ

君が今(君が今)
一人でも(一人でも)
歌ってみよう(歌ってみよう)
このメロディ(このメロディ)
僕の声(僕の声)
君の声(君の声)
繋いでく(繋いでく)
このメロディ(このメロディ)

涙なら 微笑みに(涙なら 微笑みに)
ため息は 歌声に(ため息は 歌声に)
幸せを 繋ぐエコー(幸せを 繋ぐエコー)
ときめきが こだまする(ときめきが こだまする)

思い出も(思い出も)
夢たちも(夢たちも)
分かち合える(分かち合える)
このメロディ(このメロディ)

寂しさや 悲しみは(寂しさや 悲しみは)
風に乗せ 解き放とう(風に乗せ 解き放とう)
幸せを 繋ぐエコー(幸せを 繋ぐエコー)
ときめきが こだまする(ときめきが )

また会おう この場所で(また会おう この場所で)
その笑顔 忘れない(その笑顔 忘れない)

忘れないよ

『忘れないよ』

うた・作詞:D-51 作曲:上里優 編曲:野崎洋一 アニメ:Spooky graphic

小さな愛の証
それはそれは幸せな世界
喜びに触れたような気がして
キミを抱きしめている

そっと握った手から
伝わるキミの優しい力
時間を忘れて見つめていた
愛しいキミの寝顔

キミがくれる大事な気持ち
過ぎ行く日々に埋もれないように
忘れないよ忘れないよ
キミが初めて泣いた
あの日の声の涙こぼれた
忘れないよ忘れないよ
キミが初めて笑った
あの日の声に笑顔あふれた

小さな手も大きくなり
自分だけの未来をつかむだろう
これから始まるキミのストーリー

辛く悲しい日だってあるだろう
そんな時は思い出してキミのそばに
僕達がいること
どんな時でも心と心で繋がってるから

限らった時間の中
重ねてく毎日は
かけがえのない
宝物だよ

雨に打たれ風に吹かれ
種はやがて根をつけ
綺麗な花を咲かせる日まで

忘れないよ忘れないよ
キミが初めて泣いた
あの日の声に涙こぼれた
忘れないよ忘れないよ
キミが初めて笑った
あの日の声に笑顔あふれた

ありがとう

天まで飛ばそ

『天まで飛ばそ』

うた・作詞・作曲:七尾旅人 アニメーション:きのしたがく

天まで飛ばそ 隠した願いを
あの子は知らない あの子は知らない
天まで飛ばそ 渡しきれぬ夢を
あの子は知らずに ここから旅立つ

道ばたに みえるだろ 忘れた花が
地図もなく 行くならば 数えてごらん
見上げたなら そこには満天の星
案ずることは もう何もない

天まで飛ばそ 隠した願いを
あの子は知らない あの子は知らない
天まで飛ばそ 雨上がりの空に
小さな翼を なんども羽ばたかせ

おばけでいいからはやくきて

『おばけでいいからはやくきて』

うた:クリープハイプ 作詞・作曲:尾崎世界観 アニメ:AC部

(ラーラーラララー、ラーラーラララーラー、ラーラーラララララ)
(ラーラーラララー、ラーラーラララーラー、ラーラーラララララ)

迷子になってわかりました
あなたのその偉大さを
当たり前につないでた手の温もりを
いい子になんてなれなかった
そんな自分の愚かさに
いまになって気づいた馬鹿です

オモチャ売り場になんか行かなければ よかったんだ
こんなことにならなかったのに
もしもこの声が聞こえたらここまで
いますぐに僕を迎えに来てください

お客様のお呼び出しを申し上げます
「いい子にしないとおばけが出るよ」って
なにより怖いのは この1人ぼっちなんだ
おばけでもいいからはやく
でてきてよ ここから連れ出してよ

欲しかったのは どれもおもちゃばかりで
こわれたらつまらなくなった
もしもこの声が聞こえたらここまで
いますぐに僕を迎えに来てください
お心当たりの方はこちらまで

(ラーラーラララー、ラーラーラララーラー、ラーラーラララララ)
(ラーラーラララー、ラーラーラララーラー、ラーラーラララララ)

私はブランコ (みんなの歌)

