理科の記事 (1/11)

インタビュー 長沼毅

20171113175727b81.png

20171113175730957.png

201711131757320c6.jpeg


無人航空機の可能性について


私は地球上の過酷な環境に住んでいる生きものの研究をしています。過酷な環境とは、ものすごい水圧の深海、有毒ガスが噴きだす火山、極寒の南極、灼熱の砂漠などなど、人間がとても住めないようなところです。

そういうところを調査するには、たとえば深海なら潜水船に乗って行くことになります。ところが、有人潜水船に乗るのは競争率が高いし、もし乗れたとしても水中にいられるのは8時間ほど。それで、私たちはしばしば無人探査機(ROV)を使います。

無人機ROVは言ってみれば深海ロボットのようなもの。もちろん、船上で人間(パイロット)が操縦するのですが、連日の潜っても文句言わないし、一日の間に何度潜ってもヘタれません(パイロットは‘疲れる’と言ってましたが)。

そして、海底火山や海底の割れ目など、有人潜水船で近づくにはちょっと怖いところにも、ROVなら行ってサンプリングすることもできるのが、私たちにはうれしいです。

そういう経験を通して私は、火山や砂漠や南極でも無人機が使えたらいいのに、と何度も思いました。それは水中機ではなく航空機であることは当然です。人間が近づけないようなところでも、無人航空機からいろいろな計測や撮影をしたり、あわよくばサンプリングもしたりと、夢は広がります。でも、夢は夢、とても実現できないだろうと思っていました。

ところが、あったのですね、私の夢をかなえてくれそうな無人航空機「UAV」が!これを使って、私の調査の幅が広がり、研究に深みがでてくる。私はUAVにそんな期待をかけています。


微生物の科学者







日本くぎづけ大学 長沼毅







長沼毅 公開授業











辺境生物学入門



著名教授が学生に馬乗り、「死ね」と首絞め罰金


 生物学者として著名な広島大の長沼毅教授(56)が、指導する男子学生に暴行を加えて負傷させたとして、東広島区検から傷害罪で略式起訴され、東広島簡裁が今月1日付で罰金30万円の略式命令を出していたことがわかった。

 教授は男子学生への暴行や他の学生への度重なる暴言を理由に大学から休職6か月の懲戒処分を受けている。

 大学や関係者などによると、長沼教授は研究室の航海実習で鹿児島県の硫黄島を訪れていた今年3月12日、停泊中の船内で20歳代の男子学生と口論になり、足を払って転倒させたという。教授は当時飲酒しており、学生に馬乗りになって「死ね」と首を絞めるなどし、顔につばを吐いたという。

 学生は腰の骨折などで全治約3週間と診断され、鹿児島県警に被害届を提出。大学は7月、アカデミック・ハラスメント(立場を利用した嫌がらせ)をしたとして、教授を懲戒処分にした。

宇宙ヤバイコピペ

「宇宙ヤバイコピペ」って科学的に正しいの? 国立天文台に聞いてみたら、やっぱり宇宙はヤバかった
「宇宙ヤバイコピペ」って正しいの?

 2ちゃんねるで誕生したとされる有名な文章「宇宙ヤバイコピペ」をご存じですか? 「ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ」とハイテンションなノリで、宇宙がいかに人類の想像を絶する世界であるかを紹介したもの。内容が秀逸なことから、いくつもの改変コピペが作られたことでも知られています。

 しかし、「宇宙ヤバイコピペ」の内容はどこまで正しいのでしょうか。宇宙研究は日々進んでおり、もう古くなってしまった部分もあるかもしれません。国立天文台に話を伺い、検証してみました。

ーーーーーー
●宇宙ヤバイコピペ

ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

ーーーーーー

●宇宙ヤバイ。まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。 → 正解

 「宇宙ヤバイコピペ」で最初に取り上げられるのは、宇宙の広さ。国立天文台によれば、地球から見て、宇宙空間の最も遠いところは「下限で780億光年先にある」という説が存在するとのことで、たしかに信じられないほどの広大さです。

 この説に従うと、1光年はおよそ9.5兆キロメートルなので、最低でも地球から741000000000000000000000キロメートルは離れていることに。チャリで行く場合は、時速15キロメートルで49400000000000000000000時間走り続ける必要があります。年数に置き換えると約564京年。

