日常生活の記事 (1/2)

くつあらいのしかた

・桑ぴょんの特別支援教育より

くつあらいのしかた


・TOSSランドより

うわぐつあらいにちょうせん


自分つうちぼ

自分つうちぼ

あなたは、100点満点で何点だったかな。
◎は、10点。○は5点。△は0点。です。

■学校 (      点)
① ともだちとなかよくすごせた。
② 友だちに「元気になる言葉」をよくかけた。
③ みんなに「おはよう」のあいさつができた。
④ いつも机の中を整理できた。
⑤ 忘れ物があまりなかった。
⑥ 給食をすききらいなく食べた。
⑦ 係の仕事をしっかりした。
⑧ そうじをしっかりした。
⑨ にっちょくのしごとをしっかりできた。
⑩ 楽しくすごせた。

■家 (     点)
① 「おはよう」などあいさつが元気よくできる。
② お手伝いを毎日している。
③ 自分の机の上をきれいにしている。
④ 10時までに寝ている。
⑤ 7時までに起きている。
⑥ 自分で起きている。
⑦ 1日1回は、うんこがでている。
⑧ 言われる前に自分で、宿題をしている。
⑨ 家の人との約束をまもれている。
⑩ 楽しく過ごせている。

■勉強 (     点)
① よく発表できた。
② 宿題は、あまり忘れなかった。
③ テスト直しは、きちんとできた。
④ ノートに書くとき、下敷きを使った。
⑤ ノートの線は、必ずサシを使った。
⑥ ていねいな字を書いた。
⑦ 連絡帳は、必ず書いた。
⑧ おしえあいっこをできた。
⑨ いつも集中して勉強に取り組んだ。
⑩ 楽しくできている。

家庭訪問カード

家庭訪問カード
朝、印刷していました。他の学年も採用したいと言うことで、
2年、3年、5年で、この家庭訪問カードを利用していただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家庭訪問カード (   )年 (   )組 (   )番 名前(               )
家庭訪問では、このカードを元にお話をお聞きしたいと思います。
 子どもさんの日頃の様子などを書き込んで、担任までお届け下さい。

│ │ 項  目 │ ○または、書き込みをおねがいします。 │
│ 1 │朝、何時に起きますか │ (   )時(    )分ごろ │
│ 2 │夜、何時に寝ますか │ (   )時(    )分ごろ │
│ 3 │睡眠時間はどれくらいですか │ 約(   )時間(    )分 │
│ 4 │朝、自分で起きられますか │A、自分で起きる B、起こされて起きる │
│ │ │C、半々ぐらい │
│ 5 │歯磨きをしていますか。 │A、朝と夜と磨く B、朝だけ磨く │
│ │ │C、夜だけ磨く  D、みがかない │
│ 6 │朝、顔を洗っていますか │A、水で洗う   B、お湯で洗う │
│ │ │C、タオルでふく D、洗わない │
│ 7 │うんこがでていますか │A、毎朝出る    B、一日に一回は出る │
│ │ │C、出ない日もある D、不規則 │
│ 8 │朝の生活の様子は? │A、自分でさっさとできる。B、ぐずぐずしている。 │
│ 9 │朝ご飯をたべていますか? │A、必ず食べる B、ときどき食べない │
│ │ │C、ほとんど食べない │
│10│あいさつはできますか。 │A、おはようございます。B、いただきます │
│ │(できる物に○をしてください) │C、ごちそうさま D、行ってきます │
│ │他にできるあいさつがあれば()に │E、ただいま F、おかえり、G、おやすみ │
│ │書いてください │H、( ) │
│11│1日にテレビは、どれくらい見ま │①月曜から金曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│ │すか。 │②土曜・日曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│12│1日に、ゲームは、どれくらいし │①月曜から金曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│ │ますか。 │②土曜・日曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│13│1日に、宿題や学習で、机に向か │①月曜から金曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│ │う時間はどれくいですか。 │②土曜・日曜、1日平均(  )時間(  )分くらい │
│14│読書への興味は? │A、本を読むのがすき( ) │
│ │ │B、本を読むのが好きではない │
│15│学校からの手紙・便りはランドセ │A、自分から進んで出す B、聞くと出す
│ │ルからきちんと出していますか │C、半々くらい     D、ださない │
│16│学校での話をしますか │A、自分から進んでよくする │
│ │ │B、聞くと話す。 C、聞いても話さない │
│17│通学路で、心配なところや危険な │A、まったく安全 │
│ │ところはないですか │B、心配なところ・危険なところがある │
│18│帰宅後、外遊びをしますか │A、いつも外に遊びに行く │
│ │ │B、いつも家の中で遊んでいる。 │
│ │ │C、半々くらい │
│19│友だちの誘い方は、 │A、自分から誘いに行く │
│ │ │B、友だちから誘われないとも遊びに行かない │
│ │ │C、誘いに行かないし、誘われもしない │
│20│おこづかいの与え方は │A、毎日あたえる    B、一週間単位、 │
│ │ │C、一ヶ月単位     D、ほしいといったときに │
│ │ │E、その他(     ) │
│21│どんな習い事をしていますか │1週間に( )回 │
│ │(おけいこ・スポーツ・塾など) │月( ) 火( ) │
│ │例 ピアノ・そろばん・習字・サッカー│水( ) 木( ) │
│ │  野球・剣道 など │金( ) 土( ) │
│ │ │日( ) │
│22│わが子のいいところ │ │
│ │ほめてあげたいところ │ │
│ │      を書いてください │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│23│わが子の気になるところ │ │
│ │・がんばらせたいところ │ │
│ │・しつけたいところなど │ │
│ │      を書いてください │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│24│学校への希望、担任への希望・要 │ │
│ │望・おねがいなどがありましたら、 │ │
│ │どんなことでもかまいませんので │ │
│ │お書き下さい。 │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│25│その他 │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│ │ │ │
│ │ │ │・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生活調べ

