所見の記事 (1/1)

子供のよさを伸ばす所見

子供のよさを伸ばす所見


1.行動の記録の留意点
 文部科学省から出された「小学校児童指導要録に記載する事項等」の「行動の記録」には次の内容が示されている。
 「各教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間、その他学校生活全体にわたって認められる児童の行動について、各項目ごとにその学年別の趣旨に照らして十分に満足できる状況にあると判断される場合には、○印を記入する。また、特に必要があれば、項目を追加して記入する。」
 通知票の行動の記録の評価もこの内容に沿って行っていく。行動の評価の記録は次の項目である。

 基本的な生活習慣
 健康・体力の向上
 自主・自立
 責任感
 創意工夫
 思いやり・協力
 生命尊重・自然愛護
 勤労・奉仕
 公正・公平
 公共心・公徳心
 各項目には学年別の趣旨が示されている。行動の所見文もその趣旨に沿って記入される必要がある。
 行動の記録の所見記入に当たり、次の留意点が必要である。

 ① 共感的な理解を伴う内容。
 ② 子供自身が自分のよさや可能性に気付き積極的に伸ばしていこうとする内容。
 ③ 一人一人のよさや特性を伸ばす内容。
 ④ 努力している事柄やよくなった点などを評価する内容。
以上の内容は人との比較ではなく、個人として優れている点についての記録である。つまり絶対評価である。
 教師は常に子供に共感的な理解をし、受容していくことが必要である。その中で、子供の良さや可能性に気付かせ、自己の良さを伸ばしていけるようにする。
 所見の内容も当然一人一人のよさや特性を認め、伸ばしていくようにする。

2.具体的な所見例
【基本的な生活習慣の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「安全に気を付け、時間を守り、物を大切にし、気持ちのよいあいさつを行い、規則正しい生活をする」

よい例
 ○ 休み時間や授業時間、安全に気を付けて活動しています。また、時間やものを大切にする態度は立派です。これからも続けてください。
 ○ 元気よく自分から進んであいさつができます。いつも規則正しい生活をし、身の回りもきちんとしています。

悪い例
 ○ 休み時間や授業中、廊下や教室を走り回り危険です。物を粗末に扱い、身の回りもきちんとできません。自分から進んであいさつができるようになると立派です。

【健康・体力の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「心身の健康に気を付け、進んで運動し、元気に生活する」

よい例
 ○ 縄跳びや鉄棒を進んで行っています。病気や怪我をしないで元気に生活しています。
 ○ 病気や怪我をしないようにいつも健康に気を付けて生活しています。自分から進んで運動していく態度は立派です。

悪い例
 ○ 病気や怪我が多く、元気に生活できませんでした。自分から進んで運動ができるようになるとよいです。

【自主・自立の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「よいと思うことは進んで行い、最後までがんばる」

よい例
 ○ 何事にもすんで取り組み、最後までがんばります。自分の考えをしっかりもって行動している姿は立派です。
 ○ 自分がよいと思ったことは最後までやり通します。友達にも良い影響を与えていますのでこれからも続けてください。

悪い例
 ○ 自分から進んでよいことができません。友達や回りの人間に言われて行動することが多いです。

【責任感の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「自分でやらなければならないことは、しっかりと行う」

よい例
 ○ 友達が遊んでいても自分のやるべきことはきちんと行います。いつも自分のやるべきことをしています。
 ○ 病気や具合が悪い時でも自分の仕事をきちんと行うことができます。責任感の強い態度は立派です。

悪い例
 ○ 友達が遊んでいると一緒に遊んでしまいます。もっと自分の考えをもって係の仕事ができると伸びます。

【思いやり・協力の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「身近にいる人々に温かい心で接し、親切にし、助け合う」

よい例
 ○ 困っている人がいると進んで親切にし、助けている姿は立派です。お陰で誰からも好かれています。
 ○ 友達に対して思いやりがあり、温かく接しています。周りの友達からはいつも慕われています。

悪い例
 ○ 友達との争いが多く、思いやりに欠ける所があります。もっと友達に親切にしていけるとよいです。

【公正・公平の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「自分の好き嫌いや利害にとらわれないで行動する」

よい例
 ○ 自分の好き嫌いにとらわれないで、誰に対しても公正に接することができます。
 ○ 自分の嫌な友達にも公平に接して、誰にでも同じように行動できます。

悪い例
 ○ 自分の好き嫌いで行動することが多いです。
   誰にでも同じように行動できると立派です。

【公共心・公徳心の例】
 指導要録の第一学年及び二学年の趣旨
 「みんなが使うものを大切にし、約束やきまりを守って生活する」

よい例
 ○ 自分の物だけでなく、みんなが使うものを大切にして生活しています。これからもみんなで使うものを大切にしてください。
 ○ 学級のやくそくやきまりを守って生活ができました。友達からも好かれています。

悪い例
 ○ 自分のものは大切にして使いますが、友達や学校のものは大切にできませんでした。

通知表の所見欄 書き方 10か条

書き方十箇条

若い教師はもちろん、ベテラン教師にも意外と多いのが通知表所見を苦手にしている人。学期末になると、職員室に憂鬱そうな顔が並ぶ。原理・原則をしっかりと確認して、「いい文章」「格好いい文章」よりも、「伝わる文章」を書くことを心がると良い。

第1条
「記録として残る」を念頭に置くべし
通知表は一生残るものです。あなたの両親だって、あなたが小・中学校でもらった通知表をいまだに大切に保管しているのではないでしようか。両親のみならず、ときには祖父母や親戚が集まって、子どもの成長を語り合うときの話の種にもされるものです。問題点の指摘はもちろん、粗雑な言葉遣い、正しくない言葉遣いも避けなければなりません。

第2条
1年間の見通しを持つべし
通知表所見を書くにあたっては、各学期に大筋でどのようなことを書くのかについて、明確に意識しておくことが大切です。
1学期 長所の発見と肯定的評価
2学期 1学期からの成長点の評価
3学期 更なる成長への期待

第3条
所見でしか書けないことを書くべし
「国語を頑張りました」「生活委員として責任感をもって取り組みました」など、評定欄や特別活動の記録、行動の記録を見ればわかることを、繰り返すだけでは意味がありません。成果や活動の様子をかみくだいて、所見でしか書けないようなことに絞って書くべきでしょう。

第4条
担任の目を最大の武器にするべし 
子どもたちの学校生活について最もよく理解しているのは学級担任です。学級担任は、自分の目に自信をもって所見を書くべきです。

第5条
すべての子に平等に書くべし
子どもたちの中には所見を書きやすい子と書きにくい子がいます。どちらかというと、目立たない子の所見は書きにくいものです。それが無意識のうちに「所見の分量の差」や「所見のパターン化」に繋がっていきます。しかし、最近の子どもたちは昔と違い、互いに通知表を見せ合うことが多いようです。分量に差をつたりパターン化に陥ったりということは、絶対に避けなければなりません。

第6条
あくまで本当のことを書くべし
褒めるところがなくて、書くことに困って、その子が本当にはできていないことをさもできているように記述してしまったことはありませんか。これは通知表をもらった本人にとっては、事実に反する「お世辞」に見えてしまいます。

第7条
〈エピソード+評価言〉を基本とすべし
二文で書くのならエピソードを一文、評価言を一文、三文書けるのならば、これに学習所見を加えたり、エピソードをもう一つ付け加えたりということもできます。いずれにしても、基本は「エピソード+評価言」で構成することです。

第8条 100%褒め言葉で構成すべし
子どもの批判を通知表所見に書くということは、実は日常の指導がしっかりとなされていないということをあらわしています。所見で書くべきことと、日常の指導で行うべきこととを明確に分けて意識することが大切です。所見では100%褒め言葉に徹することが大切なのです。

第9条
課題ではなく期待を書くべし
「~が来学期の課題です」と書かれるよりも、「来学期、~を期待しています」と書かれた方が、抵抗なく読むことができます。

第10条
できれば自己評価をとるべし
できれば、事前に自己評価をとってから書くと良いでしょう。

「ほめ言葉」について考える

「ほめ言葉」について考える

<基本原則>
○質の高いほめ言葉のバリエーションを数多く身に付け、絶妙なタイミングで発する必要がある。
○子どもにこびることなく、その気にさせる言い方と表情を身に付ける必要がある。
○「個人にそっと言うとき」と「全体に聞こえるように言うとき」とを、意図的に分ける必要がある。
●個人をほめたことが、嫉妬やねたみでいじめにつながらないように注意する必要がある。
●しかることが多くなりがちな児童に対しては、どんな小さなことでも心からほめることを充実させる必要がある。

<具体例>
Ⅰ 短いほめ言葉
 1すごい!  2早い!   3きれい!   4一番!(二番,三番)  5えらい!  6なるほど!   7いいね!  8よし!  9うまい!  10やったあ!  11すばらしい!  12上手!  13そうだ!  14その調子!  15頑張った!  16天才!  17秀才!  18名人!(プロ)  19○○博士!  20達人!  21さすが○○さん!  22○年生みたい!  23最高!  24合格!  25そのとおり!  26正解!  27素敵!  28美しい!  29かっこいい!  30面白い!

Ⅱ ノートの文字・書き方
 31きれいな字ですね。  32読みやすい字ですね。  33丁寧な字ですね。  34バランスのとれた字ですね。  35大きく書けていますね。  36マスいっぱいの大きな字が書けましたね。  37「間」の字,はねるところがしっかり書けていますね。  38濃い字で,読みやすいですね。  39下敷きをきちんと使っていますね。  40 1ミリもはみ出さずになぞれましたね。

Ⅲ 音読・発表
 41手をまっすぐ挙げていますね。  42肘まできちんと伸ばして挙げていますね。  43○○さんの声は,教室の端までよく聞こえますね。  44教科書を両手できちんと持っていますね。  45教科書をきちんと立てて持っていますね。  46前を向いて,きちんと発表できましたね。  47はっきりとした声で,発表できましたね。  48すらすら読めましたね。 49最後までしっかり読めましたね。 50アナウンサー(声優)のような読み方で読めましたね。

Ⅳ 算数
 51「0」と「6」がしっかり分かるように書けましたね。  52直線がきれいに引けましたね。  53正しく計算できましたね。  54みんなに分かるよう,見やすく書くことができましたね。  55答えの単位も忘れずに書けましたね。  56今度は正しくできましたね。  57閉じた○をつけていますね。  58日付・ページ数が書けていますね。  59図の書き方が丁寧ですね。  60先生と同じ速さで書けましたね。

Ⅴ 音楽
 61元気よく歌っていますね。  62きれいな声が出ていますね。  63歌う姿勢がいいですね。  64おしゃべりせず聞けましたね。  65楽譜のとおり,正しく弾けていますね。  66楽譜を見ないで,正しく弾けましたね。  67○○から○○の部分は,きれいに弾けましたね。  68曲の細かい部分まで,よく聞けましたね。  69忍者みたいに,静かに移動できましたね。  70先生の合図をよく見て,始めと終わりで無駄な音が出ませんでしたね。

Ⅵ 掃除
 71ごみ一つない教室ですね。  72床が鏡のようにきれいですね。  73雑巾が真っ黒になるくらい,たくさん拭きましたね。  74手が止まっていないですね。  75粉一つない,美しい黒板レールですね。  76丁寧な字が書きたくなる黒板ですね。  77小さなごみも見逃さないですね。  78水がよく流れる流し場ですね。  79隅々まで丁寧に掃除しましたね。  80働き者ですね。 

Ⅶ 給食
 81身支度が素早くできますね。  82おかずのよそり方が上手ですね。  83好き嫌い無く食べることができますね。  84今日はいつもよりたくさん食べられましたね。  85今日は苦手な○○,一口食べることができましたね。  86よく噛んで食べていますね。  87こぼさず,きれいに食べることができますね。  88ご飯一粒も残さず食べることができましたね。  89後片づけがきれいで,素早いですね。  90「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶が,きちんと言えましたね。

Ⅷ 生活態度
 91「はい」の返事,元気がいいですね。  92靴をきちんとそろえていますね。  93机の中の整頓,きちんとできていますね。  94○○さんのヘアスタイル,おしゃれですね。  95○○くん,髪を切ったらかっこよくなりましたね。  96休み時間,いつも校庭で元気に遊んでいますね。  97時間をきちんと守っていますね。  98服の裾をきちんと入れていますね。  99筆箱の中身,きちんと整理していますね。  100学校に休まず来ていますね。  101姿勢がいいですね。  102先生の目を見て,話を聞いていますね。 103先生の方におへそを向けて,話を聞いていますね。  104お友達の話も,きちんと聞いていますね。 105仕事を忘れずにしてくれますね。  106今日は○○さんを誘って遊んでいましたね。 107きちんと「ごめんなさい」が言えましたね。  108○○さんを助けてくれましたね。 109宿題を忘れずに出していますね。  110生き物が好きなのですね。

所見を書くうえで、大切にしたいこと

<所見を書くうえで、大切にしたいこと>

1 書くうえでのポイント
○書く内容の構成をしっかりさせて書くとよい。
①子どもの特徴やよさ、②生活面(当番活動、係活動、班活動、休み時間)、③学習面、④長期休みのこと、次学期のこと

○頑張って、努力しているところを見つけて、そのよさをほめて、励ますことを中心にする。
・掃除では、汗びっしょりになりながら、雑巾がけをしたり、机運びをしたりと一生懸命に取り組んでいました。
・自分の担当が終わると手伝ってあげる優しい姿もみられ、感心しました。

○本人の課題については、「教師が、(こういう点に注意しながら)指導していくつもりです」という書き方にする。
・話をしっかり聞けるようになると、さらに力が伸びると思いますので、声をかけていきたいと思います。
・集中力が続くと、さらに力が伸びると思いますので、支援していきたいと思います。
・けじめがつけられるようになると、集中力がでてくると思いますので、これからも考えながら行動できるよう支援していきたいと思います。

2 具体例
<子どもの特徴やよさ>
・いつも穏やかな態度で友達と接し、にこにこと楽しそうに過ごしています。
・落ち着いた生活態度で、毎日過ごしていました。掃除や給食当番など、てきぱき動く姿に頼もしさを感じました。
・いつも穏やかな態度で友達に接し、仲良く過ごすことができました。
・落ち着いた生活態度で、過ごしていました。落ちているゴミを拾ったり、友達が困っているとすぐに手伝ったりする姿は、すばらしいと思います。

<生活面(当番活動、係活動、班活動、休み時間)>
・保健係として毎朝、忘れずに健康観察カードを取ってきたり、置いてきたりできました。
・掃除や当番活動では、自分の担当を責任をもって、一生懸命に取り組んでいました。
・学習係として、朝礼や集会のときにみんなに声をかけて並ばせたり、教科書やプリントを配ったり、友達と協力してできました。

<学習面>
・国語では、教科書を読むときにも、大きな声で読むことができ、音読を楽しんでいる様子も見られました。
・授業中は、ノートやプリントの字をしっかりと書き、まじめに取り組んでいます。
・授業中は、話をよく聞き、真剣に取り組んでいます。
・たしざんの筆算を、分かるまで休み時間に取り組み、苦手なこともしっかりやり遂げることができました。また、だんだんと手を挙げて発表することが、増えてきました。
・授業中は、真剣に取り組み、プリントなどもしっかりと仕上げることができました。また、細かな部分にまで気を配り、ていねいな字で漢字練習をし、しっかりと覚えることができました。
・いつも姿勢がよく、真剣に取り組み、プリントなどもしっかりと仕上げることができました。

<長期休みのこと、次学期のこと>
・□学期も、ぜひ、この丁寧さと努力する姿勢を大切に、頑張ってほしいと思います。
・国語の読み取りと算数の計算を、長期休みに補充できると、□学期からの学習がスムーズに進むと思います。
・長期休みには、△学期の学習内容をきちんと復習して、□学期も、○○くんのすばらしい力を発揮できるようにしたいですね。

外国語活動 所見

要録では3観点を考慮して評価の文を

【コミュニケーションへの関心・意欲・態度】【外国語への慣れ親しみ】【言語や文化に関する気付き】です。
 1学期に1観点通知表に書けば、3学期で三観点になります。このサイトでは、年度末に要録で書くときに困らないように、3観点に分類して通知表文例を掲載しています。
 
 「~できる」という評価の表現は英語活動(外国語活動)にはなじまないという意見もありますので、そこは了解してご使用ください。

①②③番号は
①【コミュニケーションへの関心・意欲・態度】②【外国語への慣れ親しみ】③【言語や文化に関する気付き】
 です。

5年生
Lesson1

・「ニーハオ!」など、友だちと積極的に、様々な国の言葉であいさつをすることができました。
・ジェスチャーをつけて、相手に伝わるようにあいさつをしました。

・"How are you?"など、友だちと英語で簡単なあいさつができました。
・英語で自分の自己紹介ができました。
・友だちとあいさつをして、友だちと名刺交換ができました。

・世界には、いろいろなあいさつがあることを知りました。
・ALTからオーストラリアの話を聞き、オーストラリアの文化に対する理解を深めることができました。

Lesson2

・進んで、ジェスチャーをつけてあいさつをすることができました。
・自分の気持ちをジャスチャ―を付けて、相手に伝えることができました。

・"I'm happy!"や"I'm good!"など感情を表す表現をジェスチャーを付けて上手に言うことができました。
・気持ちを表す英語の表現を、表情をつけて相手に伝えることができました。

・日本と外国とでは、相手に自分の思いを伝えるためのジェスチャーに違いがあることを知りました。
・世界には、いろいろなジェスチャーがあることを知りました。

Lesson3(数)

・積極的に数を数えたり、尋ねたりすることができました。
・「キーナンバーゲーム」では、数の英語を聞き取ることができました。

・英語での物の数え方の特色を知り、1~10の数の言い方に慣れ親しみました。
・"How many ~"の表現を使って、物の数を尋ねたりすることができました。

・様々な国のじゃんけんを知ることができました。。
・日本と外国語の数の数え方や遊びの違いに気づくことができました。

Lesson4(好きなもの嫌いなもの))

・好きなものや嫌いなものについて、積極的に伝えようとすることができました。
・友だちの好きなものや嫌いなものについて積極的にインタビューすることができました。

・好きなものや嫌いなものを英語で尋ることができました。
・ 自分の好きなものや嫌いなものについて英語で発表することができました。

・日本語と英語の音の違いに気付くことができました。
・ALTの英語での自己紹介を見て、日本とのジェスチャーの違いに気づくことができました。

Lesson5(服、色、形)

・好きなものについて、積極的に尋ねたり答えたりすることができました。
・"What do you like~"の表現でALTに進んで質問することができました。

・色や形、好きなものは何かを尋ねることができました。
・自分の服を英語で紹介することができました。

・日本語と英語の音の違いに気付くことができました。
・世界には様々な衣服があることを知り、その言い方を理解することができました。

Lesson6(アルファベット大文字))

・積極的にアルファベット大文字を読んだり、欲しいものを尋ねたり答えたりしようとしていました。
・アルファベットの大文字を使った活動を通して、文字でコミュニケーションを図る楽しさを実感しました。

・アルファベットの文字とその読み方とを一致させ、欲しいものを尋ねたり答えたりすることができました。。
・アルファベットの文字の読み方を知り、アルファベットの読み方と大文字とを一致させることができました。

・ 身の回りにはアルファベットの大文字で表現されているものがあることに気付くことができました。
・ALTの名前の表記に触れ、アルファベットの文字に対する理解を深めることができました。

Lesson7(クイズ大会)

・英語のクイズに興味を持ち、"What's this?"の表現を使うことができました。
・友だちのクイズに英語答え、クイズ大会を楽しむことができました。。

・歌やゲームを通して"What's this?"の表現に慣れ親しむことができました。
・クイズを出したり、答えたりしながら、英語の音声やリズムに慣れ親しむことができました。

・ALTとクイズを作ったり、クイズ大会を体験する中で文化に対する理解を深めることができました。
・英語と日本語の違いを通して、漢字の成り立ちの面白さに気づくことができました。

Lesson8(時間割・教科)

・時間割について積極的に尋ねたり答えたりすることができました。
・ALTの母国の小学校でどのような学習をされているかを、興味を持って聞くことができました。

・自分の時間割を作って発表することで、英語でコミュニケーションをすることの大切さを知ることができました。
・英語で、一日の時間割を説明することができるようになりました。

・日本と外国の小学校で学習する教科の違いや共通点を知り、多様なものの考え方があることに気づきました。
・世界の小学校の学校生活に興味を持ち、進んで調べることができました。

Lesson9(食べ物)

・パフェを作る活動を通して、欲しいものについて丁寧に積極的に尋ねたり答えたりしていました。
・ショーアンドテルで自分の思いをはっきりと友だちに伝えることができました。

・欲しいものについての丁寧な表現の仕方や尋ね方に慣れ親しむことができました。
・食べ物や料理を表す英語を理解し表現することができました。

・世界の料理に興味をもち,欲しいものを尋ねたり言ったりする際,丁寧な表現があることに気付きました。
・ALTの話を聞き、日本と外国の食文化の違いを知ることができました。


6年生
①【コミュニケーションへの関心・意欲・態度】②【外国語への慣れ親しみ】③【言語や文化に関する気付き】

Lesson1

・積極的に"do you have~"の表現で友だちにたずねることができました。
・学校生活の中で、進んで英語で物を数えようとしていました。英語を使おうとする、その気持ちがうれしいです。