●広いとかっても「東京ドーム20個ぶんくらい?」とか、もう、そういうレベルじゃない → 正解

 地球上にある巨大な物体の大きさを分かりやすく示す際によく使われる「東京ドーム○個分」という表現。1個分の容積が約124万立方メートルなので、宇宙の体積が分かれば割り算で算出できるのですが、「そもそも宇宙に関する説明では『立方○○』」という単位は、ほとんど使われない」そうです。

 ただし、ちょっと違和感はありますが、「立方光年(一辺が1光年の立方体)」という単位もあるにはあります。およそ847000000000000000000000000000000000000000000000平方メートルに相当し、東京ドームに換算すると約683064516129032000000000000000000000000000個分の体積。大量に並ぶ「0」のおかげで、宇宙と東京ドームを比べる意味が無いことがはっきりと分かります。

●しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ → 正解

 ビッグバン以降、宇宙は膨張を続けていると考えられています。そのため、138億光年先の場所で発せられた光が地球上で観測されたときには、その場所は470億光年先まで離れていると推測されています(光が地球に届くまでの138億年のあいだに、宇宙空間が広がり遠くなってしまう)。

●だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん → 不明

 実は、宇宙空間と一緒に人間などが膨張しているという説も存在しており、われわれの身近なところで膨張が起こっていないとは言いきれません。ただし、「もしその説が本当だとしても、われわれには観測できないかもしれない」とのこと。

●(宇宙が有限だとすると)「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」って事になるし、それは誰もわからない → 正解

 宇宙の外側に関する考察は天文学の領域を超えており、答えられないとのこと。

●あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ → 正解

 「ケルビン」は絶対零度(マイナス273.15℃)を0とする温度の単位。ピンポイントで見ると太陽のように熱い天体もありますが、宇宙は全体で見るとほぼ絶対零度で、1ケルビン程度となります。

●超何も無い。超ガラガラ → 正解

 これも本当。「われわれには大きな太陽も、宇宙規模で考えると小さな点のようなもの」だそうです。

●ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ → 正解ということでいいのでは?

 国立天文台に質問をぶつけてみたところ、7項目中6つが正解、1つだけ不明という結果になりました。ただ不明の項目も検証が非常に難しそうな説が邪魔で、正解と断言できないだけ。ヤバイヤバイと連呼する「宇宙ヤバイコピペ」は、お世辞にも頭の良さそうな文章ではありませんが、実際には分かりやすく宇宙の真実を教えてくれるものだったことが明らかになりました。

 宇宙の小さな点である太陽よりも小さな地球の表面に暮らす、さらに小さな生物である人類……の中でもこぢんまりと暮らすわれわれ一般人にとって、宇宙は今なお不思議すぎる世界。「ヤバイ」としか言いようのない漠然とした驚きを覚えてしまうのも仕方がないのでは?

中秋の名月

201710050535535d0.jpeg


中秋の名月は満月とは限らない

今年の中秋の名月は10月4日です。

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(注)の8月15日の夜の月のことをいいます。
中秋の名月は、農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。また、太陰太陽暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び、日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。十三夜は、「後(のち)の月」「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。今年の十三夜は、11月1日です。

「中秋の名月には美しい月が見られる。そして、その月は満月である。」と思われている方は少なくないと思います。しかし今年は、10月4日が中秋の名月、その翌々日の10月6日が満月と、中秋の名月と満月の日付が2日ずれています。実は、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。では、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか。

太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が「1日」となります。中秋の名月は、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。上の図のように、今回は新月の瞬間を含む9月20日が太陰太陽暦の8月1日、それから15日目の10月4日が太陰太陽暦の8月15日となります。

一方、天文学的な意味での満月(望)は、太陽、地球、月の位置関係によって決まります。満月とは、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間(月が太陽の光を真正面から受けて、地球からまん丸に見える瞬間)の月のことを指します。上の図のように、今回は10月6日3時40分に満月の瞬間を迎えます。

月は地球のまわりを公転しながら、およそ29.5日の周期で満ち欠けを繰り返しています。しかし月は、この周期の半分の14.75日で必ず満月になるわけではありません。これは、月の公転軌道が完全な円形ではなく、少しつぶれた楕円形をしているためです。月が地球に近い位置にあるときには公転のスピードが速く、反対に、月が地球から遠い位置にあるときには公転のスピードが遅くなります。このため、新月から満月までにかかる日数は13.9日から15.6日と大きく変化します。今回は、新月から満月まで15.5日ほどかかっています。