「生活調べ」集計中
子どもの生活を毎年4月の終わりにチェックしています。
「ゲーム・テレビ」の時間が大変多く、「学習」が圧迫されている様子が浮かび上がったりもします。

4月の終わりというのは、
・ひと月たって、子どものイメージをつかめた頃
・連休があるので、その間にまとめられる。
・家庭訪問にも、花井の中で、出すことができる。
このような理由からです。

この連休にクラスの様子をまとめようと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  生活調べ     
                  年   組   ばん 名前

①いつも何時ころおきますか。
ア 午前5時30分~6時   
イ 午前6時~ 6時30分 
ウ 午前6時30分~ 7時
エ 午前7時~ 午前7時30分
オ 午前7時30分~ 8時

②自分でおきますか
ア 自分でおきる   イ ときどきおこしてもらう   ウ おこしてもらう

③気持ちよくおきますか。
ア じゅうぶんねて、いつも気持ちよくおきている イ ときどきじゅうぶんねむっていない感じ
ウ いつももっとねむいかんじ

④朝ごはんをたべますか
ア いつも食べる   イ ほとんど食べる  ウ ときどき食べる エ たべない

⑤いつも何時ころにねますか
ア 午後9時まで  イ 9時~10時  ウ 10時~11時  エ 11時よりあと

⑥勉強はきまった時間にしていますか。
ア いつもきまった時間にする。 イ だいたいきまった時間にする ウ 時間がきまっていない

⑦勉強するのはいつですか。
ア 帰ってすぐ イ すこしあそんでから ウ 夕ごはんのあと 
エ ねるまえ  オ 朝、学校に行く前  カ きまっていない

⑧読書はすきですか。月に何冊くらい読みますか。
ア すき イ ふつう ウ きらい

◎月に何冊くらい読みますか。
ア 月に1冊くらい イ 2冊くらい ウ 3冊くらい エ 4冊くらい 
オ 5冊くらい   カ 6冊くらい キ 7冊くらい ク 8冊以上
⑨学校から帰って、外で遊ぶことは多いですか。また、どんなあそびをしていますか。
ア おおい  イ すくない

◎どんなあそびをしますか


⑩ほうかご何人くらいで遊びますか。
ア 1人で  イ 2人で  ウ 3人か4人  エ5人か6人  オそれ以上


⑪このごろテレビゲームをしますか。また、一日にどれくらいしますか。
ア よくする  イ ときどきする  ウ あまりしない  エ しない

◎一日にするのは
ア しない     イ 1時間まで   ウ 1時間~2時間  エ 2時間~3時間
オ 3時間~4時間 カ 4時間~5時間 キ 5時間いじょう
 
⑫ふだん学校から帰って、テレビを見る時間はどれくらいですか。
ア しない     イ 1時間まで   ウ 1時間~2時間  エ 2時間~3時間
オ 3時間~4時間 カ 4時間~5時間 キ 5時間いじょう

⑬おてつだいをしますか。また、おてつだいの仕方は、つぎのどれですか。
ア 毎日きまってしている  イ ときどきする  ウ たまにする  
エ ほとんどしない     オ しない

◎おてつだいのしかたは
ア 自分からすすんで  イ 自分からするときやいわれてするときも
ウ 言われて      エ 言われてもしない

⑭一週間のうち、ならいごとや、じゅくのある日は、いつですか。すべてに、○をしましょう
ア 月   イ 火   ウ 水    エ 木    オ 金    カ 土    キ 日

◎習い事は、いくつですか。
ア 0    イ 1つ   ウ 2つ   エ 3つ   オ 4つ   カ 5つ
キ 6つ   ク 7つ   ケ 8つ   コ それ以上