・31~100の数の言い方を上手に言えるようになりました。
・英字新聞でのアルファベット探しをして、アルファベットの小文字に慣れ親しむことができました。、

・世界には、さまざまな文字があることに気付くことができました。
・アルファベットには、大文字と小文字があることに気付くことができました。

Lesson3

・積極的に友達に「できること」を尋ねることができました。
・自分の「できること」や「できないこと」を進んで発表することができました。


・「できる」「できない」という表現を使って、友だちに英語でインタビューすることができました。
・"who am Iクイズ"では、「できる」「できない」という表現を、しっかりと聞き取ることができました。

・ショー・アンド・テルのやり方を知り、多様な発表があることに気付くことができました。
・言語や人、それぞれに違いがあることに改めて気づきました。


Lesson4

・積極的に道を尋ねたり,道案内したりすることができました。
・友だちのスピーチに関心を持って聞くことができました。

・目的地への行き方を尋ねたり言ったりすることができました。
・道案内を通して、指示をする英語に慣れ親しみました。

・英語と日本語とでは,建物の表し方に違いがあることに気付きました。
・世界には様々な英語があることを学びました。

Lesson5

・友達の発表を真剣に耳を傾けて聞いていました。
・"Let's go to Italy"のチャンツを楽しむことができました。


・イタリアことについて英語で紹介することができました。
・行きたい国について尋ねたり言ったりする表現に慣れ親しむことができました。


・日本と世界の国々の学校の違いに気づくことができました。
・世界には様々な人たちが様々な生活をしていることに気付くことができました。

Lesson6

・積極的に自分の一日を紹介したり,友達の一日を聞き取ったりしようとしていました。
・進んでおはじきゲームを友だちと楽しむことができました。

・生活を表す表現や、一日の生活についての時刻を尋ねる表現に慣れ親しむことができました。
・自分の一日の生活を英語で紹介することができました。

・世界には時差があることに気付き,世界の様子に興味をもつことができました。
・ALTから一日の過ごし方を聞き、文化に対する理解を深めることができました。
Lesson7

・積極的に英語で物語の内容を伝えることができました。
・積極的にオリジナルの劇のセリフを言うことができました。

・まとまった英語の話を聞いて、内容がわかり、場面にあった台詞を言うことができました。
・オリジナルの桃太郎の英語劇を創作し、上手に台詞を言うことができました。

・世界の物語に興味を持ちました。
・英語で書かれている桃太郎の話を聞き、英語と日本語の違いに気づくことができました。
Lesson8

・積極的に自分の将来の夢について交流しました。
・友だちの夢を関心を持って聞くことができました。

・どのような職業に就きたいかを尋ねたり,答えたりする表現に慣れ親しみました。
・友だちに何になりたいかを、英語で尋ねることができました。

・世界には様々な夢をもった同年代の子どもがいることを知りました。
・英語と日本語での職業を表わす語の成り立ちを通して、言語の面白さに気付きました。

ほめる言葉10(組み合わせて使ってください)
・いつでも、友だちとコミュニケーションをとろうとするその態度に関心します。
・友だちのスピーチのいいところに気づき、自分のスピーチに生かすことができました。
・リズムのある英語のやりとりができるようになり、自信を持って英語活動に取り組むことができています。
・原稿を読むのではなく、聞いている人の目を見ながら発表することができました。気持ちの伝わる発表でした。
・いつも英語を上手に話せるようになりたいという向上心が感じられます。
・授業で扱った英語の表現は必ず家で練習しているようです。その姿勢はこれからも続けてほしいと思います。
・失敗を恐れずに英語を話すという前向きの姿勢が感じられます。
・分からない英語はすぐにALTに質問していました。そのおかげで英語がどんどん上達しています。
・堂々と大きな声で発表する姿は友だちのお手本になっています。
・活動にいつも全力に取り組んでいます。とても立派な態度です。

励ましの言葉
・2学期は、友だちとたくさんコミュニケーションがとれるように励ましていきたいと思います。
・友だちとコミュニケーションをとることで、英語活動の楽しさを発見できると思います。

総合的な学習 評価


■評価の観点 ■評価の文例

課題設定の能力
・自分で課題を見つけることができた。
・課題の意味がわかってきた。
・学習対象から必要感をもって、自分にあった課題を設定することができた。
・自分の力で追求できる無理のない課題を設定することができた。
・いくつかの課題の中から、解決の見通しの立つ課題を選択することができた。
・友達と話し合ってグループ課題を設定することができた。
・交流で課題を見つけ、自分なりにかかわる姿勢をもっていた。

問題解決の能力
・見通しをもち、解決の計画を立てることができた。
・計画をもとに工夫して自力で解決することができた。
・場所や人から課題解決に結びつく情報を集めることができた。
・収集した情報から課題解決に結びつく情報を選択したり、組み合わせたりすることができた。
・解決の過程や結果を自己評価できた。
・発表したり、話し合ったりして相互評価することができた。
・解決の過程の体験や結果を生活や学習に活用することができた。
・友達と協力しながら、自分で根気強く追求し、課題解決を図ることができた。
・実際に料理を作ったり、外国の人がいるところに出かけたりして、体験をもとに外国の文化やものの考え方を理解することができた。

学び方、ものの考え方
・必要な情報を収集したり、処理したり、活用したりできた。
・解決や探究の方法を見つけたり、失敗やつまづきを解決する方法を工夫したりすることができた。
・解決・探求の過程や結果を、報告書や作品に表現できた。
・伝える相手を意識して、自分の考えを正確に表現できた。
・マルチメディアを利用して説得力のある表現ができた。
・友達と話し合ったり、学びあったりして相互評価することができた。
・解決や探求の過程で体験したことや結果を生活や学習に活用することができた。

学習への主体的・創造的な態度
・自らの疑問を起点にしながら追求し、課題を発見できた。
・自分にとって切実感があり、また、息の長い追求に値する適切な課題を設定することができた。
・課題を踏まえて、スムーズな追求計画等を構想・立案・構成することができた。
・調べ活動において、書籍、フィールドワーク、インターネット等を自分で選択して適切に活用することができた。
・種々の情報を関連付けて、自分なりの考えをもつことができた。


生き方
・自分の好きなこと、したいこと、得意なことをもとに、課題を見つけたり、選択したりすることができた。
・自分の得意なこと、やりたいことにすすんで取り組んだ。
・体験し、学習したことを生活や学習に生かそうとしていた。
・との人の考えや行動を評価し、自分の学習に取り入れていた。
・自分の不得意なことやつまづきなどを乗り越えようとしていた。
・自分の将来の夢を意識し、実現にむけて努力していた。

関心・意欲・態度
・理科や社会科などの教科学習をもとに疑問や関心を持ち続け、総合的に考えることのできる課題を設定することができた。
・既習事項をもとに、さらに自分で追求できる課題を設定し、解決に向け、最後まで自分で追求することができた。
・疑問点を友達に尋ねたり、話し合ったりすることができた。
・報告書の作成や発表の準備をする際、教科で学習した知識や方法を使って学習を進めようとする意欲が見られた。

総合的な思考・判断
・調べ活動で、課題についてさまざまな観点を立てて多面的・多角的に考え、その過程と結果をまとめていた。
・課題追求の過程で収集した資料を適切に判断しながら選択することができた。
・資料価値を総合的に判断することができた。
・実際に実験したり、観察したり、体験したりして、課題解決のためにさまざまな方法を試し、より良い方法を選択できた。

技能・表現
・調査する方法がわかり、適切な方法で学習することができた。
・課題追求の過程で、適切な情報を収集することができた。
・収集した情報から、的確に要点を読み取ることができた。
・わかりやすい構成を考えながらまとめることができた。
・情報の中から課題に適した図や表を読み取り、活用することができた。
・聴く人の反応を見ながら適切に発表できた。
・発表内容や自分に合った方法で発表することができた。

応用する力
・インターネットや書籍などのさまざまな情報源からの知識を生かして、課題解決することができた。
・さまざまな教科の知識を使って関連を図った学習ができた。
・調査した結果や他の人の考えを多面的に捉えることができた。

情報活用能力
・多種多様な情報を収集することができた。
・収集した情報を適切に処理、加工することができた。
・ねらいに即して情報を適切に発信することができた。
・インターネットの効果、影響、限界等を認識して、目的を考えながら適切に活用することができた。

コミュニケーション能力
・ねらいに即して友達や地域の人などに向けて情報を発信することができた。
・人との交流を大切にして、相手の考えを受け止め、積極的にかかわろうとすることができた。
・お年寄りとのさまざまな交流を通して、心を通わせる大切さを実感し、自然なかかわり方を身につけることができた。

もらってうれしい所見「そのひと言」

学習面で、もらってうれしい所見「そのひと言」

〜64例文一覧〜

学習している中身に興味を持って、楽しみながら取り組んでいました。
学習の中身そのものを、目を輝かせながら楽しんでいました。
どの学習でも自然体で、のびやかに取り組んでいました。
学習への集中力が、じわじわとアップしてきました。
学習に集中することの持続力が、だんだんついてきました。
毎日くり返して学習する習慣が、日に日に身についてきました。
取りかかりが早くなり、学習の能率もだんだん上がってきました。
どの学習でも、やる気まんまん(やる気いっぱい)で取り組んでいました。
学習への意欲を、態度にも表してくれるようになりました。
がんばるぞというやる気を見せてくれることが、とても多くなりました。
基本となる漢字や計算を取り組む姿勢に、根気強さがついてきました。
漢字や計算をていねいに練習しているので、きちんと身につく量が増えてきました。
学習に取り組む姿勢が一段と前向きになり、高学年らしいやる気の芽生えを感じました。
学習中の表情にも、生き生きとした自信とゆとりが出てきました。
自分が学んだことを、友だちにもわかりやすく教えてあげていました。
友だちと力を合わせて取り組む学習を、一所懸命(一生懸命)することができました。
友だちと励まし合いながら学習する姿が、数多く見られました。
ていねいに仕上げようとする姿勢が早とちりをへらして、成果を出せるようになりました。
最後まで話をしっかり聞いているので、取りこぼしがありません。
とてもきめ細かい学習ぶりで、学んだことがよく身についています。
学習全般に安定感があり、そのバランスのよさには、目を見はるものがあり 習ったことをよく理解し、てきぱきとこなしていく力があります。
熱心に取り組んだことは、必ずよい結果につながっていました。
特に○○をよくがんばり、どの単元もムラなく、自分のものにすることができました。
理解力と吸収力には目を見はるものがあり、ゆとりを持って学習に向かっていました。
ばつぐんの吸収力で、実力(持てる力)を充分に発揮していました。
柔軟性のある、しなやかな学ぶ力を持っています。
ポイントをパッとつかみ取る力が、ぐんぐんと伸びてきました。
難しい問題もあれこれ考え、自分で筋道立てて解いていく力は、なかなかのものです。
読書量が多く、語いが豊かで、さっと読み取る力もなかなかのものです。
読み取る力が豊かなので、学んだことをより深く理解しています。
いつも新鮮(フレッシュ)な気持ちで、学習に向かっていました。
やるぞと決めたら最後まで精一杯やりとげる、がんばり屋さんです。
ふだんから、地道にこつこつと努力しています。
きめ細かく確実に仕上げようと、心がけていました。
ていねいにじっくりとやれば、力を出すことができます。
学習の取りかかりも能率もよいので、ていねいさが加われば、さらに成果が出るでしょう。
ねばり強く取り組むぞという気持ちでやれば、よい結果がどんどん出せる子です。
あせらず落ち着いてやれば、必ず力を発揮していました。
この学習はがんばるぞという態度を、おもてに出してくれるようになりました。
どの学習でも決して手をぬかず、全力投球していました。
こつこつと真面目に取り組んだことが、徐々によい結果につながるようになってきました。
学んだことを確実に吸収し、がっちりと自分のものにしていました。
やるべきことは着実に自分のものにしていました。
学習への向かい方が一歩一歩確実で、ていねいに仕上げていました。
見通しを持って取り組んでいたので、自分の発想を生かす学習ぶりでした。
人の話をじっくりと聞いて、積極的(主体的・自主的)に発言していました。
言いっぱなしではなく、深めていく討論のできる子です。
手をあげて発表する中身も、一段と充実してきました。
みんなの前で、自分の考えをしっかりと言えるようになってきました。
友だちの発言に関わらせて、柔軟(発展的)な発言をしていました。
学習の山場では、目のつけどころのよい(的を得た)発言をしていました。
この調子で、がんばってほしいと思います。
あせらず、落ち着いて取り組んだら、大丈夫です。
やればできるんだという自信を、いつも持ってほしいと思います。
これからの活躍(がんばり)が、楽しみです。
欲が出てきたら、きっと伸びます。
このまま積み上げていけば、さらに伸びるでしょう。
あとは、うっかりミスだけ気をつけましょう。
学習の能率がよいので、早合点にだけ気をつけましょう。
努力して○○ができるようになったのは、すばらしいことです。
毎日コツコツとつみ上げてきた地道な努力には、大きな拍手を贈りたいと思います。
これからも油断せずに、今のまま取り組んでいけばよいでしょう。
理解力がしっかりしているので、柔軟性が加われば一段と伸びるでしょう。


 生活面で、もらってうれしい所見「そのひと言」

〜75例文一覧〜

友だちにやさしい心づかいを見せてくれることが、いっぱいありました。
人のためにも力をつくす姿には、学級のみんなからも大きな支持を得ていました。
さっぱりしていて、さわやかな雰囲気を周りに広めてくれました。
学級をじわぁっと温かな、ぬくもりのある空気にしてくれます。
正直で誠実なくらしぶりには、学級のみんなも見習っていました。
かげ日なたのない生活ぶりは、みんなのよいお手本になりました。
友だちのめんどう見がよく、みんなから好かれていました。
小さい子のめんどう見もよく、思いやりのある心をいっぱい見せてくれました。
学級のみんなの、頼りになるお兄さん的(お姉さん的)存在でした。
下級生にとって、やさしいお姉さん的(お兄さん的)存在でした。
人への思いやりのある言動は、みんなにもよい影響を与えていました。
人の気持ちをくんで行動することで、みんなのチームワークを高めてくれました。
チームワークを大事にし、みんなで成しとげようと、力をつくしてくれました。
持ち前の行動力を発揮して、みんなを引っ張ってくれました。
見ていても気持ちいいくらい、ほがらかで、さっぱりしています。
ひかえめながら、しっかりとした考えを持って行動していました。
人の強い意見に流されず、自分でしっかり考えて行動していました。
自立へのステップをふみながら、自信のある生活ぶりでした。
ここぞという時には、自分の考えをはっきりと主張していました。
周囲の出来事にも目を向けて、共感したり批判したりできる力がついてきました。
生活全般に、気力の充実と、精神的なたくましさが増してきました。
生活全般に、てきぱきと活動し、活力のみなぎっていた○学期でした。
心身共に、ひと回り(一段と)たくましくなりました。
毎日、朝からはりきって、生き生きと(テンポのよい)学校生活を送っていました。
学級のみんながつられてあいさつするほど、気持ちのよいあいさつをしてくれます。
どんな時も、あわてず、落ち着いて行動していました。
礼儀正しく節度ある生活ぶりに加えて、積極性も出てきました。
生活ぶりにも、落ち着きと安定感が出てきました。
持ち味のやさしさに、たくましさが加わってきました。
真剣にする時と、茶目っ気を見せる時のけじめがつけられます。
物おじしない堂々とした生活ぶりに加え、楽しい雰囲気をみんなに広めてくれました。
みんなの先頭に立って活動したり、推進役として活躍する場面が多い○学期でした。
言うべきことははっきり言えて、自分のこともしっかりとふり返れます。
言うべきことははっきり言いつつ、相手のことも大切にすることができます。
人に言われなくても、さっと判断して、的確な行動ができます。
男女の分けへだてなく、誰にでも親切にしていました。
誰に対しても、心あたたかい態度で接していました。
誰でもあたたかく受け入れてあげ、仲よくしていました。
困っている友だちがいたら、どんどん声をかけてあげる姿の多い○学期でした。
迷わず決断して行動した時は、目を見はるような力を発揮してくれます。
面倒なことでも労をいとわず(力を惜しまず)、最後までやりきっていました。
さぼらず、手をぬかず、一生懸命(一所懸命)がんばって仕事をしていました。
何事にも心をこめて、誠実に取り組んでいました。
子どもらしいよさを、いっぱい持っている子です。
自分で考え、工夫して、楽しみを見つけられる子です。
しなやかな感受性と、やわらかな心を持っている子です。
友だちとの関わりの中で、自分の心を耕していける子です。
友だちと大いに笑い、大いに楽しみ、伸び伸びと生活していました。
自分のありのままの気持ち(思い)を、素直に出せていました。
休み時間は、汗びっしょりになるまで元気いっぱい遊べました。
休み時間は、おだやかに楽しく、友だちと過ごしていました。
肩ひじを張らず、おおらかな気持ちで、友だちとつき合っていました。
我を張らず、うまくゆずり合いながら、友だちと楽しく過ごしていました。
周りの友だちの心を、なごませてくれる大切な存在でした。
友だちをさりげなくさそってあげる、やさしい心くばりを見せてくれました。
友だちにも心を配れる言動が、みんな遊びの中でも、よい影響を与えてくれました。
いつもにこやかな笑顔を見せてくれることが多く、いろんなお話をしてくれます。
目が合うと、顔全体に広がる笑顔を見せてくれ、こちらまで元気をもらいました。
だんだんと自分の言いたいことを、はっきりと伝えられるようになってきました。
友だちの輪が広がってきて、自信のある生活ぶりでした。
交友範囲が広がってきて、体を思う存分動かす遊びを楽しむようになりました。
多くの友だちと、元気いっぱい活発に遊べていました。
友だちとの関わり方に、しなやかさ(やわらかさ)が出てきました。
体を思う存分動かして遊ぶ姿が、多く見られました。
表情豊かに、いろんな話を、どんどんしてくれるようになりました。
いざという時の、とっさの判断力には、目を見はるものがあります。
まっすぐな心で、見ていて、とても気持ちのよい生活ぶりでした。
安心して見ていられる(任せられる)ほどで、感心しました。
○○くんなら、きっとすばらしい○年生になれると思います。
○○さんなら、きっとステキな○年生になれるでしょう。
調子に乗りすぎたら、さっと自分をふり返れるので立派です。
気づき、考え、実行することを、率先してやってくれました。
あわてず、あせらず、ゆとりを持って生活していました。
みんなに新しい提案をしたり、核心をついた意見を出したりしてくれました。
身も心も、かろやかに(リズミカルに)生活していました。○学期も期待しています。

通知表 所見 生活


   《基本的な生活習慣》

・いつも明るく元気に学校生活を送っています。しっかりとした挨拶も欠かさず、友達のよいお手本になっています。
・学校が大好きで、友達と仲良くすごしています。
・朝や帰りに挨拶をしっかりとできるだけでなく、ありがとうやごめんなさいの挨拶も気持ちよくできます。~さんの明るい笑顔の「はい」という返事もとても爽やかです。
・だれに対しても丁寧な言葉遣いで話すことが出来ます。時と場に応じた話し方もでき、感心しています。相手の気持ちになって、語りかけている態度がとても立派です。
・机の中がいつもきちんと整理されています。自分の持ち物を大切に使おうとする態度は大変立派です。
・机の中やロッカーがいつもきちんと整理できていて感心です。自分が使ったものを元にもどして道具箱の中も使いやすく整理されていて、いつでも必要なものを取り出すことができます。今後も続けてほしいと思います。
・授業が終わると、学習用具をきちんと片付け、次の授業の準備をしてから、遊びに出かけます。常に次のことを考えて行動できる姿に感心しています。
・学習用具をはじめ、提出物の忘れ物が少なく、何事にもまじめに取り組むことができました。今後ともこの調子でがんばってほしいと思います。
・明るく友達も多く、友達との人間関係も大変いいです。仕事に対しても計画的で、準備等も忘れたことがなく、最後まできちんとやり通すことができ感心です。
・言われたことは何でも素直に聞き、きまりをきちんと守りまじめです。静かにこつこと努力している姿は好感が持てます。
・とても活発で、友達と楽しく学校生活を送ることができます。
・「ありがとう」「ごめんなさい」が自然に言え、友達にも好かれています。
・学校での約束やきまりがしっかり守られています。大勢の中でのすごしかたがしっかりとできるということはとても大切なことです。
・明るく、だれとでもよく話し、みんなから好かれています。言葉遣いも丁寧で信望があります。
・いつも身の回りの整理整頓を上手にしています。使う用途によっておく場所を考えたり、道具箱を工夫したりしており、よく考えたくらしぶりがうかがえます。
・だれに対しても大きな声で「おはようございます」と気持ちよい挨拶ができます。また、時と場に応じた正しい言葉遣いをすることができます。相手の気持ちを考えた行動や態度は、まさにクラスのよき手本となりました。
・明るく活発で、言葉遣いがはっきりしていて、礼儀作法も身についていてりっぱです。
・常にていねいな言葉づかいをし、周りを爽やかな気分にしています。温和でやさしい性格がその言葉にも表れています。
・チャイムの合図でそれまでの活動をやめ、気持ちを切り替えることができます。そのため、ゆとりをもって、次の行動に移ることができます。
・先生に話をする時や全体に発表する時など、その場に応じた言葉遣いをしようと心がけていました。ていねいな言葉遣いは友達のお手本となりました。