このような理由により、中秋の名月と満月の日付がずれることが起こります。しかし、満月前後の月はとても明るく見ごたえがあります。今年の中秋の名月も、満月と遜色のない美しい月を楽しむことができるでしょう。


20171005053554398.jpeg

201710050535528e3.jpeg

20171005053552199.jpeg

台風5号

201708070718050f7.jpeg

台風5号

2017年8月7日7時30分発表 台風第05号は、7日06時には足摺岬の東北東約40kmにあって、北東へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は975hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。この台風は、8日06時には松本市の西南西約40kmに進み、9日03時には村上市の西北西約70kmに達するでしょう。その後、日本海を北上して、10日3時までに温帯低気圧に変わる見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

どんぶり金魚

2017080706591113d.jpeg


どんぶり金魚の買い方3つの注意点

・どんぶり金魚のどんぶり選び

器を選ぶ時のポイントは金魚が快適に過ごせる大きさです。金魚は基本的に単独で水量でいうと最低でも500ミリリットル程度は確保しておきたいですね。深さと広さを考えるとやはり「どんぶり」がピッタリなんですね。内側が白ベースでワンポイント模様があるくらいが、金魚が映えて可愛いですよ。

・どんぶり金魚のトリートメント

金魚すくいやペットショップで購入した金魚はストレスで弱っているため、トリートメントと呼ばれる方法で体力を回復させてあげます。

トリートメントには食塩水を使います。1リットルの水に小さじ1杯約5グラムの塩を加えて0.5%のトリートメント用の食塩水を作り金魚を入れます。

最初の3日は餌を与えません。金魚すくいの金魚がすぐ死んでしまうのは餌をあげすぎて消化不良から下痢を起こし水が汚れストレスとなることが大きな原因です。

4日めなったら餌を1粒与えて様子をみます。よく食べるようなら1日に2~3粒だけ餌を与えるようにします。ここでも餌のやり過ぎは厳禁です。ちなみに餌は100均で売っているもので十分です。

トリートメントは2週間行いましょう。

・どんぶり金魚の水替え

水換えは毎日します。

どんぶり金魚に使う水は水道水で構いません。ただししっかりカルキ抜きをしなくてないけません。水道水には消毒のための塩素(カルキ)が含まれているんですね。

100均などでもカルキ抜きの薬品は売っていますが、水道水を半日以上汲み置きしておくだけでも大丈夫です。どんぶり金魚で使う水量は多くないので汲み置きの手間も少ないです。

同じサイズの器を準備して汲み置きしておくと毎日の水換えが楽になりますね。

・どんぶり金魚 大きくなったら

金魚は割と長生きするんですね。10年位生きて金魚すくいの金魚がフナみたいに大きくなったとか聞いたことがありませんか?

どんぶりで飼育できるサイズは相応のサイズまでと考えておいたほうが良いです。金魚のサイズに合わせてどんぶりを大きな器に変えていきましょう。器が大きくなれば水換えなどの量も必然的に増えます。毎日の水換えが厳しくなってきたら水槽にエアレーションといった環境を考えたほうが良いでしょう。

・どんぶり金魚におすすめの種類

金魚すくいでよく見かける和金の小赤などは、水槽から飛び出して死なせてしまったってよく聞きませんか?一晩フタをして様子を見れば大丈夫ともいいますが、どんぶり金魚として飼育するには泳ぎが上手な和金系の金魚はあまり向きません。

では、どんな金魚が向くかといえば金魚すくいなら出目金や高価になりますがらんちゅうといった泳ぎが達者じゃない金魚たちです。最近とくに人気なのがピンポンパールというまさにピンポンボールのような丸くかわいい金魚です。

・さいごに

初期段階でトリートメントをしっかりやるとこ、その後は水換えと餌をやり過ぎないことに注意しておけば長いお付き合いができますよ。

201708070659126a9.png

台風5号

20170806093621d4c.jpeg


台風5号

2017年8月6日9時30分発表 強い台風第5号は、6日8時には種子島付近にあって、北東へゆっくり進んでいます。中心気圧は970hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。この台風は、このあともゆっくりと北東へ進み、6日18時には日南市付近に達するでしょう。7日6時には足摺岬の西約50kmに進み、8日3時には姫路市付近に達する見込みです。その後、9日3時には日本海に進むでしょう。台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