◎習っているものを、すべて書いてください。




⑮おうちのひとは、あなたをほめてくれますか。また、さいきんどんなことでほめてくれましたか。ア よくほめてくれる   イ ときどきほめてくれる   ウ あまりほめてくれない

◎さいきんどんなことでほめてくれましたか。




⑯おうちの人は、あなたをしかりますか。また、さいきんどんなことでしかられましたか。
ア よくしかる   イ ときどきしかる   ウ あまりしからない

◎ さいきんどんなことでしかられましたか。



⑰おうちの人に、学校やともだちの話をしますか。
ア よくする   イ ときどきする   ウ あまりしない

⑱おうちのひとに「おはよう」「いってきます」「おやすみ」などのあいさつをしますか。
ア いつもする   イ ときどきする   ウ あまりしない

⑲こまったことやなやみがあれば、だれにそうだんしますか。
ア おじいちゃん・おばあちゃん   イ おとうさん   ウ おかあさん
エ おにいちゃん・おねえちゃん・おとうと・いもうと   オ ともだち
カ 先生              キ その他の人   ク だれにもそうだんしない

⑳しょうらいのゆめをもっていますか。それはなんですか。
ア もっている   イ とくにない
◎今もっている、ゆめはなんですか。

ピン ピタ グー

20151004115615725.jpg



「ピン ピタ グー 」

合い言葉でよい姿勢にさせる


姿勢を整えてから、鉛筆を持たせ、書く準備に入らせたい。また、音読の準備に入らせたい。そのときの合い言葉を紹介する。
1 背中
指示1:
背中は、ピン!
腰骨を立て、背中をのばす。

2 足の裏
指示2:
足はピタ!
足の裏を床につける。

3 おなかと机の間
指示3:
おなかはグー!
おなかと机の間にグー(にぎりこぶし)が一つ入る程、間を空ける。

教師「背中は」  子ども「ピン!」
教師「足は」  子ども「ピタ!」
教師「おなかは」 子ども「グー!」
のように、掛け合いで合い言葉を言うことで、姿勢を整えることができる。

また、「ピン!ピタ!グー!」と教師が言うだけで、姿勢を整えるようにもなってくる。
合い言葉で学習の構えができてくる。  

上ぐつのあらい方

上ぐつのあらい方

※ 子どもの上靴やスニーカーの汚れを"キレイに"落とす方法

1.こびりついた泥汚れなどをブラシで落とす
泥は洗剤では溶けません。
表面にこびりついた泥汚れは乾かしてから、ブラシでこすり落としましょう。その後に使うと、成分が効果的に働き、布目に入り込んだ汚れを引出します。

2.浸け置きをする!
意外と頑固な汚れの運動靴・上履きは基本浸け置きが良いと思います。
バケツに靴がつかるくらいのぬるま湯を入れ、洗剤を溶かして靴をいれておきます。
1時間くらい漬けておくといいでしょう。

3.靴ブラシやたわしなどで汚れを落とす
上靴を漬け置きした後は靴ブラシや取っ手付のたわしなどで汚れをおとしましょう。
届きにくいつま先の内側は古い歯ブラシを使います。

4.水でよく洗い流し、しっかり水気を切る(脱水)水に入れて洗剤の泡が出てこなくなるまでしっかり洗い流す。
洗剤が残っていると黄ばみやシミの原因になります。
洗濯機の脱水を使うと乾燥時間の短縮になります。

5.干すときは陰干しで
ゴムの靴底は熱にあてると軟らかくなり変形することがあるので、直射日光に当てないように陰干しをして乾かします。

※ 子どもの上靴の洗い方・干し方のポイント(下靴も同じ要領、冬場の干し方も)  滋賀の「子どもと向き合う」親・保育士・教師の「始めの1歩」:ミニ作戦【スモール・ステップのすすめ】  より

シャツのたたみ方

20150905165414ecf.jpg


20150905165414564.jpg 20150905165416f73.jpg 201509051654175ec.jpg

20150905165419179.jpg 201509051654316f3.jpg

着替え


高校生になった今は、朝の用意を急かさなくても、時間には出て行けるようになったA太郎だが、もともとは着替えが遅くて困っていた。
着替えながら、すぐ違うことをしようとするし、フラフラ歩きだすし、ボーっとして手が止まるし。
それは、家庭でだけでなく、幼稚園や小学校でも着替えは遅い。
荷物の用意も遅いから、帰りの挨拶をする前に仕度が終わったことがない。

幼稚園ではお迎えの時、仕度が出来た順に出てきて庭に並ぶという決まりになっていたのだが、A太郎はいつもクラスで一番最後、それもかなりの差をつけて、ダントツのビリで。
周りに関心がないから、人に遅れて恥ずかしいなんて全然思ってなくて、いつも見えないバリアーの中でぬくぬくとマイペースで生きている。
早く動く方法が分からない子に、「早くしろ」と怒っても無駄だった。
パニックになって、泣くだけ。

