1年 国語の記事 (1/5)

みみずのたいそう

東京書籍 1年

みみずのたいそう   かんざわ としこ

つちのなかから
とびだして
みみずの たいそう
ぴんぴこぴん
もつれて のびて
もつれて のびて
そら げんきよく
ぴんぴこぴん

あさの くうきを
いっぱい すって
みみずの たいそう
ぴんぴこぴん
はりきり はじけて
はねすぎて
ちきゅうの そとへ
ぴんぴこ ぴーん

  

たべもの

東京書籍 1年


「たべもの」

  なかえ としお


もこもこ さといも

ほこほこ さつまいも

はりはり だいこん

ぱりぱり たくあん

ぽりぽり きゅうり

かりかり らっきょう

つるつる うどん

くるんくるん こんにゃく

ぷよぷよ とうふ

ぬるり わかめ

しこしこ たこ

しゃきしゃき はくさい

こりこり こうめ

ぷりんぷりんの とまと

がすがす なし

ひりひり しょうが

ぴんぴんした たい

あつあつの ふろふきだいこん

ほかほかの ごはん





ありがとう

東京書籍 1年


「ありがとう」

 しょうじ たけし


ありがとう
ありがとう

いえば とっても
いい きもち

いわれりゃ もっと
いい きもち

ありがとう
ありがとう 

東京書籍 1年

           木 
                しみず たみこ

       木は いいな、
       ことりが とまりに くるから。
       ぼく、
       木に なりたい。
       ぼくの 木に、
       すずめが たくさん とまりに きたら、
       うれしくて、
       くすぐったくて、
       からだじゅうの はっぱを ちらちらさせて、
       わらっちゃう。


あるけ あるけ

東京書籍 1年

            あるけ あるけ


                 つるみ まさお


           どこどん どこどん
           あるけ あるけ
           ちきゅうの たいこ
           みんなの あしで
           そら
           どこどん どこどん
           あるけ


           どこどん どこどん
           あるけ あるけ
           ちきゅうの うらで
           だれかの あしも
           たたいて いるよ
           ほら
           どこどん どこどん
           あるけ



            

あひるのあくび

東京書籍 1年

「あひるの あくび」

  まき さちお


       あひるの あくびは あいうえお
       かえるが かけっこ かきくけこ
       さるくん さかだち さしすせそ
       たぬきが たこあげ たちつてと
       なまずが なかよく なにぬねの
       はちさん はらっぱ はひふへほ
       まりちゃん まりつき まみむめも
       やぎさん やまみち やいゆえよ
       らくだで らくちん らりるれろ
       わにさん わなげだ わいうえお ん


あめですよ

東京書籍 1年



あめですよ  とよた かずひこ


いるか

教育出版 1年

「いるか」 たにかわしゅんたろう

いるかいるか
いないかいるか
いないいないいるか
いつならいるか
よるならいるか
またきてみるか

いるかいるか
いないかいるか
いるいるいるか
いっぱいいるか
ねているいるか
ゆめみているか
(『ことばあそびうた』)
[ 続きを読む » ]

ねこをだいたことある

教育出版 1年

こねこを だいた こと ある?  はせがわ せつこ



いろんなおとのあめ

教育出版 1年


「いろんなおとのあめ」岸田衿子  

あめ あめ いろんなおとのあめ

はっぱにあたって  ぴとん
まどにあたって   ばちん
かさにあたって   ぱらん
ほっぺたにあたって ぷちん
てのひらのなかに  ぽとん
こいぬのはなに   ぴこん
こねこのしっぽに  しゅるん
かえるのせなかに  ぴたん
すみれのはなに   しとん
くるまのやねに   とてん