台風 5号

20170805062613428.jpeg


台風5号

2017年8月5日4時30分発表 強い台風第5号は、5日3時には屋久島の南約120kmにあって、北西へゆっくり進んでいます。中心気圧は965hPa、中心付近の最大風速は35m/sです。この台風は、5日15時には屋久島の南西約60km、6日3時には種子島の西約80kmに達するでしょう。その後、7日3時には大分市の南約80kmに達し、8日3時には日本海に達する見込みです。台風周辺地域および進路にあたる地域は暴風や大雨に、台風周辺海域では大しけに厳重な警戒が必要です。次回の台風情報は、

台風5号

20170804051642718.jpeg

台風5号
2017年8月4日4時30分発表 強い台風第5号は、4日3時には奄美大島の東約290kmにあって、西へ毎時15kmで進んでいます。中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は40m/sです。この台風は、4日15時には奄美大島の東約160kmに進み、5日3時には奄美大島の東北東約90kmに達するでしょう。6日3時には屋久島の南西約150kmに達し、7日3時には九州付近に進む見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は大しけに、台風の進路にあたる地域は暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

台風状況

201708010458391b8.jpeg


台風概況
台風5号
2017年8月1日4時30分発表 非常に強い台風第5号は、1日3時には日本の南にあって、西北西へゆっくり進んでいます。中心気圧は930hPa、中心付近の最大風速は50m/sです。この台風は、2日3時から4日3時にかけて日本の南をゆっくり北上する見込みです。台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です。

植物のツルはなぜ巻く?

20170722073825b5f.jpeg

アサガオの生理学

アサガオのつるは左回り

 アサガオの茎はつるになって他のものに巻きついて伸びてゆく。アサガオのつるの巻き方を植物学者は習慣的に左巻きと呼ぶ。
 普通のネジは右に回すと進むから右ネジと呼ぶ。右ネジのらせんの巻き方を右巻きということになっている。右ネジのらせんの巻き方はアサガオのつるの巻き方と同じである。巻貝では殻頂を上に向けたとき、殻の右側に殻口があるのを習慣的に右巻きという。右巻きの貝の巻き方もアサガオのつるの巻き方と同じである。一方、北半球の台風や竜巻の中心へ向かって吹き込む風が作る渦巻きは左巻きということになっている。ところが、台風や竜巻の渦はアサガオのつるの巻き方と同じである。左巻きか、右巻きかはなかなか難しい問題である。
 らせんの左巻き、右巻きは定義の仕方でいかようにもなる。時計回りの巻き方を右巻きと呼ぶことが多いが、上から見おろしたときと下から見あげたときでは逆になる。上から見ることにしても、つるを上からたどってゆくか、下からたどってゆくかで逆になる。アサガオのつるは、上から見て、上からたどれば時計回り、下からたどれば反時計回り。下から見て、上からたどれば反時計回り、下からたどれば時計回りで、どうにでもなる。
 アサガオ自身の立場に立って見てみると、アサガオのつるの先端は左へ左へと回り込みながら成長してゆく。アサガオにとっては極めて明快で、左へ回り込むとしか言いようがない。左へ回り込んだ結果の巻き方は左巻きというのが自然だろう。アサガオのつるは左巻きなのである。もし、ねじや巻貝の巻き方との整合性を求めるならば、混乱は避けられず、議論はつきない。もはや、植物では「左巻き、右巻き」という言い方をやめて、つる自身が成長してゆく方向を「左回り、右回り」と呼べば誤解は生じない。植物学では、いかに形が形づくられてゆくかの過程を知ることが大事なので、成長方向に注目した方がよい。
 アサガオと同じヒルガオ科に属すマルバアサガオ、ヒルガオ、ネナシカズラ、マメダオシはどれも、アサガオと同じく、左回りにつるを巻いてゆく。マメ科の植物では両方の巻き方があって、ヤマフジ、クズ、インゲンマメはアサガオと同じ左回りなのに対し、フジ、ナツフジは右回りである。ヤマノイモ、ヘチマ、カラスウリは同じ種の中でも左または右の回り方をする個体がある。


20170722072510e23.jpeg

植物のツルはなぜ巻く?

