文房具の記事 (1/2)

消せる色鉛筆「フリクションいろえんぴつ」

消せる色鉛筆「フリクションいろえんぴつ」

20170911060016137.jpeg


あの有名なフリクションシリーズの色鉛筆版!

パイロット初の木軸鉛筆。色鉛筆市場への新規参入商品
こすると消える色鉛筆 『フリクションいろえんぴつ』
摩擦熱で筆跡がきれいに消える。「フリクション」シリーズに新カテゴリー登場 

 株式会社パイロットコーポレーション(社長:渡辺 広基)は、当社初の木軸鉛筆として、フリクションインキの技術を活かし、筆跡をきれいに消すことができる色鉛筆『フリクションいろえんぴつ』(12色セッ ト:1,050円/1本:105円)。

『フリクションいろえんぴつ』は、「フリクション」 シリーズの新カテゴリーとして摩擦熱で筆跡を無色にする、これまでにない色鉛筆です。鉛筆後部の消去用ラバーで擦ることで生じる摩擦熱により筆跡をきれい に消すことができます。ぬり絵で枠からはみ出したり、間違った色で塗ってしまっても安心です。また、消しカスが出ないため、リビングルームなどでお使いい ただいてもテーブルや部屋を汚すこともありません。芯はもちろん、通常の色鉛筆と同じく鉛筆削り器やナイフで削ることができます。


主な特長

摩擦熱による温度変化によって筆跡を無色にするフリクションインキの色素をワックスで固めた新開発の芯を搭載。消去用ラバーで擦ることで筆跡をきれいに消す ことができる色鉛筆です。消しゴム等で消す、これまでの「消せる色鉛筆」と異なり筆跡の消し残りがほとんどなく、また、摩擦熱で筆跡を消去するので消しカ スが出ないため、テーブル上や部屋を汚すこともありません。芯を守るため、芯の周囲に白い保護材を施した2重構造です。

色種は、きいろ、うすだいだい、だいだい、あか、ももいろ、むらさき、あお、みずいろ、きみどり、みどり、ちゃいろ、くろの12色。柔らかタッチのソフトな発色です。塗った色を部分的に消すことで「白色」を表現することもできます。


スマイリーエッジ

                                    
スマイリーエッジ

スマイリーエッジはカッターナイフでもハサミでもない、新しい道具です。怪我のリスクが軽減された、安全安心なカッターです。

20170330071825d39.jpeg

20170330071823540.jpeg


ソフトリングノート

書きにくいを解消したリングノート!


201703200232370ee.jpeg

”ソフトリングノート”

コクヨが独自開発の「柔らかリング」を採用したリングノート

20170320023237cd1.jpeg

リングが柔らかいので書くときに気にならない!

20170320023737a05.jpeg



さらにD字型リング形状を採用

20170320023239b64.jpeg


”ドット入り罫線で満足度も高い”

ぜひ一度利用してみては?

フルーツメモ

えっ、本物!?もぎたてのフルーツメモはいかが?

20170319015112cae.jpeg

D-BROS "KUDAMONO"

実は木の枝は本物(笑)
作業机にこんなメモ帳を置いたら、華やかになりますね!

201703190151107e8.jpeg

しっかり種まで付いています

ちぎるとスライスされたリンゴが!

201703190151089f4.jpeg

産地直送!?

遊びごごろがある、かわいいデザイン。誰かにプレゼントしたり見せたくなっちゃいますね

クルティア

ヘッドが360度回転する修正テープ!!

20170318054711abc.jpeg



”クルティア”

今までの修正テープにはない、画期的な機能を搭載!

2017031805471204f.jpeg

2017031805471365a.jpeg


これぞクルティアの真骨頂

ヘッドが360度回転するので、今までの修正テープで感じていたイライラが解消。ヘッドの部分が可動しスムーズに引けるので、紙面にしっかりフィットしてくれる優れもの。

開いて一覧、閉じてすっきり!スマートな収納BOX

20170312063207c3d.jpeg

2017031206320827f.jpeg


"ライフスタイルツール"

ナカバヤシ株式会社
おしゃれでシンプルで楽しいデザイン!

