生活科の記事 (1/1)

節分



節分も折り紙で♪鬼・ふく(おかめ)・三方(さんぼう)・ます・の簡単な折り方

20170128070502d11.jpeg

20170128070505574.jpeg

20170128070506587.jpeg


まめまきのうた

おにはそと ふくはうち
ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ
まめのおと
おには こっそり にげていく

おにはそと ふくはうち
ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ
まめのおと
はやく おはいり ふくのかみ

2017012807191279f.jpeg






トマトのわき芽かき

20160531041928cfb.jpeg


■わき芽かきをする理由

トマトのわき芽をそのまま放置してしまうと、
わき芽を伸ばすことに養分を使ってしまい、
実がじゅうぶん育たなくなってしまうことがあります。

さらに、トマトのわき芽を放っておくと、
葉が茂り過ぎて日当たりや風通しが悪くなりま、
病害虫の原因になったり実つきが悪くなります。

そのため、トマト栽培において、
わき芽かきはとても大切な作業になります。


■わき芽かきの方法

わき芽とは、頂芽ではない生長点=葉茎の根元から出る芽(枝)のことで、
トマトは、一般に主幹一本仕立てで実に栄養を送るように育てます。
ですので、わき芽は小さいうちに摘み取るようにします。

20160531041927cd9.jpeg


わき芽かきの方法


わき芽かきの方法は、
・わき芽は早めに、5㎝以内の小さいうちに掻き取るようにします。
・芽を取った箇所が乾きやすく病原菌が入りにくい晴れた日にします。
・除去箇所から菌が入らないように消毒したハサミか手で取ります。
・早い時期なら、取ったわき芽を挿し木にして増やすことができます。

かたつむりの飼い方



★教室での飼い方

カタツムリの飼育のしかたカタツムリ

20160530012648e3f.jpeg

2016053001265083e.jpeg


飼育ようき
・ビンやケース
・あみのふたのついたもの。
素焼き(すやき)の植木ばち
土を入れておく。土は日光にあてて消毒(しょうどく)しておきます。土は卵を産む場所にもなります。土を鉢に入れておくと、おそうじがしやすいです。

小枝、板
登る場所になります。

落ち葉
カタツムリは落ち葉がすき。よく葉の間に入っています。

きりふき
カタツムリはしめった場所がだいすきです。
こまめにきりふきで水をかけましょう。
でも、下に水がたまってしまうくらい水をかけるのはやりすぎだよ。

カタツムリのえさ

野菜ならだいたいなんでも
キャベツ、にんじん、かぼちゃ、さつまいも。キュウリなど

卵のカラや貝
カタツムリのからの栄養になります。かならず入れましょう。

カタツムリ

飼育ようきは風のよく通る日かげに置きます。
しめり気を保つように注意してください。

飼育ようきの中は清けつに。食べ残しはとりのぞいてね。飼育ケースも水であらいましょう。
土はときどき日光で消毒します。

カタツムリと遊んだり世話をしたあとは、かならずせっけんで手をあらいましょう。
カタツムリのケースを洗った水は、台所で流さないようにしましょう。

★ふやしかた

飼育ケースに土を必ず入れて、同じくらいの大きさのカタツムリを数匹入れます。
カタツムリは夏の初めごろ、こうびします。つのの下(ほっぺた?)のあたりから白いつののようなものを出してこうびします。
5~8月ごろ、しめりけのある土の中に掘(ほ)って入り、卵を産みます。
20~30日ほどすると、卵がふ化します。赤ちゃんはカタツムリのミニチュアサイズ!かわいい!
赤ちゃんカタツムリは、乾燥(かんそう)に弱いので、きりふきをわすれずに。
赤ちゃんのえさはやわらかい葉の野菜をあげます。
赤ちゃんは卵を産まないので、飼育ケースに土を入れる必要はありません。

★冬ごしのさせかた

土とおち葉を飼育ケースに入れます。
5度くらいの、こおらない場所においてあげます。このくらいの温度をたもちましょう。
ときどき、きりふきをします。
温度があがったりさがったりがはげしい場所(ストーブのあって、夜は火を消す部屋など)は冬みんにむいていません。
20度くらいに温度をたもてるのならば、冬みんさせずに夏と同じように育てられます。

★カタツムリ豆ちしき

カタツムリカタツムリを見つけよう

雨の日や雨があがったとき
 アジサイなどの庭の木の葉の上や、へい、石の上などに出てきます。

晴れているとき
 木の根もと、石の下などのしめった場所でじっとしています。

カタツムリオスとメスのちがいは?
じつはカタツムリにはオスメスのくべつがありません。
1匹でオスとメスのどちらのはたらきもするのです。おどろき!
でも、2匹以上いないと卵は産まれません。