  《明朗・快活》

・自分にいやなことがあったりうまくいかないことがあっても、他の子を責めたりふさぎ込んだりせずに、気持ちの切り替えが早くでき、明るく前向きに生活しようとしています。
・失敗をしても気を落とさずに、明るく前向きに行動しています。そのため、友達のだれからも好かれ、学級のリーダーとして活躍しています。
・いつでも自分から進んで元気よく先生や友達と挨拶することができます。その爽やかな声は、みんなのお手本となっています。
・けんかをしていると友達がいると、真っ先に飛んでいって仲裁に入るのが~さんです。そしてしばらくするとみんなが楽しく遊べる雰囲気を作ってくれます。
・冗談が上手で、いつもみんなを楽しませています。休み時間や給食時間、お楽しみ会などでは、雰囲気を盛り上げてくれるので、クラスの人気者になっています。
・係の仕事ややるべき仕事は、まじめに最後までやり遂げています。また、自分の言ったことにも責任をもつように心がけています。このように何事にも誠実に取り組むので、クラスのみんなから好感を持たれています。
・やさしい心としっかりした自分の考えを持っています。友達の言動に左右されることなく、いつも落ち着いて行動し、自分の言動に自信を持って、明るくたのしい学校生活を送っています。
・だれにでも「ありがとう」「ごめんね」と心を通わせる言葉を言えます。周囲にはいつも明るい雰囲気がいっぱいです。
・校庭で友達と元気に遊んだり、クラスで楽しい企画を計画したり、学校生活を活発に過ごしていました。明るくのびのびと成長しています。
・しっかりと筋道を立てて考え、行動しようとする姿には目をみはるものがあります。
・茶目っ気たっぷりでおもしろいことを言っては、周囲の友達を笑わせるなど、大変明るい性格です。
・ユーモアのセンスがあり、おもしろい発想でよく友達を笑わせていました。
・笑顔が素敵な~さんは、今学期も毎日楽しそうにすごしていました。
・楽しくにぎやかなことが大好きな~さんの周りには笑い声が絶えません。友達をいつも明るく楽しい気分にさせています。
・いつも友達の輪の中にいるのは、~さんのやさしさをまわりの友達が分かっているからだと思います。
・ユーモアのある話題で友達を笑わせ、いつも周りを明るくさせていました。
・日直のときは、朝の会や帰りの会でてきぱきと司会をすることができました。めりはりのある進行のおかげで、みんな気持ちよく参加できました。

  《自主性・根気強さ》

・人の嫌がる仕事でも、弱音を吐かず最後までがんばり通しています。
・自分の考えをしっかりと持ち、その考えのもとに発言したり行動したりすることができます。そのため、周りの友達からも信頼され、学級のリーダーとして活躍してきました。
・「私はこう思う」と自分の考えをはっきりと述べることができます。自分の考えをしっかりと持ち、実践していく確かな行動力には感心させられています。
・自分が正しいと判断すると、落ち着いて確実に実行することができます。
・穏やかな人柄の~さんは、いつもまわりの人たちと仲良く行動することができます。
・時と場に応じた正しい判断ができる~さんです。しかも、その正しい判断の結果を、自分から進んで行動に移すことができ、とても感心させられました。
・「どうしたらいいのか」をみんなで考え、迷っている時に「こうしたほうがいい」と的確な判断をし、みんなをリードしてきました。
・身の回りの様々なことについて、見通しをもって活動しています。
・素直で人付き合いのいい~さんですから、だれとでも仲良くできました。
・身の回りの準備や後片付けなどは言われなくてもしっかりとできます。さらに、当番活動や係活動など、自分に任された仕事も、自分の力でしっかりとやり遂げることができました。
・明るく、しっかりとした人柄の~さんは、自分から進んで学級のまとめ役を引き受けるなど、意欲的な取り組みをしています。学級の仲間たちからも、「実行力のあるリーダー」として信頼されています。
・「ぼくがやる」という積極的な態度を、とても頼もしく感じています。しかも、必ず実行してきましたから、安心して任せることができました。
・学級のリーダーである~さんは、自分のことだけでなく学級のみんなのことを考え、みんなが楽しくすごしていくためにはどうしたらいいだろうかと考えてきました。
・自分でやりたいことやがんばらなくてはいけないことをしっかりと決めて、がんばることができます。
・おだやかでまじめな人柄の~さんです。自分のことはきちんとできますし、決まりなども守ろうとがんばっています。
・学校生活のきまりを守ることや友達との約束を守ることなど、きまりや約束をきちんと守ろうとする態度には、いつも感心しています。
・学級会では、積極的に自分の考えを述べていました。自分で考え、判断し、行動できるようになりました。
・周りの様子を見ながら、今自分はどうすべきなのかを考え、行動していました。
・ちょっとした時間にも自分なりにすべきことを考え、行動に移せる力をもっています。

  《責任感》

・だれも見ていないところでも一人で黙々と掃除をしている姿に責任感の強さを感じます。
・日直として仕事をする~さんは、一つ一つの仕事を確実に、そして丁寧にやり遂げます。まさに、学級の手本です。このような責任感ある態度が友達からも信頼されている理由です。
・いつも、きっぱりとした正義感あふれる態度に感心してきました。学校生活の決まりや友達との約束を大切にしているからでしょう。
・自分がしなくてはならないことは、確実にやり遂げます。しかも自分の力で最後までやりとおすことができるかをしっかりと見極めてから取り組んでいます。
・「これならみんなにもできる」「こうしたらみんなができる」という考え方をすることができます。自分たちの力で実行できることを話し合い、確実に果たしてきたことは立派でした。
・学級のリーダーとして活躍してきました。自分の考えをはっきりと述べますし、また実行力もあります。自分の学級における役割を自覚し、しっかりと果たすだけでなく、友達のことを考えた行動をとることができました。
・~さんの周りにはいつもたくさんの友達がいます。それは、友達や相手のことを思って行動できる思いやりのある~さんだからだと思います。
・自分の仕事となった「~」を一日も休まずやり遂げることができました。だれに言われなくてもやり遂げたことは大きな自信となったことと思います。
・グループでの話し合いでは、リーダー的な役割を果たしました。自分たちのすべきことを考え、最後まで責任をもって行動することができました。


  《創意工夫》

・学級会では、~さんの考えたアイデアに「なるほど」とみんなが感心する場面がたくさんありました。
・休み時間に楽しく遊べるアイデアを出したり、学級会でクラスみんなが楽しめる企画を提案したりして、クラスをもっと盛り上げようとしていました。
・今までのやり方から少しでも新しいやり方でしていこうと仲間に提案し、学級での活動やグループでの活動を作りだしていました。
・「もっと見たい」「もっと知りたい」そして、「どうしてだろう」という好奇心や探究心があります。それをいかし何事にも興味関心を示し、積極的に関わることができました。毎日生き生きと過ごす~さんが見られました。
・~さんのすばらしさは、「こうしたらもっとよくなる」「こんなやり方どう?」とたくさんのアイデアを考えみんなにぶつけていけるところです。
・友達や周りの様子に、とてもよく気がつきます。そして「こうしたほうがもっとよくなる」とアイデアを出しています。
・~さんのアイデアや発想には、改めて考えさせられたり、感心させられたりするものがたくさんありました。
・周りのみんなが気づかないことや考えなかったことを考え、みんなを感心させたり、驚かせたりしました。このユニークさは、~さんの力であり、大きな魅力であると思います。
・いろいろな活動において、常に新しい考えや方法を取り入れようとしています。
・新しい考えや方法を取り入れて、学校生活がより楽しいものになるように努力を続けています。

  《思いやり》

・学級のだれが困っていてもやさしく声をかけ、自分にできることはすぐにしてあげています。大変やさしい気持ちを持っています。
・友達が嬉しいときも悲しい時も、いっしょになって自分のことのように喜んだり悲しんだりしています。とても温かい心を持っています。
・休み時間など、誰でも仲間に入れて楽しく遊びます。一人でさびしそうにしている子を進んで誘うなど、広い心の持ち主です。
・明るい性格で、友達に対してもやさしい言葉遣いや態度で接しています。みんなの気持ちをなごやかにしています。
・少しぐらいいやなことがあっても笑顔を絶やさず、周りを楽しい雰囲気にしてくれるので、友達にも好かれています。
・友達の気持ちや考えを大切にしながら行動できる、大変思いやりのあるやさしい性格です。
・友達が困っていると黙っていられず、忘れ物をした子には持っているものを自分から貸してあげています。
・学習中など、やり方が分からず困っている友達を見ると、やさしくやり方を教えてあげられます。常に、思いやりのある態度で友達に接しています。
・友達が転んで泣いたときなどすぐに保健室に連れて行ったり、先生に知らせたり、やさしい気持ちで困っている人に温かい手を差し伸べてくれます。
・何かしてもらうと、素直に「ありがとう」が言えます。相手の気持ちがよく分かる~さんだからだと感じています。
・友達に借りた物を返すときなど、明るく「ありがとう」が言えます。つねに感謝の気持ちが表れていて、好感がもてます。
・どの友達に対しても誠意を持って接しています。仲間のためにも惜しまず力を発揮するために友達からも好かれています。
・友達のことをよく考え、順番を譲ったり、考えを受け入れたりすることもできます。友達に対してとてもやさしい態度で接しています。
・学級の一員としての自覚を忘れずに、人の意見にも耳を傾け大事にするなど謙虚な気持ちで行動しています。
・いつでも友達のことを気遣っている~さんです。中でも困ってる友達の立場に立って物事を考えるという優しい心はだれにも負けません。
・困っている人を見つけると、我先にとかけつけるのが~さんです。まず自分がしてあげられることは、してあげようとする豊かな心の持ち主です。
・友達に相談されたり、頼まれたりすると、自分のことを後回しにしてでも誠意を尽くそうとする温かい心の持ち主です。
・「ありがとう」と、いつも感謝の言葉を忘れません。性格も穏やかで、やさしさに富んでいるので、みんなから好かれています。
・困っている友達、年下の子などに対し、手助けをする、声をかけてあげるなどの気遣いが素早くできます。ここ一番で見せる~さんの優しい気持ち、素直な優しさに感心します。

  《協力性》

・グループ活動では、みんなで相談してすることを決め、力を合わせて上手にやり遂げることができました。活動を進めるごとに協調性が育ってきたことを感じています。
・係や当番の仕事を進んで協力してやり遂げています。みんなで決めた仕事の分担もよく守っていて、とても協調性があります。
・学級で何かを決めるとき、みんなの意見をよく聞いたうえで、自分の意見をハッキリと言うことができます。内容も建設的なことが多く、友達の信頼を集めています。
・当番や学級での活動の場面で、~さんは自分が終わるとまだ終わっていないほかの人の仕事をそっと手伝う協力性があります。力を合わせるということのすばらしさを折にふれて見せてくれています。
・掃除の時間に重い机を運んでいる友達をさっと手伝っています。協力し合いながら生活しようとする気持ちが感じられます。
・学級会では、友達の発言をよく聞き、「よりよくするためにはどうしたらいいか」と真剣に考えていました。
・学級のまとめ役でもある~さんはつねにクラス全体のことを考えて行動しています。グループでの活動でも友達の意見をよく聞くと同時に率先して仕事に取り組むなど協調的な態度で行動していました。
・友達の良さを認め、自分の生活の中に取り入れることができます。
・自分の意見を主張するだけでなく、他の人の意見もしっかりと聞いて、相手の意見に納得すると譲る姿に成長を感じます。

  《自然愛護》

・学級園の水やりや教室の金魚の世話を、毎日欠かさずしています。校外に出ると、まわりの草花や樹木などに強い関心を示し、名前などもたくさん知っていて友達に教えています。
・身の回りにいる小動物を捕まえてきては、熱心に世話をしています。そんな時の、~さんの顔は本当に楽しそうです。
・教室で飼ったり、栽培している小動物や植物に本当の優しさを持って接しています。
  《勤労・奉仕》

・廊下に他の人の持ち物が落ちていると、必ず拾って元の場所にかけてあげる態度にはいつも感心しています。どんな小さなことでも、周りの役にたとうとする態度、心遣いをいつまでも持ち続けてほしいと思っています。
・自分からよく気が付いて道具の片付けをするなど、労を惜しまず仕事をするため、とても好感が持てます。
・陰ひなたなく、人のいやがるような仕事でも黙々とやる姿にいつも感心しています。
・決められた当番の仕事や係の仕事をいつも最後まできちんとやり遂げます。その姿勢は友達にも大変信頼されています。
・いろいろなことに興味をもち、やり始めると最後までやり通す根気強さがあります。まじめな態度にも大変好感がもてます。
・一度引き受けた仕事は、一人になっても最後までやり通す強い責任感を持っています。そのため、友達の信頼を集め、見習おうとする子もいて、周囲にも大変よい影響を与えています。
・係や当番の仕事を丁寧に手際よくこなしていきます。意欲的に取り組む姿に頼もしさを感じます。
・いつも明るく、自分からよく気が付いて進んで係などの仕事をしています。自分の仕事が終わると友達の仕事を手伝う姿がよく見られました。
・仕事が丁寧で、安心して任せておけます。やる気にあふれ、頼もしい限りです。
・自分の係でない仕事も手伝ったり、自分から気が付いて人のために働いたりしています。思ったことをすぐ動作に移すことができ、みんなからよく感謝されています。
・他の人が二の足を踏むような仕事も、自分から率先してやっている~さんには本当に頭が下がります。仕事を終えた時の笑顔がきらきらと光っていました。
・小さなことにも気を配り、みんなのためにすぐに行動に移すことはとてもすばらしいことです。
・みんなのために、みんなの見ていないところでも、力を発揮するところは~さんのすばらしい長所です。
・自分の考えで、みんなのためになることを見つけて、進んで取り組む姿勢が身についてきています。
  《公正・公平》

・いつも仲良くしている友達にでも、いけないことはいけないときちんとはなしてあげることができるところを持っています。これからも正しい目で物事を見つめたい所できる力を持ち続けてほしいと思います。
・ユーモアがあって朗らかな性格で、誰に対しても公平な態度をとることができます。そのために、クラスの友達から信頼されています。
・弱い立場の子に対して温かく声をかけていました。思いやりがあって親切なので、多くの友達から慕われています。
・男女わけ隔てなく仲よくすることができるので、いつも遊びの中心となっています。
・友達から誘われても、よくないと思ったことは、はっきりと断ることができます。人の話もよく聞きながら、自分の考えで行動しようとする姿は立派です。
・自分のことだけでなく、友達のいけないことに対しても気がつくと注意してあげています。いつもまじめな態度で生活する姿に好感が持てます。
・みんなで決めたルールや学校の決まりをよく守るとともに、友達の行動の正しさも判断することができます。落ち着いた冷静な判断力を持っていることに驚かされることがあります。
・誰とでも公平に遊んだり、グループでも仲良く活動したりしています。よくないことは断ったり注意したりもでき、正しい判断力を身につけています。
・学校や学級のルールを良く守り、善悪を考えた行動をしています。グループ内での役割も公平に分担し、助け合って生活しています。
・常に公平に物事を判断し、落ち着いた態度で行動しています。自分のあやまちは素直に認め、正直にあやまることもできるため、みんなに信頼されています。
・正、不正をはっきり見極め、正しくないことについては勇気をもってそれを正していこうとする正義感の強い性格です。
・自分の考えをはっきりと発言し、どんな意見にも十分に耳を傾け、より良い考えを選ぼうと努力していました。
・学級係として、みんなの意見が分かれたときには、すべての意見をしっかりと聞き、要点を押さえて公正な判断をすることができました。
・正しくないことには、はっきりと正しくないと表明することができる、クラス一の正義感の持ち主です。
・議論が分かれる時でも、いつも公正な立場で少数意見にも耳を傾けようとします。~さんのこの公平な態度は、学級の公正な雰囲気を作っています。
・感情に流されることなく、いつも公正に判断することができます。自分の損得にこだわらず、冷静に判断する力を持っているので、みんなの信頼を集めています。
・学級会では司会を務め、話し合いが混乱しないように、意見の整理を上手に行っていました。また、いつも公正な態度で進めるため、みんなから信頼されています。
  《公共心》
・学級会で「きまり」について話し合ったとき、その意味や理由をよく考え、進んで発表し、決まりを守ろうと努力していました。全体のこと、みんなのこと、そして自分のことをよく考えて行動できる力がついてきています。
・学校や学級のルールを進んで守り、友達に迷惑をかけることもありません。立派な態度で、みんなの模範となっています。
・みんなで使うものや遊具をとても大切にしています。
・自分の使ったものだけでなく、友達の使ったものが乱雑になっていると自分からきちんと片付けています。あとから使う人のことを考えられることは、たいへん立派です。

通知表 所見  ~学習全体の様子から~

 ~学習全体の様子から~

①発言

・筋道を立てて考え、的確な発言ができるようになりました。自分の考えを臆することなく発言できる態度がとても立派です。
・発言も活発で、理解も早く、知識は豊富です。
・授業中の発言などには、優れた理解力を感じさせるものがあります。
・~が大好きで、~についての学習では特に、活発に自分の意見を述べてしかも的確です。
・いつも「ハイ!」と手をあげて、進んで考えを述べていました。
・学習中、みんなが行き詰まったとき、発想を変えた考えを出すことがありました。その発言をもとに、みんなの話し合いが進んでいくことがしばしばありました。
・理解力があり、わかったことをしっかりとみんなの前で発表できるため、常にクラス全体の学習をリードしています。
・授業中にひらめきのよいつぶやきをもらすことがあり、学習に対する幅広い関心がうかがえます。
・つねに学習にめあてをもって臨んでいるようです。よく考えた発言や発表からもそのことを感じます。
・自分の考えをいつも堂々と発表できることは立派です。その発表力、表現力はこれからもどんどん伸びていくと期待しています。
・ユニークな発想の発言の中にも、確かな着眼があります。~さんの発表をいつもわくわくしながら聞いています。
・自分の言いたいことを友達にも分かりやすくまとめ、発表する力があります。
・発想が豊かで、これからがとても楽しみです。自分の意見を自信をもって発表し、みんなにも広めていってほしいと願っています。
・授業中いろいろなことによく反応し、自分の興味や関心のあることをよく話します。
・学習中、よく考えてよく発言します。また、その発表内容も筋道が通っていてすばらしいです。
・なぜという疑問を自分なりの言葉で発表することができるようになりました。
・自分の考えを言葉に表すのがとても上手です。~さんのつぶやきで授業が何度も深まったことがありました。
・クラス一番のアイデアマンです。授業の中で他の友達がなるほどとうなるような発言をたくさんしていました。
・授業中のひらめきがよく、~さんの発言をきっかけに授業がもりあがる場面がよくありました。
・学習態度に活気があり、いつも元気よく発言してとても好感が持てました。
・自分の主張や考えを、理由や根拠を明らかにしながら分かりやすく説明することができるようになりました。
・授業中、いつも大きな声で発表できています。そのはきはきとした前向きな態度が友達に影響を与え、クラス全体の学習活動を活発にしています。
・日々の努力が自信につながり、活発な発言をしていました。
・興味、関心も広く、好奇心旺盛な~さんは授業中もわかったことや気づいたことをどんどん発言していました。
・間違えても臆することなく、さらに発言していこうとする前向きな姿勢で、授業を活気づけていました。
・毎日の学習に積極的にかかわり、友達に分かりやすく自分の考えを伝えようと努力しました。考えを表明することで、自分の考えもまとまり、理解も深まっていったようです。
・まず、自分の考えをもち、進んで挙手をして発現することができました。その上で他の人の意見を自分の意見と比べながら聞き、考えを広げたり深めたりすることができました。