毎日使うものではないけれど押入れにしまうものでもない。
引き出しや箱に入れるとゴチャゴチャしてくる・・・
そんな悩みを解決する立てて 分類して スッキリ。
ミニマルな生活のための収納。

消しゴム

RESARE〈リサーレ〉

普通の消しゴムと侮るなかれ!

20170311055223fcd.jpeg

201703110552228cd.png

古墳

くりっ墳
20170311054609746.jpeg

ネーミングセンス抜群の前方後円墳型のかわいいクリップ♪
表から見ても、裏からみても前方後円墳です笑

古墳のますて(埴輪もあるよ)
20170311054611e61.jpeg

いろんな形の古墳がちりばめられたマスキングテープ!
デザインがとにかくマニアック笑
前方後円墳、円墳、双円墳、帆立貝形古墳、双方中円墳、方墳。。。
あなたはいくつ知っていましたか?

のびる〜墳
2017031105461225f.jpeg

ここまでするか!笑、前方後円墳の形をしたシリコン製のわごむ。
もう輪ゴムとしても用途が分からなくなるようなデザインです笑
個人的には、古墳の愛が一番伝わってくるのでいちばん好き!でもなにに使おう。。。笑

ペンスタンド

上から押すだけで、ペンスタンドに早変わり!

20170309045357406.jpeg

2017030904540049b.jpeg

20170309045358214.jpeg

TSUNAGO

201703070448392b3.png


すてないで、つなげてつかおう
短くなって使いづらくなった鉛筆。
ちょっとした工夫と作業で、また使えるようになる。
それが、なんだか嬉しい。
捨てるものを少なくする。使えるものを長く使う。まずは鉛筆から。
まわりのものがより愛おしく感じてきます。

カタログPDF|TSUNAGOの使い方動画|TSUNAGOの使い方Q&A

私たちはTSUNAGOによる収益の一部を森の未来のために、寄付をしています



下記ご注意をご覧いただきご理解した上でご購入ください。

TSUNAGOの穴開け作業について、慣れとコツが必要です。

TSUNAGOの鉛筆穴開け作業について、慣れとコツが必要です。小さなお子さまや握力等の弱い方の作業は時間がかかるなど、難しい場合もあります。また、一度に多くの鉛筆をつなごうとすると、指が痛くなることもございます。鉛筆をつなげる道具として企画製造しておりますのでその点をご理解の上、ご購入いただきますようお願い申し上げます。

これは鉛筆をつなぐ鉛筆削り器ですが、鉛筆をつなげる道具として企画製造しております。作業において、少しコツをつかむ必要があります。工作をするように楽しみながらお使いください。
お子様が利用されるときは、必ず保護者の方と一緒にお使いください。
加工ができるのが、6角や丸鉛筆で太さが7mmから8mm未満の通常サイズの長さが5cm以上の鉛筆で、芯が3mm未満に限ります。色鉛筆等は加工できない場合もあります。
金属、樹脂、ゴムなどが付いた鉛筆及び紙製鉛筆は使用できません。
長い鉛筆をつながないでください。継ぎ足して18cm以下になるようにしてご使用ください。
鉛筆の品質等によりキリ穴をあけるときに木にヒビが入る事もあります。支障のない程度にてご利用いただくか、木工用接着剤にて補修してご利用ください。
つなげる鉛筆同士、必ず木工用接着剤でつなげてください。しっかり接着しないと、通常の 鉛筆削りを利用時につなぎ目がはずれてしまい支障をきたすことがあります。ご注意ください。
本器には削り刃とキリが付いていますので十分注意してください。
幼児の手の届かない場所に保管してください。 幼児が使用する場合は、保護者のもとで使用してください。
水分や直射日光は避けてください。
製品の仕様及びデザイン、サイズは改良のため予告なく変更する場合があります。
使用上の注意の詳細、作業のコツなどは、随時 Webにて公開してまいります。