『私はブランコ』
うた:荒木由美子 作詞:もりちよこ 作曲:小原孝 編曲:奥慶一 イラスト:松本春野、アニメ:大桃洋祐

 ブランコ… ママに抱っこされて、学校帰りの公園で、初めてのデートで、仕事に疲れ果てて、親になり子を抱いて。
 人は、さまざまな場面でブランコに揺られます。
 『私はブランコ』は、時を経て変わるもの、変わらないものをブランコの視点で描いた歌です。

 うたは荒木由美子。
  アイドルでレコードデビューから40年、結婚引退、出産、子育て、20年に及ぶ義母の介護・看取り、芸能界復帰と、人生の長い道のりを明るく懸命に生きています。
 ブランコは彼女自身でもあります。
 表情豊かに、生き生きと描かれる松本春野のイラストにもご期待ください。


『私はブランコ』
うた:荒木由美子 作詞:もりちよこ 作曲:小原孝 編曲:奥慶一 イラスト:松本春野、アニメ:大桃洋祐

私はブランコ ブランラ ブランコ
空と大地を 行ったり来たり
キミとママが はしゃぐ声
遠くの町まで 聞こえたらいいな

ブランランラン ランランラン ブランコ
どんなに大人になったって
ブランランラン ランランラン ブランコ
空はおんなじ 青い空だね

私はブランコ ブランラ ブランコ
放課後デート 揺らすのやめた
キミが告白 したときに
彼女のハートが 揺れないようにね

ブランランラン ランランラン ブランコ
どんなに大人になったって
ブランランラン ランランラン ブランコ
空はおんなじ 夕焼けだね
ブランランラン ランランラン ブランコ
空はおんなじ お月さまだね

僕と魚の物語 (みんなの歌)

『僕と魚の物語』

うた:Swimy 作詞・作曲:Takumi 映像:moogabooga

 マグロとなった僕が大海原を駆け巡ります。
 そこでは様々な痛みや苦労を体験します。
 何かにぶつかってもそれでも進み続けなければならない面を人生と重ね合わせています。
 コミカルなリズムが楽しいこの曲を通して、相手を思いやることの大切さも伝えます。

 うたのSwimyは、男女混声ツインヴォーカル3ピースバンド。
 親しみのあるメロディーとキャッチーかつ奥行きのあるサウンドで注目を集めています。
  様々な素材を用いた立体アニメーションを得意とするmoogabooga、今回はどんな映像を届けるのか!?



『僕と魚の物語』

うた:Swimy 作詞・作曲:Takumi 映像:moogabooga

僕と魚の物語

ぐるゆらゆら泳ぐ魚 憧れ僕
水族館の サカナ体験機の中へ
ぶくぶくしゅわしゅわ 泡が弾けると
背びれがはえて
僕は優雅に泳ぐマグロになった

いつまでも 泳ぎ続けるのは
生きるためだよ もう止まれないよ
泳げや 泳げよ 立ち止まることなかれ
進めや進めよ 命欲しければ
僕と魚の物語

スイスイ一生を泳いで過ごす 疲れていても
多くの仲間と大海原 駆け巡るよ
スヤスヤ眠りながら泳ぐ僕は 岩にぶつかり
目玉ぐるぐる それでも進み続けた
知らなかったね みんなそれぞれ
悩み抱えて 生きているんだよ

泳ぐよ泳ぐよ 運命(さだめ)を背負って
鍛えた我が身は お寿司を彩る
赤身 中トロ 大トロだ
心を込めて「いただきます」

『お米かくれんぼ』

『お米かくれんぼ』

歌:バナナゼロムジカ 

お米かくれんぼ!

ついた私が 悪いのか?
つけた私が ドジなのか?
あなたのどこかにくっついて
外の世界を旅行中
(Here We go Come on!)