あめ あめ あめ あめ
いろんなおとのあめ



がぎぐげごのうた

教育出版 1年

「がぎぐげごのうた」
   まど みちお

がぎぐげ ごぎぐげ がまがえる
がごがご げごげご がぎぐげご

ざじずぜ ぞろぞろ ざりがにが
ざりざり ずるずる ざじずぜぞ

だぢづで どどんこ おおだいこ
だんどこ でんどこ だぢづでど

ばびぶべ ぼうぼう のびたかみ
ばさばさ ぼさぼさ ばびぶべぼ

ぱぴぷぺ ぽっぽう はとぽっぽ
ぱっぽろ ぺっぽろ ぱぴぷぺぽ

あいうえおのうた

教育出版 1年


「あいうえおの うた」   まどみちお

あかいえ あおいえ あいうえお  
かきのき かくから かきくけこ
ささのは ささやく さしすせそ  
たたみを たたいて たちつてと
ないもの なになの なにぬねの  
はるのひ はなふる はひふへほ
まめのみ まめのめ まみむめも 
やみよの やまゆり やいゆえよ
らんらん らくちん らりるれろ   
らんらん らくちん らりるれろ
わいわい わまわし わいうえお

いしっころ

三省堂 1年

      いしっころ
          谷川俊太郎

    いしっころ いしっころ
    じめんのうえの いしっころ
    いつからそこに いるんだい 

    いしっころ いしっころ
    ひとにふまれた いしっころ
    ちょっとおこって いるみたい

    いしっころ いしっころ
    あめにうたれて いしっころ
    いつもとちがう あおいいろ

    いしっころ いしっころ
    おなかのしたは あったかい
    むしのあかちゃん うまれてる

    いしっころ いしっころ 
    そらをみあげる いしっころ
    なまえをつけて あげようか

ピンときた!

三省堂 1年


     「ピンときた!」
             かえるたくお

     せなかがつるつるしてきたぞ

     おなかがぷわぷわしてきたぞ

     なにかいいこと あるんだな

     ゲコッとひとこえないてみる


     あまぐもぷかぷかはしったぞ

     きのはがざわざわおどったぞ

     きっといいこと あるんだな

     ゲコゲコふたこえないてみる


     あめつぶ  ぽつりぽつりだぞ

     あたりいちめん ぽつりだぞ

     ほらみろやっぱりあたったな

     ゲコゲコゲコゲコゲコゲコゲ
                     くどうなおことのはらのみんな作
                      「のはらうたⅢ」童話屋

もじのおと

三省堂 1年


もじの おと  たにかわしゅんたろう

あいうえおにぎり

三省堂 1年


 『あいうえおにぎり』  作 ねじめ しょういち


「 あいうえおにぎり
 ぺろっとたべて
 かきくけころっけ
 あつあつたべて
 さしすせそーめん
 するするたべて
 たちつてとんかつ
 むしゃむしゃたべた。
 なにぬねのりまき
 ぱくっとたべて
 はひふへほかまん
 ふうふうたべて
 まみむめもなか
 もぐもぐたべた。
 やいゆえようかん
 まるごとかじり
 らりるれろっぱい
 ごはんをたべて
 わいうえおもちも
 んとたべた。」









ピーマン

光村図書 1年

ピーマン

工藤直子


ペンキ ぬりたて
気をつけろ
パンパン
はたけの たいこだぞ
耳をあてれば 小さなたねが
ひそひそばなしの
さいちゅうだ

ぞうさんのぼうし

学校図書 1年

「ぞうさんの ぼうし」

なかがわりえこ


ざじずぜぞうさん

ざくろの えだに

がぎぐげごつんと

ぶつかって

だぢづでどしんと

でんぐりがえり

ばびぶべぼうし

ぱぴぷぺぽんと

ふっとんだ

[ 続きを読む » ]

てんとうむし

光村図書 1年

てんとうむし             

かわさきひろし
 
 いっぴきでも
 てんとうむしだよ
 ちいさくても、
 ぞうと おなじ いのちを
 いっこ もって いる

 ぼくを みつけたら
 こんにちはって いってね
 そしたら ぼくも
 てんとうむしの ことばで
 こんにちはって いうから
 きみには きこえないけど
[ 続きを読む » ]

あさ

光村図書 1年

「あさ」  
   なかがわ りえこ

いい こと  たくさん
いちにちが
はじまる

ぼくも
わたしも
せんせいも

つながる
つながる

まるく なる

みんな なかよし
いちねんせい