どこでも張り付く魔法のふせん

20170306050104533.jpeg


どこでも張り付く魔法のふせん


magnetic NOTES は、独自の特許取得済み技術を応用した特殊な静電ポリプロピレンフィルム製品で、ほとんどの素材に吸い寄せられるように貼り付きます。
木材、プラスチック、ガラス、紙、金属、レンガ、コルク、革、布など、ほぼ全ての表面に貼り付ける事が可能です。

肌色クレヨン

2016072505441136a.jpg 20160725054413dad.jpg


 化粧品といえば米国のファンデーション売り場は、とても感動します。色の豊富さは日本のそれとは比べ物になりません。日本では、クレヨンや絵の具の「肌色」という名称を改めて「うす橙色」などと呼ぶようになりましたが、アメリカではもともと「肌色」というコンセプトさえ存在しません。たしかに米国人の肌の色を、たったひとつの色で表現しろというのが基本的に無理です。

 そんな背景を思い起こさせたのが、先日見つけた商品。「マルチカルチュアル」セットという名で売られているこの商品、いろいろな人種の人々を描けるように8種類の肌の色を表現したクレヨンが入っているのです。調べてみると、他にも画用紙やマジックなどにも、同様に「マルチカルチュアル」なセットが見つかりました。肌の色や文化の違いを認識しつつ、さらに平等にという意味合いが、こういうセットに含まれているんだろうなぁ。子供の頃からこういう平等を教える教育玩具に触れさせることは、人種差別を少なくする目的もあるのかもしれません。

2016072505440788b.jpg

201607250544102ac.jpg 201607250544084f1.jpg

クーピーってなぜ手が汚れないの?

201607250528205e5.jpeg


そういえばクーピーってなぜ手が汚れないの?

クーピー独特のなめらかで光沢感のある仕上がりは、発売以来多くのファンに愛されている。(株)サクラクレパスにはクーピーで色を塗った持ち込み作品がけっこう届くそうだ

大人から子供まで幅広い世代に親しまれているクーピーペンシル。私も子どもの頃からお世話になってきたが、最近甥っ子の塗り絵を手伝っていて、昔から疑問に思っていたあることが、ふと頭をよぎった。
そういえばクーピーって、クレヨンのように紙が巻いてあるわけじゃないのに、なぜ手が汚れないんだろう? 軸全体が芯になっているのにどうして??
クーピーの発売元、株式会社サクラクレパスの商品企画部に聞いてみた。

「クーピーはクレヨンや色鉛筆に比べて、融点(溶ける温度)が約140℃と非常に高いんです。原料の一部にプラスチック樹脂を使い、プラスチックと同じような製法を採用しているため、溶けて手を汚す心配もありません」
この独特の製法は、1973年の発売当時から続けられているのだとか。なるほど、プラスチック樹脂を使っているから丈夫で折れにくいんですね。
また、プラスチック樹脂のほかに、消去性に優れた材質の樹脂も使用しているので、従来の色鉛筆より消しゴムで消しやすい点もポイントだという。

そもそもクーピーペンシルは、色鉛筆の使いやすさとクレヨンの発色性を兼ね備えた、新感覚の色鉛筆として開発された。
クーピーの名前は、フランス語で「打つ」、「一撃」を意味する「COUP(クー)」という単語に「Y」をつけて、クーピーと耳にやわらかく響くように工夫された造語。あの商品名には、「これまでにない『消しやすさ』と『軸全体が芯』という新機軸で、色鉛筆市場に一撃を加えたい!」という意味があったのだ。クーピーにそんな思いが込められていたとは……! 熱いロマンを感じさせるエピソードだ。
ちなみにクーピーは、ツルツルの紙より凹凸のある紙の方がよりキレイに発色するとのこと。そう言われてみれば、塗り絵の本や画用紙にはザラリとした風合いの紙が多いかも。いや、勉強になります。

最近は大人の塗り絵ブームを受けて、重ね塗りに適した『クーピーペンシル30 カラーオンカラー』という30色セットも発売しているそう。この「カラーオンカラー」、大人の塗り絵に合わせて選んだ特別配色なので、塗り絵ファンは必見! 時代のニーズに合わせて、クーピーも進化を続けているんだなぁと実感しました。
現在、サクラクレパスでは大人の塗り絵の普及をめざし、大阪本社や全国各地で「大人の塗り絵教室」を開いている。興味のある人はぜひ参加してみよう!