②課題への取り組み・学習態度

・だれから言われなくても、自分が進んで努力するその態度に、友達も感心しています。
・分からないところをそのままにせず、積極的に質問する態度がとても立派です。この問題解決への意欲をいつまでも持ち続けることが、これからの大きなエネルギーになるでしょう。
・学習の課題を自分で見つけたり、その課題について自分で調べてきたりすることができるようになりました。この積極的な学習意欲が、学級全体にもよい影響を与えてくれています。
・学習に対する取り組みが早く、思ったこと、疑問に感じたことなどを大変よく発言します。
・学習態度もよく、計算練習や漢字練習もいやがらずに一生懸命努力して、内容も十分理解しています。
・どの学習にも目を輝かせて生き生きとした興味や関心を持って取り組んでいます。勉強がとても楽しそうで、いつも元気に自分の意見を発表していました。
・わからないことがあれば質問し、休み時間にも先生に聞きにきます。最後までわかろうと追求する努力はとても立派です。
・好奇心旺盛で、どの教科の学習でもくいつくように新しいことを学ぼうとする姿勢がみられ、わかった時には、本当に嬉しそうな顔をみせてくれます。
・学習中の真剣な目がすばらしいです。しっかりと学ぼうという意欲の表れです。~さんのこの学習態度はクラスのお手本になっています。
・どの教科にも課題意識をもって学習に参加し、より深く掘り下げて考えようとする姿勢にはすばらしいものがありました。
・いつもまじめな学習態度です。忘れ物もなく、こつこつと努力する姿にはいつも感心しています。
・まじめな学習態度です。話もよく聞き、内容も的確につかんでいます。指示を受けたことは最後までやり通すことができます。
・クラスの友達のだれもが認めるていねいな仕事ぶりです。時間がかかっても最後までやり遂げるがんばりを大事にしていきたいと思います。
・粘り強くこつこつと努力する学習態度は、~さんのすばらしい宝物です。
・授業中真剣に考えています。しかも、自分の力で考え、作り出そうとする気持ちがよく出ています。
・今必要なことは何かを意識しながら学習に取り組むことができます。
・学習のめあてに気をつけて学習できます。特に、自ら探究する態度が見られ、それぞれを解決していく努力には感心しています。この姿勢をいつまでも続けてほしいです。
・学習の時間には、集中して努力することができます。また学習・作業ともに正確です。
・大変努力家で、どの教科も最後まで一生懸命に取り組んでいます。
・どの教科も課題意識をもって学習に参加し、より深く掘りさげて考えようとする姿勢はすばらしいと思います。
・探究心にあふれ、常に色々な角度からものごとを考えたり調べたりする姿勢は大変立派です。
・早のみこみをすることなく、落ち着いてよく考え、確かめるよい習慣がついてきました。
・納得できるまで、時間がかかっても質問をしたりなんども教科書を読んだりして一生懸命努力する姿勢は大変立派です。
・学習のめあてをもち、落ち着いて授業に集中しています。
・はじめて学習する内容には特に興味をもち、自分で調べたり教科書をあらかじめ読んできたりとやる気が感じられます。
・わかるまで、できるまで根気強く課題に向き合おうとする姿勢が見られました。
・少しずつやればできるんだという気持ちを持てるようになってきているのを感じます。
・地道な課題をこなし、コツコツと学習を積み上げていく態度は大変立派です。
・授業態度が積極的で、どんな学習に対しても、自分の考えをしっかりと持って取り組んでいることはすばらしいことです。
・ひらめきがよく、学習内容のポイントをつかむと、さっと課題に取り組みだすことができます。
・何度も試行錯誤を重ねながらも投げ出さず課題に向かっていこうとする姿は大変立派でした。
・毎日の積み重ねから学習へ自信を持ち、どの教科でも余裕を持って学習に取り組みました。
・目的意識をしっかりともった活動の態度は、クラスの友達のよきお手本となり、いい影響を与えています。

③理解・成績向上

・学習内容の理解が早く、落ち着いて学習しています。
・今学期はすばらしい進歩が見られました。どの教科もしっかりと理解し、前向きな発言が見られるようになりました。発言が認められるたびに自信をましてさらに意欲的に取り組むようになったと思います。
・学習中の集中力と理解力には、本当に感心しています。また、成績も安定しています。
・本をよく読んでいるので、知識も豊富です。
・今学期、よく努力しました。苦手だった~もきちんとできるようになり、著しい成長です。この努力を続ければ、さらによい成長につながると思います。
・できること、わかることに喜びをもって学習の臨んでいました。
・全体的に成績が向上しました。どの教科にも積極性がみられ、こつこつとよく努力した成果です。
・各教科に優れた理解力を示し、成績も安定しています。
・今学期の学習面での活躍には目をみはるものがありました。どの教科も前向きに取り組み、きちんとした学習態度で努力した結果だと思います。
・普段の学習に対する熱意と努力が実り、どの教科も優れた学力を示しました。
・どの教科についても、関心や意欲が旺盛で、理解できるまで根気よくがんばりました。
・わかっていくことの喜びを実感できたのでしょうか、学習意欲が大変高まり、著しい成績の向上がみられました。
・好奇心が強く、常に「なぜだろう」という疑問を持ちながら学習に取り組んでいます。また、一つの疑問が解決すると、また次に別の疑問を抱き、その解決に向けて必死に取り組もうとしていました。
・最後までよく話を聞いて学習を進めるため、学習したことが確実に理解へと結びついています。
・苦手としていた学習にも挑戦しました。あきらめずに練習を続けることで、だんだんと苦手を克服し、自信を持ってできるようになりました。挑戦することの大切さを学んだ○学期でした。

④ノートの使い方

・学習ノートに自分で調べたことや自分の意見、授業での要点などを明確にして整理できるようになりました。表や図などを上手につかいこなしています。学習意欲の高まりとともに、学習方法が身についてきたからでしょう。
・ノートを非常に丁寧に書いており、落ち着いて学習している様子がよく分かります。
・ワークシートやノートを振り返り、自分の言葉で学習のまとめをしています。意欲的な学習態度に感心しています。
・几帳面でノートのまとめ方も非常に丁寧です。
・色などを使い、自分でも一目で大切なところのわかるノートには、~さんの学習への意欲がはっきりと感じられます。
・あつめた資料から説得力のあるまとめをすることができました。
・「ノートは自分の学習のあしあと」と話したところ、自分でわかるように工夫してまとめるようになりました。黒板に書かれたものだけでなく、自分の考えや大切だと思うことなどを書いてあるノートからは、学習に対する前向きさがうかがえます。
・ノートも丁寧で、大切なところがすぐわかるように色わけするなど、工夫がされていました。

⑤話の聞き方

・授業中、先生や友達の話をしっかりと聞いています。必ず話す人の方を見ている様子からも一生懸命聞こうとする意欲を感じます。
・先生の話にも、友達の意見にもうなずいたり首をかしげたりといったリアクションをとりながら、聞いています。学習が自分のものになっている証拠です。この真剣な態度をこれからも大切にして欲しいと思っています。
・友達の意見や発表を良く聞き、自分の考えと比較し、どうなのかといった自問をしている様子が感じ取れます。
・人の話をよく聞き、きちんとした態度で学習に取り組んでいます。
・話し手をじっと見ながら、最後まで話を聞き、内容を確認してから学習に取り組みます。友達の考えのよいところを積極的に取り入れ、自分の考えを深めて確実なものにしています。堅実な取り組みは~さんの一番の持ち味です。
・~さんは学習中たくさんの反応を示してくれます。うなずいたり、表情を変えたり、よいつぶやきをしたり。しっかり学習に集中しているからこそと、感心します。
・友達の思いや意見を自分の考えと比べながら聞き、よく整理して適切な言葉遣いで話すことができています。
・授業中も話をしている人の方をじっと見て、一言も聞き逃すまいとしている姿が印象的でした。

⑥持ち物

・毎日の学習準備が確実にできるようになりました。学習用具や宿題などを調えることは学習の基本です。この態度を大切にして、これからも着実に努力してほしいと願っています。
・忘れ物をなくそうとする努力がうかがえました。学習意欲や向上心が高まってきた証拠です。
・机、ロッカーの学習用具がきちんと整理されています。学習用具を大切に丁寧に使っていこうとする態度はとても立派です。つねにきちんとした態度で学習できるのも、その努力のお蔭だと思います。

⑦学習への意欲

・チャイムがなったら、すぐ自分の席につき、次の学習の準備を始めます。その姿に旺盛な学習意欲が感じられます。
・いろいろなことに興味をもち、どの教科にも熱心に取り組み、大変意欲的です。
・何事にも意欲的に取り組み、粘り強くさいごまであきらめずにがんばろうとする態度が感じられます。
・「なんだろう」「どうしてだろう」といった疑問をいつも持っています。そしてその疑問を解いていこうという意欲をいつも持っています。
・自分の考えたことや感じたことを積極的に発表できました。むずかしいことでも尻込みせずに挑戦しようという意欲がすばらしいです。
・旺盛な探究心のおかげで学習が生き生きしています。
・授業中もできることの喜び、わかることの喜びを前面に出す姿が見られました。
・~の学習に意欲的に取り組み、普段の生活の中に取り入れることができました。
・むずかしい学習にも熱心に取り組んでいます。問題が分かるまでがんばる姿が立派です。この学習意欲を持ち続けて欲しいと思います。
・学ぶ意欲が旺盛で、自分ひとりでもこつこつとよく学習しています。また、その学習内容も着実で、成果も大きいです。
・学習意欲旺盛で、ひらめきも早く、発言力も優れていて、自信をもって学習に取り組んでいます
・学習の意欲にあふれ、一時間一時間を大切にして学習に取り組んでいます。
・好奇心が旺盛で、何事にも挑戦してみようとする前向きの意欲がすばらしいと思います。
・日頃から物を作ることに非常に意欲的です。
・どの教科に対しても前向きに取り組み、バランスの取れた力を示しました。
・学習意欲にあふれ、1時間1時間を大切にして学習に取り組んでいます。
・どの学習でも、「やってみたい」「わかるようになりた」とい気持ちが強く伝わってきます。
・「やればできる」という気持ちを持ち続け、学習に取り組みました。失敗しても何が足りなかったのかを考え、次に生かそうとする姿勢は、とてもすばらしいと感じました。
・新しい学習内容と出会うたびに、これまで学習してきた内容をもとに、自分でやり方を見つけ出そうとする姿勢があります。

⑧スキル面・家庭学習

・何事にも一生懸命な態度が立派です。漢字練習や計算練習なども着実に取り組んでいます。これからも~さんの努力の積み上げを期待しています。
・家庭学習で予習復習をよくやってきます。それをもとに授業中も熱心で、成績も着実に向上しています。
・よく考えた、粘り強い学習が多く見られました。毎日こつこつと努力している計画的な家庭学習が大きな力となっています。
・日頃こつこつと積み重ねたがんばりが実を結びました。

⑨自主性、主体性、計画性

・教科書や資料集などを良く見て、疑問に思ったこと、わからないことを調べて解決しようとしています。これからもこの主体的な意欲を大切にしていってほしいと思います。
・できないことがあると自分で家で復習をして、次の時までにはできるようにしようとする努力を欠かしません。それが、十分な理解へとつながりました。
・目立たないところでもこつこつと努力しており、その成果が今学期の成績にもはっきりと表れています。
・地道なドリル学習もいやがらずよく努力して、基礎基本となる部分は確実に身につけています。
・自分で考えようとする姿勢が出てきて、算数と理科に著しい成績の向上が見られました。
・日頃から予習復習を熱心にするほか、自分で発展的な課題を作って学習に取り組んでいます。
・学習したことの中から、関心を持ったことについて、さらに自分から楽しみながら読書や資料調べをして広い視点から知識を身につけました。
・日頃の学習の中でも自分で疑問をもって「どうしてだろうか」と考える習慣をもっています。
・指示を待つ姿勢から、自分で考え自分で調べる姿勢に変わってきたようです。学習の楽しさがわかってきたからではないでしょうか。
・今学期はとくによくがんばりました。また授業中はもとより、家庭学習も自主的、計画的に進めていました。
・「課題をやり遂げる。提出物の期日を守る」そんな強い気持ちを○学期の~さんの地道ながんばりから感じました。一つ一つの学習を確実にやり遂げたことで、着実に自分の力を伸ばしました。
・自ら進んで取り組んだことが成果として表れた○学期でした。
・自分のわからないところや苦手なところを自覚し、自分でフォローしていこうとする姿勢が見られました。

⑩学習における協力・グループ学習
・友達と協力して~について広く調べることができました。
・「~さんのおかげでうまくできた」とグループの仲間が感謝していました。みんなをリードする素晴らしい力がついてきました。
・グループでの学習では、建設的な意見をだし、グループの学習を方向付けることができます。
・グループでの話し合いでは、みんなの意見を上手に引き出し、それを的確にまとめています。
・自分の課題が終わると、まだ出来ていない友達にそっと手助けをしてあげる場面が見られました。
~所見文の言いまわし~


・~の姿に大きな成長を感じました。
・~さんの~が大きく育った証です。
・~をする姿はクラスのお手本でした。
・~ということをクラスのみんなに示してくれました。
・~には大きな可能性を感じます。
・~ができました。~しようとする態度が育ってきたからだと思います。
・~の努力に大きな拍手を送ります。
・~できるのも、~が十分に理解できている証拠です。
・~ができるということは、~のセンスがあることを意味しています。
・自分を高めようとする意欲は~さんをどんどん成長させています。
・~するなど、中心となって活躍しています。
・~が見られました。今後の成長が楽しみでなりません。
・~の態度は今後必ず生かされると思います。
・~する力は抜群です。
・~の自信がうかがえます。
・~は~さんの一番の持ち味です。
・~出来た時の~さんの笑顔はとても爽やかでした。
・~が印象的でした。
・~の力の伸びが顕著でした。
・~という態度はとても立派でした。
・粘り強い~さんの努力ぶりをうれしく思います。
・~では最後までやり遂げるがんばりやです。
・~な力が十分身についています。
・~するほど意欲的に取り組むようになってきています。
・~を周りの友達にも教えていました。
・~について、クラスの友達の前で説明することができました。
・~に期待しています。
・~ではとても自信をもっていて、うれしそうな~さんに出会えました。
・~について~し、学習をリードしました。
・~する時の生き生きとした姿がとてもすてきでした。
・~について考え、みんなにもしっかりとした説明ができました。
・~についての学習が充実していたことが分かります。
・~の楽しさを~さんがクラス中に広めてくれました。
・~の努力を続けています。
・~さんの~をいつも楽しみにしています。
・~する力を~にもよく生かしています。
・~に心がけています。
・発表では~についてはっきりと話すことが出来ました。
・~ができ、みんなから大きな拍手をもらいました。
・~しようとする意欲がすばらしいです。
・この~は続けて欲しいものです。
・~では少しずつ自分らしさが出せるようになってきました。
・~を大切にしていきたいと思います。
・~には目を見張るものがあります。
・~ができたのも、~さんの普段の努力の積み重ねの結果です。
・~する学習ぶりが光っていました。
・~しているときの~さんはとても生き生きとして自信にあふれています。
・~に大いに期待しています。
・~に対する関心の高まりが見られました。
・~では優秀なできばえで、感心するばかりでした。


○間違えやすい表記

×暖かい心で接して →○温かい心
×出合いを大切にして →○出会い
×言葉使いがていねい →○言葉遣いが
×きちんと後仕末を →○後始末
×手を上げて →○手を挙げて
×意志表示 →○意思表示
×多勢 →○大勢
×温好な性格 →○温厚
×グループを変えて →○グループを替えて
×音楽観賞 →○音楽鑑賞
×小人数 →○少人数
×機械運動 →○器械運動
×心気一転 →○心機一転
×期待に沿う →○期待に添う
×いつも適格に対処し →○的確
×仲間同志 →○仲間同士
×幅飛び、高飛び →○幅跳び、高跳び
×普段の努力 →○不断の努力
×無我無中 →○無我夢中

4年生の所見

4年生前期(1学期)の所見

 4年生くらいになると、単に友達と仲良く過ごすことができるとか、授業中の姿勢が良いとかだけでは物足りなくなります。親の立場で考えると、勉強や当番などやることをしっかりやっているかどうかということや、忘れ物が無いかどうかということ、そして、友達とどんなふうに関わっているのかなどが知りたいことではないでしょうか。進んで話し合いを進めたり、学習内容をまとめたりする力も高学年に入りつつあるこの時期に見られるようになってきます。こういう少し高度な内容にも触れられると、「もうこんなことができるようになっているんだ。」と、親としても成長を実感できることと思います。

①書き出し例

友達と協力して活動し、和やかな関係を保ちながら学校生活を送っています。
疑問に思ったことをそのままにせず、担任や友達に素直に相談して解決することができます。
授業中に挙手することが増えるなど、積極性が見られるようになっています。
好奇心が旺盛で、意欲的に取り組むことができました。
誰に対しても公平に接し、自分の考えをしっかり伝えられるところが立派です。
何事にもこつこつと取り組むことができました。
休み時間になるとグラウンドで友達と仲良くボールゲームに汗を流しています。
いつも明るく自分らしさを素直に表現することができます。
素直に自分を表現することができ、明るくのびのびと活動しています。
ひとつひとつの学習課題をしっかりとやり遂げてきたことで、めきめきと自信をつけてきています。
積極的に発表し、学習や学級活動で発揮するアイディアや行動はクラスのお手本となっています。
友達と協力してポスター作りに取り組むなど、楽しみながら落ち着いた学校生活を送っています。
努力を惜しまず、一生懸命取り組む姿がとても輝いていました。
よく努力し、何事にも丁寧に一生懸命やり遂げました。
いつも朗らかで周りには楽しそうな笑い声が響き、クラスの元気の源となっています。
授業の挨拶や音読のときは、誰よりも元気よく声を出して雰囲気を盛り上げていました。
笑顔を絶やさず、明るく前向きに生活しています。
初めてのことにも挑戦してみようという思いが、いろいろな場面で見られた前期でした。
②学び方・学習面など

国語の音読発表会では、場面の様子がよく伝わるように、声の大きさやトーンを工夫し表情豊かに発表することができました。
国語の俳句作りでは、ユーモアあふれる作品を発表して笑いを誘っていました。
国語「白いぼうし」の音読発表は、グループで何度も練習を重ねました。場面の様子が伝わるように声の大きさや調子を工夫して表情豊かに発表し、大変立派でした。
国語では、学級の忘れ物を少なくしようと考え、翌日の学習用具を準備する時間をアンケート調査しました。結果から自分なりに関係性を導き、「早い時間に準備をするのがお勧め」と報告文にまとめることができました。
国語「一つの花」では、登場人物の気持ちに寄り添って文章を読み取り、コスモスの花に託したお父さんの思いを考えることができました。
国語「一つの花」では登場人物の気持ちに寄り添って読み取り、題名とお父さんの思いを重ねて考えることができました。
国語の学習では、自分の経験と照らし合わせて筆者の考えに共感し、「習ったことをなぞるだけでは、自分に合った方法を見つけることはできない」という思いを感想文にまとめることができました。
国語の学習では、自分の経験と照らし合わせて筆者の考えに共感し、「失敗を繰り返すことが成功につながる」という思いを感想文にまとめることができました。
国語の「白いぼうし」では、グループの話し合いの中心となって音読の仕方を考え、楽しい音読劇に仕上げました。
国語の「白いぼうし」では、セリフを増やしたり小道具を作ったりするなど、進んでアイディアを出して音読劇を考えました。
疑問に思ったことをそのままにせずに、素直に担任や友達に相談して解決する姿勢が見られ感心しました。
算数の学習ではどうしてそうなるのか、理由を分かりやすく説明することができ、友達を納得させることが多くありました。
算数「角の大きさ」では、180度より大きな角度を測るときには補助線を引くとよいと考え、みんなに説明することができました。
算数では、縦と横のマス目を数えて分かった直線の傾きを根拠に、垂直・平行の関係を考えることができました。
算数「わり算の筆算」では、友達と一緒に何度も計算の手順を確認して覚え、正しく答えを求めることができるようになりました。
算数「わり算の筆算」では、一つ一つ手順を確認しながら多くの問題に取り組むことで、速く正確に計算できるようになりました。
算数の「角の大きさ」の学習では、どんな角度でも分度器を使って計ることができることを「足し算方式」「引き算方式」を使って説明することができました。
わり算の学習では、テープ図やわり算の式を使って計算の仕方を考えました。答えが出たことに満足せず、すぐに他の方法はないかと考える姿は大変立派です。
社会科の「水」の学習では、自分の生活経験と資料とを照らし合わせながら興味をもって学習しました。
社会科の学習では、明治時代の小樽の様子について、漁が盛んだったことを副読本から見つけて発表することができました。
社会の学習ではごみの行方に関心をもち、ごみステーションの様子を思い浮かべながら「一人一人がしっかりと分別の意識をもつことが大切」と発言していました。
社会科で小樽の北防波堤について学習し、「勇が命にかえるほど努力してつくった防波堤が、北海道の発展に役立ってよかった。」と先人の努力が現在につながっていることを感じることができました。
校外学習で熱心に聞いてきたことや資料から読み取ったことを分かりやすくまとめることができました。
社会の学習では、教科書から読み取ったことを記号や字の大きさを工夫して分かりやすくノートにまとめることができました。
社会科では、教科書の記述から事実を読み取るだけではなく、その背景にある理由や人々の願いなどについても考えて理解を深めていました。
社会科の学習ではまきストーブについて調べ、「おじいちゃん、おばあちゃんが料理に使っていたのかな」など予想も含めてまとめることができました。
理科の学習では目を輝かせ生き生きと実験やものづくりに取り組んでいました。
理科の学習では、葉脈や巻きひげなど細かいところに着目してヘチマを観察し、気づいたことをカードに記録することができました。
理科の光電池の学習では、たくさんの光が当たると強い電流が流れると予想し、友達と協力して何枚もの鏡で光を集めることができました。
理科で光電池の学習をした時は、たくさんの光が当たると強い電流が流れると予想し、何枚もの鏡で光を集め結果を確かめました。
理科で光電池の学習をした時は、たくさんの光が当たると強い電流が流れると予想し、友達と協力して何枚もの鏡で光を集めることができました。
理科「電気の働き」では、電池の数や向きを変えて色々なつなぎ方で電流の強さを測り、その結果を表にしてまとめることができました。
理科の電池を使ったものづくりでは、説明書を見ながら直列・並列つなぎの違いを理解し、素早く正しい回路を作り上げることができました。つなぎ方に困っている友達にも積極的に手助けをし、大変立派です。
理科のヘチマの観察では、自分で育てているヘチマと学校のヘチマを比較して観察し、大きさの違いをまとめることができました。
理科の学習では、晴れの日と曇りの日の気温を時間ごとに比較し、折れ線グラフを使ってその違いを説明することができました。
リコーダーはタンギングがとても上手にでき、美しい音色でたくさんの曲をひき、友達のお手本となっていました。
音楽では、歌詞から歌い方の工夫を考え、とてもいい表情で歌っていました。
音楽では、いつも表情豊かに歌うことができ、ぜひクラスの友達にも広げていきたい姿です。
リコーダーの練習にも熱心に取り組み、きれいな音色を学級に広めてくれました。
図工では絵を描き始めると黙々と活動する集中力を見せ、物語を想像して描いた絵は、そのまま絵本の挿絵にしたいくらい表情豊かに描くことができました。
図工の学習では、絵の具の水の量を調整して細かいところまで丁寧に仕上げる集中力を見せました。
図工では、納得するまでこだわって色塗りをする集中力をみせました。
図工の「物語の世界」では、竜に乗って空を飛ぶ様子を思い浮かべ、雲のデザインや着色を工夫して生き生きとした作品に仕上げることができました。
ソフトバレーボールでは、体全体をうまく使ってボールを打ったり、パスしたりすることができ、みんなのお手本となりました。
身体能力が優れており、走る・投げる・跳ぶはどれも全身をバランスよく使うことができ、友達のお手本となっていました。
ハンドベースボールの学習では、体全体を使った機敏な動きでみんなのお手本になってくれました。
「がんばれ!」と励ましの言葉をかけ、友達の活躍を一緒に喜ぶ悠莉くんの姿が、チームを一つにまとめてくれました。
鉄棒では、難しい技でもあきらめずに練習するなど努力する姿が素晴らしいです。
鉄棒はできない技に何度も挑戦したり、休み時間にリコーダーのテストを受けに来たりと、その頑張っている様子はクラスの友達にもよい刺激となっていました。
やり方のこつを友達に教えたり、「いいよ」「ドンマイ」と声をかけたりするやさしい姿に感心しました。
体育のハンドベースボールでは、バッティングを苦手にしている友達にアドバイスをし、ヒットを打った時にハイタッチをして一緒に喜んでいる姿からは頼もしさも感じました。
体育のソフトバレーボールでは、誰にパスを出すか考えてから動くとパスがつながるようになるという発見をし、上達していました。
授業中は、よく話を聞き「そういうことだったんだ。」「わかった。」などと即座に反応していました。
授業では、いつも学習準備が早く、背筋を伸ばして挨拶する姿がお手本となっていました。
一生懸命な姿は授業中にも見られ、課題にいち早く取り組み、意欲的に発表していました。
時間がないからと雑にすることなく、学習のまとめシートなどを最後まできちんとやり遂げる姿勢が立派です。
ワークシートなどには、独自のイラストを用いて大切な要点をまとめるなど、遊び心をもち、楽しみながら取り組む余裕が感じられます。
ノートには、大事なところが目立つように、記号をつけたり、下線を引いたりしながら分かりやすくまとめていました。
授業では、毎時間積極的に発言し、その頑張りはクラスの友達にもやる気を奮い立たせてくれる源となっています。
思慮深く、自分の意見をわかりやすく話すことができます。「~さんと似ていて」「~さんが言いたいのは…」と友達の考えをつなげる発言の仕方は、学級のお手本です。
学習では積極的に手を挙げ、自分の考えを筋道だてて説明することができるようになってきました。
普段から字をていねいに書き、きれいにまとめられた観察カードやノートは、みんなの参考にもなりました。
③生活面・係や当番など