①着替えの場所を決める。
療育の指導室ではロッカーのテーブルの上と決まっていた。
学校では自分の机の上。
家庭だったら、カゴを用意するなどして、場所を決め、フラフラ歩くのを防ぐ。

②着替えの順番を決める。
脱ぐ順番。
上着(パジャマ)

ズボン

着る順番。
ズボン

下着(シャツ)

上着

靴下

順番で注意したいのは、パンツを見せている時間を短くすること。
学校ではいつまでもパンツを見せているのは恥ずかしいことなので、まず何よりパンツを最初に隠すという順番で着るのが大事。(男の子の場合)

③着替えの技術
上着を脱ぐ時は、腕から抜く、という決まりにする。
頭から脱ぐクセがつくと裏返しになったり、汗をかくと貼りついて脱ぎにくい。
裏返しを直すのが苦手な子も多いし、学校でそんなことをしていると遅くなってしまう。

下着(シャツ)をズボンの中にキッチリ入れる、というのも課題に組み入れ、着替えた後にチェックする。
下着がはみ出ているのはダラシナイ印象を与えてしまうし、見た目は大事。
障害があってもなくても、キチンとさせたい!

着替えは全て立って行うが、靴下も同様で、片足ずつ持ちあげて立って履く。
時間節約とバランス感覚を身につける練習になる。
これは、最初難しいし、座りたいと反抗したが、絶対譲らず、練習させ出来るようにさせた。

脱いだ服をキチンとたたむこともセットでさせる。
床、または台に置き、両袖を内側にたたみ、裾から半分に折り、もう半分に折る。
キチンとシワなくピッタリ重ねる。
ズボンもピッタリ二つ折り、さらに半分に折る。

④時間の設定。
最終的には、脱ぐ、着る、たたむまでを2分で行うのを目標に、タイマーで計る。

こういうことを、毎朝続けた。
着替えの順番や技術は毎日のことなので、習慣化されやすく、スムーズになった。
手順については覚えるまで、視覚的に表示してあげてもいい。
覚えてからも、ボーっとした時に使える。
また、うちの子みたいに視覚より言葉かけが有効な子は、止まったら「次はなに?」とか、「はい次」とか声をかけ、意識させるといいかも。
その時、「早く」と言わない。

でも、学校ではキレイにたたむはしなくていいと思う。
普通学級では臨機応変にグシャグシャにカバンに突っ込んで、外へ出る、くらいのスピードがないと付いていけないから。
A太郎もそうしていた。
療育では、先生にチェックされるから、いつもキレイに畳んでいた。
両方できる、それが大事なスキルだと思う。

はしの持ち方

正しい長さのお箸を使っていますか?

hasi3.gif


hasi1.jpg


hasi2.gif






[ 続きを読む » ]

あいさつ運動考


あいさつ
愛知県半田市立乙川東小学校 福島圭一郎

「おはよう」というと目がさめる
「いただきます」というとおなかがすく
「いってきます」というとげんきになる
「ありがとう」というときもちがいい
「ごめんなさい」というとほっとする
「おやすみなさい」というといいゆめみられる
あいさつってうれしいな


  あいさつ 工藤直子

さんぽを しながら
ぼくは しっぽに よびかける
「おおい げんきかあ」
すると むこうの くさむらから
しっぽが ハキハキ へんじをする
「げんき ぴんぴん!」
ぼくは あんしんして
さんぽをつづける

20141102101537cc2.jpg

201411021015350ec.jpg

201411021015360a7.jpg


AC ジャパン CM あいさつの魔法

20141102125302405.jpg


「あいさつの魔法。」

こんにちは(こんにちワン)
ありがとう(ありがとウサギ)
こんばんは(こんばんワニ)
さようなら(さよなライオン)

まほうのことばで
たのしいなかまがポポポポ~ン

おはよう(おはよウナギ)
いただきます(いただきマウス)
いってきます(いってきまスカンク)
ただいま(ただいマンボウ)
ごちそうさま(ごちそうさマウス)
おやすみなさい(おやすみなサイ)

すてきなことばで
ゆかいななかまがポポポポ~ン

こんにちは(こんにちワン)
ありがとう(ありがとウサギ)
[ 続きを読む » ]

MOTTAINAI

MOTTAINAI もったいない

もったいない(勿体無い)とは、物の本来あるべき姿がなくなるのを惜しみ、嘆く気持ちを表している、日本語の単語である。

「物体(もったい)」とは、元来は仏教用語である。また、「勿体無い」は、もともと「不都合である」、「かたじけない」などの意味で使用されていた。現在では、それらから転じて、一般的に「物の価値を十分に生かしきれておらず無駄になっている」状態やそのような状態にしてしまう行為を、戒める意味で使用される。