12色色鉛筆に「はだいろ」が入った。リストラされた色は?

12色色鉛筆に「はだいろ」が入った。リストラされた色は?

20160725053250064.jpeg


左から2番目が、いわゆる「うすだいだい」ですね。

「鉛筆の芯は黒た。リストラされた色は?

「鉛筆の芯は黒鉛と粘土を混ぜて焼いたもので、色鉛筆の芯は顔料とタルク・ロウを混ぜ合わせ、糊で固め、乾燥させたものです。 色鉛筆は粘土を使わず、焼かないので、鉛筆の芯よりもやわらかな書き味です。また、一般的な色鉛筆は紙の上に描くとロウが溶けて紙に貼りついた状態になるため、鉛筆と異なり、消すことができません」
絵を描くときには、「やわらかく描けて」「消えない」ことが重要なため、「色鉛筆の黒」である必要があるってことのよう。

では、12色の中で使用頻度の高い色は何だろうか。
「単品の購入では赤、次いで青が多いです。赤青以外はあまり差がありません。赤は丸付けなど、絵を描く用途以外で使われていると考えられます。青は空や海など絵を描く際に広い面で使うためとも考えられますが、赤と同様、絵を描く以外の書き込み用途でも多く使われているのではないかと考えられます」
余談だが、ボールペンでもカラーインクでは赤と青が人気色だと言う。

ところで、色鉛筆は従来、紙にしか描けないものだが、現在三菱鉛筆では「ポンキーペンシル」といって、ペットボトルや牛乳パックなど、紙以外にも描け、工作用途にも使える色鉛筆を発売している。
定番の「12色色鉛筆」も、時代とともに、ちょっとずつ変化しているようでした。

「鉛筆の芯は黒鉛と粘土を混ぜて焼いたもので、色鉛筆の芯は顔料とタルク・ロウを混ぜ合わせ、糊で固め、乾燥させたものです。 色鉛筆は粘土を使わず、焼かないので、鉛筆の芯よりもやわらかな書き味です。また、一般的な色鉛筆は紙の上に描くとロウが溶けて紙に貼りついた状態になるため、鉛筆と異なり、消すことができません」
絵を描くときには、「やわらかく描けて」「消えない」ことが重要なため、「色鉛筆の黒」である必要があるってことのよう。

では、12色の中で使用頻度の高い色は何だろうか。
「単品の購入では赤、次いで青が多いです。赤青以外はあまり差がありません。赤は丸付けなど、絵を描く用途以外で使われていると考えられます。青は空や海など絵を描く際に広い面で使うためとも考えられますが、赤と同様、絵を描く以外の書き込み用途でも多く使われているのではないかと考えられます」
余談だが、ボールペンでもカラーインクでは赤と青が人気色だと言う。

ところで、色鉛筆は従来、紙にしか描けないものだが、現在三菱鉛筆では「ポンキーペンシル」といって、ペットボトルや牛乳パックなど、紙以外にも描け、工作用途にも使える色鉛筆を発売している。
定番の「12色色鉛筆」も、時代とともに、ちょっとずつ変化しているようでした。

折りたたみハサミ

201510150357020ec.jpeg


折りたたみ式ハサミ スリップ&スニップ

「デザインは機能に追随する」を可能にしたハサミ
 アメリカのブランド〔スリップ&スニップ〕の折りたたみ式ハサミ。ハサミの刃に使用されているステンレスは手術をする時のメスに使われているステンレス鋼で、錆びにくく釣りをする人達の間で、絶大な人気があります。また、鞄やハンドバッグの常備品としても便利です。折りたたんだとき、ハンドルの指を入れる穴が、スプリングに囲まれてプロテクトされた刃が入るという優れた機能と賢いデザイン。市場には似て非なるものがたくさんありますが、これがオリジナル。いまだにアメリカで作られています。

