未分類の記事 (1/26)

消えたポテチ

中日新聞 社説 4/22

温暖化と私たち 風が吹けばポテチが

 風が吹けば、ポテチが消える-。それはつまり、温暖化は台風に姿を変えて北海道に上陸し、その影響が私たちの暮らしの中に分け入ってきたということだ。気候変動は人ごとではないということだ。

 畑の異変は、暮らしに及ぶ。

 この春、ポテトチップスの販売の完全中止や一時休止が相次ぎ、商品の種類が激減した。

 原因は、気候変動、温暖化だと言っていい。

 ジャガイモの主産地、北海道十勝地方では昨年、六月に長雨が続き、八月だけで三つの台風が上陸し、畑の被害も相次いだ。

 近年まで、梅雨はなく、台風とも無縁に近かった北海道。気候は急変しつつある。国内産の八割を占める道産ジャガイモの出荷量は、前年に比べ約一割、減少した。

 ポテトチップスメーカーは、国産志向が強い。100%をうたう大手もある。輸入を増やすにも限りがある。五月から九月に収穫される原料の不足が反映されて、メーカー側は定番や売れ筋商品への絞り込みを余儀なくされた。

 大手ネットオークションサイトに、「入手困難」になった商品が、二十袋十二万円で出品された例もあるという。

 世界の年間平均気温は三年連続で最高を更新中だが、十勝でも夏場の高温による農業被害が近年目立つ。もともと寒冷地で強く高温に弱いジャガイモ、小麦は、それでなくても近年は減少傾向にあるという。一方で、サツマイモやワインブドウの適地になりつつある。激変だ。

 水産の分野でも、海水温の変化によるとみられるサケの不漁、ホタテの斃死(へいし)も深刻化しつつある。

 農産物は、天気のたまものだ。それだけに農業王国北海道では、温暖化の推移にも敏感だ。

 北海道開発局と道が先月まとめた「今後の水防災対策のあり方」に関する提言は、道内で毎時三〇ミリを超える大雨が三十年前の約二倍に増加と指摘して、今世紀末には最大日降水量が今の一・二四倍になるとの予測を提示。「気候変動の影響が現実のものになったと認識し、北海道から先導的に気候変動の適応策に取り組むべきだ」と訴える。

 “消えたポテチ”が、教えてくれている。

 温暖化はすでに北海道の主産業に大きな変化をもたらして、私たちの暮らしにも入り込んでいる。

 米大統領が方針を変えようと変えまいと、それは私たち自身の身近に迫った重要な課題なのだと。


PTA

 新年度が始まる4月は、子どもが幼稚園や小学校に通う母親たちにはゆううつな季節でもある。この時期、よく話題に上るのはPTAの役員決めだ。入学式後や新年度最初の学校公開時の保護者会で決める地域が多いと思う。中には自分から進んで手を挙げてくださる人もいるが、やりたくないと思っている人が圧倒的に多い。
 筆者の子どもが小学生だった時代を振り返ると、4月最初の保護者会は必ずしーんと静まりかえっていた。仕事が忙しい…、専業主婦だからとやらされるのはずるい…さまざまな思惑が無言の教室の中で交錯し、担任の先生もひと言も発せず押し黙ったままで、時間だけが過ぎていった。
 PTAで取り組むのは子どものための活動だったはずなのに、課題を先送りにしたままシステム化されてしまうと、弟や妹がまだ幼い家庭や共働きの家庭にとっては思わぬ負担となってしまう。結果として役員にしわ寄せがいくのも皆が役員をやりたがらない理由だ。
 登下校の見守り活動もその一つ。どの家も朝は家事等に追われていて、子どもの送りまでは余裕がないだろう。たまたま、住んでいた地区は孫のためにと朝、車の多い道路に立って見守ってくださるシニアの方々に恵まれて安心して子どもを送り出すことができた。
 しかし、実際に地域ボランティアとして登下校の見守り活動をしていた方々からは、毎日毎日、雨の日も寒い日も続く活動には人が集まらなくなっていき、「ボランティアは一度やったら抜けられない…」というぼやきをよく聞いた。
 そのため、保護者に公平負担を促そうと放課後はクラスごとに日時が決められ、地域のボランティアとともに見守るという風に活動が改められた。半休をとって指定の日に行ってみると、40人近いクラスだったが、同じように仕事を休んできた保護者とPTA役員合わせて4、5人だけの参加ということもあった。読み聞かせなど“人気”の保護者の活動もあるが、事情がそれぞれあるとはいえ、“地味”な見守りには親の参加があまりにも少ないことに正直とまどった。
 一方で、見守りを一緒にやってくださった地域の方からは自転車のマナーなど親こそ交通ルールがなっていない…と苦言も頂いた。(自分も含めて確かに…そうだったが…)。お世話になっているはずなのに、子どもたちを見守ってくれている地域の方々と親たちの間には距離があり、お互いの顔が見えていないと、地域の活動にいくつか参加して感じていた。
 千葉県の小学生の女の子が殺害された事件で、小学校の保護者会会長が逮捕された。この衝撃の展開は、子を持つ親にとってゆううつな4月をますますゆううつにしたと思う。子どものための活動を、やってくれる誰かに頼って任せきりになってはいなかっただろうか。痛ましい事件に憤りつつ、当時の自分に問うている。