カタツムリフンの色のひみつ?
カタツムリはいろいろな色のフンをするよ。それはえさとかんけいがあるみたいだ。自由研究で、調べてみましょう。

絵本 ザリガニ

20160528061327f43.jpeg

20160528061328473.jpeg

201605280613297fb.jpeg

2016052806133173f.jpeg

2016052806133263b.jpeg

2016052806135929f.jpeg

20160528061400d96.jpeg

20160528061402df1.jpeg

20160528061403670.jpeg

20160528061405f62.jpeg

教室での飼育のしかた(ザリガニ)

★教室での飼育のしかた

20160528060841286.jpeg


ザリガニの飼育のしかた

準備するもの

飼育ようき
・水そう(ザリガニ・カニ・かめ用)
・ふた(これがないと、夜ににげます。つぎの日かんそうザリガニになってあらわれます。)

飼育ようきの中に入れるもの。
・すな
(だっぴしたあとに、ちょうのうというところにすなを入れて、その砂で体のかたむききを知るらしい。)
写真では金魚用の小石をまぜていますが、細かい砂の方がいいようです。
・かくれが
 すやきのつぼ
 ザリガニはなわばりあらそいをするので、ザリガニの数だけかくれがを入れてあげましょう。

・水草
 ザリガニは水草が大すきで、よく食べています。

・よりよく育てるために
 ポンプとエアーストーンがあれば、水をふかめにして飼育できます。
 その方がザリガニにはいいようです。

・深水飼育のザリガニ
水をふかくした飼育で、エアレーションをして育てています。
ねったいぎょ用ライトもつけると、ザリガニの色がひきたってきれいです。
が、学級で飼育するにはライトはぜいたくですね。
水そうは日当たりのよすぎるところにはおかないでください。

えさ

・はいごうしりょう
「ザリガニのえさ」と書いてある配合飼料(はいごうしりょう)
あさい水での飼育では、水にうかぶタイプを。
ふかい水での飼育では、しずむタイプのえさを。

・植物せいのえさ
水草

・動物せいのえさ
スルメ
にぼしの頭(みそ汁のだしをとるときすてるところ)

・食べのこしたえさはかならずとりのぞきます。

飼育の仕方

水は毎日少しずつとりかえます。(コップなどで水をくみます。手を入れるとザリガニちゃんにおこられますのでちゅうい。)
たまには、すなをあらってやります。でも、そのときは水を全部とりかえないで、前に入っていた水を半分は入れてやりましょう。
小さい入れ物だと大きくは育たないようで、大きいケースにうつすとよく育ちました。
ザリ口みつど(人口みつどでなくて)がひくい方がよく育ちます。
ひとつの水そうにたくさんのザリガニをいれるのはやめましょう。
水草を入れてやると、よく食べました。(ザリガニもえいようバランスを考えるのかな?)

ザリガニ豆ちしき

★ザリガニ豆ちしき

Q 自然の中では冬はどうしているの?

A 気温がさがると体温も下がるため、冬の間は冬みんします。土にふかくあなをほって、もぐっています。


Q おしっこはどこからするの?

A うんこはしっぽのあたりからするけど、おしっこは口のすぐ上の2個のあなからします。なんでこんな場所からだすんでしょうね。不思議だな。


Q いったい、何本の足があるの?

A ザリガニって、足がたくさんあって数え切れないね。ハサミ1組、歩く足4組、しょっかく2組(足が変化したもの)、口の中に6組、はら足が5組、こうもんのところに1組、合計19組だから、38本だね。すごい~。


Q アメリカザリガニは、いつ日本に来たの?

A ザリガニは、アメリカミシシッピ川からやってきました。最初は食用のカエルのえさとしてつれてこられたのです。さいしょはたったの20匹しかいなかったんだけど、そこからどんどんふえて、日本のあちこちで見かけるようになりました。 


Q アメリカザリガニのじゅみょうはどのくらい?

A アメリカザリガニですと、水そう飼育で4,5年くらいだそうです。

ザリガニ

20160528053151e9b.jpeg


ザリガニのひみつ

16ページの小冊子「豊かな森ときれいな水の守り神 ニホンザリガニのひみつ ニホンザリガニと外来ザリガニのおはなし」

ニホンザリガニの生態や外来ザリガニの問題を小学生にも分かるように解説してあります。興味深い豆知識やトリビアネタも掲載し、幅広く楽しんでいただける内容になっています。

………………………………………………………………………………

ザリガニのペーパークラフトや塗り絵などを無料でダウンロードできます。

・ペーパークラフト

ザリガニペーパークラフト
切り抜く前にパーツに色を塗るとキレイに仕上がります。

ダウンロード : 0.39MB


・塗り絵

ザリガニ塗り絵1
ニホンザリガニのキャラクター・チョッキーの塗り絵1
ダウンロード :

ニホンザリガニのキャラクター・チョッキーの塗り絵2
ダウンロード :

ニホンザリガニのキャラクター・チョッキーの塗り絵3
ダウンロード:


………………………………………………………………………………

ザリガニQ&A(詳細)