ひじや そでもと くつ下 胸元
犬にもついてる どこでもついてる
部屋の中で痛ーっ!と思ったら
いたいたお米 乾いたお米
ティッシュで鼻をかんでみた 一粒お米がとび出した
それはまた別のお話

「サビ行きまーす!」

C・O・M・E! 米!米!お米!
C・O・M・E! 米!米!お米!
どんなにシリアス決めてても
ついてりゃすかかり米ディーさ

「えーこれは数年前、私が経験した本物にあったお米の話なんですけど。
  日本を旅立ち12時間半、フランス シャルル・ド・ゴール空港におりたった私は、妙~な気配を感じたんです。
  下の方から。 なんかヤだな~、怖いな怖いな~と思って、スーッと首を下げてゆっくり胸元を見たんですね。
  そしたらバッ! “お米”かたまりで! ついてたんですねー!
  機内でお米なんて食べてないのに、そこにお米がついてたんです……。
  日本からついて来ちゃったんですねー。
  本当にあったお米の話でした」

お米がどこかにくっつくのは 何も日本だけの話じゃないんだ!
だってお米は 世界中にあるから!
チャーハン!
ナシゴレン!
パエリア!
ジャンバラヤ!

「また旅、行きまーす!」

C・O・M・E! 米!米!お米!
C・O・M・E! 米!米!お米!
どんなにシリアス決めてても
ついてりゃすっかり米ディーさ

C・O・M・E! 米!米!お米!
C・O・M・E! 米!米!お米!
ついてりゃすっかり米ディーさ

お米はとつぜんかくれんぼ
好きなあの子に笑われた だけど (お米かくれんぼ~)
お米のおかげであの子としゃべれた

『求(Q)愛(I)ある(R)ある(R)アニマルダンス』

『求(Q)愛(I)ある(R)ある(R)アニマルダンス』

歌:ももくろちゃんZ 

求(Q) 愛(I) ある(R) ある(R)
手で 足で 羽で ビビデ バビデ ウォンチュー
求(Q) 愛(I) ある(R) ある(R)
マネる! なれる! ハマるアニマルダンス!

ひたむきな姿で 乙女をキュンとさせるんだ
コウロコフウチョウ 翼の素振り エブリデイデイ
セイッ セイッ
セイセイセイセイセイセイセイセイッ!

氷原をのっしりゆく ジャンボなオレにホレちゃいな
ズキンアザラシ 鼻風船の デカさ自慢
ふーん ぷくっ ふーん ぷくっ
ふん!ぷくっ ふん!ぷくっ
…どーだ!

そっぽ むかれても
しっぽ で うたれても
もう
いっぽ ふみこんで

求(Q) 愛(I) ある(R) ある(R)
手で 足で 羽で ビビデ バビデ ウォンチュー
求(Q) 愛(I) ある(R) ある(R)
マネる! なれる! ハマるアニマルダンス!

ダチョウ! 羽バサバサ 首クネッ
イシガメ! 手で のど ペタペタ ビトン
クジャクグモ! 足もウチワも フレフレ!
クビナガカイツブリ! 水上 並んでシャ――ッ!
ムンクスデビルレイ!
水面 飛び出し 轟!音! バッチャーン!
オナガセアオマイコドリ!
弟子と交互にジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!

愛(I)こそがQ(キュー)
謎だよQuestion(クエスチョン)
答えはきっと100万通りさ
大好きな気持ちは みんな一緒だZ!!

ハサミでバンザイ・スクワット
高さと速さで差をつけろ
チゴガニは まわりいちめん 恋のライバル
1・2・3・4・5時間 ふってふって
お嬢さん お入んなさい!
…大・成・功!

求(Q) 愛(I) ある(R) ある(R)
手で 足で 羽で ビビデ バビデ ウォンチュー
求(Q) 愛(I) ある(R) ある(R)
マネる! なれる! ハマるアニマルダンス!
アニマルマルダンス!!

あなたの声

『あなたの声』

歌:上白石萌音 

聞こえる ほら 聞こえる
あなたの声が
小さい声 懐かしい声で
いつも 聞こえる

おはよう まど あけたら
あなたの声で
鳥は歌う 風に包まれて
おはよう 聞こえる

いっしょに 歩いた道は
けんかもしたけど
でこぼこして にぎゆかだったよ
ねえ ありがとう

手を伸ばせば 届きそうな
夜空の向こうで
帰り道に 聞こえてくるのは
星歌う声

聞こえる ほら 聞こえる
雨降る 夜に
扉あけて ただいまのあとに
おかえり 聞こえる
胸が痛くて 眠れない日は
ほら目を閉じて 耳を澄ませて
おやすみ おやすみ おやすみ
聞こえる 聞こえる 聞こえる

(間奏)

夢の中で 約束した
また会う その時まで
遠い光に 包まれてる
ずっと一緒に 入られるように
海に眠った 貝殻のような
わたしの心で
小さいけど 今も響いてる
いつも 聞こえる

ほら 聞こえる あなたの声は
小さいけど おまもりのように
いつも 聞こえる

ダンディーひつじ執事

「ダンディーひつじ執事」

うた 藤澤ノリマサ
作詞・作曲 SHUN

お呼びでしょうかご主人様 何なりとお申しつけを!
眠れぬ夜はこの毛皮を お使いくださいモコモコ!