20141102132430b09.jpg


環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、
ワンガリ・マータイさん。
マータイさんが、2005年の来日の際に感銘を受けたのが
「もったいない」という日本語でした。

環境 3R + Respect = もったいない

Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という
環境活動の3Rをたった一言で表せるだけでなく、
かけがえのない地球資源に対する
Respect(尊敬の念)が込められている言葉、「もったいない」。

マータイさんはこの美しい日本語を環境を守る
世界共通語「MOTTAINAI」として広めることを提唱しました。
[ 続きを読む » ]

魔法の言葉

ことだまと言葉の魔法

古来から日本ではことだまのパワーには命(魂)が宿っている、と信じられ、
使い方一つで人生をも左右するほどの大きな力がある、と考えられています。

気持ちの良い言霊を習慣にすると、次第に運命が好転してきます。

言葉の魔法とは、
肯定する心、感謝する心、謙虚な心、赦す心など、プラスの心によってもたらされます。

そう考えると、「ことだま」は私たちの周りにあふれていますので、
これは!と直感した言葉をチョイスして積極的に活用していただければと思います☆







魔法の言葉1 大丈夫

私たちは長い人生の中で、
時には困難な壁と思えるものと出会うことがあるかもしれません。
ときには、心が折れそうになることもあるでしょう。
物事に行き詰ったり思ったように進まない場面に直面したときに

「大丈夫。」

という魔法の言葉を口に出してみてくださいです。

半信半疑でも、とりあえず口に出してみることです。
「また失敗するかもしれない。」「どうせ無理に決まってる。」
などの心境は次第に変化していき、
「大丈夫、順調にうまく進んでいる。」
と思えてくればしめたものです。

ここまでくると、言霊の力が作用しぐいっと引き寄せられてくるでしょう。
突然、朗報が舞い込んでくるかも知れません。
気づかない部分で何かあなたへの変化がやってくるかもしれませんよ。

類義語:なんとかなる なんとかする など


魔法の言葉2 ありがとう。

宇宙のエネルギーともっとも近いといわれている魔法の言葉。
「ありがとう」という言霊には、感謝の心、
許す心など愛にあふれたエネルギーを発していますので、
繰り返すほど幸運が引き寄せられます。

実は、【難が有る】という言葉が転じてありがとうになったといわれる語源もあるので
困難に出会った時こそ「ありがとう」の出番です。

悲しい別れの時には、楽しい出会いを「ありがとう」
心無い言葉で攻撃されたと感じても、大切なことに気づかせてくれて「ありがとう」
不安や恐怖を感じても、素敵な経験を「ありがとう」

たとえ意に反することがあったとしても、心の中で「ありがとう」とつぶやくだけで
周囲のエネルギーは代わり、ありがとうの持つことだまの魔法が動き始めます。
もちろん感謝の気持ちも素直に「ありがとう」で受け取ってみましょう。
「そんなことないよ」などの謙遜ではなく、ありがとうで受け取ることで
周囲との会話もスムーズに進んでいくことでしょう。

類義語:ありがとうございます 感謝します など


魔法の言葉3 ツイてる、イケてる

物事を好転させるパワーを持つ言葉です。
どんな状態でも、よし!狙い通りだ!と思うことで
奇策の一手を踏み出せたり、土壇場で巻き返すエネルギーを引き寄せることができます。

お金がなくても「ツイてる、イケてる」
恋人に振られても「ツイてる、イケてる」。

ネガティブな状況に直面した時ほど
「ツイてる、イケてる」という言葉は大切です。

本来、不運に見舞われているときは、
マイナスの気持ちに引きずられて予想外の重圧を引き寄せかねない状況だとも言えます。
ついつい混乱し、焦ってしまって、更なる失敗を重ねてしまうことも。
そんなときは「ツイてる、イケてる」と思うことでそのエネルギーを覆して
自分のものにしてしまいましょう。
また、真逆の言葉を口に出すことで、無意識に自分自身を落ち着かせる作用もあります。


類義語:ラッキー OK など



魔法の言葉4 おかげさま

私たちは個人の意識として、
自分自身の成功や、自分自身の功績をついついひけらかしてしまいたくもなります。
自信があることはとてもいいことですが、その自信が独りよがりになって過信してしまうと
目が曇ってしまいます。
自信の中に、この言葉で謙虚さを備えることで
自分自身の功績と、応援してくれた様々な人を同時に称えるエネルギーを贈ることができます。

「おかげさま」という言葉は、この宇宙の中で生かされている、
生きている、という他の存在との共存と調和をあらわしています。

類義語:おかげで など



魔法の言葉5 愛してる

「愛してる」という言葉にはとても強いパワーがあるとされています。
特に恋している時などは、特別な言葉と感じる人が多いかと思います。
「愛している」という言葉には、あなたを大切に扱っていますよ。という意味が込められています。
丁重に、丁寧に、大切に、大事に…
そのような意味合いがたくさんこの一言の中に含まれているのは
まさに魔法のように感じますね。