イルカ

 きらきらと光る巨体が水面を突き破り、青い空に高く舞う。ザッバーンという着水音。スタンドまで水しぶきが飛ぶ。悲鳴や歓声が明るい。
 イルカショーは水族館の人気イベントだ。だが、それは水族館に不可欠なものだろうか。
 日本動物園水族館協会には主要な動物園・水族館のほとんどが加盟する。略称「日動水」、またはJAZA(ジャザ)。ZはZOO(動物園)、最後のAはAQUARIUM(水族館)の頭文字だ。
 最近、このJAZAから4水族館が脱退した。4館のうち複数の館が脱退理由として、和歌山県太地町のイルカ追い込み漁で捕獲したイルカの購入を、JAZAが禁じたことを挙げている。
 JAZAが禁止措置をとったのは、世界動物園水族館協会(WAZA)から追い込み漁によるイルカの入手を問題視されたからだ。WAZAはJAZAの会員資格を停止してまで改善を求め、JAZAがこれに応じて禁止を決めたという経緯がある。
 4館の脱退によって、JAZAは組織的な危機を迎えたようにみえる。イルカ追い込み漁を巡って、加盟水族館とWAZAの板挟みとなり、WAZA残留を選んだ結果、加盟館の離脱を招いた。くしの歯が欠けるように、これからも脱退が続くかもしれない。追い込まれたのはイルカではなく、実はJAZAだったのか。
 他にとるべき道はなかったのか。WAZAを脱退して自国の伝統と文化(イルカの追い込み漁)を守り、いわば「光栄ある孤立」を選ぶことはできなかったのか。あるいは、WAZAに日本の伝統文化をよく説明して、理解を得る努力は尽くしたのか。そんな声もあるが、いずれもことの本質を捉えていないように思う。
 ▽ボーンフリー
 私はこの9年間、動物園や水族館の取材を続けている。詳しい事情は省くが、生きもの好きでも動物園・水族館のファンでもなかったから、取材は手探りで始まった。その最初のころ、東京・多摩動物公園の昆虫館を訪れた。
 扉を開けた瞬間、むっとする熱気に包まれ、目の前を大型のチョウが横切った。色とりどりのチョウたちは、熱帯の植物の間を自由に飛びまわっている。別世界だった。
 ベテランの飼育係に取材した。飼育にまつわる苦労や工夫を聞いた後、「楽園のようなところで暮らせて、チョウたちは幸せなんでしょうね」と問うと、予想外のボールが返ってきた。
 「そういう擬人的なのはいけないんじゃないの。僕は擬人化は嫌いだね」
 どういう意味だろう。でも、この人は意地悪で言っているわけではないようだ。そこで「そうですか、擬人化はいけませんか」と緩いボールを返して、説明してくれるのを待った。たばこに火を付け、ちょっと間を置いてから彼が口を開いた。
 「外敵がいなくて毎日えさもらえて幸福ですね、って言われても、どっちが幸福だか分かんないでしょ。自然界で自由に飛びまわっているのと」
 動物園の取材を始めるに当たって、私は関係の本を何冊か買い込み、斜め読みしていた。その中に書いてあったことを思い出し、もう一度、食い下がった。
 「動物園のゾウは不幸なのかと問われると、外敵がいなくて食べ物の心配もないんだから野生よりいいんだ、長生きもするんだと答える人もいますよね」
 「そう。だけど、外敵なんかにおびえながら、それでもたくましく野生で生きるのが、やっぱり野生動物なわけでしょ。こういうことを言うと動物園を否定するみたいになるけれど、本来こんなもの、ない方がいいわけですよ。生物というのはボーンフリーだと思う」
 そして彼は「野生のエルザ」の話を持ち出した。人間の手で育てられたライオンを野生にかえす物語の原題は「ボーンフリー」。生まれながらにして自由とでも訳すのか。「本当はおりに入れて飼うべきじゃない。長く勤めてきてやっぱりそういうジレンマがありますよ」。率直な述懐だった。
 「そういう意味で、擬人化して『チョウも幸せだろう』というのは駄目なわけですね」。彼はうなずいた。「動物はボーンフリー。擬人化すれば、どうしても人間の視点になってしまう」
 ▽擬人化の徹底
 「擬人化」とは何か。確かに不徹底な形で生きものに適用すれば、動物園や水族館にいる方が幸せだということになりかねない。だが、もっと徹底して擬人化したらどうだろう。
 WEB記事を検索すると、JAZAを脱退した4水族館のうちのある館長は、インタビューで「自分を魚にたとえたら?」と問われ「イルカ」と答えていた。もし自分がイルカだとしたら―。擬人化をそこまで徹底すれば、事態はもっとはっきり見えてくるのではないか。
 私はイルカだ。広い広い海を仲間とともに泳ぐ。病気や天敵、自然条件のリスクはあっても、どこまでも自由だ。ある日、私は人間に生け捕りにされた。プールに運ばれ、えさを与えられ、ショーの訓練を受ける。うまくやれば、より多く与えられる。きょうも狭いプールで高く飛ぶ。あの自由な海であり得なかったほど高く。毎日、朝から夕方まで何度も―。
 ショーで能力の限界までジャンプさせることに対して、専門家からは健康上の問題を指摘する声もある。イルカの背中には空気孔があるが、それが閉まり切らないで水に降りる危険があり、そうすると海水を吸って誤嚥性(ごえんせい)肺炎を起こすこともあるという。
 今回の脱退騒動のきっかけは、イルカの追い込み漁だった。だが、究極の問題はそこにはない。イルカという種だけに限定される問題でもない。人間はなぜ生きものを野生から捕まえてきて、飼うことができるのか。見せ物にすることができるのか。
 危機はJAZAに迫っているのでない。動物園や水族館そのものの根拠が問われているのだ。 

「褒める」のバリエーション

「褒める」のバリエーション

 ほめることの効用は分かるとしても、ワンパターンのほめ言葉では子どもには響かない。
「はやい」「すごい」「よし」「えらいなあ」「さすが」などがすぐに浮かび、サ行で並べてみたりしてみたが、圧倒的に足りない。

「さ」・・さすがだなあ。
「し」・・知らなかったなあ。
「す」・・すごい・すばらしい。
「せ」・・先生みたいだ。
「そ」・・そうなんだ。そういうことか。

 いつ・どこで・だれを・どんな観点でというように分類化して、自分の褒め言葉をリストアップしてみたいと思っていた。
 
 学校に送られた「英語情報 2017冬号(日本英語検定協会)」に「CLASSROOM ENGLISH!!!」の連載があり、大木優喜子氏がほめ言葉を紹介している。
 ただの列挙でなく、5項目に分けてあった。
 Englishとしても大事だが、日本語でもこれくらいのバリエーションでほめていきたいと思った。
 いつも「すごい」「上手」「がんばったね」だけでは、おそまつであることがよく分かる。

(1) Good(良い)の他にも使える一言褒め言葉(Goodの類義語集)

Very good! とても良い!
Teriffic! 大変良い。
Fantasuteic! 素晴らしい!
Well done よくできました!
Great! とても良い。
Wonderful 素晴らしい!
Excellent! 優秀!
Close 惜しい!
Awesome! とても良い
Superme! 素晴らしい!
Perfect! 完璧!
Wow! わあすごい