学習や係の仕事をきちんとやり遂げていくところが立派です。
朝の会では、大きな口を開け、のびやかな歌声で朝の歌を盛り上げました。
係の仕事や当番活動は、忘れずに黙々と一生懸命行っていました。
やさしく友達の話を聞く一方で、自分の考えをしっかりもち、言うべきことややるべきことをきちんとしている姿が立派です。
素直な発言に、他の児童も安心して授業を受けることができ、クラスによい影響を与えています。
相手の行動に対して冷静に「それはよくない。」とはっきり言う姿勢は、見ていても気持ち良く言葉で解決するよさはクラスの友達のお手本となりました。
手が空いた時「何か手伝うことはないですか?」と声を掛け率先してみんなのために力を尽くす姿がとても立派でした。
運動会のリレー選手に選ばれ、「コーナーは体を傾けて走ったら走りやすいよ」とアドバイスされたことを生かして熱心に練習していました。
運動会では応援団として活躍し、持ち前の明るさで学級を引っぱってくれました。
5・6年生の競技中、「自分たちがやらなければ」と低学年に声をかけて紅組の雰囲気を盛り上げる姿には、大きな成長を感じました。
朝の歌の時間にはしっかり口を開けて声量たっぷりに歌っています。
給食時間には、苦手なものも残さずもりもり食べる姿がとても頼もしく、見ていて気持ちのよいものでした。
当番活動では数を調整しながら要領よくてきぱきと給食を配ったり、汚れているところを見つけて黙々と床拭きをしたりすることができました。
掃除では、黙々と汚れた床を拭き、「雑巾がこんなに真っ黒になったよ」と嬉しそうに見せにくるほど頑張っていました。
掃除では、丁寧に隅まで掃いたり、汚れを見つけては黙々と床拭きをしたりと、目立たない所でも一生懸命な姿勢が大変素晴らしいです。
掃除のときは、すみの方まで丁寧に掃いたり、汚れているところを進んで拭いたりしてくれています。みんなのためにと、嫌な顔ひとつせず働く姿は、大変立派です。
給食の準備では、牛乳パックをきれいにそろえて並べたり、汚れている給食ワゴンを進んで拭いたりしてくれています。みんなのためにと嫌な顔ひとつせず働く姿は、大変立派です。
目立たないところでも手を抜かずに仕事をやり遂げる姿勢が素晴らしいです。
遠足の前日にはクラスに声をかけて、全員でてるてるぼうずを作り、みんなの気持ちを盛り上げていました。
どうしたらみんなが楽しめるか積極的に意見を出し、クラスをよりよい方向へとリードする存在です。
友達と協力して、エコの意識が高まるようにとポスター作りやアンケート活動をしました。
グループ活動が円滑に進むようにと、相手の気持ちを尊重して優しく接している姿は大変立派でした。
休み時間は、グラウンドで男子に交じってボールゲームを楽しみ、給食中は友達と楽しい話題で盛り上がるなど、誰とでも仲良く活動する姿が多く見られました。
行動力があり、いいと思ったことを「やろう!」と呼びかけ、それによってクラス全体が動くことが多くありました。
表裏のない素直な言動が、友達の信頼を得ています。
「低学年のお手本になろう」とあいさつ運動を提案するなど、学年のために一生懸命活動し、大変立派です。
集会係ではリーダーを務め、全員遊びを企画してくれました。
みんなが楽しめるようにと考えて臨機応変に遊びを提案する姿に、大きな成長を感じました。
校外学習ではグループのリーダーとして、整列するとすぐに人数確認の報告をしてくれました。
学級会係のリーダーとして仲間をまとめ、事前に会の流れを相談して計画的に進めることができ、大変立派です。
友達や先生だけでなく、廊下ですれ違う保護者の方々にも自分から笑顔で声をかけることができ、大変立派です。
グループ活動の中で、しっかりと自分の考えを友達に伝える姿が見られます。
地道な努力をこつこつと積み重ね、確実に自分の力にしようとする姿勢は、大変立派です。
新聞係でも、リーダーとして話し合いの中心になり計画を進めてくれています。
自分の仕事でなくても、友達が忙しそうなら進んで手伝うなど、周りを気遣う優しい姿もたくさん見られました。
相手の目を見て「ありがとうごございます。」と伝えられることは大変立派で温かい気持ちになります。ぜひ、まわりにも広げていきたい姿です。
当番の仕事では、牛乳パックのトレイをブラシで洗ったり、全体の掃除の終了後も黙々と床の汚れを拭いたりするなど、汗びっしょりになって働きました。
給食準備は、友達と協力しながら進め、配られていないものがないか確かめるなど責任をもって仕事をすることができ立派です。
当番では、何をすべきかを考えて進んで行動でき、水飲み場の掃除は全ての水滴をきれいに拭き取るまでていねいに仕事をしていました。
④まとめ

後期は新しいことにも積極的に挑戦しさらに力を伸ばしていく姿を期待しています。
後期も地道な努力を大切に、明るくクラスを支えていく存在でいてくれることを期待しています。
後期も、その素直さや優しさで学級をさらに盛り上げていくことを期待しています。
後期もこの調子で、もっている力をさらに発揮して活躍の場を広げていくことを期待しています。
後期もこの調子でさらに活躍の場が広がっていくことを楽しみにしています。
後期も積極的に取り組み益々力を伸ばしていくことを期待しています。
後期も、要点を確実に押さえて粘り強く学習する姿を期待しています。
後期も、周りの状況や相手の思いを考えた行動がたくさん表れるよう期待しています。
後期も高学年としての自覚を大切に、何事にもまっすぐに取り組む姿を期待しています。
後期も係やグループの活動の中で、そのリーダーシップをさらに発揮できるよう励ましていきます。
友達に優しく接したり納得のいくまで追求するというよさを、後期も発揮していけるようかかわっていきます。
後期もこのような意欲に磨きをかけ、自信へとつながる取り組みを期待しています。
4年生後期(2・3学期)の所見

後期は日々の学習に加え、学習発表会や卒業式に向けての取組があります。また、4年生後期となれば、自分たちで集会を企画して実行するような場面もあるかもしれません。「自主的に頑張ったよ」「陰でどんな努力をしていたよ」というようなことが書けると、子どもも頑張りがいがありますし、保護者も「先生はそんなところまで見て認めてくれるんだな」と嬉しくなると思います。

①書き出し例

分からないことがあると、自分から友達や担任に聞いて理解を深め、課題に取り組む姿が増えてきました。
疑問に思ったことは授業後に質問するなど、意欲的に学習に取り組む姿がたくさん見られました。
グループで学習するときは、周りの友達の発言も促して上手に進行しました。
教科書の記述や資料などから考えたことを、自分の言葉で積極的に述べる姿は立派です。
友達と楽しく交流しながら笑顔で生活し、学級にも温かい雰囲気が広がりました。
まっすぐ手を挙げて発表することができ、どの教科の学習でもしっかりと学ぼうとする気持ちが伝わってきます。
授業中は真剣に話を聞き、友達とかかわりを深めながら一生懸命学習に取り組みました。
仲間と協力して活動し、楽しい学校生活を送りました。
友だちと交流を深めながら、楽しく学習している姿が多く見られました。
友達のよいところに目を向けることができ、人とのかかわり方に温かさを感じました。
どの教科の学習でもしっかりと学ぼうとする姿勢がみられ、わかった時には、本当に嬉しそうな顔をみせてくれます。
後期もにこにこと笑顔で生活し、学級中に安心感を与えてくれました。
友達に対してもやさしい言葉遣いや態度で接して、みんなの気持ちをなごやかにしています。
にこやかな笑顔であいさつができていて立派です。
気持ちがこもったあいさつで、あいさつをされる方もとってもうれしい気持ちになります。
自分の主張や考えを、理由や根拠を明らかにしながら分かりやすく説明することができるようになりました。
むずかしいことでも尻込みせずに挑戦しようという意欲がすばらしいです。
②学び方・学習面など

国語では、ことわざを家庭学習でも調べてくるなど意欲的に取り組みました。
国語の「三つのお願い」では、自分の体験を交えながら感想文を書きました。
国語の「ウナギのなぞを追って」では、研究に長い年月がかかったことが伝わるように、大事な言葉を抜き出して要約文を書きました。
国語では、「ウナギのなぞを追って」の説明文を読み、自分の感想に沿って大事な言葉を抜き出して要約しました。
インタビューしたことを説明するために、アップとルーズを考えて写真を撮り、分かりやすくまとめることができました。
国語の「のはらうた」では、繰り返しのリズムを効果的に使って、カラスの気持ちを詩に表現しました。
国語のことわざの学習では、辞書を使って素早く意味を調べ、クイズ形式にして紹介する「数字を使ったことわざブック」を仕上げました。
国語「聞き取りメモの工夫」では、箇条書きと記号を使うという自分に合った方法を取り入れて何度も練習することで、内容を聞きもらさずメモすることができました。
国語の「ごんぎつね」の読み取りの学習では、ごんの気持ちを想像しながら読み進めることができました。
国語の学習では「三つのお願い」を読んで、主人公のノービィがどんな性格なのか、最初の感想と読んでわかった事を比較して考える事ができました。
国語「三つのお願い」では、自分の体験と重ねて主人公の気持ちに共感し、「思いやりの気持ちをもって相手に接したい」と感想文にまとめることができました。
国語「三つのお願い」では、読み手を引きつける書き出しの工夫に着目し、筆者の思いを考えながら内容を読み取ることができました。
国語の「三つのお願い」の学習では、地の文がノービィによって語られていることでどんな感じを受けるのか、ノートに自分の感じ方をまとめる事ができました。
国語の学習では、内容に合った写真をうまく使って、お店について分かりやすく説明するとともに、働く人の苦労について共感したり感心したりして感想を書き上げました。
国語「のはらうた」では、見える景色や会話などのイメージを膨らませ、強気な性格の赤トンボになりきって詩を書くことができました。
国語では、「アップとルーズで伝えよう」から見つけた対比や接続詞など説明の工夫を用い、医師の仕事リーフレットを仕上げることができました。
相手に伝わるように文章を書くことができる素晴らしい力をもっています。
難しい要約文を分かりやすくまとめ、文章を書く力がめきめきと上達しました。
算数の「小数のかけ算とわり算」では、多くの問題に繰り返し取り組むことで、少しずつ速く正確に計算できるようになりました。
算数の学習では、小数のかけ算や、わり算など自分が苦手なところをそのままにしないて友達や、担任、TTの先生にしっかり聞いて理解しようとする姿が見られました。
社会科では、ニセコ町が自然を生かした観光に力を入れてまちづくりをしているということを考えることができました。
社会科の学習では、函館のよさを「歴史のよさ」と「夜景のよさ」をともに観光に結びつけて考える事ができるなど、学習に対する幅広い関心がうかがえます。
社会の「自然環境を生かす」の学習ではニセコ町の自然を生かしたまちづくりの様子を調べて白地図にくわしくまとめました。
社会科の「歴史ある港町函館」の学習では、年表づくりを通して、昔からの街並みをこれからも残していくことの大切さについて考えることができました。
社会の消防の仕事では、「早く確実に」をキーワードに、消防署で働く人の工夫を考えました。
社会科では、函館の歴史を年表にまとめることを通して函館のよさを考え、観光と結び付けて考えました。
社会科では、地域住民が消防団に参加する意味を真剣に考えました。
警察の仕事の学習では、市民の生活を守るための工夫や努力を知り、「私たちにも協力できることがある」と、登下校の安全について考えることができました。
社会科では、札幌市の除雪システムを世界一のものにしていくために、自分たちも協力していくことが大切であるということに気付きました。
社会では、身の回りの消防施設や消防士の仕事を調べる中で、早く確実に消火する工夫がたくさんあることに気付きました。
社会の学習ではニセコ町が自然を生かして、農業や、観光をPRしながらまちづくりをしていることについてノートにまとめる事ができました。
「歴史ある港町函館」の学習では、年表づくりを通して、函館が北海道の玄関として大きな役割を果たしてきたことに気付き、昔からの街並みをこれからも残していくことの大切さについて考えました。
進んで発表することも増え、社会の函館の学習では、歴史を伝える建物を函館のよさとしてまちづくりを行っているということに気付きました。
算数や理科では、黒板や実物投影機を使って自分の考えを説明するなど、自分から手を挙げて発言することが増えています。
理科の学習では安全に注意しながら水がどのように沸騰するのかを観察してノートに記録しました。
理科の「水のすがたのふしぎ」では水の入った試験管を下からあたためると熱した場所からではなく、上の方からあたたまることが実験を通して分かりました。
理科の「水のすがた」では、激しく沸騰するビーカーの様子を、「沸騰石のダンスパーティー」と、雰囲気まで伝わるように記録しました。
理科では空気鉄砲の様子をよく観察し、「空気が我慢できなくなって前玉が押し出される」という言葉で説明しました。
理科「水のすがた」では、「冷凍庫でゼリーを凍らせたら…」と、生活経験を生かして水の体積の変化を予想することができました。
ノートやワークシートなどはいつも丁寧な字で書き、落ち着いて学習に取り組んでいる様子がうかがえます。
色を使い分けたり矢印を使ったりと工夫されています。
作業が丁寧で、図工の「心に残ったそのことを」では、自分が走る姿を絵に表現し、細かいところの着色まで美しく仕上げました。
図工「ほってすって」では、完成をイメージしながら彫刻刀の刃を使い分けて慎重に彫り進め、白黒のバランスよい作品に仕上げることができました。
図工では、野球をする自分を描きました。濃淡を考えて奥行きを表し、細部まで丁寧に絵の具で色付けすることができました。
音楽の学習では口角をあげて、よい表情で、声を響かせながら歌おうとする姿が見られました。
音楽では、リズムに合わせて体を揺らしながら、大きく口を開けてきれいな歌声を響かせていました。
学習中には、友達の考えをしっかり聞いて自分の考えを付け足したり、比較しながら考えることができています。
教科書の記述や資料などから考えたことを、自分の言葉で積極的に述べる姿が立派です。
発表するときの声の大きさを意識し、歌も豊かな表情で歌えるように頑張っています。
学習したことをもう一度家庭学習でふり返るなど、学習への前向きな気持ちも伝わってきます。
授業中は、すぐに課題に取りかかり、自分の考えをたくさんノートに書きました。
「できた」「わかった」という自信が、意欲的な発言につながっています。
学習中は分からない事をそのままにしないで理解しようとする姿が見られました。
マット運動では、友達の励ましに応え、失敗しても「もう一度やってみる」とあきらめずに取り組む姿が立派でした。
マット運動では、体を一直線に伸ばして側転することができ、みんなのお手本となりました。
ポートボールでは、動きをアドバイスしたり、負けそうな時に「ドンマイ!」と声かけしたりするなど、キャプテンとして中心になって活躍しました。
ポートボールでは、全員にパスを回すことを目標にチームをまとめ、「チームワークが大切」とみんなに声をかける姿は、大変立派でした。
運動が苦手な友達に気を配り励ましの言葉をかける姿が、大変立派でした。
間違えた問題を丁寧にやり直すなど、根気強く取り組んだ成果が着実に表れ、学習内容がしっかりと身に付きました。
保健の学習では、「体だけではなく心の変化もあることが分かった。」と自分の経験も踏まえて振り返ることができました。
大事なところに線を引き、自分の考えを整理して文章にまとめる力がついてきました。
③生活面・係や当番など授業中は、すぐに課題に取りかかり、自分の考えをたくさんノートに書きました。

学習発表会では、楽器の演奏や自分のせりふがより良いものになるよう真剣に練習に取り組みました。
学習発表会では、大臣の役に立候補しました。役になりきって演じ、見ている人に気持ちが伝わるように動きを工夫しました。
学習発表会では、特技のけん玉を披露するために、休み時間も友だちと一緒に真剣に練習しました。
学習発表会ではナレーターとして、見ている人にせりふがしっかり伝わるように繰り返し練習し、堂々と発表することができました。
学習発表会の劇では、登場人物の気持ちを想像してせりふや動きを工夫しました。毎日の練習や児童公開日で自信をつけ、役になりきって堂々と演技しました。
休み時間は、全員遊びを呼びかけて体育館で鬼ごっこをし、クラスのみんなと一緒に楽しみました。
給食や掃除などの当番の仕事は手際よく進め、仕事に対する責任感の強さを感じます。
「先生、手伝うことはありますか?」と、みんなのために行動できるところも立派です。
教室の本棚をさりげなく整頓し、みんなが気持ちよく使うことができています。
教室掃除では、机や椅子の脚のゴミを取るなど、自分から仕事を見つけて取り組む姿が印象的でした。
当番などの活動に責任をもって取り組むことができ、きれいな教室環境づくりに貢献しました。
毎日の掃除では、力をこめて黒板をから拭きしたり、すみの方まで丁寧にほうきで掃いたりして、積極的に取り組んでいて立派です。
掃除当番では、みんなが嫌がるような汚れでも、「ぼくがやるよ!」と言って進んで行動することができ大変立派です。
掃除では、丁寧に隅まで掃いたり、汚れを見つけて黙々と床拭きをしたりと、任された仕事に一生懸命取り組む姿勢が大変素晴らしいです。
牛乳パックをきちんと束ねることや、ぞうきんバケツのまわりにこぼれた水を最後まで拭くなど、自分の仕事に最後まで責任を持ってやり遂げる姿が見られました。
休み時間の鬼ごっこでは足の速さで友達から一目置かれる存在で、いつも楽しそうに汗を流していました。
係の黒板消しや掃除当番などの仕事では、声かけをしながら、責任をもってやり遂げていた姿が立派でした。
筋が通った言動により友達からの信頼も厚く、クラスの中心として輝いていました。
大きな声で挨拶したり、毎日給食でおかわりをしたりする元気のよさは、クラス全体にもよい影響を与えていました。
グループ活動では、自分の考えを伝えながらも、友達の話をよく聞き、うまく話し合いを進めることができました。
毎日教室前の水槽を観察し、友達にやまめについて教えるなど、動植物をかわいがるやさしい姿を、多く目にしました。
友達が一人にならないように、声をかけて一緒に活動したり、勘違いから責められている友達を守り、代わりに説明して誤解を解くなど思いやりのある姿が際立っていました。
食器が割れたとき、床が汚れているとき、重いものを運ぶとき、一番に駆け寄って手伝ってくれました。その温かい気持ちと行動力に、学級全体が支えられていました。
④まとめ