「あなたの全てを認め、受け入れます」
という宣言でもあります。
まずは自分自身に、どんな時でもことだまとして伝えてみましょう。
まずは自分へと「愛している」と伝えることであなたを愛する人々の気持ちと共鳴し
自然と愛の輪が広がっていくことでしょう。
このことだまで大切なのは、自分を差し置いて他者へ伝えるのでは効果が薄いということです。
まずは自分へとたくさんことだまを伝えてみてくださいね。

類義語:大切 愛している など


魔法の言葉6 うれしい

「うれしい」という言葉の言霊には歓びの気持ちを周囲に伝えるパワーを持ちます。
この言葉を発することで場の空気は華やかで明るくなる魔法の言葉です。
歓びの気持ちを自ら口に出して伝えることで、
より多くの気づかなかった些細なよろこびを見つけることにつながっていきます。

つい、「えぇ~?」と思うような不満がある事柄に、
「うれしい」という言葉で還してみてください。
予想外のうれしいことを引き寄せることだまはもう動き出しているのです。


類義語:楽しい 大好き など



魔法の言葉7 頑張ってるね

がんばってね、やがんばろうではなく、
ここでは「頑張ってるね」という言葉を。

頑張れという言葉は時に残酷なものでもあります。
既に頑張っている人に対して言う言葉としては、適切では無いかもしれません。
これ以上ないほどの努力をしている時には、
頑張ってとか頑張れというような言葉を聞いただけでも苦しくなる時もあります。
それが「頑張ってるね」と言う言葉になると、
スっと肩の力が抜け、緊張がほぐれ
それはとても嬉しい言葉になることが多いです。
なぜなら自分自身のしていることを認め、肯定してくれている魔法の言葉なのですから。

類義語:よくやてってるね など


魔法の言葉 番外編 挨拶

日本文化は世界的にも挨拶の種類の多い国なのだそうです。
私たちより先の世代が日常的に使用していた感謝の言葉や言い回しが
簡略化され、「挨拶」という独特の表現に変化していきました。
「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「おやすみ」「いただきます」「ごちそうさま」「おかえり」「ただいま」など

私たちの生活の中に根付く挨拶には特別な意味があります。
時間や季節を区切る挨拶を行うことで、気持ちの切り替えができる効果があったり、
人とのコミュニケーションを容易にとれたる効果があったりもします。

もし自分自身の中に悩みがあるのなら、挨拶を取り入れてみるのもいいかもしれませんね。
ダイエット中の人は「いただきます」「ごちそうさま」をいうことで食事中の気持ちの切り替えや、
おちつきのない人は「いってきます」「ただいま」ということで家と外の切り替え、
睡眠や希少に悩みがある人は「おやすみなさい」「おはよう」
コミュニケーションに悩みがある人は「おはよう」「こんにちは」などを
身近な人や、出会う人にいってみてもいいかもしれません。

自分から声に出して挨拶を行う習慣が出来る事には
何か変化があなたに訪れているかもしれませんよ。




読んでいただいた方はお分かりだと思いますが、
ことだまは発した人と、聞いた人のイメージが大きく左右するものでもあります。
この言葉たちだけではなく、あなたが聞いて気持ちがいいと思う言葉を発することが
何よりもことだまのパワーを強くするのです。
好きな言葉や詩を言葉に出して読み上げてもいいし
好きな歌を歌うことや
いってほしい言葉を自分に投げかけることでも
ことだまのパワーは動き出します。

自分に合った言霊をチョイスすることです。
それが習慣になるころには、あなたの元へ思いがけない宇宙からの贈り物が届くことでしょう。
[ 続きを読む » ]

立腰

立腰

ritu2.jpg

ritu1.jpg


※ 森信三の世界   実践人の家より

※ 立腰(りつよう)とは?  登龍館より

※ 腰骨立て こしぼね 立腰指導   塩原小学校

※ 立腰(りつよう)のススメ

あなた自身の社会

あなた自身の社会

「あなた自身の社会 スウェーデンの中学教科書」
2005/02/23、皇太子さまが記者会見で朗読したことによって話題になった「あなた自身の社会 スウェーデンの中学教科書」に掲載されている内容です。


批判ばかりされた 子どもは 非難することを おぼえる
殴られて大きくなった 子どもは 力にたよることを おぼえる
笑いものにされた 子どもは ものを言わずにいることを おぼえる
皮肉にさらされた 子どもは 鈍い良心の もちぬしとなる
しかし,激励をうけた 子どもは 自信を おぼえる
寛容にであった 子どもは 忍耐を おぼえる
賞賛をうけた 子どもは 評価することを おぼえる
フェアプレーを経験した 子どもは 公正を おぼえる
友情を知る 子どもは 親切を おぼえる
安心を経験した 子どもは 信頼を おぼえる
可愛がられ 抱きしめられた 子どもは 世界中の愛情を 感じとることを おぼえる