おすすめ文房具 ⑨ スーパーコンパス はりinパス

はりinパス

◆スーパーコンパスはりinパス 鉛筆用

20150426120218d2e.jpg


◆スーパーコンパス はりinパス 2mm芯用用

20150426120218743.jpg

おすすめ文房具⑧ はさみ

今回のオススメ文房具は、はさみです。

⚫  テープを切ってものりがつきにくい はさみ  (コクヨ)

kids_lineupimg.gif


・刃にのりがつきにくい〈グルーレス刃〉
ベタベタしない
粘着テープなどを切ってものりがつきにくいオリジナル構造の刃で、シャープな切れ味が持続します。

・手にやさしい〈エアークッション〉
ぷにょぷにょ
空洞デザインのやわらかクッションで指の負担を軽くしました。
お子さまの発育に応じて持ち方を変えられます。

・小さな力でもかる〜い切れ味〈スムーズ開閉機構〉
軸の樹脂リングで、刃のがたつきをおさえました。
開閉しやすくなめらかな切れ味を保ちます。

・しっかり持てる滑り止めつき
自然と指をそえたくなるディンプル(くぼみ)デザインです。

・なまえシール・キャップつき
付属のなまえシールは、キャップとハンドル部の名前スペースに貼ることができます。
キャップははさみの向きを選びません。


● 二人用はさみ 先丸
  thasami1_1.jpg
はさみの正しい使い方(持ち方・当て方・動かし方・切り方・力の入れ方)を訓練します。
安全のため、先端を丸くしてあります。


● かんたんはさみ
   thasami2_1.jpg
軽く押すだけで切ったり、開いたりすることができるはさみです。
腕や足、あるいは口を使っても切ることができます。


● 形状記憶カスタムハサミ バネ付
thasami3_1.jpg  thasami4_1.jpg  thasami3_2.jpg
ハンドルを使い方に合わせて自由に変形、自分専用のハサミにできます。




[ 続きを読む » ]

おすすめ文房具⑦ 定規

今回のオススメ文房具は、定規です。

各社、いろいろと工夫されていますので、紹介します。


● KOKUYOのユニバーサルデザイン製品です。

kokuyomonosasi.png

ひと目で分かる、見やすいウェーブ目盛り
ミリ単位の目盛りが波形なので、小さな文字が見えづらい人でも読み取りやすいデザインです。
数字を5センチごとに大きく表示しているので、ひと目で長さが分かります。

● Qスケール15

topimg-0004.png

⚫︎ スケールの特徴と効果
・シリコンで覆われているため、滑りません。
 滑らないため、まっすぐな線を引くことができます。
・上部についた「ツマミ」を持つことで、定規の場所を変えるのも簡単。
・「ツマミ」には指で押さえる場所が示してあるため、分かりやすく、効果的に定規の滑りを防止します。
・目盛りの視認性が高く、読みやすくなっています。
・定規の端が斜めになっているため、線を引きやすく、カッターなども使いやすくなっています。
・底面の片側が独自の形状になっており、置いた位置から持ち上げやすくなっています。


●  見やすい定規 ( レイメイ藤井)

about_img01.jpg

about_img02a.jpg about_img02b.jpg about_img02c.jpg

about_img02d1.jpg about_img02e.jpg about_img02f.jpg

1. 1cmブロックメモリ 1cm間隔の配色で1cm単位が目に入りやすい。
2 .矢印つきメモリ メモリの先端に矢印がついて間隔がわかりやすい。
3. 大きな数字 5cm間隔が認識しやすい。
4. 端からメモリ メモリが端からついているため、高さ・深さを測る際に便利。
5. 白ヌキ文字 コントラストが強く文字が認識しやすい。
6. 行読取スペース 資料などの文字の読取に便利。



● 滑らない定規 ピタットルーラー (モチモノ)

image10.jpg

スムーズに動かせてピタッと止まる


● つくし定規 15センチ (つくし文具)

  img58186080.jpg   img58186081.jpg


タテヨコどちらからでも読みやすい15cm定規です。
端から目盛りが始まっているので、便利に計測することができます。
端から目盛りが始まる、ゼロスタートの定規製作は精度が求められるため、全国でも限られた所でしか作れない質の高いもの。
素材はステンレス特殊鋼でエッチングした上に黒のクロムメッキが施されているため、目盛りも数字もくっきり見え、使い続けてもかすれにくくなっています。