このような立派な姿を大切にし、これからも活躍してほしいと思います。
これからも、着実に力を伸ばしていくことを期待しています。
これからも、自分のよさを大切にし、着実に力を伸ばしていくことを期待しています。
様々なことに前向きに取り組む力を次の学年でも生かしていってほしいです。
自分の思いをもって、様々なことに前向きにチャレンジする姿勢を5年生でも大切にし、成長していってほしいです。
感謝の気持ちを素直に伝えられるよさを大切にし、これからも力を伸ばしていくことを期待しています。
真剣に考え進んで発表することをこれからも大切にし、さらに自分を高めていってほしいと思います。
5年生でも、持ち前の明るさで楽しく学校生活を送ってほしいです。
5年生でも持ち前のやさしさで学級を支えて欲しいと思います。
やるべきことに責任をもって取り組む姿が大変立派ですので、5年生でも大切にしてほしいです。
今後も、自分を成長させる努力を積み重ねていくことを期待しています。
5年生でもその責任感を生かし、自信をもって活躍してほしいと願っています。

1年生の所見

1年生前期(1学期)の所見

 1年生前期は入学して初めてもらう通知表の所見です。学校生活の入門期ですので、集団生活や学習のルールに慣れ、友達と仲良く学校生活が送れるようになったよというようなことを具体例を交えながら伝えていきます。

①書き出し例

学校生活に慣れ、授業でも自分から進んで手を挙げて発表することができました。
授業中は、真剣なまなざしで先生の話を聞き、進んで手を挙げて発表することができ立派でした。
人の話をしっかり聞きそれを実行しようと努力する姿が素晴らしいです。
集団生活の流れや約束が少しずつ分かってきたことで、友達とも上手に過ごせるようになってきました。
いつも明るく、学級の雰囲気を楽しく盛り上げています。
いつも明るく元気な笑顔を見せ、朝や休み時間にはいろいろなお話をしてくれます。
学校生活に慣れ、友達と仲良く過ごすことができています。
話をよく聞いて楽しみながら学習に取り組みました。
授業では話をよく聞いて楽しみながら学習に参加しています。
学校生活に慣れ、自分から手を挙げて発表する機会が増えてきています。


②学び方・学習面など

ひらがなの練習は、お手本を意識しながら何度も練習するうちに、少しずつ整ったきれいな字が書けるようになり、学習の成果が見られます。
図工の箱を使った学習では、寝台列車の機関車と車両を上手に作り、さらに駅舎やホーム、町などを作りイメージ広げていました。そのセンスの良さに、友達からも感心されていました。
授業では、自分から手を挙げて堂々と発表したり、すらすら音読したりすることができました。ひらがなの練習では、お手本を意識しながら筆圧のある字で、繰り返し練習するうちに、さらに形が整ってきました。
ひらがなの練習は、花丸を目標にお手本を意識して真剣に取り組み、筆圧のある整った字が書けるようになりました。
国語のひらがなの練習では、先生の書いた蛍光ペンの線を丁寧になぞり、粘り強く練習に取り組むことができました。算数では10のまとまりを意識しながら早く正確に計算することができています。
授業では、正しい姿勢で学習に取り組み、話す人の方を見てうなずいたり、「同じです。」と反応したりしながら話をしっかり聞くことができました。進んで手を挙げて、考えたことを発表することも立派でした。
いつも元気はつらつと活動している姿は素晴らしいです。友達の中でも「○○君は運動が得意!」と評判で、体育のボール蹴りゲームではどこまで遠くに飛ばすことができるのかと、みんなに期待されるほどでした。
国語のひらがなの練習では、力を入れて書くんだよとアドバイスをすると、筆圧を意識して練習に取り組むことができました。また、算数では『10より大きい数』の計算で、ブロックを操作して10のまとまりをつくりながら問題を解き、1問ずつねばり強く考えることができました。
算数の『10より大きい数』では、早く正確に計算することができ、練習問題も一番に解き終わることができました。国語の音読もとても上手になり成長を感じます。
いつも背筋を伸ばした良い姿勢で人の話を聞くことができるので、学級のみならず学年の中でもみんなのお手本になっています。学習の取組も丁寧で、観察カードや絵日記、ひらがなの学習では、一文字ずつ真剣に正しく書こうとする姿が見られました。


③生活面・係や当番など

給食の準備では、当番の子が使いやすいように配膳台の上を整理したり、仕事の手の足りないところを手伝ったりと、みんなのために進んで行動する姿が素晴らしいです。
係は給食メニューを読む仕事を担当しました。大きな声で分かりやすく読むために事前に練習する姿から、責任を持って仕事に取り組む姿勢を見ることができました。
給食や掃除当番など、自分の役割を覚え、みんなのために責任をもって行動することができています。後期の成長も楽しみにしています。
一日の終わりに、「今日もお勉強を教えてくれてありがとうございました。○○ができるようになりました。」と、お礼を言って帰る姿が大変立派で、周りの友達にも良い影響となって広がりました。
学校生活にも慣れ、掃除や給食などの当番の仕事は、自分のやるべきことを覚えて手際よく行うことができ立派です。休み時間、友達を誘って汗をかくまでたくさん遊びました。
学校生活に余裕がでてきたことで、困っている友達に声をかけて手伝ったり先生に知らせたりする気配りとやさしさが発揮される機会が増えてきています。
友達に対してとても優しい面があり、何かで困っている友達がいるとさりげなく声をかけてあげていました。
一日の終わりに、「今日も楽しかったです。ありがとうございました。」と、お礼を言って帰る姿が大変立派で、周りの友達にも良い影響となって広がりました。
誰に対しても優しく接することができるので、学級のみんなから慕われています。
給食などの当番の仕事も自分のやるべきことを覚えて手際よく行うことができるようになってきており、安心して任せることができています。
初めての係活動は、職員室にプリントを取りに行く仕事を担当しました。「失礼します。」と、さわやかに挨拶をして職員室に入り、自分の仕事に責任をもって取り組んでいます。


④まとめ

後期もさらに成長していけるよう関わっていきます。
勉強への苦手意識を少しでも克服して、自分の力でできるように後期も関わっていきます。
後期のさらなる成長が楽しみです。
良さをさらに伸ばしていけるよう関っていきます。
励ましていきます。



1年生後期(2学期・3学期)の所見

 後期になるとさすがに、「学校生活に慣れました」という表現は合わなくなりますね。もう2年生になるわけですから、「自分から友達に呼びかけて」とか、「進んで」「協力して」「合わせて」など他者と関わりながらできるようになったというようなことが増えてくるものと思います。
 学習面では、ノートのとり方や、発表の発言内容などにも大きな成長が見られる時期です。生活面でも、集団遊びでオニ決めのリーダーシップをとっているとか、みんなが楽しめるように譲ったり声をかけているとか、他者との関りから見つけられるといいのかなと思います。
 行事からは卒業式や新1年生を迎える準備、入学式へ向けての練習のことなどから成長を見つけられるかもしれません。

①書き出し例

授業中は、真剣なまなざしで先生の話を聞き、進んで手を挙げて発表することができ立派でした。
人の話をしっかり聞きそれを実行しようと努力する姿が素晴らしいです。
いつも明るく、学級の雰囲気を楽しく盛り上げています。
いつも明るく元気な笑顔を見せ、朝や休み時間にはいろいろなお話をしてくれます。
話をよく聞いて楽しみながら学習に取り組みました。
授業では話をよく聞いて楽しみながら学習に参加しています。
「算数楽しい!」「漢字楽しい!」と、楽しみながら学習することができ、その意欲がすばらしかったです。

②学び方・学習面など

授業では、よい姿勢で学習に取り組み、話す人の方を見てうなずいたり、「同じです。」と反応したりしながら話をしっかり聞くことができました。進んで手を挙げて、考えたことを発表することも立派でした。
ひらがなの練習は、お手本を意識しながら何度も練習するうちに、少しずつ整ったきれいな字が書けるようになり、学習の成果が見られます。
ひらがなや漢字の練習は、花丸を目標にお手本を意識して真剣に取り組み、筆圧のある整った字が書けるようになりました。
いつも背筋を伸ばした良い姿勢で人の話を聞くことができるので、学級のみならず学年の中でもみんなのお手本になっています。学習の取組も丁寧で、観察カードや絵日記、ひらがなの学習では、一文字ずつ真剣に正しく書こうとする姿が見られました。
友達の発表を良い表情で聞いていました。目と耳と心で話を聞き、興味をもって参加している姿に好感がもてました。
いつも笑顔で、楽しそうに毎日を過ごすことができました。
わからなくて困っている人がいると、「これはね…。」と、自分から進んで教えてあげることがよくあり、友達に優しく関わる姿に好感がもてました。
授業中は、進んで発言できました。うまく説明できなくても、諦めずに、いつも笑顔で答えてくれます。
授業中の発表も、「○○さんに似ていて」「○○さんにつけたして」などと言ってから自分の考えを述べることができ、立派でした。
学習発表会の練習では、いつも大きな口を開けて楽しそうに歌っていた姿が印象的です。
授業中も、表情よく反応しながら参加していて、自分から学び取ろうという意欲が見えました。
国語の「たぬきの糸車」では、登場人物の気持ちを読みとり、上手にたぬきの動きをすることができました。友達に「いいね。」と言われて、嬉しそうにしていたのが印象的です。
国語「じどう車くらべ」でトラックについて学習したときは、その特徴をしっかり理解し、「他の車にはできない仕事だ」と感想をもつことができました。
学習では、国語の「じどう車くらべ」で、教科書を参考に図鑑を書くなど、自分で工夫して取り組むことができるところが素晴らしいです。
国語「どうぶつの赤ちゃん」で、最初に感想を書いた時は、ライオンの赤ちゃんとしまうまの赤ちゃんの違いを比べながら書くことができ、感心しました。
国語の「どうぶつの赤ちゃん」では、赤ちゃんの特徴をたくさん読み取り、みんなに伝え広げることができました。
国語の「これは、何でしょう」のクイズ作りの学習では、誰よりも多くの問題を考えることができました。
本を読むことが大好きなことから、豊かな語彙力や表現力が育っています。
たくさんの漢字を覚えているので、みんなが知らない漢字を何年生で習う漢字かとあわせて説明することができました。
友達と協力して学習することができ、隣の子と相談する時には積極的に自分から話を進めていました。
授業では、「同じです。」「少し似ています。」とまわりの子の話をよく聞いて考えをもつことができています。
算数の問題作りでは、数の増減に加えてちがいを比べる文章を考えるなど、既習を生かそうとする姿が素晴らしいです。 
算数の「どんな式になるのかな」の学習では、自分の考えを、みんなにわかりやすいように図を書いて説明しながら発表することができました。
算数の学習では、気がついたことやこれまでに学習したことをもとにして、自分の考えのわけまでしっかり話すこともできました。
算数のたし算・ひき算では、積み木や手を使いながら苦労して計算していますが、少しずつ早く取り組めるようになりました。
算数では、自分の考えをわかりやすく図を書いて説明することができました。
算数で数の並び方について学習したときは、「たてに見ると…」「ななめに見ると…」と、様々な角度からきまりを見つけることができました。
学習に対する意欲が見え、学習したことをノートに丁寧に書くだけでなく、少しずつ速く書くことができるようになりました。
教科を問わず、文を書くときには、いつもたくさん書くことができ、6年生へのお手紙もたくさんの感謝の気持ちを書き表すことができました。
鍵盤ハーモニカの「きらきらぼし」では指づかいやタンギングにも気をつけた良い演奏を歌口でもできるように繰り返し練習することができました。
音楽の授業だけでなく、休み時間も鍵盤ハーモニカを楽しく演奏をする姿が見られました。
どの教科においても丁寧さが見られ、確実に成果となって表れています。
生活科の「冬となかよし」の学習では、友だちと協力して大きな雪だるまを作りました。2回目は、飾り付けるものも準備してさらに大きくきれいな雪だるまを完成させ、達成感を味わうことができました。
生活科の「冬となかよし」の学習では、かまくらをひろげたり、雪のブロックを積み上げて壁を作ったり、友だちと協力して基地づくりを楽しむことができました。
図工でも良い作品を作ろうとする意欲があり、「おはなしの絵」では、クレヨンで丁寧に色を塗ることができました。
体育の「ころころドッチボール」や「キックベース」では、笑顔で仲間と声をかけ合い、積極的に関わろうとする姿がありました。
スキー学習のとき、自分の後片付けを素早くすませ、率先してみんなのスキーを運ぶ手伝いをしてくれました。

③生活面・係や当番など

給食の準備では、当番の子が使いやすいように配膳台の上を整理したり、仕事の手の足りないところを手伝ったりと、みんなのために進んで行動する姿が素晴らしいです。
少し思い通りにいかないことがあっても、気持ちを切り替えて挑戦することができるようになり、この1年間での心の成長を感じます。
話を聞く時は返事をしたりうなずいたりしながら、大切なことを聞き漏らさないようにしようとする意欲が見られました。
教科を問わずいつもたくさん書くことができ、生活科の学習カードやお世話になった人へのお手紙では、枠をはみ出すまでびっしり自分の考えや感謝の気持ちを書き表していました。
係は給食メニューを読む仕事を担当しました。大きな声で分かりやすく読むために事前に練習する姿から、責任を持って仕事に取り組む姿勢を見ることができました。
給食や掃除当番など、自分の役割を覚え、みんなのために責任をもって行動することができています。後期の成長も楽しみにしています。
一日の終わりに、「今日もお勉強を教えてくれてありがとうございました。○○ができるようになりました。」と、お礼を言って帰る姿が大変立派で、周りの友達にも良い影響となって広がりました。
誰に対しても優しく接することができるので、学級のみんなから慕われています。
給食などの当番の仕事も自分のやるべきことを覚えて手際よく行うことができるようになってきており、安心して任せることができています。
初めての係活動は、職員室にプリントを取りに行く仕事を担当しました。「失礼します。」と、さわやかに挨拶をして職員室に入り、自分の仕事に責任をもって取り組んでいます。
行動力、発言力、信頼感なども含め、みんなをまとめてリードしていく力があります。
行事があると聞いたとき、「掃除を早くしよう。」と、見通しをもった発言と行動は、みんなのお手本になりました。
あそび係では、全員遊びの計画やお楽しみ会の進行などを、友達と協力してしっかり行うことができました。
給食用具片付け係の仕事も、時間になると自分から進んでできたので、いつも安心して任せられました。
給食を残さず食べることが増え、嬉しそうに報告してくれる様子が印象的でした。
生活科の「おもちゃの王国」では、グループの友達と「つりゲーム」の遊び方や、どう作るかを真剣に考えることができました。
11月の全校朝の集いでは、1年生の代表として、全校児童の前で堂々と発表することができました。
友だちが嫌な思いをしているときは、その様子をそっと教えにきてくれる優しさがあります。周りの友だちにも目を向けられるのはとてもすばらしいことです。
話をよく聞いていて、指示をしなくても自分で考えて行動でき、とても立派です。
掃除で床ふき当番になったときは、見落としがちな戸のレールを拭いてくれたり、床に鉛筆の跡があると、自分の消しゴムを出してきて消してくれたりと、言われなくても自分から進んで取り組めたことがすばらしかったです。
掃除当番の雑巾がけで、自分から汚れているところを探して拭くなど、一生懸命に仕事ができました。
新1年生の体験入学では、ペアの子の絵をほめたり、優しく声をかけたりしながら、積極的なかかわりができました。
一日入学で新1年生が楽しんでいるかに気を配りながらお世話したり、1年のまとめの会で1年間のがんばりを発表したり、それぞれの活動のめあてをしっかりもって行動できたことが素晴らしいです。
新1年生の体験入学では、緊張しているペアの子に優しく声をかけながら積極的にかかわっていました。そのおかげで、新1年生も安心して笑顔で活動することができていました。
体験入学のときは、友達と協力して、一緒に絵を描いたり、折り紙をしたりして、新1年生を楽しませることができました。
字を丁寧に書こうという意識が高まったり、濡れていた床を進んで拭いたりと、心の成長もたくさん感じられた後期でした。
黒板消し係として、授業が終わるとすぐに黒板の字を消しに来る責任感の強さもすばらしかったです。また、給食を片付ける時、乱雑になっていた牛乳パックを進んで直してくれたこともあり、立派でした。
漢字の練習やプリントを見てもらった後に、丁寧にお礼を言うなど、相手の気持ちを考えた言動ができます。
場に応じた態度、言葉づかいなど学んできた事が自分の行動で表せるようになってきました。
掃除時間には、本棚が乱れていることに気づき、自分から進んで整頓する姿が見られました。
学習発表会の役決めでは、やりたかった役になれなかった子の落ち込んでいる姿を見て、役を譲る優しい姿が見られました。
普段から落とし物を拾って届けたり、本棚を整頓したりするなど周りに対しての気配りができるので素晴らしいです。
転校してきた友達に進んで声をかけてくれたことで、その子も安心して登下校できるようになり、頼もしさも感じました。
④まとめ

後期のさらなる成長が楽しみです。
2年生でのさらなる頑張りも期待しています。
2年生でのさらなる成長が楽しみです。
進級おめでとうございます。
優しさと楽しさで、下の学年ともかかわりながら成長できる2年生になってほしいと願っています。
2年生でのさらなる活躍も楽しみにしています。
基本的な学習をコツコツと継続しながら、変わらず明るく元気に過ごしてほしいです。
楽しさを実感しながら活動してほしいと思います。
何事にも意欲的に取り組み、ますます活躍することを期待しています。
自信をもって様々なことに挑戦してほしいと願っています。
2年生になっても、いろいろなことに積極的に取り組んでほしいと願っています。
これからも、きらきら目を輝かせて、新しい活動にも意欲的に取り組んでいってほしいと期待しています。
2年生になっても、正しいと思うことに積極的に取り組んでほしいと思います。
素敵なあいさつと笑顔を忘れず、明るく元気に過ごしてほしいです。
優しい気持ちを忘れず、この調子で頑張ってほしいです。

3年生の所見

3年生前期(1学期)の所見

 初めてのクラス替えや担任交代を経験することが多い3年生です。また、リコーダーや習字との出会い、理科・社会や総合的な学習の時間が始まるなど「初体験」が多い学年でもあります。友達と仲良く過ごしていることはもちろんですが、仲良く過ごすためにどんな関りをしているかや、仲間を気づかう優しさなどにも触れて書くことができるとより良いと思います。リコーダーは後期に書いた方がより「頑張り」については書けるかなとも思います。

①書き出し例

さまざまなことに前向きに取り組みました。
学習中には大きな声で、身振りを交えながら伝えようとする姿が見られましたし、友達の発表を頷きながら聞く姿勢も大変すばらしい姿でした。
しっかりとしたペースで学習することができてきています。どんどん自信も出てきている様子がわかります。
持ち前の明るさを自分のため友達のために発揮する姿が見られました。
元気にあいさつをしたり、楽しい雰囲気になるような言動をしたりして、クラスを明るくしてくれています。
穏やかな心をもち、落ち着いた態度で学校生活を送っています。
いつも明るく、自分からよく気が付いて進んで係などの仕事をしています。
物事を真剣にとらえ、様々なことに全力を尽くしています。
学習用具をはじめ、提出物の忘れ物が少なく何事にもまじめに取り組む姿に感心しています。
いつもニコニコと柔らかい笑顔で周囲を和ませてくれています。
何事にも積極的に取り組むことで、自分の可能性を広げることができました。
自分の責任をしっかりと果たそうとする姿が立派です。
常に次のことを考えて行動できる姿に感心しています。
どんな時でも、やるべきことはきちんと取り組む姿が大変立派です。
②学び方・学習面など