・・・一言で、12のバリエーションだが、訳だけみると同じものがあって7種類になってしまう。そこには微妙な差異があるのだろう。

①よし ②すごい ③うまい ④さすが ④すばらしい ⑤完璧 ⑥上手 ⑦驚いた ⑧感激した ⑨素敵 ⑩最高 ⑪合格 ⑫惜しい ⑬あと少し で13種類か。 

(2) Good job(よくできました)の他にも使える表現

Much better!      前より大変良くなりました。
keep up the good work! その調子でがんばってください
Thats great idea!    とても良いアイデアですね。
I know you can do it!  あなたならできます
Great teamwork!    とてもよいチームワークです
Thats an interesiting ponit 面白い点ですね
Good try!       よい試みです。
Great effort!     大変良い努力です。
Thats a good guess!  良い推測です。

・・・ノートへののコメントは、(1)の一言パターンではさみしいのでこれくらい書きたいところ。

①努力を褒める ②結果を褒める ③成長を褒める ④試みを褒める ⑤発想を褒める ⑥協力を褒める

などが観点になるか。

(3)生徒の具体的な態度、能力を褒める表現
※生徒一人一人を褒める時には、具体的に何が良かったのかを示す。

You make lots of effort to speak English in class!
あなたは授業で英語を話す努力をしています。

Your writing skills have improved so much! 
あなたのライテイング能力はとても進歩しました。

Im impressed by your speaking skills! 
私はあなたのスピーキング能力に感心しました。

(4)その他の生徒一人一人を褒める表現
You work very hard! 
あなたはとても一生懸命勉強しています。

You worked very hard in class today! 
あなたは今日の授業でとても一生懸命勉強しました。

I love having you in my class! 
あなたが私のクラスの生徒でうれしいです。

・・・(3)はピンポイントの褒め方、(4)は総括した形の褒め方と言えるだろうか。
通知票の所見みたいなレベルになってきた。ありきたりの褒め言葉ではなく、その場でのその子に対するオリジナルな言葉かけをしていきたい。
「あなたは努力や成長をしています」という客観パターンと「私はあなたの努力や成長に感心しています」の主観表現のパターンがあることが分かる。

(5)クラス全体を褒める時の表現
※クラス全体を褒めることによって、生徒との間にチームワーク・統一性が生まれます。

Thank you for sharing your ideas! 
 みんなのアイデアを話してくれてありがとう。
(注 「おたがい意見を出し合ってありがとう」という意味かな?)

Everyone worked very hard today! 
今日はみんなとてもよくがんばりました。

・・・授業のまとめや帰りの会の最後のお話でみんなに伝えたいメッセージという感じ。
 熱い語りバージョンもあるだろうが、毎日のことだから、さらりと褒めるのが基本形ではないだろうか。

しんぴんのあさ 他

光村図書 4年

しんぴんのあさ
     かたつむりでんきち

まいにち おんなじみたいだけど
まいにち いろんなことがおこる
こりゃおどろいた おやびっくり
へへえなるほどな ふうんそうか
まいにち しんぴんのあさがきて
ぼくのめ まいにちびっくりめ!
つんつんのばして びっくりめ!





ひかりと やみ
  ふくろう げんぞう

ひかりと やみ
みあげれば
よぞらの ほしが
まつりのように まぶしい

ああ
ひかるためには
くらやみも ひつようだ


              



 はなひらく
     のばらめぐみ(工藤直子)
   
はなびらと 
はなびらと
はなびらの あいだに
のはらの わらいごえを
すこしずつ
おすこしずつ
すこしずつ ためて
ちいさな ばらのつぼみが
ほんのりと
ほんのりと
ほんのりと めをさまし

はなひらく




はしる  こいぬ けんきち

紙ひこうき

東京書籍 3年


紙ひこうき  神沢利子

ぼくの とばした 紙ひこうき
すういと とんで
くるりと まわって
まつの木の 上に ちゃくりく
ぼくには とどかない たかい枝

おうい、おりてこいよ
かぜが 枝を ゆすっても
おちてこない 紙ひこうき
かあさんに だかれて ゆうらゆら
いいきもちで いるみたい

うまれる まえは
森の 木だった 紙……


おおきくなあれ

光村図書 2年


「おおきくなあれ」

阪田寛夫

あめのつぶつぶ ぶどうにはいれ
ぷるんぷるん ちゅるん
ぷるんぷるん ちゅるん
おもくなれ あまくなれ

あめのつぶつぶ りんごにはいれ
ぷるんぷるん ちゅるん
ぷるんぷるん ちゅるん
おもくなれ あかくなれ

あきのくだもの おなかにはいれ
ぷるんぷるん ちゅるん
ぷるんぷるん ちゅるん
おもくなれ ぼくたちも

つくし


ポカポカと暖かい日に    
ツクシの坊やは目が覚めた

ツクシだれの子スギナの子
土手の土そっと上げて

ツクシの坊やが覗いたら
外はそよそよ春の風

20170402090404576.jpeg
2017040209040538a.jpeg


世の中を見る目、人を見る目

認知的不協和理論
矛盾はいやよ・意見は変えません・予言が外れるとき



認知的不協和理論とは

タバコ吸いますか?(喫煙者の心理)

 あなたはタバコを吸いますか。でも、タバコは身体に害があるそうですよ。

 さて、調査によりますと、タバコをたくさん吸う人ほど、タバコは身体に害があるとは考えていないことがわかりました。

 タバコを吸っているという事実。そして、タバコは害があるという知識。この二つには矛盾があります。害があると思いながら、タバコを吸うのは、何となく落ち着かなくて、不愉快です。

 この不愉快な気持ちを「認知的不協和」と呼んでいます。

 人は、思いや行動に不一致、矛盾があると、心の中に不協和が生まれます。これは気持ちが悪いので、何とか不協和を下げようとします。

 タバコを吸うこととをやめてもいいのですが、これはかなり難しい。そうすると、人は、変えやすいほうを変えます。

 タバコには害がないと思えばよいのです。



どんな広告を見ますか?(安心するための広告)

 カタログをいっぱいもらってきて、考えて、考えて、選んだパソコン。さて、買ってしまった後は、広告もカタログも見る必要はないのですが、それでも人は広告を見ます。

しかも、自分が買った商品の広告を選んで!

 他の広告を見て、もしも他のパソコンの方が良いと思ってしまったらどうでしょう。簡単に買い替えはできませんから、「私はこのパソコンを買った。しかし、あっちのパソコンの方が良かった」という認知的不協和状態になります。

 こうなってしまっては困るので、自分の行動が正しかったと思うことができる広告を読もうとするわけです。

 人は、自分の考えに会った、自分に都合の良い情報だけを選んで、集めてこようとするのです。



あの人があいさつしなかったのはなぜ?