アーア アーア お目目ぱちくり
アーア アーア ニッチもサッチもいかずお困り・・・?
「かしこまりました!」

メェーメェーメェー ひ・つ・じ
メェーメェーメェー し・つ・じ

今宵あなた様が寝つけますように
仲間呼びます 数えあそばせ

1匹 2匹 3匹 4匹 5匹 6匹 7匹 8匹
9匹 10匹 11・・・ 12・・・ 13・・・ ムニャ ムニャ

暗い夜道にはお気をつけ 月明かりだけ頼りに
怖いオオカミから守ります お逃げなさい早くスタコラ!

アーア アーア 仮面舞踏会
アーア アーア 次は僕と踊りませんか?
「お手を拝借」

メェーメェーメェー ひ・つ・じ
メェーメェーメェー し・つ・じ
いつもあなた様が幸せピース
サインできるように ヒヅメの数で

メェーメェーメェー ひ・つ・じ
メェーメェーメェー し・つ・じ

明日もあなた様の目覚めがいいように
朝の6時に 鳴き起こします
14・・・ 15・・・ 16・・・ 17・・・ 18・・・
Zzz・・・





うんだらか うだすぽん

「うんだらか うだすぽん」

作詞:戌井昭人、永積崇
作曲:永積崇

わきでて ながれて じょーりゅう
ゆったり ぐるぐる ちゅーりゅう
ながれて 海出でて かーりゅう

うんだらか うんだらか うだすぽん
うんだらか うんだらか うだすぽん

カッパだ! すいすい泳いでる
青鬼 橋から ながめてた
いいな いいな それいいな
一緒にいこうよ
ヤッホッホーイ!

青鬼 飛び込む びっちゃんこ
金棒重くて 川の底
ぷはっと川面に顔をだしゃ
鬼のパーマがストレート

わきでて ながれて じょーりゅう
ゆったり ぐるぐる ちゅーりゅう
ながれて 海でて かーりゅう

うんだらか うんだらか うだすぽん
うんだらか うんだらか うだすぽん

カッパだ!青鬼だ!!
すいすい泳いでる
ダルマ 土手から 眺めてた
いいな いいな それいいな
一緒に行こうよ
ヤッホッホーイ!!