 ●強いねじれが原因のようね

 ◇ののちゃん 給食の黒豆(くろまめ)ごはん、満足(まんぞく)、満足。おせち料理(りょうり)のもおいしかったし、黒豆だーい好き!

 ◆藤原先生 先生はビールをお供(とも)に寝(ね)正月だったけど、そのおつまみの枝(えだ)豆も、黒豆も、正体(しょうたい)は大豆(だいず)で、祖先(そせん)をたどれば野生のツル豆なのよ。

 ◇のの 大豆にツルはないけど?

 ◆先生 中国などの大豆には、茎(くき)がツルになって何かに巻(ま)きつく品種(ひんしゅ)もあるのよ。体育(たいいく)でグラウンドを走るときと同じ回り方の、左回りで巻き上がるの。アサガオと同じだね。

 ◇のの 前に、アサガオのツルが宙(ちゅう)をさ迷(まよ)ってたので棒(ぼう)に巻きつけてあげたことがあるんだけど、自分でほどいて巻き直(なお)したのにはビックリ!

 ◆先生 たぶん右回りに巻きつけちゃったからよ。巻き方は種(しゅ)によってほぼ決まっていて、左回りが多く、右回りはフジなど少数派(は)みたいね。

 ◇のの 茎はふつうは巻かないのに、どうなるとツルに変身するの?

 ◆先生 おもしろい実験(じっけん)があるの。ツルとは縁(えん)がないはずのシロイヌナズナに、茎がねじれる突然変異(とつぜんへんい)を起(お)こさせたの。そうしたら、ねじれの強い株(かぶ)の中に、棒などに巻きついて伸(の)びるものが出てきたのよ。

 ◇のの 元は自分で立ってた植物が、ツルを巻いちゃったんだ。

 ◆先生 アサガオなどのツルも、やはりねじれてるの。「ねじれ」と「巻き」の間には深い関係(かんけい)があるみたい。ツルを巻く植物が進化してきた道筋(みちすじ)がうかがえそうだね。

 ◇のの アサガオは、庭(にわ)から2階(かい)までもスルスルと伸びるよ。

 ◆先生 そんな高さまで伸びるには、ふつうは体を支(ささ)える太い茎が必要(ひつよう)でしょ。そういう茎をつくりながら成長するには時間もかかるはずよ。でも、茎をツルに変えて他の物に巻きつけば、早く上に伸びて光をたっぷり浴(あ)びられるというわけね。

 ◇のの ウーン、うまい作戦(さくせん)だね。

 ◆先生 ところがフシギなことがあるの。細いガラスの筒(つつ)を立てて、その中でアサガオを育てると、巻きつく物がなくても筒の壁(かべ)に支えられて上に伸びていくの。でも1メートルほどで成長が止まっちゃう。そして、ツルの下の方から新しいツルが枝分かれして、改(あらた)めて伸び始めるの。

 ◇のの え、やり直し? 素直(すなお)にそのまま上に伸びていけばいいのに。

 ◆先生 効率(こうりつ)的に上に伸びる、という目的のための手段(しゅだん)が、他の物に巻きつくことだったはずなのに、アサガオは今や「巻けないと伸びられない」植物になっているようなの。

 ◇のの そういうのを「本末転倒(ほんまつてんとう)」って言うんだっけ?

 ◆先生 初めは生きるための手段だったのに、いつの間にかそれなしには生きられなくなるって、生物の進化ではありがちよ。それに、人の生き方でもね……なんか胸(むね)がうずく、またまたビ、ビール!

 (取材協力=新潟大・和田清俊教授、奈良先端大・橋本隆教授、北海道大・阿部純教授)

ストロベリームーン

20170610055501b13.jpeg


ストロベリームーン

平成を語る言葉は
2017年6月9日(金)

思わず食べちゃいたくなる名前の「Strawberry Moon(苺月)」。アメリカ圏の6月の満月の呼び方で、6月はイチゴの収穫時期であり、丁度その頃に月が紅くなることが多いことからそう呼ぶようになりました。このストロベリームーンには、なんでも好きな人と一緒に見るとその人と結ばれるというロマンチックな噂があります。別名「恋を叶えてくれる月」なんだそうです!気になる人がいるなら一緒に月を見上げてみるのはいかがでしょうか?あなたの勇気をきっとストロベリームーンが後押ししてくれることでしょう…。

201706100555034d8.jpeg

トド

201703300730110a0.jpeg


 北海道沿岸などで漁業被害の原因となっているトドの駆除上限数(採捕枠)が今秋、501頭と従来の2倍となる。捕獲したトドは有効利用されることが望ましいが、トドの肉は食用としては人気がない。どう活用できるか、北海道庁は頭を悩ませている。


◆白子が好き?