 親友を外出先で見かけた。あいさつをしたのに、その人は、そのまま行ってしまった。なぜでしょう。

 その人は親友だという思いと、あいさつを返さなかったという事実は矛盾します。

 すると、普通は友達を裏切り者呼ばわりするのではなく、気づかなかったのだろう、声が聞こえなかったかな、と考えるのです。

 またことが、嫌いな人との間にあれば、「私を無視した!」と思って怒ることでしょう。

 人は、不協和が高くならないように、情報を解釈します。自分の考えに合うように、都合が良いように解釈してしまうのです。



予言が外れれば、脱会しますか?(予言が外れるとき)

 1999年、12月31日に、この世の終わりが来るぞう!!!

 教祖様に言われて、最後の日を待ちます。ところが、何も起こらず、2000年になりました。さて、あなたならどうします。

 こういうことって、新興宗教ではよくあることですよね。

 入信したばかりの人は、教祖に幻滅し、脱会するでしょう。

 でも、この世の終わりが近いと信じ、財産をすべて寄付し、学校をやめ、会社を辞め、家族を捨て、友人も捨てて従ってきた。教祖のために違法行為も行った。もし、こうだったらどうでしょう。

 ここまで、のめり込んだ信者は、脱会することができません。帰る場所が無いからです。

 終末予言をする教祖を信じている。しかし、この世の終わりは来なかったという事実がある。ここに認知的不協和が生まれます。

 人は、変えやすいほうを変えます。たいした信仰も活動もしてこなかった信者は、教祖はペテン師だと考え、脱会します。脱会することで、不協和を下げます。

 しかし、すべてを捨ててしたがってきた信者は、そんなふうに簡単には思えません。

 そこで、むしろ逆に、信仰を強め、教祖様のお力でこの世の終わりは来なかったなどと考え、ますます熱心に活動し始めるのです。

 狂信と熱心な活動によって、不協和を何とか下げようとするのです。

(だから、危険な団体を批判するのは良いけれど、メンバーが帰れるところを残しておいて欲しいのです。)

(2000年前のキリストの時代にも、終末は近いと信じる人はいました。彼らの一部は、終末が近いと言って仕事をやめたりしました。しかし、キリストの弟子達は、仕事をやめさせたり、財産を寄付させるのではなく、落ちついて日々の生活に努めるようにと、諭したのです。)

*認知(信仰)も、事実も、どちらも変えられない場合には、事実の「解釈」をかえたり、その不協和(矛盾)自体を軽視するようにまります。

おやつ

おやつ

 1日24時間のことを、四六時中いうのは、古く二六時中といったのを現代風に言い換えたものだ。かけ算で「にろくじゅうに」だが、昼の6時(12時間)と夜の6時(12時間)の二つの6時で24時間。6時はそれぞれの12時間を6等分したのだ。合わせて12の時間に十二支の名前を振り当てて、子(ね)の刻から順に亥(い)の刻まである。それぞれは2時間刻みで、子は午後11時から午前1時までとするものと、午前零時から午前2時までとするものがある。

 一刻(2時間)を4等分して、ひとつ、ふたつ、などと呼ぶ。草木も眠る丑(うし)三つ時というのは丑の刻を4等分した三つ目の時間で、現在の午前2時から2時半頃、または午前3時から3時半を指す。

 「おやつ」は「八つ」に食べる間食。「八つ」は一日のうちで2回ある。一つは午前零時を中心とした「九つ」から一つずつ減って「四つ」(午前10時を中心とする2時間)。もう一つが正午を中心とした「九つ」の次で、午後2時を中心とする2時間のことこのときに「おやつ」を食べる。

 昔のラジオ番組のテーマソングに「三時です。おやつです。

「世界自閉症啓発デー」とは

20170326054559967.gif


「世界自閉症啓発デー」とは

 国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
 わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
 具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。
 自閉症をはじめとする発達障害について知っていただくこと、理解をしていただくことは、発達障害のある人だけでなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながるものと考えております。
 みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。


自閉症を知っていますか?  ~ 誤解されやすい自閉症 ~

 自閉症は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがありますが、これは正しくありません。
 脳の発達の仕方の違いから「他の人の気持ちや感情を理解すること」「言葉を適切に使うこと」「新しいことを学習すること」などが苦手であり、一般的な「常識」と思われることを身につけることも苦手です。このため、真面目に取り組んでいても、誤解されることがあります。
 なお、自閉症の人たちは、とても「純粋」で、自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり記憶が抜群な人もいます。
 このような、自閉症の人たちの行動や態度の意味を理解していただき、愛情をもって支援していただくことを願っています。
 自閉症の人たちは、周囲の愛情と支援によって大きく育つことができるのです。

    
応援してください  ~ 自閉症の人が暮らしやすい社会へ ~

 私たちは皆、それぞれに異なる感性と個性を持っておりますが、それを認め合い、互いに支え合いながら暮らしています。
 自閉症の人々はアンバランスな発達の仕方をしており、まわりの人たちには理解できない行動をあらわすことがあります。多くの人々の目には変わった行動に映るかもしれませんし、理解しにくい人たちと思われるかもしれません。そのために偏見や誤解が生じてくるのです。自閉症の人々の行動の意味を考え、「よい点」を見つけるようにして頂くと、自閉症の人々は社会の中で生き生きと暮らすことができるのです。
 自閉症の人々は、まっすぐに純粋に生きています。私たちが見失ってきた純粋さを持ち続けているのです。自閉症の人々と共に生きることで、私たちは純粋さを取り戻すことができるのです。「絆」で結ばれた真の意味での「共生(共存)社会」になることを心から願っております。


こうしてもらえると助かります  ~ 自閉症の人を見かけた時の対応 ~

 自閉症の人には、会話が苦手な人が多くいます。このため、その人の発達に応じたわかりやすい説明をお願いします。例えば、その人が理解している言葉を知り、その言葉を使うことや、写真や絵などを添えて説明する、抽象的な表現をさけて、短い表現で話すことなどで、理解しやすくなります。
 また、過敏で、人混みや大きな音、光といった刺激を苦手とする人が多くいます。このような刺激による不快感を増幅させないよう安心できる環境を調整して作ってあげてください。
 新しい事や、いつもとやり方が違う時に、困って混乱することがあります。また、「できない時」「間違っていた時」に叱って教えようとすると、本人が混乱して余計に理解できなくなったり、将来に悪影響を及ぼすこともあります。どうすればよいのか、正しい方法をできるだけ具体的に教えることを基本に、穏やかに根気よく接して、良い関係を作るようにしてください。