ダルマ だるぷか どっぷんこ
おれの自慢の空洞に
まんじゅういっぱい詰まってる
みんなで食べよう だるまんじゅう

わきでて ながれて じょーりゅう
ゆったり ぐるぐる ちゅーりゅう
ながれて 海でて かーりゅう

うんだらか うんだらか うだすぽん
うんだらか うんだらか うだすぽん

カッパだ!青鬼だ!!ダルマだ!!!
すいすい泳いでる
どぶん バシャン と みずしぶき
ガラライ 雷魚だ 外来種
ひとりぼっちで ガラララバ~イ

空がぐるっと川になる
川がぐるっと空になる
うえもしたもないみたい
だらみどろんみばんばらり
カッパ 青鬼 ダルマに 雷魚
ぐるりまわって なるとまき

わきでて ながれて じょーりゅう
ゆったりぐるぐる ちゅーりゅう
ながれて 海でて かーりゅう

うんだらか うんだらか うだすぽん
うんだらか うんだらか うだすぽん
うんだらか うんだらか うだすぽん






夢の途中で

「夢の途中で」

うた・作詞・作曲:池田綾子
編曲:内山肇
映像アニメ:木下洋子


揺れながら 迷いながら
光と影が見えない明日へつながる 夢の途中で

朝が来る前に ひとつ 願うことは
同じ空の下 きみが笑ってること

覚えていますか あの時 咲いた花を
同じ夕映えが 今も胸を染めてる

時がめぐるほどに 思い出は輝くけど
涙のひとしずく そっと映すの あの日の明日を

揺れながら 迷いながら
光と影が見えない明日へつながる 夢の途中で

土に根を張って 強く 生きることへ
向かう 足取りが 雑踏(ざっとう)に変わってく

いつもそばにいると 微笑んだそのぬくもり
見上げた青い空に あの日の声が かすかに響いた

揺れながら 迷いながら
今日という日を歩きつづける それぞれの道を

揺れながら 迷いながら
光と影が見えない明日へつながる 夢の途中で





天地(あめつち)の声

『天地(あめつち)の声』

うた:新妻聖子 作詞:遠山歌乙 作曲:森元奨六 

川のせせらぎ
海のさざなみ
雨の音
風の音

天空の彼方から
大地に息づくすべて 天地
月 星 太陽も
雲 虹 稲妻も
山 川 海原も
土 花 木々たちも

天地の声に 心澄ましてごらん
幾千年の時をこえて 見守ってる僕らを

月 星 太陽も
雲 虹 稲妻も
山 川 海原も
土 花 木々たちも

天地の声が 永遠に続くように
幾千年の未来までも 大切に伝えよう

天地の声に 心澄ましてごらん
幾千年の時をこえて 見守ってる僕らを

傘のさせない路地

『傘のさせない路地』

うた・作詞・作曲:真依子 

傘のさせない路地 まちねこの通り道
すぼめた傘のしずくが 肩におちる
傘のさせない路地 ねこに先をゆずって
すました足どり まねしてついてゆく

今日も歌うよ つくりかけの歌を
しずくのメロディー しっぽのリズム
みんなで歌おう

今日は何をしよう? まほうの傘のつえ
長細い空 虹色の雨
夢をえがくよ 路地奥

Lalala...
Lalala...
Lalala...

傘のさせない路地 波うつトタンの壁
すぼめた傘が タララッタララッて 奏でだす

今日も歌うよ 作りかけの歌を
しずくのメロディー しっぽのリズム
みんなで歌おう
今日はどこへゆこう? 想像の傘ひろげ
通りぬければ 虹のステップ
空へつづくよ 路地奥

Lalala...
Lalala...
Lalala...

風と共に

『風と共に』

歌:エレファントカシマシ 作詞・作曲:宮本浩次 

時の流れに身を委ね
たとえりゃあ浮かぶあの雲みたいに
心よ 自由であれ
そうさ私は風の旅人

あなたは笑うでしょう 私の小さな祈りを
曇りのち晴れ 悲しみの向こう
私は今を生きていたい

傷つくことを恐れて
立ち止まったり逡巡したり
風よ どうか私に(そう)
相応しい(相応しい)光へ導いてくれ

ああ行き先は自由
胸には勇気を抱きしめて
行こう チケットなんかいらない(いらない)
行き先は自由
私の未来に 幸多かれ

ひとひらの花びら ひとかけらの夢
曇りのち晴れ そうさ私は
出かけて行く

そのままの笑顔でいて

朝倉さや 「そのままの笑顔でいて」( 2017年06月〜07月 みんなのうた)


幸せのかたち 見つけようよ
この世界は君が 思うより優しく
暖かい思いを乗せて 回り続けてる
その真ん中で君は いつだって輝いて
まぶしい光の中に そのままの君でいて

大好きな友達 ケンカした帰り道
心がずっしり重たく感じた
ちゃんとゴメンネって 明日言えるかな
ちょっとした事から すれ違った気持ち
言い過ぎてしまった言葉 回り続けてる
あの日の夕暮れは 今では輝いて
忘れちゃいけない事と 時々思い出す

この世界はいつも 複雑にやさしく
明日笑えるようにと回り続けてる
認め合うことから 始められたなら、、、

20170606044011b68.jpeg


みんなのうた オフィシャルサイト

とても良い歌ですね
朝倉さやの「世界観」がよくわかります。

「この世界はいつも 複雑にやさしく・・・」
「幸せのかたち 見つけようよ・・・」

わかりやすいメロディー・言葉
大きなテーマに思えてくる歌詞ですけれど、
さらりと優しく聞こえてきます。

「上を向いて歩こう」などの昔の名曲の
伝わってくる大きなテーマと同じようなものを感じました。

水のように少しずつ潤うように浸みてくる、

光は消えていく夕日を忘れず、朝日に光が明るくなるように、

あたたかい気持ちという風がそっと背中を押してくれたかな?