『子どもが育つ魔法の言葉』

『子どもが育つ魔法の言葉』

子は親の鏡

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる
とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる
不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる
「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる
子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる
親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる
叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう
励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる
広い心で接すれば、キレる子にはならない
誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ
愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ
認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる
見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる
分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ
親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る
子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ
やさしく、思いやりを持って育てれば、子どもは、やさしい子に育つ
守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ
和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

(ドロシー・ロー・ノルト 石井千春訳)


無題

ひとつのことば

最近子どもたちの中で「ウザイ(うっとうしい)」「キモイ(気持ち悪い)」などの言葉がよく使われているようですが、どんな心で言葉を発し、相手はどんな心で言葉を受け止めるか・・・。そんな子どもたちに是非この詩を。そして、私たち自身も「一つの言葉には、それぞれ一つの心がある」ことを心に銘じて、一つひとつの言葉を大切にしていきたいものです。


真宗大谷派の伊奈教雄さんの「風の声・竹の声」より
『ひとつのことば』

ひとつのことばで けんかして
ひとつのことばで なかなおり

ひとつのことばで 頭が下がり
ひとつのことばで 心が痛む

ひとつのことばで 楽しく笑い
ひとつのことばで 泣かされる

ひとつのことばは それぞれに
ひとつの心を持っている

きれいなことばは きれいな心
やさしいことばは やさしい心

ひとつのことばを 大切に
ひとつのことばを 美しく
[ 続きを読む » ]

おしっこの仕方(男子)

※ こんな子がいませんか?

・ズボンとパンツをおろしてして、おしりをだしておしっこをする子
・便器の周りにおしっこがとびちっている子
・ズボンをぬらしてくる子

教材・教具紹介

「おしりをださないでおしっこをしよう」ボード

ねらい    
  立ち便器での排尿時、お尻を出さずに排尿できるようにする。

使用方法
  トイレの立ち便器の前に、児童生徒が見えるように日常的に貼っておく。「お尻を出さないでおしっこしようね」と声かけしボードを指差して伝える。

○  お尻を出さずにおしっこできることを願って・・・
 学校ではお尻を出している方のイラストに×マークをしています。×マークのイラストだけを準備するのではなく、ズボンを上げた状態のイラストを合わせてつけてあげてください。

 指導の際に気付いたことを少し・・・、児童がおしっこをする動作を観察してみると、お尻を出す児童は、ズボンを下ろす際に、手の位置を腰~お尻側にかけて持っていくことが多いです。
 指導の際、ズボンを下ろしきってからズボンをあげるように促しても、児童にとっては意味が理解しづらく、たぶん修正には繋がらないように感じています。僕が指導していて「おっ!いけるかも」と実感している方法は、ズボンに手をかけた時に(お尻側)、スグにその手を前の方(ちんちん側)へと誘導してあげると、ちんちんしか出さずにできるようです。
 流れとしては、トイレ→イラスト確認→ズボンの手を前方へプロンプト→排尿という感じです。手の誘導は、不要な言葉がけはせずに自然な流れでおこなうのがポイントだと思います。また、このような支援をしたからといってすぐにできるようになると思い込まないことも大切だと思います。一歩進んでは下がることもある・・・という繰り返しで定着を目指すということの方が多いです。子ども達にとったら、お尻を出した方がやりやすい・今までこれでしてきたのに、それを変えるということは凄く大変なことだと思います。 (子ども達からみてメリットが少ない事柄への指導は、本当に気長に定着を目指す必要があると思います。反対にメリットが感じられることはすぐにマスターできちゃうんですけどね・・・^^;) 


○ トイレの仕方

○ トイレで床におしっこをまきちらしていた子への対応
 男子用トイレで朝顔(小便器)の前に立つのですが、出る瞬間から
横を向き床に全部まきちらしてしまいます。引き継ぎではそんな話は
無かったのですが・・・

 校外のトイレでも同じでした。

【対応1】
 たぶん1度は、指さしと音声言語で「ここ」と指示したと思います。
まったく効果なし。しかし「叱る」のも違うと思えました。

 しかたなく、その子がトイレから出て来たら、私が水で流してデッ
キブラシで洗うという対応しかできませんでした。校外の場合はその
ままにして「逃げ」てました。非常に情けない気分でした。

【推測】
 その子は人に関わるのが好きで、人があわてたりするのを見るのが
大好きでした。ある時、トイレで偶然おしっこが横にいる別の子にか
かりかけた時に「わっ」とよけたのが楽しくて、その行動が定着して
しまったのではないか?
 まあ、これは推測しても、あまり解決にはつながりません。
 周囲の子に「びっくりしないでね」「よけないでね」はこの場合、
無理がありますから。