卒業シーズン

201703130509131fc.jpeg



 3月は卒業式シーズン。各地の小学校で、和装で式に出席する女子児童が増えている。大学では広く見掛けるが、小学校でも昨年は、卒業生の3分の2が袴(はかま)姿という例も。ただ、保護者にとっては費用負担が悩みのタネだ。経済的事情などで着られない児童への配慮などから、一部地域では、学校側が自粛を求めるケースが出ている。

 「袴はピンクなどの明るめの色使いが人気。名古屋市内に続き、市周辺地域へのレンタル件数が急激に増えました」

 「総合貸衣裳館Mai」のブランドで、愛知県で七店の貸衣装店兼写真スタジオを運営する「ティーブライド」(愛知県豊明市)の水野真二・販促企画部長は、需要の高まりに手応えを話す。

 今シーズン、小学校の卒業生向けに着物や袴の貸し出しを予定しているのは、約千件に上る。子ども向けセットを本格的にそろえたのは二〇一四年。貸出件数は一五年が約五百件、一六年は八百件と年を追うごとに増えている。

 着物と袴のセットの貸出料は、約二万~三万円。着付け代は別途必要だ。

 名古屋市天白区の「フォトスタジオアクエリアス」は、着物と袴の約百セットを用意。名古屋市の小学校の卒業式がある今月十六日は、八割ほど貸し出しの予約が入っている。

 レンタルを始めた一二年以来、年々引き合いが増え、本年度は子どもが六年生に進級して間もない四、五月に予約を入れる保護者が多かった。「五年生の時に、卒業する六年生の袴姿を見て、私も着たいと希望されるお子さんも多い」と同店。競技かるたが題材の人気漫画「ちはやふる」などの影響もあるという。

 一方、愛知県半田市教育委員会によると、市内の多くの小学校は昨年六月、保護者に、華美な衣装と袴姿の自粛を呼び掛けた。

 昨年三月の卒業式で、小学校によっては女子の三分の二が袴を着用。年々、和装が増えていることが教育委員会で話題となり、各校の判断で文書を出した。

 「『着せたくてもできない。仲間外れにされないか』という保護者の声もある。着慣れないため裾を踏んで転ぶ危険性もある」と、教育委員会の担当者は話す。同様の呼び掛けは同県武豊町でも行われている。

 岐阜県のある小学校に通う六年生女児の保護者は今年二月、学校側から袴姿の自粛を口頭で求められた。「娘のために着物と袴を買った。今さら自粛と言われても」と当惑している。

◆親も大学で着用

 <文化服装学院の朝日真専任教授(西洋服装史)の話> 大学の卒業式で袴姿が広がったのが一九九〇年代。そのときに経験した世代が親になり、和装への抵抗感が減っていることに加え、日本文化を再評価する流れもある。少子化で、一人当たりにお金をかけやすくなった面もあるのでは。

教育勅語と教育基本法

20170302040157017.jpeg

20170302040200b6e.jpeg

201703020402029c3.jpeg





教育基本法 第二条

第二条 教育は、その目的を実現するため、学問の自由を尊重しつつ、次に掲げる目標を達成するよう行われるものとする。

一 幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。

二 個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

三 正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。

四 生命を尊び、自然を大切にし、環境の保全に寄与する態度を養うこと。

五 伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛するとともに、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと。
[ 続きを読む » ]

アクティブラーニング 文科省

2.学習活動の示し方や「アクティブ・ラーニング」の意義等

次期改訂の視点は、子供たちが「何を知っているか」だけではなく、「知っていることを使ってどのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか」ということであり、知識・技能、思考力・判断力・表現力等、学びに向かう力や人間性など情意・態度等に関わるものの全てを、いかに総合的に育んでいくかということである。

「アクティブ・ラーニング」の意義
思考力・判断力・表現力等は、学習の中で、(2)1.2)に示したような思考・判断・表現が発揮される主体的・協働的な問題発見・解決の場面を経験することによって磨かれていく(※15)。身に付けた個別の知識や技能も、そうした学習経験の中で活用することにより定着し、既存の知識や技能と関連付けられ体系化されながら身に付いていき、ひいては生涯にわたり活用できるような物事の深い理解や方法の熟達に至ることが期待される(※16)。
また、こうした学びを推進するエンジンとなるのは、子供の学びに向かう力であり、これを引き出すためには、実社会や実生活に関連した課題などを通じて動機付けを行い、子供たちの学びへの興味と努力し続ける意志を喚起する必要がある(※17)。
このように、次期改訂が目指す育成すべき資質・能力を育むためには、学びの量とともに、質や深まりが重要であり、子供たちが「どのように学ぶか」についても光を当てる必要があるとの認識のもと、「課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)」について、これまでの議論等(※18)も踏まえつつ検討を重ねてきた。

昨年11月の諮問以降、学習指導要領等の改訂に関する議論において、こうした指導方法を焦点の一つとすることについては、注意すべき点も指摘されてきた。つまり、育成すべき資質・能力を総合的に育むという意義を踏まえた積極的な取組の重要性が指摘される一方で、指導法を一定の型にはめ、教育の質の改善のための取組が、狭い意味での授業の方法や技術の改善に終始するのではないかといった懸念などである。我が国の教育界は極めて真摯に教育技術の改善を模索する教員の意欲や姿勢に支えられていることは確かであるものの、これらの工夫や改善が、ともすると本来の目的を見失い、特定の学習や指導の「型」に拘泥する事態を招きかねないのではないかとの指摘を踏まえての危惧と考えられる。
※15 問題発見・解決のプロセスにおいて働く思考・判断・表現の要素のイメージについては、補足資料216ページ参照。
※16 脚注17参照。
※17 動機付けと学習プロセスの関係等に関する研究例については、補足資料192・193ページ参照。
※18 「アクティブ・ラーニング」に関するこれまでの議論については、補足資料188ページ参照。深い学びと学力の関係については、補足資料21ページ参照。