願いごとの持ち腐れ



『願いごとの持ち腐れ』

歌:AKB48 作詞:秋元 康 作曲:内山 栞 

もしも 魔法が使えて
夢がひとつ叶うならば
きっと 世界の誰もが
しあわせになる

涙(ひと粒も)なんか(そうきっと)
流す者はいない(希望)
悲しみの(悲しみの)種は
すべて(すべて)消えるだろう

願い事の持ち腐れ
一度きりの魔法なんて
あれもこれも欲が出て
今すぐに決められないよ

迷ってるうちに
黄昏(たそがれ)

ある日 些細なことから
争ってる二人がいた
僕は思わず願った
仲良くしてと…

僕に(探してた)とって(生きる道)
たった一度きりの(チャンス)
大切な(大切な)魔法
ここで(ここで)使ったんだ

願いごとの持ち腐れ
魔法なんか 欲しくはない
叶えたい夢は多いけど
本当の願いは何か
見つけられたなら
しあわせ

『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~』

『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~


『お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~』

歌・作詞・作曲:半﨑美子 

おかえり
今日もからっぱのお弁当ばこをありがとう
毎日残さずきれいだね お弁当ばこのうた

あなたの好きなものばかり入れられないのよ 許してね
体のことも考えて作っているのよ
赤・緑(あお)・黄色の彩りと
栄養たっぷりのバランスと
にんじん ピーマン セロリ
あの手 この手で入れてます
毎朝渡すお弁当は あなたへのお手紙

おかえり
今日はどうしたの? 残しているのねお弁当
心や体が弱いとき シグナルはお弁当

冷蔵庫が寂しいときは
たまにシンプルになるけれど
愛情にしっかりフタをして
もれないように包みました
毎朝渡すお弁当は 私からのお手紙

いつかあなたが大人になって
恋をしてダイエットなんて言うまでは
何があっても届けます あなたへのお便り

食べているところは 一度も見られないけれど
想像しながら作っています
卒業したら 少し寂しくなるけど
たまにはこうしてお便りします

いよいよ今日が最後の日
からっぱのお弁当ばこの中から
「毎日どうもありがとう」
あなたからの手紙

『太陽と月のこどもたち』



『太陽と月のこどもたち』

歌:V6 作詞・作曲:岩崎 愛

嗚呼 美しいこの場所で 君は生まれた
太陽のように笑い
月のように綺麗な人よ
そう 進めばいい
君は守られているよ
きっと迷いはもうないはずだよ

風の唄が聞こえた気がした
無垢な目が世界の輝きを 映しだしている
星がひとつ流れていった
きっと生まれ変わるんだよ
空から迷わずママを選び
宿った命みたいに

嗚呼 美しいこの場所で 君は生まれた
太陽のように笑い
月のように綺麗な人よ
何も怖くない
君は抱かれているよ
いつも誰かがそばにいるから

つらい時は思い出して
いつでも君の味方だよ
宇宙の果てでもどこにいても
いつも見守っているから

嗚呼 美しいこの場所で 僕も生まれた
温かな手をつないで
いつも叱ってくれた人よ
きっと美しい この場所で命は廻(めぐ)る
ずっと愛が 途絶えることはないから

きっと迷いはもうないはずだよ

空にらくがきかきたいな

空にらくがきかきたいな

作詞:山上路夫   作曲:いずみ・たく  

(一)
空にらくがき かきたいな
いっぱい いっぱい かきたいな かきたいな
世界中の 鳥がたべても 
たべきれないよな リンゴの木
空に大きく かきたいな
シュシュシューシュ シュシュシューシュ かきたいな

(二)
空にらくがき かきたいな
いっぱい いっぱい かきたいな かきたいな
世界中の 犬がほえても
おどろかないよな ブルドッグ
空に大きく かきたいな
シュシュシューシュ シュシュシューシュ かきたいな

(三)
空にらくがき かきたいな
いっぱい いっぱい かきたいな かきたいな
世界中の 汽車をつなげて 
まだまだたりない 長い橋
空に大きく かきたいな
シュシュシューシュ シュシュシューシュ かきたいな