 トドは主に10月から6月頃にかけ、ロシア海域から北海道沿岸に来る。定置網を食い破ったり、網に入った魚を食べたりし、漁業被害額は平成元年度の約3億8千万円から24年度は約16億円と4倍以上に拡大している。

 北海道水産林務部水産振興課の津坂透課長は「トドはなんでも食べるが、中でもタラの白子やタコが好き。底魚のタラは網で引き揚げてきたときを狙い、白子だけ食べる。学習するのか、多くの魚を捕る船を狙うらしい。トドとの知恵比べは数十年に及ぶが、負けてばかり」と打ち明ける。

 トドはかつて、有害鳥獣として自衛隊の協力で駆除していた。しかし、世界的に減少していることから保護が叫ばれるようになり、環境省もレッドリストで「絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)」に分類し、水産庁は駆除数を厳格に管理。これが奏功し、24年のレッドリスト見直しでは、準絶滅危惧(存続基盤が脆弱(ぜいじゃく)な種)へとランクが下がった。毎年約6千頭が日本に来遊することやその起源となるアジア集団の個体数が増加傾向にあるのがその理由だ。

◆肉の味は…

 準絶滅危惧でも絶滅しないよう管理は必要。ただ、漁業被害を拡大させないため、水産庁は駆除上限数をこれまでの2倍の501頭とした。

 しかし、トドを捕獲できるハンターは不足し、年間501頭も駆除できるか疑問視する声もある。また、駆除後は水産資源として有効利用することが求められる。現在、トドの肉を使った「トドカレー」の缶詰やレトルトカレーが土産用として売られている。

 ただ、これらの商品で使われるトドは年間約250頭のうち50~60頭。消費が少ないため、これ以上の加工は難しく、残りの約200頭は利用できていない。「どうすればおいしく食べられるか知恵を絞っているところ。ただ、捕獲は冬場だけで、年間を通じて安定供給できず、首都圏のレストランなどで扱ってもらうのは難しい」(津坂課長)

 かつて、トドの皮は衣服やかばん、脂肪は油として使われていたこともあった。トドならではの特性を生かした魅力的な商品が開発できるか-。津坂課長は「日本海側は資源が減少し、北海道の水産業にとってトドは重要課題。こうした現状を知ってもらい、駆除したトドの利用法を考えてほしい」と話している。





星景写真

星景写真とは

星空と風景とを一緒に写しこんだ写真のことを言い、固定撮影と追尾撮影があります。


201703260520474fd.jpeg

20170326052049e7e.jpeg

20170326052050942.jpeg

20170326052626e2f.jpg

雪の結晶

20170114153742739.jpeg

20170114153743682.jpeg

2017011415374418f.jpeg

20170114153746f23.jpeg

201701141537471b5.jpeg

20170114153749a57.jpeg

2017011415375114a.jpeg

20170114153752129.jpeg

2017011415375464b.jpeg

20170114153755bf0.jpeg

20170114153757222.jpeg

201701141537584ee.jpeg

2017011415380098e.jpeg

201701141538016dc.jpeg

20170114153803903.jpeg

12月14日もスーパームーン


12月14日もスーパームーンって、知ってました?

11月14日は約70年ぶりの大きさとなる「スーパームーン」で盛り上がりましたが、実は今月の12月14日もスーパームーンだって知ってましたか?

2016121505132038b.jpeg
[ 続きを読む » ]

スーパームーン

20161115052215ca0.jpeg
2016111505221713c.png


11月14日は満月だが、これは今年見える満月のうちで最も大きなものだ。近年「スーパームーン」と呼ばれ注目されている、一年のうちで最も大きく見える満月である(定義は諸説ある)。

月の公転軌道が楕円であるため月と地球との距離は約36万kmから40万kmの間で変化する。その最接近のタイミングと満月となるタイミングが近いと、月が大きく見えるというわけだ。今年の場合、20時20分ごろに月が地球に約35.7万kmまで最接近し、その約2時間半後の22時50分ごろにちょうど満月となる。