指導方法の不断の見直し
変化を見通せないこれからの時代において、新しい社会の在り方を自ら創造することができる資質・能力を子供たちに育むためには、教員自身が習得・活用・探究といった学習過程全体を見渡し、個々の内容事項を指導することによって育まれる思考力、判断力、表現力等を自覚的に認識しながら、子供たちの変化等を踏まえつつ自ら指導方法を不断に見直し、改善していくことが求められる。
このような中で次期改訂が学習・指導方法について目指すのは、特定の型を普及させることではなく、下記のような視点に立って学び全体を改善し、子供の学びへの積極的関与と深い理解を促すような指導や学習環境を設定することにより、子供たちがこうした学びを経験しながら、自信を育み必要な資質・能力を身に付けていくことができるようにすることである。そうした具体的な学習プロセスは限りなく存在し得るものであり、教員一人一人が、子供たちの発達の段階や発達の特性、子供の学習スタイルの多様性や教育的ニーズと教科等の学習内容、単元の構成や学習の場面等に応じた方法について研究を重ね、ふさわしい方法を選択しながら、工夫して実践できるようにすることが重要である。
1)習得・活用・探究という学習プロセスの中で、問題発見・解決を念頭に置いた深い学びの過程が実現できているかどうか。
 新しい知識や技能を習得したり、それを実際に活用して、問題解決に向けた探究活動を行ったりする中で、資質・能力の三つの柱に示す力が総合的に活用・発揮される場面が設定されることが重要である。教員はこのプロセスの中で、教える場面と、子供たちに思考・判断・表現させる場面を効果的に設計し関連させながら指導していくことが求められる。
2)他者との協働や外界との相互作用を通じて、自らの考えを広げ深める、対話的な学びの過程が実現できているかどうか。
 身に付けた知識や技能を定着させるとともに、物事の多面的で深い理解に至るためには、多様な表現を通じて、教師と子供や、子供同士が対話し、それによって思考を広げ深めていくことが求められる。こうした観点から、前回改訂における各教科等を貫く改善の視点である言語活動の充実も、引き続き重要である。
3)子供たちが見通しを持って粘り強く取り組み、自らの学習活動を振り返って次につなげる、主体的な学びの過程が実現できているかどうか。
 子供自身が興味を持って積極的に取り組むとともに、学習活動を自ら振り返り意味付けたり、獲得された知識・技能や育成された資質・能力を自覚したり、共有したりすることが重要である。子供の学びに向かう力を刺激するためには、実社会や実生活に関わる主題に関する学習を積極的に取り入れていくことや、前回改訂で重視された体験活動の充実を図り、その成果を振り返って次の学びにつなげていくことなども引き続き重要である。
こうした、必要な資質・能力を総合的に育むための学びは、特に小・中学校では、全国学力・学習状況調査において、主として「活用」に関する問題(いわゆるB問題)が出題され、関係者の意識改革や授業改善に大きな影響を与えたことなどもあり、多くの関係者による実践が重ねられてきている。「アクティブ・ラーニング」を重視する流れは、こうした優れた実践を踏まえた成果であり、また、今後は特に高等学校において、義務教育までの成果を確実につなぎ、一人一人に育まれた力を更に発展・向上させることが求められる。
なお、こうした質の高い深い学びを目指す中で、教員には、指導方法を工夫して必要な知識・技能を教授しながら、それに加えて、子供たちの思考を深め発言を促したり、気付いていない視点を提示したりするなど、学びに必要な指導の在り方を追究し、必要な学習環境を積極的に設定していくことが求められる。そうした中で、着実な習得の学習が展開されてこそ、主体的・能動的な活用・探究の学習を展開することができると考えられる。
次期学習指導要領等は、そうした実践を支えるため、前回改訂における言語活動の重視など、学習活動の改善・充実に関する成果を受け継ぎながら、各教科等共通に重視すべき学習過程の在り方や、各教科等の特性に応じて重視すべき学習過程の在り方に関する基本的な考え方を示すことが求められる。加えて、学習指導要領等の解説や指導事例集も含めた全体の姿の中で、指導の参考となる解説や事例を示すとともに、下記4.に示す方策等を通じて、更なる支援を図っていく必要がある。なお、こうした事例を示す際には、それにより指導が固定化されないような工夫が求められる。

サラリーマン川柳



1・あなたは バブルでしょ?(なおまる御前)

2・落ちたのは 女子力、体力、保育園(働くママ)

3・使途不明 共働きの 妻の金(借金背負った金次郎)

4・新人は ペンを取らずに 写メを撮る(実在主婦)

5・「誰の指示?」 数分前の 貴方です(こはく)

6・主婦業も 36協定 結びたい(臨時専業主婦)

7・効率化 提案するため 日々残業(ビジネスマンみっちゃん)

8・オレのボス ヤフーでググれと 無理を言う(田舎出身自衛官)

9・アモーレも 今や我が家の 新ゴジラ(小小市民)

10・新人の トリセツ欲しがる 管理職(えいちゃん)



11・会議する 準備のために また会議(詠人知らず)

12・風邪気味だ 今日は病院 止めとこう(図暮羅)

13・妻は言う 手抜きじゃないの ヘルシーよ(メタボ亭主)

14・KSK 今日・すぐ・帰れ 妻ライン(六郎丸)

15・青色で 申告しても 赤字なり(鯨の権造)

16・「ゴウ」とくりゃ 昔ひろみで 今ポケモン(桃太郎)

17・俺よりも 先に辞めるな 後任者(ブラッキー)

18・ちゃんとやれ それじゃ分らん ちゃんと言え(妻が頼り)

19・丸投げと バトン渡しは 五輪級(世相仮面)

20・備忘録 書いたノートの 場所忘れ(メモ魔)



21・ネット見て ふるさと選ぶ グルメ通(やっさん)

22・ポケモンGO 大事な仕事は ポケモン後(けやき+)

23・自主返納 主夫免許には ありません(世帯主)

24・値引札 貼るまで待とう あと一分(ホトトギス)

25・ばあちゃんが オシャレにキメる 通院日(ベラ)

26・病院で サミットしている 爺7(アキちゃん)

27・合コンで 鍛えられたよ プレゼン力(セルフプロモーター)

28・カープ好き 妻みて思う 女子なのか(カープ男子)

29・「パパお風呂」 入れじゃなくて 掃除しろ(家内関白)

30・無駄話 仕事に生かせよ 会話力(忘己利也)



31・AIも 「愛」に見えるよ 婚活中(リラックモ)

32・書きたいな 扶養控除に 猫と犬(よみ人知らず)

33・二刀流 仕事も家事も 全部俺(嫁さん欲しい)