● ギンガムチェック定規 (ライオン事務器)

T010000066408.jpg T010000066406.jpg


・表の行や列が読みやすいチェック柄

ギンガムチェック柄が可愛い定規ですが、その特長は見た目だけではありません。
表が入った資料や、行数が多い資料を読む際にこの定規を当てれば、資料の読み間違いを減らすことができます。


● 算数定規(10cm) (クツワ株式会社)

thumb.jpg

・ 短い線を引く、「ひっ算」、「折れ線グラフ」を書くときに便利。
・ 教科書の端でも曲げて使える1mm厚。
・ 教科書、ノート上で動かしやすい10cmサイズ。
・ 連ねて使える両端(りょうはし)メモリ。
・ 教科書で使用されている読みやすい数字を使用。

● 折りたためる定規 (ミドリ)

ruler_01_tit.jpg

大きな定規もコンパクトに収まる二つ折りの『マルチ定規』です。
<16cm>の定規は、定規の端が目盛の起点となっているので、奥行きや高さなど、立体的なものをぴったり測るのにも便利です。
筆記具で印をつけられる穴が1cmごとに開いているので、ノートにちょっとした印をつけるときや、罫線を引くときのマーカーとしても便利です。


● どんな下地の色でも読みやすい目盛 (みどり)

 ruler_02_tit.jpg

 ruler_02_pic01.jpg  ruler_02_pic02.jpg

定規の左右両端をカットすることで、紙や机の上で持ち上げやすくなりました。
一目で長さが分かるように、5mmごとの山型目盛になっています。
濃淡2色の目盛印刷をしているので、白い紙の上でも、濃い色の上でも読み取りやすくしています。
1cmごとに穴が開いているので、真っ直ぐ線を引く際の印付けなど、マーカーとしてもお使いいただけます。


[ 続きを読む » ]

おすすめ文房具⑥ プニョピニョピン

今回のオススメ文房具は、画びょうです。

プニョプニョピン

gabyou2


“便利だけど危ない”を“便利で安全”に!
学校・会社・ご家庭など、なくてはならない画鋲ですが、針がついているものは危険も伴います。
「プニョプニョピン」は、周囲にやわらかいカバーをつけたプラスチックのピン。
針が直接触れないので、使うときに手に刺さりにくく、また落としても針が上を向きません。
とりどりのフロストカラーが目にも楽しく、お子さまでも安全にお使いいただけます。

■エラストマー樹脂で作られたリングごと押し込むと、いつもの画鋲と同じように刺さります。
■床に落としても、針が上を向かないので踏み抜く心配がありません。
■抜くときはリングをつまんで引っ張ります。力もコツも画鋲抜きもいりません。



   🌟🌟🌟です。

おすすめ文房具⑤ くるんパス

今回のオススメ文房具は、コンパスです。

くるんパス

konnpasu.jpg

● 使い方  ソニックHPより

🔴「くるんパス」と従来のコンパスとの大きな違い 

『くるんパス』には、これまでのコンパスの作図の難しさを解消するために「くるんキャップ」という補助具を付属させています。
指先の複雑な操作を「くるんキャップ」が補助することで「にぎって・くるんと・まわすだけ!」で驚くほどカンタンに円が描けます。
また、途中で円が途切れたり二重になったりしにくくなっており、短時間でコンパスでの作図を習熟することができます。

■従来のコンパスに必要な動作(同時)

A.コンパスを回転方向に傾ける → B. 指で頭つまみを回す → C. 腕を大きく回す→A、B、Cの3つを同時にこなすという、複雑な手と指の動きが必要でした。

■「くるんパス」に必要な動作

C. 腕を大きく回す
→AとBの操作は「くるんキャップ」が自動的に行ってくれるので、Cの腕を大きく回すという“シンプルな動作だけ”で作図できます。
これが「にぎって・くるんと・まわすだけ!」という革新的な描きやすさを実現している秘密です。