【情報収集】
 家は洋式便器。失敗は無い。ブルーレットを使っている。

【対応2】
 その子の使う朝顔はいつも決まっていました。
 朝顔の排水溝の蓋をきれいに洗ってブルー(青)ペンキで塗る。
 朝顔の前に黄色のペンキで足形を描く。
 そうした後、1度だけ、おしっこをする時に排水溝の蓋を指さし
音声言語で「ここ」と言いました。

【結果】
 校内でも校外でも朝顔にちゃんとするようになりました。
 まあ、もちろん、たまたまこの場合に有効だったに過ぎません。

[ 続きを読む » ]

えんぴつとシャープペンシル

◎ 学校での利用   シャープペンシル - Wikipediaより

シャープペンシルは1970年代後半から学校でも使用されるようになった。
「高価だから」「芯が飛ぶと危険」などといった理由から、日本の教育関係者がシャープペンシルを敵視する向きもあり、学校での利用を禁じられることもあった。
禁止の理由として、上越教育大学書写書道研究室准教授の押木秀樹の説によると、先端の形状が変化する筆記用具では、筆記用具の軸を微妙に回転させる動作が必要で、そのことにより正しく字を書くことが出来るという。
そして、鉛筆を用いた方が、回転運動により筆記面を作るという意識ができやすいという。

◎ えんぴつ

 しっかりとした筆圧で,

   しっかりと字を書く。

    ・はね

     ・とめ

       しっかりと文字を書く。

      そのための道具として,

     優れているのは,

    鉛筆です。


◎ 小学校のホームページを見てみると学校のきまりがのっています。ある小学校のホームページより

【Q&A:持ち物編】

Q  .なぜシャープペンシルを使ったらだめなの?

A  ○○小学校ではシャープペンシルの使用を認めていません。以下がその主な理由です。
※文字を書く際に「とめ」「はね」「はらい」を意識して書こうとするためには、芯が太い鉛筆 の方が書きやすく、芯もシャープペンシルに比べて折れにくいです。学級でも『鉛筆』の良 さを様々な形で伝えていくことが大切だと思います。
・少し力を入れるとすぐにシャープペンシルの芯が折れてしまうこと。
・芯が折れないように文字を書くと、文字が薄くなってしまうこと。
・授業中にカチカチと音を鳴らす児童がいると、授業への集中力がそがれてしまうこと。


◎ シャープペンシル 雑学

 シャープペンシルという名称は,早川金属
(現在のシャープ株式会社)が製造販売していた「早川式繰り出し鉛筆」の商品名だったのです。

1822年 ホーキンスとモーダン(英)が「単動式繰り出し鉛筆」の特許取得
1838年 キーラン(米)が実用筆記具として「エバーシャープ」を発売     
1877年 日本に輸入
1915年 国産「常備シン尖鉛筆」が早川金属とカノエ万年筆より発売
      その後,早川金属は,輸出品として「エバー・レディー・シャープペンシル」を発売
     国外でヒット商品となりその後国内でもヒットした。(後に「シャープペンシル」と改称)
1923年 関東大震災で早川金属倒産。シャープペンシルの特許を売り払い大阪で早川電気創業。
1960年 大日本文具(現在のぺんてる)が,合成樹脂芯「ハイポリマー芯」を発売。
      中高生が気軽に買える値段の商品が開発され,大ヒット。
[ 続きを読む » ]

ぞうきんのしぼり方

ぞうきんのしぼり方 (発達障害児のためのサポートツールデータベース・)


小学校では、教室や廊下などの掃除を自分たちで行ないます。

初めてのシーンで戸惑わないよう、入学する前に、家庭でぞうきんをしぼる練習をさせ、あらかじめ拭き掃除に慣れさせておきましょう。

お手伝いのひとつとして生活に取り入れるといいですね!

[ 続きを読む » ]

えんぴつの持ち方

● えんぴつの正しい持ち方

enn.jpg


※ 「えんぴつ」の正しい持ち方ができると・・・

  ◆  形のよいきれいな文字を書くことができます。
  ◆  「はね」「はらい」を正しく書くことができます。
  ◆  速く文字を書いても、きれいに書くことができます。
  ◆  正しい持ち方ができると、姿勢がよくなります。姿勢がよくなると、さらにきれいな文字を書くことができます。
  ◆  正しい持ち方ができると、指に負担がかからないので、手・目・首・肩が疲れません。

★ 出来ていないことを根本から直していくことも大切ですが、あまりしつこくするとストレスを感じたり、逆にその活動自体を避けようとして逆効果になったりすることもあります。ちょっとした工夫で苦手が解消できたり、活動がスムーズにできたりするのであれば、ある物はどんどん使ってみましょう。但し、個人差があるので、何事もまずは試してみて合う物を探すことが大切です。


[ 続きを読む » ]