34・「パパすきよ」 娘にもらった 金メダル(三姉妹パパ)

35・シン・ゴジラ 俺の会社も 踏んでくれ(秋風)

36・ノー残業 居なくなるのは 上司だけ(仕事人間)

37・鬼嫁と 外でけなすも 嫁一番(愛妻家)

38・アモーレに 会う日は仕事 二倍速(ピコりん)

39・待機児童 二人目産むのも 待機しそう(二人目欲しい妻)

40・欠席も スタンプひとつ 新社員(えま)



41・残業は するなこれだけ やっておけ(残業スパイ)

42・空いている 上座に座る 新社員(はっぱ2323)

43・生産性 部長の異動で 急上昇(カクト)

44・上司より 妻の決裁 高難度(ナカケン)

45・こづかいも マイナス金利と 妻が言う(すきま風)

46・アレルギー 食べ物よりも 上司の名(よみ人知らず)

47・記憶力 ないから楽し 再放送(にほの里)

48・一枚の トランプ世界を 撹乱し(短冊)

49・ハロウィンに 何故か溶け込む ノーメイク(気持ちは二十)

50・「塩」課長 上司にゃいつも 「神」対応(惣兵衛)


51・地団駄で 又も達成 一万歩(万歩計夫)

52・神ってる 全て裏目を 出す上司(いいだやカネタロウ)

53・遺伝子を コピーしていた 通信簿(光源氏)

54・反抗期 「既読」が返事 代わりなり(スマホパパ)

55・七五三 写真の修正 望む母(美魔女無理)

56・ポケモンで 希望者増えた 外回り(人事課長)

57・守ろうと 誓った嫁から 身を守る(恐妻家)

58・あさ電車 壁ドンされる おじさんに(MP使いまくりスティゴルゴ48)

59・口ほどに その手動けば 早帰り(残業ヤダ男)

60・待ち合わせ ポケモンよりも 俺探せ!!(猛獣使い)



61・同窓会 みんなニコニコ 名前出ず(まあちゃん)

62・たたき上げ 育てた女子が いま上司(そらみみ)

63・「言ったよね?」 初めて聞いた でも言えず(ゆとり世代)

64・席がない 会社も家も 電車でも(透明人間)

65・「手短に!」 叱る上司の 愚痴長い(我が振り直せ)

66・SMAPが まさかのSTOP 悲しいな(散る花ひとつ)

67・職場でも 家でもおれは ペコ太郎(北の勝)

68・先を読め、 先を読むより 空気読め(上司指導)

69・ジョギングの 振りして探す モンスター(なんちゃってアスリート)

70・「ちょっといい」 上司手招き ちょっと嫌(洋の後輩)



71・痩せる器具 買ってもすぐに オブジェ化す(三日坊主ファイター)

72・けんかした 家にもほしい 地下空間(カマキリ)

73・フリクション 消せればいいな バツイチも(独身危機族)

74・ティピィピー ピィピィエィピー アイドンノー(ポケ太郎)

75・見て学べ? どうりで部下が 育たない(ヒロシこの夜)

76・レストラン 苦手を聞かれ 妻を見る(おとう)

77・軽くなる 母の背中が いとおしい(三姉妹)

78・孫が来た ポケモンいない 孫帰る(りゅうちゃん)

79・パソコンを 使いこなせず 紙ってる(かにこべ川柳研究会)

80・暗号と 思って良く見りゃ 課長の字(怪傑もぐり33世)



81・我が課長 丸投げだけは 金メダル(みえやまが)

82・いくつまで 女子会プラン 使えます?(このり)

83・「あれとって」 ママ口動く パパ動く(かかあ天下)

84・連休中 次の連休 調べてる(はりきりミセス)

85・君の名は ゆとり世代の 名が読めず(くまねこもも)

86・AIに 入社試験で 落とされる(はぐれ雲)

87・我が家では 「これ・捨てて・きて」が 「KSK」(まぶ)

88・やせ我慢 いつもしてるが 痩せられず(ダイエット)

89・久しぶり! 聞くに聞けない 君の名は(健忘賞)

90・神ってる 妻がへそくり 隠す場所(へそくりカープ)



91・ありのまま スッピンみせたら 君の名は?(もうすぐ花嫁)

92・寝顔好き 確かに言ったが 起きてくれ(フトマッチョ)

93・ジャンボくじ 抽選前夜の 家族会(おはぎ)

94・情熱と 一緒に燃えろ 皮下脂肪(よみ人知らず)

95・結婚線 あまりの薄さに ペンで書く(占い好き)

96・「後でやる!」 妻の顔見て すぐにやる(後回し男子)

97・ものわすれ ふせぐサプリを 飲み忘れ(望忘仙人)

98・東京の 五輪に膨らむ 夢・予算(釈迦の弟子)

99・賞与なの? 中身はいつも 寸志です。(企画女子)

100・少子化で サンタが子どもを 上回る(還暦マジか。)



「君の名は。×飛騨市」のラッピングバスが運行開始

20170213041906d54.png


「君の名は。×飛騨市」のラッピングバスが運行開始

濃飛バスは、アニメ映画「君の名は。」と飛騨市が共同でデザインしたラッピングバスを2017年2月27日(月)から2018年3月31日(金)まで運行する。ラッピングバスは、新宿行の便から運行を開始し、その後、古川・高山~新宿線、岐阜線、名古屋線、大阪線などに路線を拡大する。

運行初日は、飛騨市役所の駐車場でお披露目式と展示会が開催される。初日の出発時間は、古川駅前15:25発。2月28日(火)は、バスタ新宿9:15発となる。3月1日(水)からの運行路線と時間は、2月13日(月)に濃飛バスWebサイトで公開される。

道草のすすめ

2017020600335564f.png 201702060033569d4.jpeg



道草のすすめ 辰巳琢郎さん
2008年10月5日

■楽しいことは向こうから

 ワイン通でクイズ王。多才な俳優辰巳郎(たつみ・たくろう)さんのエッセーである。今夏50歳になった記念に、書きためたものをまとめるはずが、半分以上書き下ろすことに。「映像と違い、活字は全部自分の責任、納得が行く仕事になります」と言う。

 目的に向かって一本道をまっしぐら、というよりは脇道にそれてあちこちで楽しいことにぶつかる。子どものころからの道草好きを生き方の精神と重ね、わかりやすく語る。思えば俳優という仕事ほど、道草しがいのある職業もないかもしれない。