国語のきつつきの商売では情景が伝わるように「コーン」の長さを工夫して音読をし友達の手本となることができました。
国語の「海をかっとばせ」の学習では自分とワタルを比べて、似ているところ、似ていないところを考えることができました。
国語の「海をかっとばせ」の学習では、自分と主人公のワタルを比較して、負けず嫌いなところが自分と似ているととらえ、読み深めることができました。
国語の「きつつきの商売」の学習では、音読をがんばりました。「20回読んできたよ」という報告には思わずクラスの友達から「おお~!」という歓声が上がりました。
国語のありの行列の学習では、しっかりと読み進め、「ありのおしりから特別の液が出ていること」を学習のまとめに書く事ができました。
国語のありの行列の学習では、ウィルソンが調べたことや考えた事をていねいにノートにまとめる事ができました。
国語の物語文などでは、何度も読み深め、登場人物の気持ちの変化について、根拠をもって考えることができました。
どの教科でも、前向きに取り組もうという姿勢が見られます。「~くんと同じで~」という聞き手を意識した発言の仕方は素晴らしいです。
算数の学習では、割る数が一ふえるとあまりも一ふえていくことを発見し、学習のまとめに書くことができました。
算数の学習では、大きな数の表現の仕方をたくさん見つけることができました。
算数の学習では学習した事を生かして、わり算のあまりが割る数よりも必ず小さくなるという考えをみんなにわかりやすく発表することができました。
算数の学習では、2桁同士の暗算の仕方を、前の学習を使って「分けてからたす」方法で考える事ができました。
算数の学習では、一つ一つの問題にていねいに取り組み、問題を解決するよさを感じることができてきています。
算数「たし算とひき算の筆算」では、繰り上がりや繰り下がりを一つずつ確認することで、素早く正確に答えを求めることができました。
算数のわり算では、文章問題に対して、いくつも考え方を見つけ出すことができました。
算数「わり算」では、もとにする大きさに着目し、テープ図を用いて何倍になるかを正しく求めることができました。
算数「わり算」の学習では、かけ算の考え方で答えが求められることを、図を用いて説明することができました。
理解力にも優れていて、算数「あまりのあるわり算」では、答えやあまりの求め方を分かりやすく説明することができました。
理科の学習では、アゲハチョウの観察をがんばりました。たまごの大きさや、かえったばかりの幼虫の大きさをしっかりと調べ、観察カードにびっしりと気付いたことを書くことができていて大変すばらしかったです。
理科の学習では、アゲハチョウの卵の色や、大きさ、幼虫の体表の様子などを細かく見てまとめる事ができました。
理科のホウセンカの観察では、成長途中のホウセンカの葉の大きさを定規で測ったり、葉の枚数を一枚一枚数えたりして観察カードにコメントを加えて、くわしく書くことができました。
理科のホウセンカの観察では、ホウセンカの葉の大きさを定規で測ったり、枚数を数えたりして気付いたことを丁寧に観察記録として残すことができています。
理科「チョウを育てよう」では、チョウが卵から成虫になるまでの育ち方について、実際に育てながら理解することができました。
アゲハチョウの観察では、細かな部分までしっかりとよく見て、幼虫の体全体が「とげとげのようなものが生えている」ことなどをしっかりと記録することができました。
社会のまちの様子調べの学習では山側と、海側ではそれぞれ建物の様子が違うことに気付き発表することができました。
社会では、校区の様子を友達と一緒にインタビューしたことなどからまとめることができました。自ら様々な人とかかわりをもとうとする姿は大変立派なことです。
社会科の学習では、生活経験を生かした発言がたくさんできました。
図工「ざいりょうからひらめき」では、画用紙の上に材料を並べて完成のイメージをもち、最後まで集中して作り上げることができました。
音楽のリコーダーでは、朝や中休みなど、少しの時間があればすぐに練習をしています。ひたむきに努力する姿は、大変立派です。
リコーダーの練習にも熱心に取り組み、タンギングや旋律のまとまりに気をつけ、美しい音色で演奏することができました。
音楽の歌では、持ち前の明るい表情やリズムにのった歌い方は、クラスの中でもお手本になっています。
音楽のリコーダーでは、こつこつ練習を積み重ね、難しい曲にも挑戦しています。常に上を目指す意欲は大変立派です。
体育「キックベースボール」では、協力して活動することができました。また、相手のいないところにボールを蹴るなど、判断能力の高さを見せてくれています。
体育「キックベースボール」では、仲間と協力して作戦を立て、試合に臨むことができました。また、自分が考えた作戦を伝え、積極的に声を出しながら友達を励ます姿は大変頼もしいです。
体育の「キックベースボール」の学習では、ボールの蹴り方をアドバイスしたり、「がんばれ!」と励ましの言葉をかけたりするなど、チームプレイを意識して活動することができました。
走り幅跳びや鉄棒などで素晴らしい運動能力を発揮しています。
友達の考えと、自分の考えがどのように違うのかをはっきりさせてわかりやすく発表することもできました。
学習中には、理解をあいまいにせずにわかないところをはっきりさせながら取り組んでいます。
間違いをおそれずに、疑問点をはっきりさせながら学習できる学級の雰囲気作りに一役買ってくれています。
学習では、筋道を立てて考えたり、自ら進んで見学調査活動をしたりする姿が見られました。
学習中は友達の話や、教師の話をしっかりと聞き、自分の考えを発表する姿が見られました。
友達の考えを聞いた上で自分の考えをまとめ,発表する姿がすばらしいです。
③生活面・係や当番など

毎日読書に熱中している様子がよく見られます。
だれに対しても大きな声で「おはようございます」と気持ちのよい挨拶ができます。
毎日の掃除では、自分の仕事をしっかりと行い、力を込めてぞうきんがけする様子が見られました。真面目に一生懸命仕事をする様子は大変すばらしかったです。
掃除の時間には、いすの脚のゴミを一生懸命力を入れてぞうきんで拭いたり、床のよごれている場所を一生懸命きれいにしたりすることができて立派です。
自分で判断をし、どうすべきか行動を考える事ができるようになってきたことが前期の大きな成長の一つです。
自分の掃除が終わったら、まだ終わっていないところを手伝う姿も見られました。
毎日の掃除の時間には、最後まで黙々と床ぞうきんを持って汚れたところを掃除をする姿がすばらしいです。
優しい心で、友達に「ありがとう」をいう事ができてとても立派です。
毎日の掃除の時間には、友達と「せいのーで」と呼吸を合わせて、机を一生懸命運ぶ姿がよく見られました。
どんなことを頼んでもすぐに「いいよ!」という声がかえってきて一生懸命にやってくれます。
いつも笑顔いっぱいで、友達に対して思いやりをもち、相手の気持ちを考えながら接することができました。
友達と協力して物事を進めようという意識がいつも見られています。
「何かお手伝いありますか?」といつもニコニコしながら聞いてくれるので、とてもうれしい気持ちになります。
配り係の仕事ではさっと出てきてプリントを友達に素早く配る姿が見られました。
どんなことでも頼むと、とても明るい声で「いいよ」と言って率先して取り組んでくれます。
友達とのかかわりでも、悩んでいる子に声をかけるなど、やさしさあふれる姿が印象的です。
さりげなく友達の机を整頓したり、掃除当番の仕事を最後までしたりと、みんなのことを考えた行動は、とても立派です。
係活動や当番活動では、自分から進んでこつこつと取り組むだけでなく、友達と協力して意欲的に取り組む姿は目を見張るものがあります。
友達の考えに対しても、「似ています。」など、常に自分の考えと比較して授業に臨む姿は、輝いています。
苦手な食べ物も、自分で量を調整して、最後まで食べています。
④まとめ

とてもすばらしい集中力を生かして、活動の幅を広げられるように後期にはかかわっていきたいと考えています。
後期にも引き続き前向きにがんばる姿を応援していきたいと考えています。
後期も一つ一つの活動に意欲的にかつ、確実に取り組めるようにかかわりたいと思います。
後期も自分らしさを大切に、よさを広げていって欲しいです。
後期にも、一つ一つの努力から自信を深め、より積極性を増していくことを期待しています。
自分のよさや頑張りに自信をもち、後期にはさらに様々なことに挑戦していってほしいです。
後期も、楽しく前向きな姿をさらなるエネルギーにしてがんばって欲しいです。
後期もこのような意欲に磨きをかけ、自信へとつながる取り組みを期待しています。
後期も、できる喜びと努力することの大切さを忘れず、さらに力を伸ばしてほしいと願っています。
後期でも、より一層様々なことに挑戦していくことを期待しています。
後期も係やグループの活動の中で、自信をもってそのリーダーシップを発揮してほしいと願っています。
3年生後期(2・3学期)の所見

 後期は日々の学習に加え、学習発表会や卒業式に向けての取組、社会科見学などあります。また、3年生後期となれば、自分たちで集会を企画して実行するような場面もあるかもしれません。「自主的に頑張ったよ」「陰でどんな努力をしていたよ」というようなことが書けると、子どもも頑張りがいがありますし、保護者も「先生はそんなところまで見て認めてくれるんだな」と嬉しくなると思います。

①書き出し例

いつもにこやかに過ごし、周囲を明るくしてくれています。
いろいろな方向に興味、関心を広げる様子が後期にも見られました。
じっくりと落ち着いて考えながら、一つ一つ確実に努力を積み重ねる姿がよくわかる後期になりました。
しなければならないことをきちんとしようとする様子が見えてきています。
今何をしなければならないのかを考え、自分のしたいこと、しなければならないことの区別をきちんとする姿が増えてきています。
意欲的な発表、積極的な学ぶ姿勢に大変嬉しく思います。
穏やかな心ながらも真面目に真摯に取り組む姿勢がよく伝わります。
学習中にグループの友達と仲良く、楽しく活動する姿が多く見られました。
活動のエネルギーに満ちあふれ、何事にも積極的に取り組むことができます。
決して妥協せずに、自分を高めようとする姿勢をもち続けていることがとてもすばらしいです。
後期もにこにこと笑顔で生活する様子が印象的でした。
後期も毎朝にこやかな笑顔であいさつができていて立派です。
自分の考えを積極的に発言していく姿が多く見られるようになってきました。
②学び方・学習面など

国語の「ちいちゃんのかげおくり」の学習ではちいちゃんの気持ちに寄り添って考える事ができました。
国語「ちいちゃんのかげおくり」では、登場人物の気持ちの移り変わりについて文章から読み取り、発表することができました。
国語の学習では段落ごとに大切な言葉をキーワードとして抜き出してノートにまとめる事ができました。
国語「資料からわかったことを発表しよう」では、教科書を参考にしつつも、自分なりの工夫も付け加えて発表メモを作り、みんなの前で発表することができました。
国語「すがたをかえる大豆」では、教科書の内容を参考に、自分の書きたいテーマに沿って詳しく書き進めることができました。
国語「ちいちゃんのかげおくり」では、登場人物の気持ちの移り変わりについて、文章から読み取り、発表することができました。
漢字の取り組む姿勢と書く力が高まっています。漢字のテストの前には、必ず見直しをし、準備を怠らない姿に大変感心しています。
算数「□を使った式」では、しっかり根拠をもって式を立てることができました。
社会科の学習ではひとつの会社で何種類もの麺を製造していることについて「北海道の文化だからね」「北海道ならでは!」と発言するなど、学習に対する幅広い興味関心がうかがえます。
社会の「受けつがれる札幌雪まつり」の学習では雪まつりについて調べ「雪や寒さは北海道の宝物」だと考える事ができました。
理科「じしゃく」では、磁石をいろいろ操作することで、磁石の特性について、根拠をもって見つけることができました。自分なりに考えて取り組むことは、今後の学習に大変有効です。
理科の「じしゃく」の学習では磁石の性質について学習した事をキーワードとして的確に使いながらまとめる事ができました。
理科「風やゴムのはたらき」では、ゴムの働きについて興味をもち、何度もゴム車を走らせる姿が見られました。
理科「風やゴムで動かそう」では、ゴム車の動きについて、予想を立て、グループ内で交流することができました。
理科の「じしゃくの力」の学習ではクリップにゆっくりじしゃくを近づけて、「離れていてもしっかりとじしゃくの力は働いている」とまとめることができました。
理科「じしゃく」では、磁石の性質を調べるときに、五感をしっかり使うことで学習への思いを高めていました。そのため、授業中の態度も大変意欲的で、発言も数多くしています。
音楽の学習では、すばらしい表情で歌うことができています。また、リコーダーの練習を日々積み重ね合格の数を増やそうとする姿も見られました。
音楽の合唱では、歌詞の意味や曲の高まりを意識して、体全体を使って歌うことができました。
音楽の合唱では、声の大きさに気をつけるだけでなく、気持ちを顔や体で表現する姿がとても印象的です。
音楽の鑑賞では、聴こえた音色から想像を膨らませ、物語を描くように文や絵で表現することができました。
音楽では、友達のリズムよく楽器を叩くところや、歌い方の姿勢のよさを見つけ、発表することができました。
音楽の楽器演奏では、早いうちにリコーダーの曲を全て演奏できるようになり、他の楽器にも興味をもって取り組むことができました。
音楽の演奏では、リズミカルな楽器のたたき方や歌い方の様子をしっかり見て、そのよさを発表していました。
友達の頑張りをしっかり見付ける姿が多く見られました。
音楽の演奏では、友達が演奏しているとき、その様子をじっと見つめ、楽器のたたき方やリズムの取り方など、友達の良さを発表することができました。
音楽のリコーダーでは、わからないところを友達に教えてもらいながら、休み時間に何度も練習する姿は、大変立派です。
鑑賞では、楽器の音色や音の響きから、情景を想像しながら聴くことができました。
体育のとびばこの学習では、しっかりと踏み切り大きく跳ぼうとする意欲がよくわかりました。
体育の学習では、友達のよさや自分の頑張れたことをカードに書くことができました。
体育「ラインサッカー」では、友達と共に作戦を考え、試合をしてはまた話し合うなど、大変意欲的に活動していました。
体育「ラインサッカー」では、パスがほしいときには大きな声でアピールしたり、シュートチャンスには、「打て!」と指示を出したりしていました。
体育の学習では友達と協力しながらマットを一生懸命片付ける姿が見られました。
体育「サッカー」や「ポートボール」などでは、友達と協力しながら楽しくゲームや練習を行うことができました。友達の力に合わせてアドバイスや励ましの声をかけていました。
体育の学習では、自分なりに目標を定め、何度も取り組もうと意欲的に活動していました。
スキー学習では、技術的にも安定した滑りから、みんなのお手本とされていました。
ノートに学習内容をまとめたり、自分の考えをまとめたりするスピードも上がってきています。
ノートをしっかり書こうとする意識が高まり、1時間の学習の記録が見えるようになってきました。
図工「はんを使って」では、友達の作品について、動きや組み合わせ方の良さをしっかり伝えることができました。
図工「はんをつかって」では、どんな動きにしようか自分の体をうごかしながら想像を膨らませることができました。
得意な教科で少しずつ発表が増えてきたことも後期の成果です。
どの教科も高い理解力と発言力をもっています。
前期よりも、学習に向かう姿勢が高まっているため、追求への意識が高くなったと考えられます。
ノートに自分の考えや学習のまとめが、たくさん書かれています。
学習中には構成を考えながらノートをとることがどの教科でもできるようになってきています。
自分の考えを様々な角度から見つめて、ノートにていねいにまとめることができています。
友達の話をしっかりと聞いているからこそ、自分の考えを友達の考えとつなげてまとめることができています。
友達の発言に対して、「似ていて」「つまり」など話の内容をつなげたりまとめたりすることができました。なかなかできることではない、大変素晴らしい力です。
学習中のノートは丁寧な字で構成を考えながらとることができるようになってきています。
③生活面・係や当番など

朝読書の時間には、とてもよい姿勢で本を読むことができていて大変立派です。
思いを積極的に伝えられるようになってきました。やるべきことを行うだけでなく、周りの友達にも教え、みんなでやろうという気持ちが高まっていて大変嬉しく思います。
日々の掃除の時間では、ぞうきんを真っ黒にしながら掃除に取り組む様子がよく分かります。
にこやかなで気持ちがこもったあいさつは、とてもうれしい気持ちになります。
清掃時間には一生懸命仕事を探し次から次へと仕事をしている姿が見られました。
ぞうきんバケツのまわりにこぼれた水を最後まで拭くなど、自分の仕事に最後まで責任をもち、しなければならないこと以上のことをしようという意識が大変立派です。
自分の仕事を工夫しながら、最後まで責任を持っておこなう姿はとても立派です。
隅の方の掃除も、きちんと物を動かしてしっかりとやり遂げようとする姿はたいへん立派です。
まっすぐに手を挙げて発表したり、友達の発言もしっかりとよい姿勢で聞いたりして立派です。
毎日の学習中には、友達や、教師の話をしっかりと目を見ながら聞いています。
給食の後片付けの時間にはワゴンをていねいに拭く姿が大変立派でした。
友達に対してもやさしい言葉遣いや態度で接して、みんなの気持ちをなごやかにしています。
毎日の掃除の時間には、自分の仕事が終わったら、自分で仕事を探して手伝う姿が見られます。
自分ごとだけでなく、友達のことについても考えられることが素晴らしいです。
苦手な作業でもがんばろうという気持ちで取り組む様子も増えてきました。
係の仕事についても、仕事の仕方を友達にやさしく教えてあげたり助けたりする姿も見られました。
くばり係としててきぱきと配付物をくばることができました。プリントをくばる時には声をかける前に自分から動き出し、素早くくばることができました。
毎日の係活動として、給食のいただきます、ごちそうさまを自分で時間を見ながら声かけすることができました。
毎日の掃除では、友達が気付かないようなすみの方や、オルガンの裏、テレビの下などを丁寧にぞうきんがけする姿が見られました。
毎日の掃除では、友達と協力しててきぱきと机を運び、自分の仕事が終わったら、どんどん仕事を探して取り組む姿が立派でした。
悲しい思いをしている友達にはそっと近づきハンカチを差し出す姿は、大変心が温かくなりました。何も言われずに行動に移せることは大変素晴らしいことです。
自分のことだけでなく友達のことにも気遣える視野の広さと思いやりの心がしっかり育ってきています。
④まとめ

このような自分のため仲間のためになることに、一層努力を重ねてほしいです。
4年生ではさらに積極性が伸ばせるよう願っています。
4年生でも、自分のよさを最大限生かしていってほしいと願っています。
4年生でも、伝え合うことの大切さを意識して更に活躍することを期待しています。
4年生では、自分の目標を高く持ち、その目標を超えようとさらに努力する姿を期待しています。
自分の考えを発信する姿勢を継続することで、更に伸びていくと考えます。
誠実に物事に取り組む姿勢を今後も持ち続けてくれることを期待しています。
一つ一つ確実に努力することで確かな力を付けていくことを期待しています。
今後も、やる気を保ち、自分を成長させる努力を積み重ねてほしいと思います

2年生後期(2・3学期)の所見

2年生後期(2・3学期)の所見

 低学年のまとめの時期になります。前期に書いていない場合は、前期同様のことでも良いのですが、学習発表会で声を掛け合って劇を作り上げたとか、学習では友達との話し合いを進めたとか友達との関わりについてもしっかり書けると良いと思います。また、掛け算九九はこの時期ならではだと思いますので、頑張って覚えた子はそれでも一筆書けると思います。

①書き出し例

「先生、おはようございます!」といつもはきはきしたあいさつをし、一日を気持ちよく始めています。
学習への取り組み方が大変意欲的になりました。話す人の方を見てしっかり聞き、進んで発表することが多くなりました。
てきぱきと自分の用意をし、友だちの準備もいつも自分から進んで手伝っていました。
いつも穏やかで、にこにこと笑顔で1年間を過ごすことができました。
どの教科も課題に向かって前向きに取り組み、学習した事柄をしっかり身につけています。
外遊びが大好きで、休み時間、雪の中で元気に遊んでいます。
②学び方・学習面など