………………………………………………………………………………

ザリガニのポスター・パネル

20160528054738572.jpeg 20160528054740af9.jpeg 20160528054741b2c.jpeg

2016052805474313a.jpeg

20160528054952670.jpeg 20160528054953fa6.jpeg 2016052805495467e.jpeg

いもきんとん スイートポテト 大学いも やきいも

201605080202202f5.jpeg

2016050802022148b.jpeg

201605080205170f7.jpeg

201605080207074ab.jpeg

鬼まんじゅうの作り方

2016050801503093a.jpeg

・材料 (つくりやすい分量)
さつまいも 380g
小麦粉 120g
砂糖 120g
塩 少々
白玉粉 10g

・下ごしらえ・準備
なし

・つくり方
(1) さつまいもの皮をむき、1cm角に切り、30分水にさらす。
(2) (1)をざるにあげ、水を切り、5分おいてから軽くふく。
(3) さつまいもに砂糖を混ぜて、5分おき、小麦粉、塩、水(大さじ2)を混ぜて5分おく。
(4) 白玉粉に水(大さじ1)をといたものを(3)に入れ、よく混ぜる。
(5) 蒸気の上がった蒸し器にクッキングシートをしき、(4)をひとつかみずつ分けて入れ、
15分蒸す。

サツマイモ

市販のイモから苗をとる!

20160508010623cec.jpeg


一個のイモで二〇~三〇本の苗

 低学年の生活科では、サツマイモの苗を購入してから畑にサツマイモを栽培することが多いのですが、それではサツマイモの命のつながりを実感することができません。そこで、スーパーから買ってきて食べているサツマイモ(ベニアズマなど)にも、新たな命を育む力があることを理解させるために、苗をサツマイモから直接育ててみることにしました。

 四月になったらダンボールの箱(リンゴ用の大)を用意し、ワラ・米ヌカを混ぜた腐葉土・サツマイモ・バーミキュライト(無菌・無肥料の軽い用土)を下から順に入れた苗床をつくります。この箱に水をかけると米ヌカを混ぜた腐葉土が発熱して三〇℃ほどの温床になります。東北地方は、四月でも夜間は寒くなるので箱ごとビニールで覆うと一週間くらいで萌芽し、五月下旬までに種イモ一個当たり二〇~三〇本の苗(三〇cm程度)をとることができます。

葉柄のキンピラ、イモあめ、ツルのリース……

 自分たちで育てて採取した苗を、十分暖かくなった六月になってから畑に植えました。植え付けた苗にはもうすでに根がでているので、ていねいに畑に植えて一〇日間ほどは水やりをまめにやって葉がしおれないようにしました。

 サツマイモは十月末ごろに収穫しますが、その前に葉柄を湯がいてからキンピラ風に炒めものにして食べました。葉柄にはサツマイモの甘い味わいがあり、シャキシャキした歯応えがありました。

 とれたサツマイモは、モミガラで焼きイモにして食べただけでなく、ダイコンおろしの汁を使ってイモあめをつくって食べました(ダイコンに含まれるアミラーゼでイモのデンプンを糖化させる)。さらに保存食として干しイモをつくったり、ツルでクリスマス用のリースをつくるなどして、サツマイモを利用し尽くす知恵も学びました。

201605080126330a9.jpeg



芋ほりをした後はこの蔓は取ってしまうので、使われることはあまりないのですが、葉と芋を繋いでいるからとても丈夫でしっかりしているので、リースを作るのにピッタリなんですよ。

収穫後の蔓についていた葉をとって、蔓をまいてリースを作ってみました。サツマイモ蔓のリースです。

201605080126358c1.jpeg



収穫したての蔓はやわらかくて巻きやすいので、お子さんと一緒に丸く作るのも簡単にできます。乾燥してしっかり形ができたら、リーフや松ぼっくり、リボンなどを飾り付けれは、これからの時期を彩るクリスマスリースが完成!素朴な感じが他の植物にはない優しさを感じさせます。これ、サツマイモの蔓に見えないですよね!
他の楽しみ方としては、蔓の皮を剥いて炒めると、とても美味しいきんぴらになるんだそうです。サツマイモって、色々な楽しみ方ができる魅力的な野菜なんですね。

サツマイモの蔓は、普段は手にすることが難しいのですが、観光農園や農家さんで芋ほりをする機会があれば、蔓を使うことができるか。わけてもらう事ができるか、ぜひ尋ねてみてください。収穫をすることは野菜の成長の結果を楽しめ、美味しく実った喜びを味わえることでもありますが、「育てて、食べる」だけじゃない野菜の魅力は、探せばもっともっとありそうですね。

野菜ぎらいのお子さんも、自分で作った野菜なら残さずに食べることができて、苦手が好きになるきっかけになることもあります。でも、栽培体験はないし、経験もないし。家庭で作ることが難しいのも現実ですよね。でも実りの秋は、それができるチャンスが増えます!!

20160508014357770.jpeg
20160508014359f49.jpeg

春のビンゴ


春のビンゴ 大日本図書


ネーチャーゲーム 春のビンゴ

2016040205181380e.jpg


春見つけビンゴ