 「何をやっても自分の糧になる。ふとした瞬間に思い出して、役に立つんですねえ」

 本の後半は、「その道の達人」に習う道草実技編だが、これが競技かるたや書道、加賀水引、あめ細工、果ては流鏑馬(やぶさめ)と、渋いことこの上ない。「もっと時間があったら、やってみたいのは香道」というから、柄には合っているのだろう。

 今年前半はNHK大河ドラマ「篤姫」で老中堀田正睦を演じ、夏からはミュージカル「サウンド オブ ミュージック」のトラップ大佐役で12月まで、全国を回る。「劇団の公演は学生時代以来。みんな一緒に、一つのものをつくる――自分がなぜ芝居に引かれたか、30年前を思い出して、原点に戻る感覚」と感慨深げだ。それもまた、道草に道草を重ねたおかげか。

 実は「道草」とは辰巳さんの俳号でもある。7年前、たまたまある句会と「出会うべくして」出会い、自分で付けた。俳優としても、役柄との出会いは不思議な縁で向こうからやってくるに違いない。

 「いつでもどこにでも踏み出せるよう、ニュートラルを保つ、そんなスタンスを大事にしています」

 それは、道草の秘訣(ひけつ)でもある。

道草をしてはいけませんよ

子どもの頃、「道草をしてはいけませんよ」とよく言われたものである。

学校から家に帰るまで道草をせずに、まっすぐに帰るようにと言われる。

しかし、子どもにとって道草ほど面白いものはなかった。

落ち葉のきれいなのを見つけると拾って友人と比べっこをしたり、蟻の巣を見つけて、そのあたりで働く蟻の様子を見てみたり。

それに何よりも興味があったのは「近道」である。

大人の目から見ると、それは迂路であり道草にすぎないのだが、何とか「近道」を見つけて、どこかの家の裏庭にはいりこんだり、時には畠を踏みつけたと怒られて逃げまわったり、まったくスリル満点の面白さであった。

いまから考えてみると、このような道草によってこそ、子どもは通学路の味を満喫していた、と思えるのである。

道草をせず、まっすぐに家に帰った子は、勉強をしたり仕事をしたり、まじめに時間を過ごしただろうし、それはそれで立派なことであろうが、道の味を知ることはなかったと言うべきであろう。

ある立派な経営者で趣味も広いし、人情味もあり、多くの人に尊敬されている人にお会いして、どうしてそのような豊かな生き方をされるようになりましたかとお訊きしたら、「結核のおかげですよ」と答えられた。

学生時代に結核になった。当時は的確な治療法がなく、ただ安静にするだけが治療の手段であった。

結核という病気は意識活動の方が全然衰えないので、若いときに他の若者たちがスポーツや学問などにいそしんでいることを知りつつ、ただただ安静にしているだけ、という考えに苦しめられるのである。

ところが、自分が経営者となって成功してから考えると、結核による「道草」は、無駄ではなかったのである。

無駄どころか、それはむしろ有用なものとさえ思われる。

そのときに経験したことが、いまになって生きてくるのである。

人に遅れをとることの悔しさや、誰もができることをできない辛さなどを味わったことによって、弱い人の気持ちがよくわかるし、死について生についていろいろ考え悩んだことが意味をもってくるのである。

このような生き方の道として、目的地にいち早く着くことのみを考えている人は、その道の味を知ることがないのである。

受験戦争とやらで、大学入試が大変であり、ここでは大学合格という「目的」に向かって道草などせずにまっしぐらに進むことが要請されているようである。

しかし、実際に入学してきた学生で、入学してから頭角をあらわしてくるのを見ていると、受験勉強のあいだに、それなりに結構「道草」をくっていることがわかるのである。

そんなことあるのか、と思われそうだが、このあたりが人間の面白いところで、道草をくっていると、しまったと思って頑張ったりするから、全体として案外つじつまの合うものなのである。

こんなことを考えたのも、実は漱石の『道草』を読み直す機会があったからである。

読んで筋道を知って居られる人も多いだろうが、主人公の男性は、何かと奥さんとすれ違いをし、腹をたてたり悔やんだりしている。

そこへ、むかし世話になった養父というのがあらわれて金をせびりに来る。

こんなのに今更かかわり合う筋合いではないとわかっているのだが、何となくかかわり合ってしまって、嫌だ嫌だと思いつつ、関係を引きずってゆく。

奥さんから見れば、ちゃんとけじめをつければいいのに、ということになるし、それが正しいこととわかっていながら、何のかのと厄介なことが続く。

これは、日常、どこの家でも見られるゴタゴタがただ淡々と描かれているだけのようにさえ思われる。

主人公の男性は学者であり、学問的にしなくてはならないことを沢山抱えこんでいながら、このような日常のゴタゴタで「道草」をくわされてしまっているのだ。

ところが、この『道草』を読んでいると、そのような現実をじっと眺めている、高い高い視点からの「目」の存在が感じられてくるのである。

それはまったくたじろがずに、すべてのことを見ようとしている。

自分が正しいのか妻が正しいのか、などという判断を超えて、現実をそのままに見ている。

そのような目の存在を感じると、『道草』に描かれている日常のいわゆるゴタゴタなるものが、まさに「道」そのものの味をもっていることがわかってくるのである。

道草によってこそ道の味がわかると言っても、それを味わう力を持たねばならない。

そのためには漱石の『道草』ほどまでにはいかないとしても、それを眺める視点を持つことが必要だと思われる。


【出典】 河合隼雄 こころの処方箋

20170206013057b60.jpeg

ゴジカラ村




リンク

へのちから

へのちから        笠木透

いもくえば へがでるよ
パンツがやぶれる へのちから
プッ プッ プップクプー プップクプクプクプー
こらえても おさえても とまらない                                  
プッ プッ プップクプー プップクプクプクプー
こらえても おさえても とまらない

まめくえば へがでるよ
ズボンがはじける へのちから
ピッ ピッ ピッピキピー ピッピキピキピキピー
こらえても おさえても とまらない                                   
ピッ ピッ ピッピキピー ピッピキピキピキピー
こらえても おさえても とまらない

ふろにはいれば へがでるよ
おゆがこぼれる へのちから
ボッ ボッ ボッボコボー ボッボコボコボコボー
こらえても おさえても とまらない
ボッ ボッ ボッボコボー ボッボコボコボコボー
こらえても おさえても とまらない~い~いいい!