国語の学習では、順序を表すことばや絵を使って、分かりやすい説明書を作成していました。
国語の詩の学習では、リズムや声の大きさ、言い方を工夫してグループで楽しい音読発表をしたり、繰り返しやリズムを上手に使って、とても面白い詩を作ったりしていました。
国語の詩の学習では、グループで仲良く話し合いを進め、声の調子や大きさ、リズムなどを考えて音読の発表をすることができました。
国語「詩を作ろう」の学習では、繰り返しや韻を意識して、自分でイメージしたことを上手に表現していました。
国語の詩の学習では、グループで仲良く話し合いを進め、様子が分かるように読み方をよく工夫して、上手に音読の発表をしていました。
国語「お手紙」の音読では、登場人物の気持ちを考えて「ここはこう読んだ方がいいと思います。」と気持ちを考えて友だちの前で読むことができました。
国語「お手紙」の学習では、がまくんの苛立たしい気持ちを感じ取り、力強く気持ちを入れて読むことができました。
かけざんの学習では、九九の秘密をたくさん見つけてノートに書いたり分かりやすく発表したりしていました。
算数「かけ算」の学習では、いろいろな見方や考え方で問題を解くことができました。
工夫して図を書いたり、色分けしたりしながら、自分の考えをしっかりノートに書くことができたのはすばらしいです。
算数の学習では、意欲的に九九に取り組み、ミニ先生となって友達に教えてあげていました。
算数、かけ算「九九をつくろう」では、どの段も先行して取り組み、毎日どれだけはやく言えるようになるかを友だちと競いながら学習していました。
算数のかけざんの学習では、一生懸命九九検定に取り組むようになり、だんだん自信もついてきたようです。
算数、かけ算「九九をつくろう」では、難しかった下がり九九を何度も練習して、リズムをとりながら毎日挑戦しました。見事全て合格したときは、「やったぁ!」と声に出して喜んでいました。
算数の学習では、一生懸命練習して九九ができるようになり、自信もついてきたようです。
九九の学習では、楽しく練習しながら、九九カードに進んで挑戦することができました。
筆算の繰り下がりがあるひき算も、早く正確にできるようになり、自信を持って学習に取り組めるようになりました。
算数、かけ算「九九をつくろう」では、いくつずつのまとまりがあるか、瞬時に考え、いろいろな求め方をすることができました。
算数、かけ算「九九をつくろう」の学習では、とても苦労して苦手な6の段、7の段を覚えました。
算数「はこの形」の学習では、辺の長さや面の形を理解し、正しい展開図を書くことができました。進んでいろいろな箱作りをし、展開図の書き方を友達に教えてあげたりもしました。
「図を使って考えよう」の学習では、問題を読み取ってテープ図に表し、自分の考えを分かりやすく発表することもできました。説明の仕方がとても上手になりました。
毎日のように休み時間も特訓し、最後に合格したときは「できた!」と満面の笑みを浮かべました。
生活科「町探検新聞作り」で、書きたいことが溢れ、どのようにまとめたらよいかを考えながら書き表すことができました。
生活科の「町たんけん」の学習では、役割分担やインタビューの練習など仲良く準備を進め、施設や働いている人にも目を向け、見学して分かったことや気付いたことを上手に新聞にまとめていました。
生活科「冬をもっとたのしもう」では、学年代表として始めの言葉を話しました。堂々と話す姿は立派な2年生でした。
生活科「冬をもっと楽しもう」では、グループで何を作りたいかを話し合う時から「ちょっと待ってね、これはどう?」などとみんなをまとめ、意見を決めることができました。
生活科「冬をもっと楽しもう」の学習では、1年生に楽しんでもらえるようにと、進んで雪遊びのアイディアを出すなど、グループの中心となって話し合うことができました。
生活科の「うごくおもちゃ」の学習では、作ったおもちゃのいろいろな遊び方を考え、順序を表すことばや図を使って分かりやすい説明書を作成していました。
生活科「冬をもっと楽しもう」の学習では、1年生に楽しんでもらえるようにと、進んで雪遊びのアイディアを出すなど、意欲的に活動することができました。
雪だるまの目や鼻にする小枝や松ぼっくりを家から持ってくる工夫もありました。
絵を描くのが得意で、図工の「ふしぎなたまご」の学習では、想像豊かに宇宙や宇宙人を描き、とても楽しい作品を完成させることができました。
図工の学習では、細かいところもていねいに色をぬり、紙粘土でたいへん美味しそうな「おすし」を完成させました。
図工「スルスルメカでビューン」の学習では、一つ一つの動物を丁寧に作り、柵や草を立て、周りの様子がわかる工夫をすることもできました。
図工の「うつしてみると」の学習では、大きくのびのびと雪合戦をしている様子を版画で表現することができました。
図工「写してみると」の学習では、絵や文字が反対に写ることを理解して、跳び箱の数字を上手に反対に作ることができました。
図工「写してみると」の学習では、サッカーしているポーズをとってみながら、腕の動きを工夫して作ることができました。
図工の版画の学習では、スキーをしている様子を大きくのびのびと表現し、すばらしい作品ができあがりました。
体育「跳び箱運動」では、手をしっかりついて、高い段まで跳ぶことができ、「マット運動」でも、体を小さく丸めて上手に前転や後転ができました。
体育「跳び箱」の学習では、最初は小さな跳び箱で練習していましたが、一度こつをつかんで跳べるようになると、大きく高い跳び箱も自信を持って跳べるようになりました。
スキー学習では、スキー操作に慣れてきて、いろいろな滑り方に楽しく取り組むことができるようになりました。
鍵盤ハーモニカで吹けない曲があると、休み時間も進んで練習し、上手に吹けるようになりました。
「頑張って練習したらできるようになる!」ということを、クラスのみんなに教えてくれました。
みんなに聞こえる声で発表や音読をし、学習問題へも自信を持って取り組むようになりました。
「上手だね。」「すごいね。」と、友達のがんばりや良いところを見つけて、褒めてあげる優しさもありました。
ノートの字は、いつも丁寧でした。漢字の練習では、はねや払いに気をつけ、文字の大きさをそろえて上手に書くことができ大変すばらしいです。
友だちの前で発表するときは、習った言葉を使ってわかりやすく説明しました。
友達のがんばりや良いところを見つけ、「すごいね。」「よかったね。」と声をかけたり、テストに合格した人がいると、「おめでとう!」と一緒に喜んであげることがよくありました。
友達を大切に思う優しさが伝わってきました。
③生活面・係や当番など

学習発表会ではせりふがたくさんある役に挑戦し、緊張しながらもとても楽しかったと話してくれました。
学習発表会では、大きな声でゆっくり台詞を言うよう心がけ、自分の役目を立派に務めました。
学習発表会では、よくがんばり、しっかりと声を出すことができるようになりました。
学習発表会では、「コック」の役に挑戦し、「ドキドキしたけれどとても楽しかった!」と笑顔で話してくれました。
わがままを言うこともなく、友達の意見を取り入れたりしながら、グループの仲間と協力して、仲良く活動することもできました。
身の回りの準備や後片付けが素早くでき、学校の時間を守って行動することができたのは、大変立派でした。
「先生、お手伝いすることはないですか?」と自分から進んで仕事を見つけようとしたり、困っている友だちがいたら、そっと優しく教えてあげることができます。
これからも地道に努力を重ね、力をつけていってほしいと思います。
忘れ物などほとんどなく、学習の準備がきちんとできていました。
仲の良い友達が増えてきて、休み時間など笑顔で楽しそうに過ごしていること、たいへんうれしく思います。
休み時間など、真っ先にグラウンドに出て、友達と雪の中でとても楽しそうに遊んでいます。
いろいろなことによく気が付き、自分の係でなくても、床が汚れていたらすぐにふいたり、牛乳パックをきれいにしたり、いつも進んで仕事をしていました。
先生や友達に何かをしてもらった時には、「ありがとうございます。」と、しっかりお礼を言うことができました。
友達が落としたものを拾ってあげたり、困っている友達がいると、さりげなく助けてあげたりするような優しい行動がよくありました。
困ったことがあったときには、自分のことをきちんと話して、解決することもできました。とても大事なことです。
話すことが大好きで、思いついた事や自分のことを笑顔で嬉しそうによく話してくれました。
絵の具を使った学習の後、言われなくても汚れている床を拭いたり、清掃終了後、バケツの周りをきれいに拭いたりするなど、いろいろなことによく気が付き、進んで活動できたのは、大変立派でした。
④まとめ

3年生では、さらに新しい友だちの幅を広げて明るく、楽しく過ごしてほしいと思います。
何事も前向きに取り組み、しっかり力をつけた1年間でした。
これからも友達の輪をどんどん広げ、大きく伸びていってほしいと思います。
3年生も、笑顔いっぱい過ごしてほしいです。
入学してからの2年間、本当に驚くほど大きく成長しました。
3年生でも粘り強く学習する姿勢を大切にしていってほしいと思います。
今後、さらにすばらしい力を発揮していくことを期待しています。
積極性やリーダーシップが十分に備わっています。3年生では、それを生かして過ごしてほしいと期待しています。
これからものびのびと自分を表現し、よさを発揮してほしいと思います。
やるべきことをしっかりやりとげ、大きく力をつけた1年間でした。
落ち着いた態度で物事に取り組むようになり、大きく成長した1年でした。
これからも地道な努力を重ね、どんどん力をつけていってほしいと思います。
3年生でも何事にも丁寧に取り組む姿を大切に、そして明るく楽しく過ごしてほしいです。
どの学習でも取りかかりが早く、よく考えて工夫しながら取り組めた1年でした。
3年生でもできたときの喜びや、楽しんで学習を進める姿勢を大切にして過ごしてほしいです。
いろいろな場面で自信をつけた1年間でした。
これからも前向きに物事に取り組み、力をつけていってほしいと思います。
3学期は、時間を意識して行動するようになり、成長を感じました。

2年生前期(1学期)の所見

2年生前期(1学期)の所見

 基本的な生活習慣がしっかり身についていて、他の子に良い影響となって広がっていることや、新1年生との関わり、学習面では少し高度な内容にも自分で工夫して取り組むことができるようになったことを書くと、1年生の内容と重なることは少ないと思います。

①書き出し例

「おはようございます!」といつも朝から元気いっぱいに気持ちよいあいさつをすることができます。
毎朝「おはようございます。」と挨拶をして、教室に入ってくることができ、気持のよい習慣が身についています。
明るく、優しく、素直な人柄で、周りにはいつもたくさんの友達がいます。
いつも話をよく聞いているので、問いかけに素早く反応し、元気の良い返事をすることができました。
いろいろなことに興味をもち、意欲的に取り組む姿勢は大変すばらしいです。
お手伝い係の仕事に責任をもってしっかり取り組んでいます。
お話をきちんと聞いて取り組めるようになってきたので、学習への取りかかりが早くなりました。進んで発表することも多くなりました。
とても素直で明るく、みんなに信頼され、好かれています。
とても優しく、友達を思いやって行動でき、なかなか自分から話せない友達に声をかけてあげていました。
授業中、どの教科も意欲的に取り組み、自分の考えをよく発表する姿勢は大変すばらしいです。
学校の約束やきまりをしっかりと守り、落ち着いて行動することができます。
正しい姿勢で学習に取り組み、話す人の方を見てしっかり話を聞く姿は、何度もクラスのお手本になりました。
嬉しいことや楽しいことがあると、いつも満面の笑顔で報告してくれました。
誰に対しても思いやりの気持ちをもって関わることができた前期でした。
どの学習でも進んで手をあげ、自分の考えや感想を発表することができたのは大変立派でした。
授業中、よく考えて意欲的に発表したり、話し手の方を見て姿勢よく最後まできちんとお話を聞いたりしています。
正義感が強く、困っている友達には声をかけ、助けてあげることもありました。
2年生になってから、休み時間になると進んで外に出て、ドッジボールなどをして元気よく遊ぶことが多くなりました。
どの教科もとても楽しそうに学習しています。できたときは満面の笑みで、「先生、できました!」と報告してくれます。
学習時間は、机の上をきちんと整理し、姿勢よく学習することもできました。
話をよく聞いて、「だってね」「そうじゃなくて」など、友達の考えと自分の考えを比べながら意見を言うことができました。
友達思いのとても優しい子です。周囲をよく笑わせ、いつも学級を楽しい雰囲気にしています。

<転校生>

新しい学校に早く慣れ、友達とも仲良くするよう意識して自分から働きかけていたこと大変立派です。
②学び方・学習面など

国語の漢字テストは毎日のように練習をし、「先生、今日も練習してきたよ!」とやる気いっぱいで取り組んでいたことが光っていました。
国語「うれしいことば」の学習では、友達に言われてうれしかったことを思い出し、その時の気持ちを素直な言葉で表すことができました。
国語では、音読が上手で、場面の様子や登場人物の気持ちがよく分かるよう工夫して上手に読んでいました。
国語「漢字の学習」では、はねやとめ、文字の形をよく見て丁寧に書くことができました。
絵日記や感想文には自分の思いや気持ちが伝わるような、上手な文章を書くことができ、書く力が身についてきました。
国語「スイミー」の音読では、スイミーの行動や様子から読み方を工夫して読み、みんなのお手本になりました。
国語「お話のさくしゃになろう」では、始めから「今すぐ書きたいです!」と意欲をもって取り組みました。
国語「お話づくり」の学習では、かぎかっこの使い方や書き方を正しく理解し、上手に書くことができました。
国語「黄色いバケツ」の学習では、気持ちを込めて会話文を読み、クラスのみんなから「上手だね。」「本当に言っているみたい。」と賞賛されました。
話し方がとても上手で、自分の考えや知っている言葉をみんなに説明するときには、内容を短くまとめてわかりやすく話すことができました。
漢字の練習では、筆圧に気をつけて、一画一画丁寧に字を書くことができました。
「はじめ・なか・おわり」を意識して物語を生き生きと仕上げ、友達からも大人気な作品に仕上がり、クラスのお手本になりました。
会話文のところは登場人物の気持ちを考えて、表情豊かに読むことができ、とても上手です。
算数の学習では、これまでに学習したことをもとに、絵や図を書いて考えることができました。
算数の「計算の工夫の仕方」の学習では、簡単にできる方法をよく考え、友達にも教えてあげていました。
算数「たし算、ひき算の筆算」では、とても速く簡単に解くことができ、その速さは群を抜いています。
算数の学習では、図を書いて計算の仕方を考えることができました。特に、繰り下がりが2回あるひき算の問題では、百を十のまとまりに、十をバラにすることに気が付きました。
算数の学習では、「簡単だった!」「面白かった!」ということが多くなり、自信をもって取り組めるようになりました。
自分の考えを分かりやすくノートに書いて、発表することもできました。
生活科の「1年生となかよし」では、朝顔の土入れの手伝いをしたり、種の植え方を笑顔でわかりやすく説明してあげたりしていました。
生活科の「学校探検」では、1年生のペアのお世話を一生懸命やり、「笑顔で探検できてうれしかった。」と喜んで報告していました。
生活科の学習では、登山道でたくさんのことに気づき、札幌ドームなど遠くまで見えたことや、木の穴にあった虫の卵を発見したことなどを喜んで友達に話していました。
生活科の学習では、家のザリガニの報告をしたり、体の様子や動きをよく見て、とても上手に絵や文にかいたりすることができました。
生活科の学習では、ザリガニのお世話をしっかりやり、大きさや形、動きをよく観察して、絵や文にしっかりまとめることができました。
生活科「ミニトマトの観察」では葉の筋や細かい毛の様子など詳細部まで、とても丁寧に描くことができました。
ミニトマトの観察では、「芽の中に葉っぱが出てきた。みんな同じ方を向いている。」などと、気付いたことを絵や文に上手に表すことができました。
生活科「1年生に学校を案内しよう」では「この部屋はこんなものがあるよ!知ってる?」などと自分から進んで声をかけてあげられる立派な2年生でした。
生活科の観察カードでは、いつも大きく絵をかき、数や色、触った感じなど、観察して分かったことや感想をわかりやすく表すことができました。
生活科の観察カードを書く学習では、細かいところまで様子をよく見て絵に描いたり、数や色、触った感じなど、観察して分かったことや感想をわかりやすく書くことができました。
生活科の「町探検」の学習では、コースごとにいろいろなことを発見して、「もっともっと町のことを見てみたくなりました。」とさらに意欲的になっていました。
図工では豊かな発想力で、ライオンがテレビをみている様子を時間をかけて丁寧につくりました。クラスの友達からも大絶賛され、嬉しそうでした。
図工の「たのしいこと見つけたよ」では、家族みんなで楽しそうに食事している様子を画用紙いっぱいにのびのびと描いていました。
図工の「光のプレゼント」の学習では、カッターを上手に使い、素敵な作品を仕上げていました。最後までていねいにやりとげようとする姿勢が大変立派です。
図工「どうぶつさんのおうち」では、粘土で動物がとんでいるような姿に挑戦して、とても上手につくることができました。
図工「どうぶつさんのおうち」では、粘土でライオンのたてがみや牙、目などの細かいところまで作り、スポンジで岩、網で草を表すなどの材料の工夫もありました。
図工の「ぼうしをかぶって」の学習では、喜んで楽しい帽子を作り、「ていねいに作ったね。色の組み合わせがきれいだよ。」などと、友達の作品のよさをたくさん見つけてカードに書くことができました。
図工の「まどをひらいて」や「光のプレゼント」の学習では、カッターを上手に使い、すてきな作品を完成させました。
図工「おもしろいもの見つけた」では主役を画面いっぱいに描いたり、背景を自由な色で塗ったりと、何事も楽しく丁寧に取り組むことができました。
図工「動物さんのお家」では、手を上手に使って粘土をつまみ出したりつけ足したりしながら、バランスよく足や顔の形を作り、本当の犬のような形に仕上げました。
図工「見つけたよいい感じ」では、クリップで動物の柵を作り、新聞紙を細かく切ってライオンのたてがみにする工夫がありました。
図工「型押し遊び」では、粘土で一つ一つの楽器や楽団員を作り、小さな音楽隊にしました。とても器用です。
粘土を使った図工の学習では、手を上手に使ってつまみ出したり、つけ足したりしながら、躍動感のある「犬」を作りました。
音楽が好きで、曲想に合わせて自分で歌詞を作ったり、リズムに乗って楽しく歌ったり、上手に身体表現をしたりしていました。
音楽が大好きで、リズムに乗って楽しく歌ったり、曲想に合わせて身体表現をしたりしていました。
音楽では「夕やけこやけ」をきれいな歌声で、リズムをとって歌い、クラスのみんなから賞賛され嬉しそうにしていました。
音楽が好きで、明るく澄んだ声で歌を歌ったり、鍵盤ハーモニカがうまくできない友達にリズムや指使いを一生懸命教えてあげたりしています。
音楽「ぴょんぴょこロックンロール」では、自分で考えた面白い身振りで、リズムに乗って楽しそうに歌ったり踊ったりし、クラスのみんなから拍手をもらいました。
音楽の時間は、笑顔で歌ったり、リズムに合わせて楽しそうに踊ったりできるようになりました。
鍵盤ハーモニカで苦手な曲がある時には、進んで休み時間に何度も練習して弾けるようになり、困っている友達に教えてあげることもありました。
体育では、休み時間もなわとびの練習を繰り返し、後ろ交差とびまでできるようになり、友達にも教えていました。
体育「鉄棒遊び」では、自分から進んで挑戦できるようになりました。「先生、手伝って!」と工夫しながら練習し、できる技も増えました。
体育の表現では、よさこいの音楽に合わせて腕をしっかり伸ばし、リズムに乗って楽しそうに踊り、みんなのよいお手本にもなりました。
体育「鉄棒遊び」では、自分から進んで挑戦できるようになりました。アドバイスをもとに何度も練習して、できるようになった技も増えました。
体を動かすことが好きで、なわとびの練習を一生懸命やって、クラスで最初に二重とびの連続技ができるようになり、スーパー名人として友達にも教えてあげていました。
縄跳びカードに進んで挑戦し、休み時間に何度も練習する頑張りを見せ見事名人になりました。
みんなの前に出てきて、自分の考えをしっかり発表することができとても素晴らしいです。
友達と自分の考えを比べながら話を聞き、良いところを取り入れることができたのは素晴らしいです。
少しずつ時間を見通して取り組めるようになり、「わたしはこの時間までに、これを終えるぞ!」と自分で考え、図工の学習や絵日記などを時間内に終えることができるようになってきました。
わからないで困っている友達にもどのように伝えたらわかりやすいか、考えながら教えることができます。
文字を丁寧で、筆算などの計算問題をする時には、問題と問題の間をあけ、見やすく工夫して書くことができました。

③生活面・係や当番など

友達が困っていることがあったら、「どうしたの?」と優しく声をかける姿が何度もありました。
困っている人がいると、心配してあげたり手を貸してあげたりすることがよくあります。
いつも給食準備や片づけを手際よく進んでやっていることはとてもすばらしいことです。
大変がんばりやで、運動会では、リレーの朝練習にしっかり取り組み、自分の役目を立派に果たしました。
何事にも手際が良く、準備や後片付け、学習作業等もてきぱきとすることができます。
体育係として、前に出てしっかり体操の指示をしたり、用具の準備や後片付けを進んでやったりしていました。
雑巾で床を拭くときには、汚れているところを自分から見つけることができました。
掃除の時間には、進んで仕事を見つけて、雑巾が真っ黒になるほど頑張りました。
本係としていつもきれいに本棚を整頓したり、本の貸し出しのチェックをしたりしていました。
掃除の時間には進んで仕事を見つけて、「先生、こんな風になったよ!」と、雑巾が真っ黒になるほどしっかり頑張りました。
掃除の時間は、人が嫌がる仕事でも進んで見つけて、雑巾が真っ黒になるほど頑張り、クラスのお手本になることがありました。
清掃時間には、汚れを見つけて消しゴムや雑巾できれいにしたり、ほうきで隅々からしっかりゴミを集めたりしてよく働きました。
休み時間など汗びっしょりになりながらなわとびの練習に意欲的に取り組み、「うしろあやとび」までとべるようになったことは大変立派です。
休み時間は、おにごっこやドッジボールなど、友達を誘って元気よく遊ぶことができました。
休み時間になると友達を誘って外へ出て、ボールを使って元気よく遊んでいます。
整列係や学習係として、責任をもって自分の仕事をきちんとやっていました。
保健係の仕事を毎日忘れずにやり、自分の役目をきちんと果たしていました。
運動会の練習では、話をよく聞いて取り組めたので、素早く行動することができ大変立派でした。
運動会の練習では、隊形移動や並び方など、自分の場所を覚えて素早く行動することができました。
友達に対してはいつもやさしく関わることができ、「僕もそうだったよ。」と共感して、安心させてあげるようなこともありました。
1年生との交流では、優しく自分から話しかけ、張り切ってお世話をすることができました。
宿題や学習プリントに間違いがあると、言われなくても自主的に直すことができました。
読書が大好きで、朝は準備ができるとすぐに本を読み始め、家から持ってきた本を紹介してくれることもよくありました。
休み時間、鍵盤ハーモニカがなかなかうまくできない友達に教えてあげていました。
体を動かすことが大好きで、休み時間になると友達を誘って、汗びっしょりになるほど元気よく遊ぶことができました。
自分の係でなくても気が付いた時には進んで黒板をきれいにしていました。
またいろいろなことによく気が付き、自分の係でなくても水飲み場や教室の床が汚れていたら進んできれいにしていました。
誰とでも楽しく話すことができる持ち前の明るさがあるので、周りにはいつもたくさんの友達がいます。
2学期は「遊び係」になり、休み時間の全員遊びを計画しています。始める前には、みんなに遊びの内容やチームの分け方、集合場所等をお知らせし、クラスみんなの楽しい時間を考えてくれました。
朝の準備を手早く済ませ、時間になる前から読書タイムを始めることができ、落ち着いた態度で、一日をスタートしています。

④まとめ

後期も笑顔いっぱいで過ごしてほしいと思います。
昨年と比べると、大きな成長を感じました。
後期もわかったときの「できた!」「楽しい!」という、学ぶ楽しさを大切にして、指導していきたいと思います。
これからも読書に親しんでいってほしいと思います。
後期もどんな活躍をしてくれるのかがとても楽しみです。